10年後の真実  初めて明かす交通事故の真実・・・・これ、犯罪なの?

0

    JUGEMテーマ:怒ったこと

     

     

     

      10年前のある日

     

      事件は起こりました!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

          今まで封印してたけど

     

     

     

       やはり事実はふせたくない。

     

     

     

       当事者として、遺族として

     

     

       犯人は 、許せない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      横川駅の派出所の

     

     

     

      前で

     

     

     

      交通事故は起こりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

      被害者は私の義父

     

     

     

     

     

      加害者は商工センター方面に

     

     

     

     

     

      向かって帰社しようとした

     

     

     

     

     

      サラリーマン。

     

     

     

     

     

     

     

      派出所前の

     

     

     

     

     

      横断歩道を

     

     

     

     

     

      自転車で渡ろうとしたところ、

     

     

     

     

     

      白島方面から来た

     

     

     

     

      1台の乗用車にはねられ、

     

     

     

     

      義父は救急搬送されました。

     

     

     

     

      1週間後亡くなりました。

     

     

     

     

     

     

     

      加害者は

     

     

     

     

      信号は青だから車で進み、

     

     

     

     

     

      被害者は赤信号を自転車に乗って

     

     

     

     

      渡ろうとした。

     

     

     

     

      と主張します。

     

     

     

     

     

     

     

     

      夕方なのに、 目撃者はいません。

     

     

     

     

     

     

      それから私たちの

     

     

     

     

     

     

     

      長い戦いが始まりました。

     

     

     

     

     

     

     

      現場のステ看板設置

     

     

     

     

     

      事件の目撃者を探しました。

     

     

     

     

     

      ビラも撒きました。

     

     

     

     

     

     

     

      事件から半年、目撃情報もなく

     

     

     

     

     

     

      諦めかけた矢先

     

     

     

     

     

      1本の電話がありました。

     

     

     

     

     

      目撃者からです。

     

     

     

     

     

     

      早速、弁護士を同行させ、

     

     

     

     

      その人の自宅にお伺いしました。

     

     

     

     

     

     

      彼女は

     

     

     

     

     

     

      女子高校生でした。

     

     

     

     

     

     

      近くの西区民図書館に

     

     

     

     

     

     

     

      いった帰りで、

     

     

     

     

     

      JRで帰るため横川駅に

     

     

     

     

     

     

      向かっていました。

     

     

     

     

     

     

      なんと彼女は

     

     

     

     

      信号待ちしてた義父の

     

     

     

     

      後ろにいました。

     

     

     

     

      そして青信号になり、

     

     

     

     

      渡ったところを

     

     

     

     

      車に轢かれたと言いました。

     

     

     

     

     

     

     

     

      裁判で逆転勝ちし

     

     

     

      

      加害者は有罪になりました。

     

     

     

     

     

      でも義父は帰って来ません。

     

     

     

     

     

     

     

      交通事故の非情さを

     

     

     

     

     

      知りました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      あの時、目撃者が現れなく

     

     

     

     

     

     

      私たちも

     

     

     

     

     

      義父の行動を信じて

     

     

     

     

     

     

      目撃者探しをしなかったら

     

     

     

     

     

     

      加害者の言うとうり

     

     

     

     

     

     

      義父は悪者になり

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      死人に口なしで

     

     

     

      済まされていたのです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      そのとき、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      何事も諦めず

     

     

     

     

     

     

     

      訴えることの大事さを

     

     

     

     

     

     

     

      知りました。


    高齢男性がかかえる短命リスクはどうやって防げるのか? 低栄養の数値に要注意。

    0

      JUGEMテーマ:行政書士

       

       

       

       

       

       

       

        高齢者がかかえる命の短命!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        低栄養指数をチエックしよう。

       

       

       

       

         低栄養とは体格指数が20以下の状態!!

       

       

       

       

        そうなると、要介護リスクが出てくる。

       

       

       

       

        高齢男性の1日の身体活動は

       

       

       

       

        散歩などが大半を占める。

       

       

       

       

        外出しないとエネルギーを消費せず、

       

       

       

        食事量も少なくなる。

       

       

       

       

        誰とも会わない、一人でいるという選択を

       

       

       

        するのは、個人の自由。

       

       

       

        寂しさを抱えた独り暮らしは寿命が短くなる。


      H28/11 妻の浮気が判ったときあなたはどうする

      0
        JUGEMテーマ:離婚

         

         妻の浮気が判ったときあなたはどうする

        まさかと思った妻に裏切られ

         

         

         30代の男性が相談に来られました。

         

        相談の内容は、妻が浮気をしているのが判ったのだけど、当の本人たちは、ばれたことに気付いていない。

         

        どうしたらいいだろうかというものです。

         

         相手は職場の同僚で、職場恋愛ならぬ職場不倫です。

        今増えているんですよ。家庭内の不和から職場の男性に甘い蜜を求めている人妻が!!

         


         

         本人にアドバイス!


        まず、「尾行して不倫現場の写真を撮りなさい」。


         そこで、相談者の男性は休みを取って当の2人を1日中密着して写真をパチパチと。

        でもこんな姿、本人は辛いだろうなぁと思うと相手の男性に憤りがこみあげてくる。

         

        当の本人たちは、尾行されているとは知らずラブラブ!!

        何日かしてついに、ラブホテルに入った現場を盗撮し成功!いばってもしようのないことなのですが。

         

         それから、不倫相手の男性の職場に行って、証拠写真を突き

         

        詰めて直談判!!後日証人となるべく相談者の男性と友人とで行ってもらいました。


         その時の話によると、「2人の仲は、職場での出張があり、その帰りに仲良くなり、それからの付き合いで、もう3年になると」、「なんと3年も付き合っていたのか!気が付かなかった」、「食事に行ったり、ホテルに行ったりして毎週1回くらいは会っていた」

        「どういうつもりだったんだ」と詰め寄ると「夫婦としての関係は冷めており、もう付き合っても主人には関係ないからと女性に言われたから。」

         

         なんとも情けない話!!


          夫婦仲が冷めている家庭内別居は現代社会では共稼ぎや育児ストレスの疲れの増加により、夫婦の不和が増えている。

         

        結婚するときは、貴方しかこの世にいないからと愛し合って一緒になったのに、3年もすると、貴方は私には合わないからとつれない仲になり、不倫に走るのか!


         結局、相手の自宅や家族関係を調査し、

        本人宛に内容証明を出した。

         

        「浮気の損害賠償として300万円払え!!」

         


         

         その後、2人は浮気を中止。当たり前だろうと思いつつ、この2人はなんなのだろう。ばれたらやめるのか?

        妻は、職場に居られなくなって、退職。 子どもを連れて実家に疎開?

        妻に対して慰謝料は請求しなかったけれど、離婚に伴う財産分与もなし。

        但し、幼い子供には関係のない話なので養育費として一人4万円を支払うということになった。

         

         

         浮気相手は、弁護士をつけて抵抗したが、結局、相手も職場に居られなくなり、退職。

        賠償金100万円で早期に和解決着。

        金額に納得はしていないが、こちらも弁護士をつけ、裁判になって浮気を白日の下にさらしても、お互いが惨め。

        だから、裁判を断念した。

         

         

         男の相手の親に言えば満額取れる可能性もあったが、親もびっくりするだろうな。

        自分の息子に浮気の慰謝料を払えとみず知らずの男性から内容証明が来るのだから。

         

        「こんなことになるのなら早く結婚させればよかった」、「なぜ人妻と付き合っていたのだろう?」、「独身の女性はいなかったのか?」と。

         

        なんやかんやあったけど、ようやく一件落着。半年かかりました。

         


         

        結局結論として

         夫婦は離婚、妻は職場を退職し、子供を連れて実家に転居。

         

        子どもに養育費として、4万円支払。

         

        慰謝料はお互いなし。

         

        現在住んでいる家は、相談者の男性が一人暮らし。

         

        相手男性も退職。

         

        示談金は50万円。双方の弁護士費用は各20万円くらい。

         

        解決しても空しい一件でした。

         

        犠牲者は子供。かわいそうに・・・こうなる前に夫婦の仲を修復出来なかったのだろうか。悔やまれる相談でした。

         

         

        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
        にほんブログ村 士業ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ

         


        目隠しされた正義の女神!! 16世紀の正義の女神は現代に警鐘を告げる。

        0

          JUGEMテーマ:行政書士

           

           

           

           

           

             現代の警鐘!!

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             71章 

           

           

           

           

           

           

           

           

             喧嘩をしては訴訟を起こすこと

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             事あるごとに訴訟を起こし、

           

           

           

             喧嘩口論を避けるため、

           

           

           

           

             和解の道をさがそうと、

           

           

           

           

             努力せぬのは阿呆者。

           

           

           

           

             訴訟をわざわざ長引かせ、

           

           

           

           

             事実を歪曲するために、

           

           

           

             請願、追跡、督促に、

           

           

           

             追放、破門までもさせ、

           

           

           

           

           

             法を勝手にひねったり、

           

           

           

           

             まげたりするのに専念し、

           

           

           

           

             知らないうちに書記たちの

           

           

           

           

             私腹をこやす肉となる。

           

           

           

           

             裁判官や弁護士も

           

           

           

           

             おかげで彼らの食卓に

           

           

           

           

             魚料理を山と積み、

           

           

           

             さらに事件を大きくし、

           

           

           

             網をひろげて野獣追い、

           

           

           

           

             小事が大事に発展し、

           

           

           

           

           

           

              細流いつしか川と化す。

           

           

           

           

           

             いよいよ今度は遠くから

           

           

           

           

           

             高い弁護士雇い入れ、

           

           

           

           

           

             あれこれ事件をでっちあげ、

           

           

           

           

             裁判官をだましにかかる。

           

           

           

           

             こちらは日当かせぐため

           

           

           

           

             日数を多く予定して、

           

           

           

           

             本事件の何倍も

           

           

           

           

             費用をかけて食いつぶす。

           

           

           

           

           

             訴訟に勝った儲けより

           

           

           

           

           

           

             多くをぺロりと食いつくし、

           

           

           

             真実の目をくもらせる。・・・

           

           

           

           

           

           

                『阿呆船』 尾崎 盛景訳   より

           


          採用活動の自由化による大学1・2年生のが就職したい企業!! 1位地方公務員・2位アップル・3位国家公務員

          0

            JUGEMテーマ:行政書士

             

             

             

             

             

             

              採用活動の自由化。

             

             

             

             

             

             

             

             

              1・2年生の就職活動の可能性もある。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              学生の本分は何か?

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              勉学が疎かにならないか。

             

             

             

             

             

             

              稲刈りに喩えると、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              昔は、青田刈りといわれ、

             

             

             

             

             

             

             

              世間の批判をあびても、

             

             

             

             

             

             

             

              就職協定がかわされた経緯がある。

             

             

             

             

             

             

             少子化で、人材の確保に企業も青色吐息。

             

             

             

             

             

             

             

             これでは、学生が可哀そう。

             

             

             

             

             

             

              勉学に励み、未来をかたる。

             

             

             

             

             

             

             

              そういう自由な発想をこの時に育成したい。

             

             

             

             

             

             

             

              プロ野球の世界でも、

             

             

             

             

             

             

             

             

              高校出てプロの世界に入る人もいる。

             

             

             

             

             

             

             

              それもいいかも、でも成功する人は

             

             

             

             

             

             

             

             

              一握り!!

             

             

             

             

             

             

             

               東大出て、プロ野球に入り、30歳になったとき、

             

             

             

             

             

             

               ラーメン屋になった。

             

             

             

             

             

             

               それも自分が選ばざるを得なかった人生。

             

             

             

             

             

             

             

              僕らの時代でも、

             

             

             

             

             

             

             

              産学協同といわれていた。

             

             

             

             

             

             

              でも意味が違う。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              学生は学生だ。最近学生の起業家が出ている。

             

             

             

             

             

             

             

              形は変われどもやることは同じ。


            働かざる高齢者は食うべからず!! 70歳雇用の義務化。継続雇用年齢の引き上げの検討。

            0

              JUGEMテーマ:行政書士

               

               

               

               

               

                継続雇用年齢と

               

               

               

               

               

               

                年金支給開始が

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


                   ともに、70歳になると、

                

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                  どうなるか?

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                年金支給開始年齢は、

               

               

               

                男性は2025年から、

               

               

               

               

                女性は2030年から

               

               

               

               

                完全に65歳に引き上げられる。

               

               

                今年の4月に

               

               

               

                財務省は、68歳への引き上げを提言している。

               

               

               

                支給開始年齢の引き上げは、高齢就労を促進する。

               

               

               

                高齢者の兵糧攻めである。

               

               

               

               

                 老後の年金暮らしを想定していた人は、

               

               

               

                 働かざるを得なくなります。

               

               

               

               

                病気などで働けない高齢者は、

               

               

               

                医療費はかさみ、働けずに収入はないうえ、年金まで

               

               

               

                絶たれる。

               

               

               

                今後、高齢者は元気な人と元気でない人とに

               

               

                分断される。

               

               

                社会が、高齢者により、

               

               

               犯罪温床の原因となりかねない。 


              ゴミ屋敷になるのをどうにか防ぎたい!! 高齢の親が同居しており、ごみを集め出した。

              0

                JUGEMテーマ:行政書士

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  

                   ゴミ屋敷になっている。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   高齢者の両親。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   高齢になり、問題行動。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   テレビで言われるゴミ屋敷。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   行政が、代執行でごみを排除。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  そんな問題はマスコミの問題と思えば、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  なぜか身近におきるとは思えない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  高齢の家族がいる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  自分たちも50代。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  いまのうちしか、心配できない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  認知症でもなると大ごと。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  上手にごみを貯めるのをやめさせるには、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  どうしたらいいのだろう? 


                若くして死ぬのはいやだ!! さくらももこさんを襲った乳がんで53歳の命が。

                0

                  JUGEMテーマ:行政書士

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     謹んでお悔やみ申し上げます。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     2016年に

                   

                   

                   

                   

                   

                    がんで死亡した人は、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     男性 21万9785人

                   

                   

                     女性 15万3201人

                   

                   

                   

                    合わせて、37万2986人

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    癌に罹患する確率は、

                   

                   

                   

                    男性 62%

                   

                   

                   

                    女性 46%

                   

                   

                    そのうち、がんで死亡する確率は、男性25%女性16%

                   

                   

                   

                    とはいえ 75歳以上が圧倒的に多い。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    40歳男性は20年後の60歳までに死亡する確率は2%。

                   

                   

                   

                    70歳男性が10年後に死亡する確率は10%、罹患率は29%

                   

                   

                    ここで、データーは20年後がない。

                   

                   

                   

                    90歳になると、殆ど全員が亡くなるのか?

                   

                   

                    人生100年時代とはいえ、現実には困難。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                       働き盛りの40代・50代でも

                   

                   

                   

                   

                   

                    かかるのは、何がんか。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    国立がん研究センターによると、

                   

                   

                    男性は40歳以上で胃、大腸、肝臓がんの死亡が多い。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    70歳以上になると肺がんと前立腺がんの割合が増える。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    女性の場合は、乳がん、子宮がん、卵巣がんが若いひとでもかかりやすい。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    前立腺がんで亡くなる人は、16年に1万1803人いたが、

                   

                   

                    その9割が70歳以上。

                   

                   

                   

                   

                    死亡した人の3人に2人は80歳以上。

                   

                   

                   

                   

                    癌を抱えたまま、積極的な治療をしない人も多い。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     女性の場合は、

                   

                   

                   

                    乳がんと子宮がんは

                   

                   

                   

                   

                    45歳以上から、顕著に罹患率や死亡率が高まる。

                   

                   

                    小林麻央さんが34歳。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    16年のデーターでも30代前半までに101人が死んでいる。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    乳がんは年代別の64歳までの

                   

                   

                   

                   

                    死亡率は、1位。

                   

                   

                   

                   

                    ステージ1の治療で5年生存率は

                   

                   

                   

                    胃がんが 97.4 %

                   

                   

                   

                    大腸がんが 97.6%

                   

                   

                   

                   

                    乳がんが 100%

                   

                   

                   

                    早期発見・治療でリスクは減る!!


                  65歳で始める第2の人生!! 達成感ある生き方を。定年延長で65歳までサラリーマン、その後は・・・・

                  0

                    JUGEMテーマ:行政書士

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                         第2の人生!!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                        技能や経験を生かす

                     

                     

                     

                     

                     

                      ボランティア活動が人気。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                        心身ともに若さを維持できる。

                     

                     

                     

                     

                       見返りを求めない仕事に

                     

                     

                     

                     

                       達成感がある。

                     

                     

                     

                       よく、ハローワーク求人で

                     

                     

                     

                       65歳以上の応募がある。

                     

                     

                     

                       企業では無理がある。

                     

                     

                     

                     

                       自分の思いが通らない部分がある。

                     

                     

                     

                     

                      以前、高齢の人を採用した時、

                     

                     

                     

                      トイレ休憩が長いので、

                     

                     

                     

                      ・・さん、トイレが長いけど、

                     

                     

                     

                     

                      大丈夫ですか?と声掛けしたら、

                     

                     

                     

                     

                      トイレのことまで人に言われたくない。

                     

                     

                     

                      と怒って辞めた人がいる。

                     

                     

                     

                     

                      タバコは吸う。外で吸い、帰ってくるからタバコ臭い。

                     

                     

                     

                      それ以来、喫煙者はお断りさせてもらっている。

                     

                     

                     

                      第2の人生は。我儘人生か!!

                     

                     

                     

                      なら、ボランティア活動のほうがいい。

                     

                     

                     

                      気をつけないと、いけないのは人間関係。


                    連帯保証人の俺に、県保証協会から催告書が来た。 今月末までに元本3000万、延滞金900万払え!!

                    0

                      JUGEMテーマ:行政書士

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        催告書・・・・・・

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        事業で借金。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        銀行で借りていたのが、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        破産することになり、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        保証人である代表者の俺に請求!!

                       

                       

                       

                       

                        破産して15年。今更督促が来るか。

                       

                       

                       

                       


                         しかもいきなり。

                        

                       

                       

                       

                       

                       

                        びっくりした。

                       

                       

                       

                       

                        今月までに3000万払えるかよー。

                       

                       

                       

                       

                       

                        期限までに払えないときは、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        法的手続をとるとのこと。

                       

                       

                       

                       

                       

                        裁判にする。ということ。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        どうしたらいいのだろう。


                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>
                      PR
                      リンク


                      私のFacebookページです



                      問い合わせ・申し込みはこちら





                      にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村

                      行政書士 ブログランキングへ


                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM