流川のママの経営指導!!  キャバクラはどうやっていくのか。その裏事情を教える!!

0

    JUGEMテーマ:ビジネス

     

     

     

     

     

     

     

     

           流川・薬研堀界隈の

     

     

     

     

     

       飲食店は、

     

     

     

     

     

       時代の変遷で

     

     

     

     

     

     

     

       移り替わりが激しい。

     

     

     

     

     

     

     

       舟入の川沿いにあった

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

       キャバレー月世界も

     

     

     

     

     

     

     

       今はゴルフ練習場。

     

     

     

     

     

     

     

     

      流川にあった

     

     

     

     

     

     

     

     

      安くて、中年の女性がいる

     

     

     

     

     

     

      ピンクサロン

     

     

     

     

     

     

      一時は

     

     

     

     

     

     

     

     

      たけのこのように

     

     

     

     

     

     

     

     

      あちらこちらに乱立。

     

     

     

     

     

     

     

     

      金がないサラリーマン金太郎

     

     

     

     

     

     

      にとり、

     

     

     

     

     

     

     

      家庭では味わえない

     

     

     

     

     

     

     

     

      ストレス解消の場。

     

     

     

     

     

     

     

     

      今では

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      ほとんどなくなり、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

       性風俗としては

     

     

     

     

     

     

     

     

     

       デリヘルに転換。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

       若い女性の働く場として

     

     

     

     

     

     

     

     

      10年前から、

     

     

     

     

     

     

     

      キャバクラ・

     

     

     

     

     

     

      ガールズバーが擡頭。

     

     

     

     

     

     

     

      クラブの勢力図が

     

     

     

     

     

     

     

     

      塗り替えられている。

     

     

     

     

     

     

     

      人材も

     

     

     

     

     

     

      18歳から25歳までは

     

     

     

     

     

     

     

      異動が激しい。

     

     

     

     

     

     

     

     

      そんななかでも

     

     

     

     

     

     

     

     

      キャバクラの

     

     

     

     

     

     

     

     

      経営は

     

     

     

     

     

     

     

      素人が手を出すには

     

     

     

     

     

     

     

      リスクがある。

     

     

     

     

     

     

     

     

      大阪や福岡で

     

     

     

     

     

     

     

      キャバクラの黒子修行を

     

     

     

     

     

     

      したりして、

     

     

     

     

     

     

     

     

      空気を読むことが必要かも。

     

     

     

     

     

     

     

     

      それか

     

     

     

     

     

     

     

     

      ミニクラブからの

     

     

     

     

     

     

     

      転換。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      どちらにしても、

     

     

     

     

     

     

     

     

      経験か勇気が必要。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      店を出すのに

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      2000万ぐらいいる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      既存店を買い取っても

     

     

     

     

     

     

     

      リフォームに

     

     

     

     

     

     

      1000万はいる。

     

     

     

     

     

     

     

      設備投資が大きい業種。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      同業者・893対策も必要。

     

     

     

     

     

     

     

      一時

     

     

     

     

     

     

      そんな店も出たが、

     

     

     

     

     

     

      5年から3年で消滅している。

     

     

     

     

     

     

     

      ママさんも挑戦してるが、

     

     

     

     

     

     

     

     

     やはりうまくいかないのは

     

     

     

     

     

     

     

     何故なのだろう。・・・

     

      


    高齢者の生命保険!!本当に必要なのか? 70歳にもなると、今更。生命保険とは無縁ではなくなる。

    0

      JUGEMテーマ:生活情報

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        高齢者になると

       

       

       

       

       

       

        いらん心配をする。

       

       

       

       

       

       

        そう、

       

       

       

       

       

       

        相続と死後の手配。

       

       

       

       

       

       

        相続は金があると、もめる。

       

       

       

       

       

       

       

         少ない金でも、揉める。

       

       

       

       

       

       

         争族と言われる所以。

       

       

       

       

       

       

       

         金は残さない方がいい。

       

       

       

       

       

       

       

        死後の世界と言えど、

       

       

       

       

       

       

        死んだらそれで終わりと

       

       

       

       

       

         言いたいのだが、

       

       

       

       

       

       

        きちんとしてやらないと、

       

       

       

       

       

       

        これはこれで揉める。

       

       

       

       

       

       

       

       

        そんなとき、

       

       

       

       

       

       

        生命保険金の存在が出てくる。

       

       

       

       

       

       

        よくみんなは、

       

       

       

       

       

        葬式代ぐらいはあると

       

       

       

       

       

        いいねという。

       

       

       

       

       

       

        つまり、

       

       

       

       

       

       

        100万から300万ぐらい。

       

       

       

       

       

       

        芸能人は、

       

       

       

       

       

        葬式に金を使う人もいる。

       

       

       

       

       

       

       

       

        それはそれでいいが、

       

       

       

       

       

       

       

        凡人はそうはいかない。

       

       

       

       

       

       

       

        生活設計の一つとして考えよう!!


      何でもひとのせいという風潮!!こんなのもパワハラ?適応障害とされる人には我慢ができるか。

      0

        JUGEMテーマ:生活情報

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

           精神科の

         

         

         

         

         

         

          外来には

         

         

         

         

         

         

          会社に行けないという

         

         

         

         

         

         

          訴えで、

         

         

         

         

         

          受診する人が多い。

         

         

         

         

         

         

          適応障害といわれる人です。

         

         

         

         

         

         

         

         

          上司に

         

         

         

         

         

          パワハラを受けている。

         

         

         

         

         

          やるきがないのなら、

         

         

         

         

         

         

         

          やめてしまえ。・・・・・

         

         

         

         

         

         

         

         

          休職の為に

         

         

         

         

         

         

          診断書を

         

         

         

         

         

         

          求めるが、

         

         

         

         

         

         

         

          パワハラと呼ぶのが

         

         

         

         

         

         

         

          適当か判断に医者は迷う。

         

         

         

         

         

         

         

         

           周りの人に迷惑をかける。

         

         

         

         

         

         

         

           という意識を持たない人。

         

         

         

         

         

         

          うつ病の人は、

         

         

         

         

         

         

          こういう人がいる。


        遅い事故対応!! 警察の現場検証が遅い。何にも進んでいない、弁護士に委任して。着手金10万!

        0

          JUGEMテーマ:生活情報

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             事故対応!!

           

           

           

           

            

             追突事故を

           

           

           

           

           

           

           

             起こされてからはや7日。

           

           

           

           

           

           

             事故について

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             まだ、何にもわからない。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            現在、リハビリをして

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            休職中。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            労災扱いにしたことがどうなるか。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            相手からの詫びもない。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            ふざけている!!

           

           

           

           

           

           

           

            追突事故を

           

           

           

           

           

           

           

            起こされて、

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            なんで、

           

           

           

           

            私がこんな目に合わないと

           

           

           

           

           

           

             行けないのですか!!

           

           

           

           

             今、弁護士に委任している。

           


          追突事故!! 事故の真相は何なのか。今から究明される。あり得ない事実!スマホ運転なんかするな。現代の凶器、スマホ。

          0

            JUGEMテーマ:生活情報

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              追突事故!!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            今、事故扱いの為、

             

             

             

             

            これから、現場検証をする。

             

             

             

             

            早くしないと、意味ないよ!

             

             

             

             

             

             

            事故の真相は何か?

             

             

             

             

             

            本人が一番よく知っている。

             

             

             

             

             

             

            それも聞き取りのまずさか。

             

             

             

             

             

            、まだわからない。

             

             

             

             

             


            今では

             

             

             

             

            5日もたち、

             

             

             

             

             

            相手も証拠隠滅したり、

             

             

             

             

             

             

            保険会社の代弁など

             

             

             

             

             

             

            事実が風化される。

             

             

             

             

             

             

             

             

            追突事故の原因は

             

             

             

             

             

             

             〇纏のことを考え、前方不注意。

             

             

             

             

             

             

            ◆〃搬單渡辰鮖藩冀罅

             

             

             

             

             

             

             テレビを見ながら運転。

             

             

             

             

             

            ぁ.好泪枴匱蟇薪勝

             

             

             

             

             

             

             

             

            事故の衝突具合によれば

             

             

             

             

             

             

             

            バイパスでの事故

             

             

             

             


            西広島バイパスは、

             

             

             

             

             

             

             

            朝の8時頃は、渋滞で

             

             

             

             

             

             

            ノロノロ運転。

             

             

             

             

             

             

            そのときの衝突事故で

             

             

             

             

             

             

             

            被害者は2週間の加療。

             

             

             

             

             

             

            かなりのスピード。

             

             

             

             

             

             

            車搭載カメラはつけているが

             

             

             

             

             

             

            当時、作動してなかった。

             

             

             

             

             

             

             

            これも本人の怠慢。

             

             

             

             

             

             

             

            ちゃんとつけろよ。

             

             

             

             

             

             

            意味ないだろう。

             

             

             

             

             

             

             

            事故は起こらないという甘え。

             

             

             

             

             

             

             

            真実はやがてわかるが、

             

             

             

             

             

             

            交通事故も

             

             

             

             

             

             

            日常化。

             

             

             

             

             

             

            むち打ち症の恐さを、

             

             

             

             

             

             

            本人はしらない。

             

             

             

             

             

             

            だからこそ、いい加減にできない。

             

             

             

             

             

             

             

            よく調べて、

             

             

             

             

             

             

            この事故の原因を調査しないと

             

             

             

             

             

             

            何故事故をしたのか、納得できない!!

             

             


            朝の通勤時間帯。西広島バイパスで、追突事故!!おかまを掘られたが、事故内容によれば立派な犯罪だ!!

            0

              JUGEMテーマ:行政書士

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               朝の忙しい時間帯

               

               

               

               

               

                だれも、通勤はいらいら。

               

               

               

               

                そんな時、

               

               

               

               

                うしろから、ドン!!

               

               

               

               

                追突された方は

               

               

               

               

               

                たまったものでない。

               

               

               

               

               

                車屋が

               

               

               

               

               

               

                事故にするか、労災にするか

               

               

               

               

               

                聞いてきた。

               

               

               

               

                頭にくる。

               

               

               

               

               

               

                車は破損したけど

               

               

               

               

               

               

               

                直せばいい。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                その為の保険。

               

               

               

               

               

                問題は、後遺症!!

               

               

               

               

               

               

                むち打ち症になる。

               

               

               

               

               

               

                下手すると

               

               

               

               

               

               

                予後の治療次第では

               

               

               

               

               

               

                歩けなくなり、

               

               

               

               

               

                身体障碍者になる。

               

               

               

               

               

               

                その危険性がある。

               

               

               

               

               

               

                その人の人生を

               

               

               

               

               

               

                ダメにする。

               

               

               

               

               

               

               

                恐ろしい事故だ。

               

               

               

               

               

               

                労災扱いにしても

               

               

               

               

               

               

               

               

                公傷として

               

               

               

               

                休めばいいものでない。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                その間の仕事のブランクは

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                どうするのか。

               

               

               

               

               

               

                職場は、

               

               

               

               

               

                そんなに優しいところではない。

               

               

               

               

               

               

               

               

                残業で自殺した電通事件。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                なかなか言えるものではない。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                それと同様。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                人はそんなに優しくはない!!

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                いつまで労災か、いつ直るのか?

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                そんなに優しい問題ではない!!


              ネット通信販売の大手業者。信じてブランド物を注文したのに、金具が止まらない。ホックが閉まらない。

              0

                JUGEMテーマ:生活情報

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  いつも利用している

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    ネット通販の大手業者。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  ブランドの長型財布を購入。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  ブランド物の購入は、はじめて。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  何があるかわからない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  中古の1万ぐらいでスタート。

                 

                 

                  案の定

                 

                 

                   フックが閉まらない。

                 

                 

                  すぐ返品。

                 

                 

                 

                  今日連絡あり。

                 

                 

                 

                  商品情報に、

                 

                 

                 

                     傷・傷み・フックが止まらないなど

                 

                 

                 

                 

                  記載している。

                 

                 

                 

                 

                  保証規定には該当しない。

                 

                 

                 

                 

                  文句があるなら

                 

                 

                  ブランド販売業者に言ってくれ。

                 

                 

                 

                  ネット通信販売業者としては免責。

                 

                 

                 

                 

                 

                  要するに、フックが止まらないと

                 

                 

                 

                  、商品情報に記載しているから

                 

                 

                 

                 

                  よく見ないあなたが悪い。とさ・・・・

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  注意喚起がしつかりされていない。

                 

                 

                 

                 

                 

                  だれが、留め金が壊れてるのを買うか。

                 

                 

                 

                 

                 

                  汚れや、傷は、

                 

                 

                 

                 

                 

                    中古ブランドだから、仕方ないが。

                 

                 

                 

                 

                  フックが止まらないのは、

                 

                 

                 

                 

                 

                      商品として、瑕疵がある。

                 

                 

                 

                 

                 

                  民法改正で、約款の改正があった。

                 

                 

                 

                 

                  商品購入の際、

                 

                 

                 

                 

                 

                     読めないような小さい字で

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     書かれている

                 

                 

                 

                 

                 

                  約款。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     誰が、契約の際、克明に読むか!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  注意喚起がされていないことに、

                 

                 

                 

                 

                 

                     約款の改正がされた。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  商品に金具が止まらないのは、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     瑕疵契約違反だ。

                 

                 

                 

                 

                 

                  記載していれば許されるのか!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  納得できない!!


                いい弁護士か悪い弁護士かはどこで見分ける。 訴訟しても負けるのがわかっても、和解を提案して威圧的態度!!

                0

                  JUGEMテーマ:労働問題

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     法の道か

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    依頼者の道か!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    弁護士とは

                   

                   

                   

                   

                    依頼者の代わりに

                   

                   

                   

                   

                   

                    喧嘩を行う助っ人。

                   

                   

                   

                   

                    ただし、依頼者を

                   

                   

                   

                   

                   

                    弁護士自身が選べる。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    自主独立性に

                   

                   

                   

                   

                   

                    基づいて

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    自らの依頼者を決める。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    その弁護士ですら、うるさい

                   

                   

                   

                   

                   

                    日弁連の存在がある。

                   

                   

                   

                   

                    弁護士法第8条 

                   

                   

                   

                   

                   

                    弁護士となるには、

                   

                   

                   

                   

                   

                    日本弁護士連合会に

                   

                   

                   

                   

                   

                    備えた弁護士名簿に

                   

                   

                   

                   

                   

                    登録されなければならない。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    刑事事件では

                   

                   

                   

                   

                   

                    国選弁護人や当番弁護士、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    民事事件では

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    法テラス利用など

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    依頼人自身が

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    弁護士を選べないこともあるが、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     弁護士の質の低下が叫ばれ、

                   

                   

                   

                   

                   

                    依頼者自身が弁護士を選ばないと、

                   

                   

                   

                   

                    

                    ひどい目に合う。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    弁護士が軽くなっている時代である。

                   

                   

                   


                  弁護士の格差!! パワハラ行為に対して弁護士から慰謝料請求がきた。和解に応じる用意があるが返事を。

                  0

                    JUGEMテーマ:労働問題

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      弁護士から通知書がきた。

                     

                     

                     

                     

                      何だろうと思い、

                     

                     

                     

                      開封したら。

                     

                     

                     

                     

                      やめた社員からの依頼です。

                     

                     

                     

                     

                      あなたが、在職中のパワハラ行為に

                     

                     

                     

                     

                      本人から慰謝料の請求を

                     

                     

                     

                     

                         受任しました。

                     

                     

                     

                     

                     

                      金100万を払ってください。

                     

                     

                     

                     

                     

                      弁護士からの通知書。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      解せないのは

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      内容証明便でなく、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      

                      弁護士事務所の封筒で、普通便。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      こういうものは、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      後日の

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      訴訟行為に備えて、内容証明。

                     

                     

                     

                     

                     

                      やることが。意味不明。

                     

                     

                     

                     

                      内容だが、

                     

                     

                     

                     

                     

                      パワハラ行為は事実無根。

                     

                     

                     

                     

                     

                      自分が、過去の精神障害を

                     

                     

                     

                     

                     

                      ひきずり、

                     

                     

                     

                     

                     

                      勝手にパワハラをされたと

                     

                     

                     

                     

                     

                      言いふらしている。

                     

                     

                     

                     

                       弁護士も人余り状態。

                     

                     

                     

                     

                     

                       格差も指摘されている。

                     

                     

                     

                     

                      訴訟に持っていけない事案

                     

                     

                     

                     

                      とりあえず脅かすかという

                     

                     

                     

                     

                       程度の弁護士。

                     

                     


                    遺言制度の見直し!! 相続法の改正により私達の生活は変わるか?

                    0

                      JUGEMテーマ:相続

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        超高齢社会を迎え、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        遺言書の作成が必要!!

                       

                       

                       

                       

                       

                        円滑な相続を実現するためにも。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         ー筆証書遺言の方式の緩和

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        ◆^筝聖項及び効力の見直し

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         自筆証書遺言の保管制度の創設

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        ぁ^筝声更埃圓慮限の明確化

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        が行われる。


                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      PR
                      リンク


                      私のFacebookページです



                      問い合わせ・申し込みはこちら





                      にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村

                      行政書士 ブログランキングへ


                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM