まだまだ甘い税制改正!! 平成30年の配偶者控除額の変化。給料年収600万円ぐらいでは変わらない。400万円家計でも大変なのに。

0

    JUGEMテーマ:税金と確定申告

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      配偶者控除の

     

     

     

     

     

     

      見直し後の

     

     

     

     

     

     

     

      控除額なんて、

     

     

     

     

     

     

     

      平成30年から

     

     

     

     

     

     

      変わるなんて

     

     

     

     

     

     

      わあわあ言ってるけど。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      変わらないよ。

     

     

     

     

     

     

      配偶者控除の

     

     

     

     

     

      対象枠が拡大しても

     

     

     

     

     

     

      税法上の扶養の枠も

     

     

     

     

     

     

     

      拡大するわけではない。

     

     

     

     

     

     

     

      税法上や

     

     

     

     

     

      児童手当等の制度における

     

     

     

     

     

     

      扶養親族である

     

     

     

     

     

     

     

      メリットを

     

     

     

     

     

     

     

      うけるなら、

     

     

     

     

     

     

     

     

      引き続き

     

     

     

     

     

     

     

      所得を

     

     

     

     

     

     

     

     

      38万以下、

     

     

     

     

     

     

      給与なら103万以下に

     

     

     

     

     

     

     

      抑える

     

     

     

     

     

     

     

     

      必要がある。

     

     

     

     

     

     

     

      扶養範囲内で働くことは

     

     

     

     

     

     

      必要条件だが

     

     

     

     

     

     

      その働き方がいいかと

     

     

     

     

     

     

      いうことでない。

     

     

     

     

     

     

     

     主人の給与に頼ることが、

     

     

     

     

     

     

     

     

      女性の社会進出を

     

     

     

     

     

     

      こばんでいる。

     

     

     

     

     

     

     

      家や、自分に

     

     

     

     

     

     

     

      負担がかからなければいいよ

     

     

     

     

     

     

     

      という言葉を

     

     

     

     

     

     

      世の旦那は妻に言う。

     

     

     

     

     

     

      なんのことはない。

     

     

     

     

     

     

     

      家で家事があるからだ。

     

     

     

     

     

     

     

      自分は疲れて何もやりたくない。

     

     

     

     

     

     

     

      だけど、

     

     

     

     

     

     

      主婦にアンケートしたら

     

     

     

     

     

     

      あなたは、

     

     

     

     

     

     

      至福の時はいつですか?

     

     

     

     

     

      一人の時間を過ごして居る時!!

     

     

     

     

     

     

     

      95%の主婦が

     

     

     

     

     

     

      こう答えている。

     

     

     

     

     

     

      そう旦那は、

     

     

     

     

     

     

      自分の癒しにならないのだ。

     

     

     

     

     

     

      2人の愛は、

     

     

     

     

     

      時間と共に薄れてゆく。

     

     

     

     

     

     

      蜘蛛の糸になる!!

     

     

     

     

     

     

      働くということは、

     

     

     

     

     

     

      自分自身をみつめ、

     

     

     

     

     

     

      税金や児童手当の心配より

     

     

     

     

     

     

      自分は、

     

     

     

     

     

     

      社会でなにができるのか、

     

     

     

     

     

     

      主婦ボケではないか、

     

     

     

     

     

     

      よく考えることだ!!


    高卒認定試験を受けよう!! 中卒・高校中退者今からでも遅くない。人生に再挑戦をしよう。

    0

      JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

         40歳の女性が入塾。

       

       

       

       

        

       

       

       

       

         高校中退で、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        就職希望するも

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        なかなかないという。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        回り道をして

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        高校中退の為、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        高認試験を受ける。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

           専門学校に行き

       

       

        資格を取る

       

       

        というわけ。

       

       

        ともかく、世の中の不条理に

       

       

        文句を言っても

       

       

        何にもならない。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        私のところは、個別指導だから

       

       

        ケアが出来る。

       

       

       

       

       

        高認合格から

       

       

        10月の

       

       

        行政書士試験に

       

       

        挑戦。

       

       

       

       

       

       

       

        高認試験は、

       

       

        行政書士の一般教養試験と似ている

       

       

       

        あとは、法令のみ。

       

       

        やれる。

       

       

        特別コースとして、開講!!


      市営住宅の保証人になった。 それってやめた方がいいよ。今3か月滞納しているらしい。本人どうなるか考えていない!!

      0

        JUGEMテーマ:借金返済

         

         

          

         

         

         

         

         

         

           市営住宅の

         

         

         

         

         

         

         

          家賃滞納は

         

         

         

         

         

         

         

          民間の滞納より

         

         

         

         

         

         

          取り立てが厳しい。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

             市営住宅の家賃が

         

         

         

         

          払えない。

         

         

         

         

         

          急な出費や

         

         

         

         

          予想外の事態になれば

         

         

         

         

         

          払えない状況になる。

         

         

         

         

         

          公営住宅の家賃滞納は

         

         

         

         

          基本的には

         

         

         

          待ってくれない。

         

         

         

         

         

         

         

          すぐ、書面の督促と

         

         

         

         

         

          電話のやりとりがくる。

         

         

         

         

         

         

          場合により、

         

         

         

         

          延滞金が発生する。

         

         

         

         

         

          3か月の滞納で

         

         

         

         

          差し押さえ・強制退去

         

         

         

         

         

          となり、

         

         

         

         

          裁判所に手続きが

         

         

         

         

          移管される。 

         

         

         

         

         

         

         

          保証人も同じ。

         

         

         

         

         

         

          保証人の場合は

         

         

         

         

         

          いくら滞納しているのか、

         

         

         

         

         

         

         

          金額がいくらなのか

         

         

         

         

         

         

          わかりにくい。

         

         

         

         

         

         

         

         

          いきなり、

         

         

         

         

         

         

         

         

          裁判所から支払い命令が

         

         

         

         

         

         

         

          来るときもある。

         

         

         

         

         

          待ったなし。

         

         

         

         

         

          やはり、

         

         

         

         

         

         

         

          保証人にはならない方がいい。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          自己責任でなった以上

         

         

         

         

         

         

         

         

          覚悟がいる。・・・・・

         


        奨学金の返済に青春はない。 苦学して親を頼らず選択したあげく、長い返済20年毎月3万。700万なんて借りなければよかった。

        0

          JUGEMテーマ:借金返済

           

           

           

           

           

             

           

           

            奨学金の返済で

           

           

           

           

           

            苦労している

           

           

           

           

           

            若者が増加!!

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

               親の経済的理由で

           

           

           

           

           

           

            介護の専門学校を

           

           

           

           

           

           

            奨学金700万借りて

           

           

           

           

           

           

            理学療養士をとり

           

           

           

           

           

           

            卒業。

           

           

           

           

           

           

           

           

            それから、長いトンネル。

           

           

           

           

           

           

            病院等転々

           

           

           

           

           

           

            現在、給料手取り15万

           

           

           

           

           

           

           

            家賃1Ⅾkで3.5万。

           

           

           

           

           

           

           

           

            勿論一人暮らし。

           

           

           

           

           

           

            今26才。

           

           

           

           

           

           

           

            ボーナスも少ない。

           

           

           

           

           

            でも転々と離職できない。

           

           

           

           

           

            世の中、高齢者は年金暮らし。

           

           

           

           

           

           

            使わずにそのままというのも3割。

           

           

           

           

           

           

            夫婦で年金暮らし。

           

           

           

           

           

            月25万、

           

           

           

           

           

            生活していくのに十分という。

           

           

           

           

           

           

            そんななかで、何故

           

           

           

           

           

           

           

            こうなったのだろう?

           

           

           

           

           

           

            経済的理由で

           

           

           

           

           

           

            親を頼れない

           

           

           

           

            という理由は

           

           

           

           

            わかるが、

           

           

           

           

            全額を奨学金に頼るのはどうか?

           

           

           

           

           

            同じ若者でも

           

           

           

           

           

           

            まず1年、

           

           

           

           

           

            アルバイトをして

           

           

           

           

            200万位貯めて、

           

           

           

           

           

           

            スタート。

           

           

           

           

            学校いきながら、アルバイト。

           

           

           

           

           

            それでも、

           

           

           

           

           

            300万を借りるしかない。

           

           

           

           

           

           

            5年返済で月6から7万。

           

           

           

           

           

            ぎりぎりの貧乏生活。

           

           

           

           

           

           

            5年我慢するしかない。

           

           

           

           

           

           

           

            ジジババはそんな現実に

           

           

           

           

           

           

            手を差しのべるべき。

           

           

           

           

           

           

           

            自分のことだから

           

           

           

           

           

            という自立できる

           

           

           

           

           

            考えは、今の若者はない。

           

           

           

           

           

            周りが支えないと。


          高齢者がお金を使わずにとっておくのは、実は理由がある。それは子供たちに介護放棄させないための抑止力だ。

          0

            JUGEMテーマ:相続

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

               日本の高齢者が

             

             

             

             

             

              お金を

             

             

             

              使わない理由がある。

             

             

             

              高齢者は

             

             

             

             

             

              亡くなる段階で

             

             

             

             

              平均3500万の

             

             

             

             

              お金を残して

             

             

             

             

             

              死んでゆく。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

                  このお金を

             

             

             

              誰にあげたいと

             

             

             

             

              思っているのか?

             

             

             

             

              多い答えは、未定。

             

             

             

             

              何故?

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              自分の子供には

             

             

             

             

             

               最期まで自分の

             

             

             

             

             

             

               面倒を見て

             

             

             

             

             

             

               欲しいが、

             

             

             

             

             

             

             

              子供たちは

             

             

             

             

             

             

              いつも自分の生活ばかり

             

             

             

             

             

             

              優先して、

             

             

             

             

             

              ろくに、親孝行もしないから、

             

             

             

             

             

             

              介護も

             

             

             

             

             

              きちんとしてくれないかもしれない。

             

             

             

             

             

             

              でも、親が金を持ってて、

             

             

             

             

             

             

              死んだら

             

             

             

             

             

              それが間違いなく

             

             

             

             

             

             

              自分のものになると

             

             

             

             

             

             

              わかれば、

             

             

             

             

             

             

              自分を粗末に

             

             

             

             

             

             

              扱わないだろう。

             

             

             

             

             

             

              ぎりぎりまで、手放さない

             

             

             

             

               3500万は

             

             

             

             

             

             

               子供に介護放棄を

             

             

             

             

             

              させないための

             

             

             

             

             

              抑止力になる。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              実際、

             

             

             

             

             

             

              知り合いの母親が

             

             

             

             

             

              80歳で急死。

             

             

             

             

             

              相続時の、

             

             

             

             

              預金通帳が見当たらない。

             

             

             

             

             

              相続人に頼まれて

             

             

             

             

             

              家の中を探したが。

             

             

             

             

              どうしても見当たらない。

             

             

             

             

             

              書き物もない。

             

             

             

             

             

              勿論、遺言書とて論外。

             

             

             

             

             

              屋根裏や布団の下とか

             

             

             

             

             

             

              隠せそうなところは

             

             

             

             

             

             

              片っ端、

             

             

             

             

             

              探したが見当たらない。

             

             

             

             

             

              まるで宝探し。

             

             

             

             

             

             

              亡くなられたときは

             

             

             

             

             

              一人暮らし。

             

             

             

             

             

              子供たちは、

             

             

             

             

             

             

              まさか急死するなんて

             

             

             

             

              信じられない。

             

             

             

             

             

              平素から、

             

             

             

             

              そういう会話もなく、

             

             

             

             

             

             

              銀行の

             

             

             

             

             

             

              ポスター手帳類もない。

             

             

             

             

             

             

              思いあまって、

             

             

             

             

             

             

              近隣の銀行・郵便局・農協に

             

             

             

             

             

              一つ一つ訪ねて行った。

             

             

             

             

             

              ようやく、

             

             

             

             

             

             

              郵便局ともみじ銀行・

             

             

             

             

             

             

              広島信用金庫に

             

             

             

             

             

             

              口座があるのが判明。

             

             

             

             

             

              預金を解約しに行くと

             

             

             

             

             

             

              これが出せないと拒否。

             

             

             

             

             

             

             

              所定の相続財産分割協議書

             

             

             

             

             

              これに、相続人判と

             

             

             

             

             

              印鑑証明書を求められる。

             

             

             

             

             

              面倒臭いが、仕様がない。

             

             

             

             

              近場でなく、都銀であれば、

             

             

             

             

             

              死人に口なしで

             

             

             

             

             

              今思えば、ゾ〜とする。

             

             

             

             

             

             

              何やかやで

             

             

             

             

              合計すると2500万。

             

             

             

             

             

              貧素な生活ぶりだが、

             

             

             

             

             

              まさかの大金。

             

             

             

             

             

             

              箪笥預金でなくて、安堵。

             

             

             

             

             

             

             

              こういうことが起きうる実話!!


            高卒認定試験の素晴らしさ!! 高認試験を受けたいという生徒が入塾。40歳で高卒中退の女性、働き方改革理由は専門に行き資格を取りたいと

            0

              JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                高卒認定試験は

               

               

                本当

               

               

                良い試験制度!!

               

               

                働き方改革で

               

               

                自分の人生を

               

               

                変える方法!!

               

               

               

               

               

               

               

               

                自殺願望が取りざたされる

               

               

               

                今の世の中、

               

               

                学歴がなくて

               

               

                嫌な思いや、恥ずかしい思いを

               

               

                したあなた。

               

               

                まだ、社会はそんな目で見ている。

               

                結婚だって

               

               

               

                主人は自分より学歴がない。

               

               

                中卒。そのことだけで

               

               

                コンプレックスをだく。

               

               

               

               

               

                

                綾小路の漫談ではないが、

               

               

                 そんな俺を選んだのはおまえ。

               

               

               

               

               

               

               

               

                高認試験をうけ、

               

                高校時の単位を学校に

               

                取り寄せて、不足科目を履修。

               

               

               

               

                うちは、マンツーマン指導なので

               

               

               

               

               

                補強ができる。

               

               

                頑張って高卒の資格を

               

               

                とり、今までできなかった

               

               

               世界にチャレンジしよう。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                生きることに喜びを、

               

               

               

               

               

                生ある命に感謝!!

               

               


              連帯保証人の悪夢!! サラ金との借金。つい会社で保証人が命取りに。保証人になってはいけない。

              0

                JUGEMテーマ:借金返済

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  連帯保証人に

                 

                 

                 

                   なったがために!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   13年前の連帯保証額で

                 

                 

                 

                 

                 

                   裁判所より

                 

                  

                 

                 

                   給料債権の差し押さえ。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   先日、給料日。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   4万円を持っていかれた。

                 

                 

                 

                 

                 

                  会社としてはどうしようもない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  放置した当人を

                 

                 

                 

                 

                 

                  責めるわけでは

                 

                 

                 

                 

                  ないが、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  最後まで、

                 

                 

                 

                 

                 

                  追及の手を緩めなかった

                 

                 

                 

                 

                 

                  サラ金の執拗なやり口。

                 

                 

                 

                 

                  恐るべし、サラ金。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  弁護士に依頼。

                 

                 

                 

                 

                 

                  もともとの債権者の

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  過払い請求

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  債権取り立ての

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  異議申し立てをすることに・・・

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  サラ金だけは、やめた方がいい!!

                 


                採用の取り消しについて   ・取り消し理由でいえないある理由とは?

                0

                  JUGEMテーマ:労働問題

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    パート社員の

                   

                   

                   

                   

                   

                    採用について

                   

                   

                   

                    ある女性を面接。

                   

                   

                   

                   

                    パートだから

                   

                   

                    週3日労働。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    「休みの時は

                   

                   

                   

                   

                     どうされるんですか」

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    宗教にはいっており、

                   

                   

                   

                   

                   

                    その宗教活動に

                   

                   

                   

                    行く予定です。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    ご主人の理解は?

                   

                   

                   主人も一緒に

                   

                   

                   その宗教にはいってます。

                   

                   

                   

                   

                    そういう夫婦も多いらしい。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    人間関係の一つだから

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    と思い気にしなかった。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    ところが、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    周りの社員が

                   

                   

                   

                   

                    いい返事をしない。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     勧誘されそう。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    とみんな言う。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    ないとはいえないが、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    就業中に、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    宗教集会の誘いを

                   

                   

                   

                   

                    社員に

                   

                   

                   

                   

                   

                    勧誘したら、

                   

                   

                   

                   

                    即やめてもらう。・・・

                   

                   

                   

                   

                   

                    まる1日悩み、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    仕事の能力があり、

                   

                   

                   

                   

                   

                    若いし、会話もできる。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    電話で連絡。

                   

                   

                   

                   

                    採用したいというと、

                   

                   

                   

                   

                   

                    本人了解。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    そのとき、

                   

                   

                   

                   

                   

                    休憩時間・有休は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    あるのかを聞かれ、

                   

                   

                   

                   

                   

                    募集内容は

                   

                   

                   

                   

                   

                    みてないのという。

                   

                   

                   

                   

                   

                    いつから来れるか

                   

                   

                   

                   

                    と聞くと、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   来月の20日からという。

                   

                   

                   

                   

                   

                   それは、ながいから

                   

                   

                   

                   

                   

                   13日に

                   

                   

                   

                   

                   

                    初出勤の予定となった。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   他から、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    トラブルになるから

                   

                   

                   

                   

                   

                    やめた方がいいのでは

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    という声が・・・・

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    次の日、

                   

                   

                   

                   

                   

                    不採用通知を、

                   

                   

                   

                   

                   

                    速達で郵送。

                   

                   

                   

                   

                   

                   6日に本人から、

                   

                   

                   

                   

                   理由が知りたいと、

                   

                   

                   

                   

                   

                   連絡があり、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    空気が読めない女性。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    宗教と仕事は、

                   

                   

                   

                   

                   

                    互いに触れてはならないゾーン。

                   

                   

                   

                   

                    ただ、本人が

                   

                   

                   

                   

                    認識しているか?

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    募集内容にしても、

                   

                   

                   

                   

                   

                    入ってもないときから、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    普通は気にしないこと。

                   

                   

                   

                   

                   

                    そう言う不信感があり、

                   

                   

                   

                   

                   

                    急遽、不採用。

                   

                   

                   

                   

                   

                    中小企業は、小さな人間関係が

                   

                   

                   

                   

                   

                    大事。

                   

                   

                   

                   

                   

                    それを怠ると無理!!

                   


                  告訴状の提出で自らの身を守る!!その2 新聞に暴露記事を掲載して、会社の信用を失墜させるような言動をして恐喝した事例。

                  0

                    JUGEMテーマ:ビジネス

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      被告訴人は、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      NPO法人の

                     

                     

                     

                     

                     

                      理事と称して

                     

                     

                     

                     

                     

                      地域の新聞などに、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                         情報を提供している

                     

                     

                     

                     

                      と称しているものだが、

                     

                     

                     

                     

                      平成29年8月8日

                     

                     

                     

                     

                     

                      午後1時頃、

                     

                     

                     

                     

                     

                      相手の会社において、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      「あんたら、会社で

                     

                     

                     

                     

                     

                       どんな汚いことを

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       してるか、こちらは

                     

                     

                     

                     

                     

                       きちんと掴んでいる。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       新聞に書かれて、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       会社がつぶれても

                     

                     

                     

                     

                     

                       いいということは、

                     

                     

                     

                     

                     

                       ないだろう。

                     

                     

                     

                     

                     

                       もちつもたれつつだろう。」

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      と暗に金を要求し、

                     

                     

                     

                     

                     

                      この要求に

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      応じなければ、

                     

                     

                     

                     

                     

                      新聞などに、記事を載せ、

                     

                     

                     

                     

                     

                      その信用が

                     

                     

                     

                     

                     

                      なくなると、

                     

                     

                     

                     

                     

                      告訴人を畏怖させ、

                     

                     

                     

                     

                     

                      よって、その場で

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      現金10万円を、

                     

                     

                     

                     

                     

                      広告掲載料の名目で

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      告訴人から

                     

                     

                     

                     

                     

                      交付しようとしたものである。

                     

                     

                     

                     

                     

                      被控訴人の犯意を

                     

                     

                     

                     

                     

                      明らかにするのが、

                     

                     

                     

                     

                     

                      ポイントです。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      控訴人の畏怖の

                     

                     

                     

                     

                     

                      具体的な内容を

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      示した方がいいです。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      このように、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      泣き寝入りすることなく、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      事実を述べることです。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      そうすれば、

                     

                     

                     

                     

                     

                      懲役刑にもなり、

                     

                     

                     

                     

                      相手も反省し、悔悛します。


                    短時間労働者に対する厚生年金保険等(社会保険)の適用が拡大・・・平成29年4月より。ただあまり大騒ぎはしていない。何故??

                    0

                      JUGEMテーマ:ビジネス

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        短時間労働者

                       

                       

                       

                       

                        つまり、

                       

                       

                       

                       

                        パート労働者に

                       

                       

                       

                       

                       

                        厚生年金保険等

                       

                       

                       

                       

                       

                        (厚生年金・健康保険)

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        の適用が拡大!!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        何故、あまり騒がないのか。

                       

                       

                       

                       

                       

                       現在、短時間労働者は、

                       

                       

                       

                       

                         ―気僚蠶袁働時間が

                       

                       

                       

                       

                       

                          20時間以上あること。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        ◆仝柩儡間が1年以上

                       

                       

                       

                       

                         見込まれること。

                       

                       

                       

                       

                       

                        

                         賃金 月額が

                       

                       

                       

                       

                         8.8万円以上であること。

                       

                       

                       

                       

                       

                        ぁヽ慇犬任覆い海函

                       

                       

                       

                       

                       

                         のすべての要件を満たす

                       

                       

                       

                       

                       

                        労働者をいう。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         新たに適用対象と

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        なる事業所とは

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        ]使合意に基づいて

                       

                       

                       

                       

                       

                         申し出を

                       

                       

                       

                       

                       

                         する法人・個人の事業所

                       

                        

                       

                       

                       

                       

                         労使合意とは

                       

                       

                       

                       

                       

                        わかりやすく言えば

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        労働組合か

                       

                       

                       

                       

                       

                        なければ、

                       

                       

                       

                       

                        従業員の過半数を

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        代表する者の合意である。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        そんなもん、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        中小企業、

                       

                       

                       

                       

                        いや零細企業の事業所で

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        とれるわけない。

                       

                       

                       

                       

                       

                        国は空気が読めない。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        だから、現実無理。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        ◆_饉劼侶佝馼蘆瓦

                       

                       

                       

                       

                       

                          重くのしかかる。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        今でさえ、

                       

                       

                       

                       

                       

                        社会保険の負担が多いのに

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        これ以上、何をかいわんやである。


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      PR
                      リンク


                      私のFacebookページです



                      問い合わせ・申し込みはこちら





                      にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村

                      行政書士 ブログランキングへ


                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM