むち打ち後遺症との闘い!! リハビリテーションをしている今気分はブルー、盆どころではない。

0

    JUGEMテーマ:行政書士

     

     

     

     

     

     

      おかま追突事故。

     

     

     

     

     

     

     

      むち打ち症も後遺症の心配。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      自賠責保険請求。

     

     

     

      先の見えない不安。

     

     

     

      なんでこんなことになったの?

     

     

     

     

      まさか、自分が交通事故の被害者になるなんて。

     

     

     

      自賠責賠償保険の請求。

     

     

     

      気が重いことに。


    労災の苦しみ!! 人間の体が相手だけに、丁寧に、慎重に。 労災事故で休んだ場合の補償は誰がしてくれるのか!!

    0

      JUGEMテーマ:行政書士

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

         労災事故で、朝の通勤時間帯の

       

       

       

       

       

       

       

       

              追突処理!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

         全治2週間の診断書。

       

       

       

       

         これからが、長丁場。

       

       

       

         まずむち打ち症になっていないか。

       

       

       

         すぐにはわからない。

       

       

       

         経過観察で、2週間の静養。

       

       

       

         会社も労災により、診断書が発行されたので、

       

       

       

         2週間の休職。治療に専念。

       

       

       

       

         でもそのあとは

       

       

       

       

         いつまでも休んでばかりおれない。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        会社や仲間に迷惑がかかる。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        実際、現在進行中の仕事から、

       

       

       

       

        はずされた。

       

       

       

       

        いつまでも休んではいられない。

       

       

       

       

        電気の治療は、退社後に行くか?

       

       

       

       

        万一。ながびいて休むことになれば、

       

       

       

        給料も支給されない。

       

       

       

        どうすればいいのだろう。

       

       

       

       

        休業補償給付金も有るように言われているけど!!


      労災事故にすべきかどうか? 加害者の損得は労災にしてもらいたくないの願いなのか!!

      0

        JUGEMテーマ:行政書士

         

         

         

         

         

         

           交通事故後の対応

         

         

         

         

         

         

         

           この事故を労災適用にすべきか。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

           なぜか、加害者が横槍を入れる。

         

         

         

           被害者が労災申請にし、

         

         

         

           職場を休み、その後の

         

         

         

           状態によれば、長期治療になる。

         

         

         

           療養中の解雇は、労働基準法で禁じられているが、

         

         

         

         

           復職時に、退職勧奨。

         

         

         

         

           そうならないためにも、

         

         

         

          リハビリは必要。

         

         

         

          加害者は、被害者が苦しめられているのに

         

         

         

         

          平気で済まされるわけにはいかない。

         

         

         

         

          加害者に、重い処分をと警察に言う。

         

         

         

         

          示談書なんてとんでもない。

         

         

         

          免許停止。は当然のこと。

         

         

         

         

           当然、免許を取り上げられたら、

         

         

         

         

           生活ができない。

         

         

         

         

         

          当然と言えば当然。

         

         

         

         

         

          この事故を軽微にすますと、

         

         

         

         

          再発し、また事故を起こす。

         

         

         

         

          今度は、死亡事故に繋がる。

         

         

         

         

         

          戒めなくてはならない!!


        激増するおかま運転!! 後ろから衝突。不注意な運転、むち打ち症の後遺症に悩まされる。

        0

          JUGEMテーマ:行政書士

           

           

           

           

           

            おかま運転

           

           

           

           

           

           

           

           

            激増する朝の交通事故。

           

           

           

           

           

           

            通勤時間帯の

           

           

           

           

            おかまほり。

           

           

           

           

           

           

           気をつけようと言っても、後ろだからどうにもできない。

           

           

           

           

           

           

           

            文明の利器が発達して、

           

           

           

           

           

           

           

            スマホしながら運転。

           

           

           

           

           

           

            携帯しながら運転。

           

           

           

           

           

           

           

           

            テレビ見ながら運転。

           

           

           

           

           

           

           

            あげたら、きりがない。

           

           

           

           

           

           

           

           

            深刻なのは、ぶつけられた被害者。

           

           

           

           

           

           

            むち打ち症なんて、とんでもないものが、

           

           

           

           

           

           

            本人の身体障碍になる。

           

           

           

           

           

           

           

            車は、壊れても直せばいい。

           

           

           

           

           

           


            人間はそうはいかない。

           

           

           

           

           

           

           

           

            加害者は、車の弁償だけすればいいと、

           

           

           

           

           

           

           

            思っているが、そうではない。

           

           

           

           

           

           

           

           

            むち打ちという問題がある。

           

           

           

           

           

           

           

           

            軽微な場合は、気にすることもないが。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            ひどい人は、事故発生からむち打ち症に悩まされ、

           

           

           

           

           

           

           

           

            2年経過後も、杖も引き、走行不能な状態。

           

           

           

           

           

           

           

           

            本人は、この状態に、私は悪くないのに、

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            どうしてこんな目に合わなくては、

           

           

           

           

           

           

           

           

            いけないのと・・・・

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            泣いていた!!


          遅い事故対応!! 警察の現場検証が遅い。何にも進んでいない、弁護士に委任して。着手金10万!

          0

            JUGEMテーマ:生活情報

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

               事故対応!!

             

             

             

             

              

               追突事故を

             

             

             

             

             

             

             

               起こされてからはや7日。

             

             

             

             

             

             

               事故について

             

             

             

             

             

             

             

             

             

               まだ、何にもわからない。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              現在、リハビリをして

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              休職中。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              労災扱いにしたことがどうなるか。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              相手からの詫びもない。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              ふざけている!!

             

             

             

             

             

             

             

              追突事故を

             

             

             

             

             

             

             

              起こされて、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              なんで、

             

             

             

             

              私がこんな目に合わないと

             

             

             

             

             

             

               行けないのですか!!

             

             

             

             

               今、弁護士に委任している。

             


            追突事故!! 事故の真相は何なのか。今から究明される。あり得ない事実!スマホ運転なんかするな。現代の凶器、スマホ。

            0

              JUGEMテーマ:生活情報

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                追突事故!!

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              今、事故扱いの為、

               

               

               

               

              これから、現場検証をする。

               

               

               

               

              早くしないと、意味ないよ!

               

               

               

               

               

               

              事故の真相は何か?

               

               

               

               

               

              本人が一番よく知っている。

               

               

               

               

               

               

              それも聞き取りのまずさか。

               

               

               

               

               

              、まだわからない。

               

               

               

               

               


              今では

               

               

               

               

              5日もたち、

               

               

               

               

               

              相手も証拠隠滅したり、

               

               

               

               

               

               

              保険会社の代弁など

               

               

               

               

               

               

              事実が風化される。

               

               

               

               

               

               

               

               

              追突事故の原因は

               

               

               

               

               

               

               〇纏のことを考え、前方不注意。

               

               

               

               

               

               

              ◆〃搬單渡辰鮖藩冀罅

               

               

               

               

               

               

               テレビを見ながら運転。

               

               

               

               

               

              ぁ.好泪枴匱蟇薪勝

               

               

               

               

               

               

               

               

              事故の衝突具合によれば

               

               

               

               

               

               

               

              バイパスでの事故

               

               

               

               


              西広島バイパスは、

               

               

               

               

               

               

               

              朝の8時頃は、渋滞で

               

               

               

               

               

               

              ノロノロ運転。

               

               

               

               

               

               

              そのときの衝突事故で

               

               

               

               

               

               

               

              被害者は2週間の加療。

               

               

               

               

               

               

              かなりのスピード。

               

               

               

               

               

               

              車搭載カメラはつけているが

               

               

               

               

               

               

              当時、作動してなかった。

               

               

               

               

               

               

               

              これも本人の怠慢。

               

               

               

               

               

               

               

              ちゃんとつけろよ。

               

               

               

               

               

               

              意味ないだろう。

               

               

               

               

               

               

               

              事故は起こらないという甘え。

               

               

               

               

               

               

               

              真実はやがてわかるが、

               

               

               

               

               

               

              交通事故も

               

               

               

               

               

               

              日常化。

               

               

               

               

               

               

              むち打ち症の恐さを、

               

               

               

               

               

               

              本人はしらない。

               

               

               

               

               

               

              だからこそ、いい加減にできない。

               

               

               

               

               

               

               

              よく調べて、

               

               

               

               

               

               

              この事故の原因を調査しないと

               

               

               

               

               

               

              何故事故をしたのか、納得できない!!

               

               


              朝の通勤時間帯。西広島バイパスで、追突事故!!おかまを掘られたが、事故内容によれば立派な犯罪だ!!

              0

                JUGEMテーマ:行政書士

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 朝の忙しい時間帯

                 

                 

                 

                 

                 

                  だれも、通勤はいらいら。

                 

                 

                 

                 

                  そんな時、

                 

                 

                 

                 

                  うしろから、ドン!!

                 

                 

                 

                 

                  追突された方は

                 

                 

                 

                 

                 

                  たまったものでない。

                 

                 

                 

                 

                 

                  車屋が

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  事故にするか、労災にするか

                 

                 

                 

                 

                 

                  聞いてきた。

                 

                 

                 

                 

                  頭にくる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  車は破損したけど

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  直せばいい。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  その為の保険。

                 

                 

                 

                 

                 

                  問題は、後遺症!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  むち打ち症になる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  下手すると

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  予後の治療次第では

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  歩けなくなり、

                 

                 

                 

                 

                 

                  身体障碍者になる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  その危険性がある。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  その人の人生を

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  ダメにする。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  恐ろしい事故だ。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  労災扱いにしても

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  公傷として

                 

                 

                 

                 

                  休めばいいものでない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  その間の仕事のブランクは

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  どうするのか。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  職場は、

                 

                 

                 

                 

                 

                  そんなに優しいところではない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  残業で自殺した電通事件。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  なかなか言えるものではない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  それと同様。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  人はそんなに優しくはない!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  いつまで労災か、いつ直るのか?

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  そんなに優しい問題ではない!!


                H27/5/15 弁護士保険でまとまるものもまとまらず…

                0

                  H27/5/15   

                  弁護士保険でまとまるものもまとまらず…

                  ■交通事故のせいで人生が狂った老夫婦

                  こんな人生に誰がした!!

                   市内で追突された交通事故の被害者となった夫婦が相手方の自賠の保険会社を相手に保険金の請求をしましたが、これが保険金支払いでは不評のA社でした。

                   やはり治癒しないと保険金の仮払いもできないとの一点張りです。

                   たかが追突事故なので重傷にならないからと油断していると体の障害部位が脊椎でした。日増しに悪くなり、追突事故から3ヶ月もすると、本人は杖をついて歩くのも自助できないありさまで、追突事故の恐ろしさを目の当たりにしました。

                   本人は「私が何か悪いことをしたのでしょうか
                   事故でこんな身体になって私は死にたい、お父さんのもとに行きたい」と涙を流していました。

                   許せないのは事故を起こした当人と保険会社及び担当者です。

                   この病状の悪化を見に来るわけでなく、ただ治癒するまでは支払えないとの一点張り。いつ治癒できる状態と言えるのかかえって悪くなり入院しなければならない状態になっているのに残された家族は最愛の妻の介助に身も心も疲れ、経済的にも保証のない状態に陥っています。事故の為に夫婦とも職場を失って経済的に苦しんでいます。

                  なのに担当者は知っても知らぬふり。

                   本人や本人の会社や保険会社あてに保険金の支払い命令を出しても本人は知らんぷり。

                   会社や保険会社はこれはややこしくなると判断してか保険会社の弁護士にあわてて事故の委任をする有様です。

                   あげくは「弁護士に任せましたので私どもは関係ありません」いけしゃあしゃあと会社や保険会社の担当者は口をぬぐうばかり。
                   あきれた最低の人間どもです。

                   被害者は不慮の事故の為に毎日病院通いをし、なお病状は悪化する一方です。事故の責任を加害者本人も会社も保険会社とその担当者も取ろうとしない。あげくのはては弁護士にまかせましたのでなんてこんなことが通るなんて許せない。

                   弁護士も弁護士です。

                   おそらく今は入院をして容体は悪くなる一方で、本人は毎日涙していると思うとやりきれません。

                   こんなことが今現実にこの広島の地で起こっています。

                   あなたや家族にもしこのようなことが起きたら、どう対処しますか?

                    にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                  にほんブログ村 士業ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                  にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ

                   


                  H25/8/23 弁護士保険でまとまるものもまとまらず…

                  0

                    H25/8/16   

                    弁護士保険でまとまるものもまとまらず…

                    ■交通事故のせいで人生が狂った老夫婦

                    こんな人生に誰がした!!

                     

                     市内で追突された交通事故の被害者となった夫婦が相手方の自賠の保険会社を相手に保険金の請求をしましたが、これが保険金支払いでは不評のA社でした。

                     やはり治癒しないと保険金の仮払いもできないとの一点張りです。

                     

                     たかが追突事故なので重傷にならないからと油断していると体の障害部位が脊椎でした。日増しに悪くなり、追突事故から3ヶ月もすると、本人は杖をついて歩くのも自助できないありさまで、追突事故の恐ろしさを目の当たりにしました。

                     

                     本人は「私が何か悪いことをしたのでしょうか
                     事故でこんな身体になって私は死にたい、お父さんのもとに行きたい」と涙を流していました。

                     許せないのは事故を起こした当人と保険会社及び担当者です。

                     この病状の悪化を見に来るわけでなく、ただ治癒するまでは支払えないとの一点張り。いつ治癒できる状態と言えるのかかえって悪くなり入院しなければならない状態になっているのに残された家族は最愛の妻の介助に身も心も疲れ、経済的にも保証のない状態に陥っています。事故の為に夫婦とも職場を失って経済的に苦しんでいます。

                     

                    なのに担当者は知っても知らぬふり。

                     本人や本人の会社や保険会社あてに保険金の支払い命令を出しても本人は知らんぷり。

                     会社や保険会社はこれはややこしくなると判断してか保険会社の弁護士にあわてて事故の委任をする有様です。

                     あげくは「弁護士に任せましたので私どもは関係ありません」いけしゃあしゃあと会社や保険会社の担当者は口をぬぐうばかり。
                     あきれた最低の人間どもです。

                     

                     被害者は不慮の事故の為に毎日病院通いをし、なお病状は悪化する一方です。事故の責任を加害者本人も会社も保険会社とその担当者も取ろうとしない。あげくのはては弁護士にまかせましたのでなんてこんなことが通るなんて許せない。

                     

                     弁護士も弁護士です。

                     おそらく今は入院をして容体は悪くなる一方で、本人は毎日涙していると思うとやりきれません。

                     こんなことが今現実にこの広島の地で起こっています。

                     あなたや家族にもしこのようなことが起きたら、どう対処しますか?

                     

                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                    にほんブログ村 士業ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                    にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ

                     


                    calendar
                     123456
                    78910111213
                    14151617181920
                    21222324252627
                    28293031   
                    << October 2018 >>
                    PR
                    リンク


                    私のFacebookページです



                    問い合わせ・申し込みはこちら





                    にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                    にほんブログ村
                    にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                    にほんブログ村

                    行政書士 ブログランキングへ


                    selected entries
                    categories
                    archives
                    recent comment
                    recommend
                    links
                    profile
                    search this site.
                    others
                    mobile
                    qrcode
                    powered
                    無料ブログ作成サービス JUGEM