ネット通信販売の大手業者。信じてブランド物を注文したのに、金具が止まらない。ホックが閉まらない。

0

    JUGEMテーマ:生活情報

     

     

     

     

     

     

     

      いつも利用している

     

     

     

     

     

     

     

     

        ネット通販の大手業者。

     

     

     

     

     

     

      ブランドの長型財布を購入。

     

     

     

     

     

     

     

      ブランド物の購入は、はじめて。

     

     

     

     

     

     

      何があるかわからない。

     

     

     

     

     

     

     

     

      中古の1万ぐらいでスタート。

     

     

      案の定

     

     

       フックが閉まらない。

     

     

      すぐ返品。

     

     

     

      今日連絡あり。

     

     

     

      商品情報に、

     

     

     

         傷・傷み・フックが止まらないなど

     

     

     

     

      記載している。

     

     

     

     

      保証規定には該当しない。

     

     

     

     

      文句があるなら

     

     

      ブランド販売業者に言ってくれ。

     

     

     

      ネット通信販売業者としては免責。

     

     

     

     

     

      要するに、フックが止まらないと

     

     

     

      、商品情報に記載しているから

     

     

     

     

      よく見ないあなたが悪い。とさ・・・・

     

     

     

     

     

     

     

      注意喚起がしつかりされていない。

     

     

     

     

     

      だれが、留め金が壊れてるのを買うか。

     

     

     

     

     

      汚れや、傷は、

     

     

     

     

     

        中古ブランドだから、仕方ないが。

     

     

     

     

      フックが止まらないのは、

     

     

     

     

     

          商品として、瑕疵がある。

     

     

     

     

     

      民法改正で、約款の改正があった。

     

     

     

     

      商品購入の際、

     

     

     

     

     

         読めないような小さい字で

     

     

     

     

     

     

     

         書かれている

     

     

     

     

     

      約款。

     

     

     

     

     

     

         誰が、契約の際、克明に読むか!!

     

     

     

     

     

     

      注意喚起がされていないことに、

     

     

     

     

     

         約款の改正がされた。

     

     

     

     

     

     

      商品に金具が止まらないのは、

     

     

     

     

     

     

         瑕疵契約違反だ。

     

     

     

     

     

      記載していれば許されるのか!

     

     

     

     

     

     

     

     

      納得できない!!


    民泊申請における民泊営業申請!! 平成30年6月に施行。届け出の行政機関がバラバラ。

    0

      JUGEMテーマ:ビジネス

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      住宅(戸建住宅・共同住宅等)の

       

       

       

       

       

       

      全部・一部を貸して

       

       

       

       

       

       

      宿泊サービスを

       

       

       

       

       

       

       

      提供することを

       

       

       

       

       

       

       

      民泊という。

       

       

       

       

       

       

       

       

      多様化する宿泊ニーズ、

       

       

       

       

       

       

       

      急増する外国人

       

       

       

       

      観光客の宿泊需要。

       

       

       

       

       

       

       

      空き家の有効活用等の

       

       

       

       

       

       

      地域活性化。

       

       

       

       

       

       

      民泊に対する様々なニーズに

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      応え、宿泊者の安全性の確保。

       

       

       

       

       

       

       

       

      近隣住民とのトラブル防止。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      適切な規制の中で

       

       

       

       

       

       

       

       

      民泊を推進することが

       

       

       

       

       

       

      できるように

       

       

       

       

       

       

       

      民泊新法が

       

       

       

       

       

       

      平成30年6月15日に

       

       

       

       

       

       

      施行。

       

       

       

       

       

       

       

       

      概要

       

       

       

       

       ヾ憤彌表蟇超筏可の必要。

       

       

       

       

      ◆々埓機関の営業許可が必要。

       

       

       

       

       行政機関へ届け、登録が必要。 

       

       

       

       

       


      広島県の消費者生活センターは何をするところ!! みかんの通販業者が送ってきたものは腐る寸前のみかん。

      0

        JUGEMテーマ:生活情報

         

         

         

         

        みかんが

         

         

        ぐちゃぐちゃ。

         

         

         

         

         

        生産農家直結の

         

         

         

         

         

        うたい文句が

         

         

         

         

        このありさま。

         

         

         

         

         

        果物定期便。

         

         

         

         

         

         

        毎月違う果物。

         

         

         

         

        宅急便で送ってくる。

         

         

         

         

        何が原因かわからない。

         

         

         

         

         

         

         

        2か月連続でおくられたもの。

         

         

         

        みかん。

         

         

         

         

         

        割れて、腐っている。

         

         

         

        約20〜30個。

         

         

         

         

        会社にもクレーム。

         

         

         

         

         

        すぐ、契約を取り消し。

         

         

         

         

         

         

         

        広島県の

         

         

         

         

         

        消費生活センターにも、

         

         

         

         

         

         

        みかんの写真や、

         

         

         

         

         

        担当者の顛末など、

         

         

         

         

         

         

         

        証拠書類を郵送。

         

         

         

         

         

         

         

        連絡があり、

         

         

         

         

         

         

         

        調査はしません。

         

        記録しておきます。

         

         

         

         

         

         

         

        おい、おい、それはないだう!

         

         

         

         

         

        何の為の

         

         

         

         

        消費生活センターだ。

         

         

         

         

        県と喧嘩しても、時間の無駄。

         

         

         

         

         

         

        犬のとうぼえー、ワンワン。


        果物の販売業者にクレーム。みかんの発送に、運送業者が悪いのか開けたら20個ぐらいが割れてて崩れてた。販売業者の対応もいい加減!!

        0

          JUGEMテーマ:生活情報

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          九州の果物会社。

           

           

           

           

           

           

           

          生産農家からの発送

           

           

           

           

           

           

           

           

          それを信じて注文。

           

           

           

           

           

           

           

           

          毎月違うものが来る

           

           

           

           

           

           

           

           

          果実定期便。

           

           

           

           

           

           

           

           

          この前送られてきた、みかんが、

           

           

           

           

           

           

           

          20個ぐらい崩れてた、

           

           

           

           

           

           

          すぐ写真を撮り、

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          業者にクレーム。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          わび状が来るわけでもなし。

           

           

           

           

           

           

           

          くるのは、

           

           

           

           

           

           

          クレームの商品の請求書ばかり。

           

           

           

           

           

           

          ほおってたら、再三くる。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          会社に電話したら、

           

           

           

           

           

           

           

          担当者がノー天気。

           

           

           

           

           

           

           

           

          クレーム後の

           

           

           

           

           

          代替商品を送ったという

           

           

           

           

           

           

           

          嘘ばかり。

           

           

           

           

           

           

           

           

          運送業者の受取印がありますと。

           

           

           

           

           

           

           

          それは、

           

           

           

           

           

           

           

          クレーム商品受け取り印だといい、

           

           

           

           

           

           

           

           

          余りの馬鹿さ加減の対応に

           

           

           

           

           

           

           

          頭にきて、

           

           

           

           

           

           

           

           

          写真と運送業者の伝票など、

           

           

           

           

           

           

           

          送り付けてやった。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          わび状ぐらい出せと。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          広島県の消費生活センターにも、

           

           

           

           

           

           

          顛末と証拠の資料を送った。

           

           

           

           

           

           

          これが

           

           

           

           

           

           

           

          あほな消費者生活センター。

           

           

           

           

           

           

           

          県の担当者から電話。

           

           

           

           

           

           

           

          こちらから調べません。

           

           

           

           

           

           

           

          資料として受け付けます。と。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          何の為の消費者生活センターか

           

           

           

           

           

           

           

           

          あきれて怒る気持にもならない。

           

           

           

           

           

           

           

           

          無駄な予算だ。

           

           

           

           

           

           

           

          県知事さんよ。

           

           

           

           

           

           

           

          こんなことを現場はしてるよ。

           

           

           

           

           

           

           

           

          おかしいんではないのか。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          予算のバラマキだよ!!


          危険人物!!地域のアンケートとかいい、バインダーに紙をはせて、1階のビルの店に入っていく。20代のイケメン風な男性!!実は、営業です、水の販売です。

          0

            JUGEMテーマ:生活情報

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              地域というから、

              

             

             

             

             

             

              行政かなんかの

             

             

             

             

             

              アンケートか

             

             

             

             

             

             

              と思いきや。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

                   鞄を肩に掲げ、

             

             

             

             

             

              片手にバインダーに

             

             

             

             

             

              紙をはさみ、

             

             

             

             

              来るものだから

             

             

             

             

             

             

             

             

              学生のバイトの

             

             

             

             

             

             

             

              市場調査かなにかと

             

             

             

             

             

             

              思った。

             

             

             

             

             

             

             

              イケメン風の男性が、

             

             

             

             

             

             

             

              実は、

             

             

             

             

             

             

             

              ミネラルウオーターの販売です。

             

             

             

             

             

             

              悪びれなくいう。

             

             

             

             

             

             

             

              あんたー

             

             

             

             

             

             

              それって、詐欺じゃない。

             

             

             

             

             

             

             

              地域の仕事と言い、

             

             

             

             

             

             

             

              住んでいる人を、騙してるよ。

             

             

             

             

             

             

             

              警察、呼ぼうか!!

             

             

             

             

             

             

              帰れ!!といっても、

             

             

             

             

             

             

             

              自分が何を言われてるのか、

             

             

             

             

             

             

             

             

              わからないよう。

             

             

             

             

             

              頭が悪そう。

             

             

             

             

             

             

              再度、大声で、帰れー

             

             

             

             

             

             

              というと、帰っていった。

             

             

             

             

             

             

             

             

              気をつけよう。

             

             

             

             

             

              20代のイケメン風

             

             

             

             

             

             

              の学生ポイ男、

             

             

             

             

             

              知的障害か、

             

             

             

             

             

              言われる意味が分からない男

             

             

             

             

             

             

              地域だと言いながら、

             

             

             

             

             

             

              実は営業です。

             

             

             

             

             

             

              自分からばらすか。

             

             

             

             

             

             

             

             

              ともかく、みていたら、

             

             

             

             

             

              単独行動。

             

             

             

             

             

             

             

              あちこちにまわっている。

             

             

             

             

             

              あなたのところにも、来るかも!!


            ワンクリック詐欺被害者がネッツと検索した業者に現金を騙し取られる二次被害続出!!

            0

              JUGEMテーマ:行政書士

               

               

               

               

                インターネット上の

               

               

                 画面の表示を

               

               

                クリックしただけで

               

               

                料金を

               

                不正請求される

               

                ワンクリック詐欺!!

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                 インターネット利用中に

               

               

                 突然アダルトサイトの

               

               

                 登録画面が表示。

               

               

                 あわてた30代女性

               

                

                 消費生活センターと

               

               

                ネットで

               

               

                検索し、

               

               

               

                検索結果の上位に

               

               

                表示された

               

               

                団体に、

               

               

                 電話で相談したところ。

               

                依頼料で

               

                 54000円請求された。

               

               

                 後で調べると

               

               

                公的機関ではないと判明。

               

               

                国民生活センターによると

               

               

                アダルトサイトとの

               

               

                トラブル解決を装う業者との

               

               

                相談は

               

               

                急増!!

               

               

                16年度 6607件

               

               

                不正請求業者は

               

               

                検索連動型広告を

               

               

                悪用。

               

               

                相談先を

               

               

                探す際の

               

               

                入力する単語に

               

               

                連動し、

               

               

               

                自社の広告が

               

               

                上位に表示されるように

               

               

                している。

               

               

                広告は、

               

               

                よく見るとちいさな文字で

               

               

                広告・PRなどと書かれているが

               

               

               

               

                ワンクリック詐欺の

               

               

                被害者は

               

               

                動揺し焦ってしまう。

               

               

               

                太った熟女が画面一パイに

               

               

               

               

                表示され張り付いているから

               

               

               

               

                消えやしない

               

               

               

               

                ひとに見られたら困るし、

               

               

               

               

                第一そんな趣味はない。

               

               

               

               

               

               

                目についた

               

               

                上位の業者を

               

               

                確認せずに

               

               

                契約し、

               

               

                二次被害に遭う。

               

               

               

               

               

                今年4月に、

               

               

               

               

                京都府警は

               

               

               

               

                ワンクリック詐欺の

               

               

               

               

                被害者から

               

               

               

               

                現金を

               

               

               

               

                騙し取ったとして

               

               

               

               

                男3人を

               

               

               

               

                詐欺容疑で

               

               

               

               

                逮捕!!

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                相次ぐ被害に

               

               

               

                検索サイトの

               

               

                運営会社に

               

               

                業者に広告を

               

               

                表示しないよう要請。

               

               

                検索サイトの

               

               

                信頼性につながる問題。

               

               

                最近では

               

               

                行政書士も同様の広告を

               

               

                掲載している例もある。

               

               

                広告に

               

               

                公的機関と

               

               

                間違えやすい

               

               

                名称を

               

                使わせないなどの

               

               

                法的規制も必要!!

               


              約款に関するルール作りを!!  携帯電話の契約約款の利用者の同意なき変更は許されるか!!

              0

                JUGEMテーマ:生活情報

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  NTTドコモに対し

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  約款の変更は

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  利用者の同意がなしは

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    不当!!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  

                   2015年

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   料金請求書の

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   発行に

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   手数料がかかるように

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   なることに対して

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   今年の1月、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   NTTドコモに対して

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   同条項の使用差し止めを

                 

                 

                 

                 

                 

                   求める

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   訴訟を東京地裁に提訴。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  利用者に不利益な

                 

                 

                 

                 

                 

                  変更を無条件にできるのは

                 

                 

                 

                 

                 

                  おかしいと主張。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  従来は民法に約款に関する

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  規定がない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  民法改正案では

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  定型約款として

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  相手の利益を一方的に害する

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  条項は無効!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  とされた。

                 

                 

                 

                  大企業の横暴で

                 

                 

                  

                 

                 

                  何でも変更すれば

                 

                 

                 

                 

                  世間が通ると思っている。

                 

                 

                 

                  わずかなお金を

                 

                 

                 

                  勝手にとり

                 

                 

                  

                  しかも払わないと

                 

                 

                 

                  利用停止

                 

                 

                  

                  利用者が多いから

                 

                 

                 

                  それだけでも

                 

                 

                 

                  莫大な利益!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  電話料金の

                 

                 

                 

                  利用者還元を

                 

                 

                  すべきだ。


                ライン事件!!!  昨日ラインが乗っ取られた。巧みにリードして情報を盗む悪質業者に要注意!

                0

                  JUGEMテーマ:生活情報

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    今は誰でも利用している

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    無料アプリ ライン

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     昨日最近会わない知り合いから

                   

                   

                   

                   

                    私のラインに

                   

                   

                   

                   

                    友達になるという

                   

                   

                   

                   

                    メツセージが入った。

                   

                   

                   

                   

                    勿論同意した。

                   

                   

                   

                   

                   

                    無料だから、

                   

                   

                   

                   

                    メール交換したいとおもうから

                   

                   

                   

                   

                   

                    ところが

                   

                   

                   

                   

                   

                      携帯の番号を教えて

                   

                   

                   

                   

                   

                    とはいり

                   

                   

                   

                   

                   

                    090−2222−3333だよ

                   

                   

                   

                   

                   

                    と送信すると

                   

                   

                   

                   

                   

                    この時点でおかしなと、

                   

                   

                   

                   

                   

                    きずけばいいのに

                   

                   

                   

                   

                   

                    わざわざ教えた。

                   

                   

                   

                   

                    するとすぐ

                   

                   

                   

                   

                    アカウント名を知りたいので

                   

                   

                   

                   

                    SMSで認証番号が

                   

                   

                   

                   

                    4桁でくるから

                   

                   

                   

                   

                    きたらすぐ教えてと

                   

                   

                   

                   

                    ラインに入った。

                   

                   

                   

                   

                   

                    きたからラインで彼にメールすると

                   

                   

                   

                   

                    すぐラインから

                   

                   

                   

                   

                   

                    あなたの携帯番号は

                   

                   

                   

                   

                   

                    使えません・・・・・

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    何故?

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    すぐ人に聞くと

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    認証番号は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    預金通帳の番号と同じで

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    絶対、親しいからと言って

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    おしえてはいけない。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    ラインの個人情報を

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    のっつとられたんだよ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    すぐに相手の携帯に

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     電話したら

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    本人が出てきて

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    その人も乗っ取られて

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    いま迷惑しているという。

                   

                   

                    

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    個人情報の携帯番号 

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    200人分

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    その携帯番号にはいってたらしい。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    ラインは、古い人からも

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    時折はいってくる。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    面倒だなとおもってた。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    そんな場合、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    非通知にすればいいらしいが、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    利用したての人には

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    分かりにくい。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    これがいい機会だから

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    ラインをやめた。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    無料だからと言って

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    利用してくる人もいるが

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    そんな人はお金がなくて

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    利用している。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    ほかにもスタンプとか

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    既読のシグナルとか

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    メリットもあるが、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    デメリットもある。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    僕には必要ないので

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    やめることにした。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    ライン側もよくない。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    そんなことを

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    させるのは

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    犯罪である。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    しっかり周知させる

                   

                   

                   

                   

                    またすべきである。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    使えなくなるのが

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    許されない。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    不法利得である。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    未成年者・高齢者は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     騙されやすい!!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    オレオレ詐欺と同じ

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    まさか自分が詐欺にあうなんて

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    みんなくれぐれも

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    気をつけよう!!!


                  若年成人  (18から22歳) を不当契約から保護する(消費者トラブルから守るために!!)

                  0

                    JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

                     

                     

                     

                      高校生・大学生が若年成人に!!

                     

                     

                     

                     

                       知識や経験の乏しさに

                     

                      つけこむ 契約を

                     

                      取り消せる規定を

                     

                      消費者契約法に設ける

                     

                       という

                     

                       報告書を

                     

                      内閣府消費者委員会が提言

                     

                     

                     

                     

                     

                      

                     

                     

                      成人年齢引下げの民法改正案

                     

                      が今年の通常国会にも提出

                     

                     

                     

                     

                      民法では

                     

                      未成年者が

                     

                      親の同意なしに

                     

                      結んだ契約は取り消せるが、

                     

                     

                     

                     

                      18から19歳が成人になると

                     

                      契約を取り消せずに

                     

                      トラブルになる例が

                     

                      増える

                     

                     

                     

                     

                     

                      この年齢は

                     

                      社会が守る必要がある。!!


                    店舗総合保険の動産補償に300万かけていますが ■水ぬれ事故で、水浸しの書類は補償されないって言われた。 それ本当?

                    0

                       

                      H25/8/2            JUGEMテーマ:行政書士

                       

                        店舗総合保険の動産補償に300万かけていますが

                       

                       

                       

                      ■水ぬれ事故で、水浸しの書類は補償されないって言われた。 それ本当? 

                       

                       最近、テナントで借りている事務所の上の階から、

                       

                      排水管の老朽化が原因で水ぬれが発生し、

                       

                      下の階のうちのフロアーが水浸しになりました。

                       
                      パソコン、冷蔵庫、掃除機、書類、本などが水浸しになりました。

                       

                      次の日、みんなで、水ぬれの事故の天井等の補修工事の為、

                       

                      部屋の運搬処分作業をして汗びっしょりです。

                       

                      いやになっちゃう。犯人は誰か?と言いたい。

                       

                      工事がしやすいように、備品を運搬処分して、

                       

                      中はほとんど物がない空室状態に.

                       

                      一生懸命やって・・・。

                       

                      工事の人は「備品の上にブルーシートをかけますから」と

                       

                      言いましたが、天井の工事・床のカーペット・タイル工事をす

                       

                      ることにより、汚れや飛来物が飛んできて

                       

                      二次災害になったときの責任はどうするの?

                       

                      保険会社からの依頼で管理会社の人が損害調査を査定する為に

                       

                      来て、現場を見ました。

                       

                      その時に評価は購入時の取得価格ではなく時価ですること

                       

                      、預りの書類(請求書・領収書)については支払の対象になら

                       

                      ないかもと言って帰りました。

                       

                      約1時間くらい現場にいました。

                       


                      それから、3日後、某保険会社のXXが来ました。

                       

                      査定の評価額を出した鑑定会社の査定積算書を持ってきたのです。 その説明の中で

                       

                       \響檗κ夘佞臼身柁駘僂和仂欒阿任△

                       

                      ◆“品は時価換算する

                       

                       預った書類などのペーパー物は対象外である

                       

                      (什器・備品とは言わない)

                       

                      当初、こちらで出した見積額140万の20%くらいになっている。信じられない・・・

                       

                      事故があって今日で10日も過ぎようというのに、

                       

                      工事はまだやっていて借りている物件は未だ復旧されておら

                       

                      ず、使用できない。

                       

                      その損害はどうなるの? ここで冷静に判断。

                        

                       代理店の対応が遅い

                          

                      契約時は説明責任があるから説明しているのだろうけど、

                       

                      こちらははっきりと 聞いていない。

                       

                      せいぜいパソコンのハードは補償の対象になるが、データーは

                       

                      対象外と言っていたくらいかな。    

                       

                       現場を見に来るわけでない。

                       

                      せいぜい保険会社が判断するので代理店としてはどうしようも

                       

                      ないと言っている。

                       

                      代理店は始めから終わりまで面倒見ろよ!!

                       

                      保険会社との対応や書類の書き方くらいアドバイスしろよ!!と言いたい。

                       

                        

                       保険会社の対応の悪さ

                          

                      動きが悪い、おまけに査定会社を行かせますからときた。

                       

                      後日、査定会社からの電話「いつがご都合よろしいですか?

                       

                      にキレた。

                       

                      「明日、保険会社に9時から17時までならいつでも査定いいで

                       

                      すよ」と言ったのに伝わっていない。

                        

                      掃除代・片付け費用・運搬費などの人件費は対象

                          

                      腑に落ちない人件費的な費用はまないたの上に上ってなかったかな?と

                       

                      納得いかないけどしょうがない。

                        

                       問題なのはびしょ濡れになった書類!!

                          

                      保険会社は「動産ではありませんから対象外です」と言う。

                       

                      企業には、書類の入っている書庫やロッカー、キャビネットが

                       

                      あり、その中に社内的にも社外的にも大事な書類がびっしり。

                       

                      その上から水がきて濡れたら一瞬のうちに書類は

                       

                      びしょびしょ。


                      書類の脳卒中状態に再起不能。

                       

                      書類などリハビリをするにはどうしたらいいの?

                       

                      そんなものが動産として見られないなんて、びっくり!!

                       

                      結局、「動産の定義を出せ」と保険会社に言いましたけど・・・ 今後の対応策として

                       

                       ^譽所に重要な書類を置かないこと  

                      ◆ヽ峠蠅吠散すること  

                       書類を預った場合、用が済んだらすぐに書類は返却すること  

                      ぁ(浸のリスク対策をしておくこと  

                       

                      対応の早い代理店を選んでおく、

                      いつも保険料を集めるだけの代理店は役に立たない。

                      いざとなったら頼りない。

                       

                      でも、税理士事務所や弁護士事務所など知的財産を商売として

                       

                      いるところはどうしているの?休業補償?  

                       

                      書類がびっしょりだと言って、いつまでも休業していられない・・・

                       

                      一体、みんなどうしてるの?

                       

                      めったにないことだから、起きたときは起きたときとして割り

                       

                      切っているのかな。

                       

                      本当、南海トラフ地震のような大津波がきて、何もかも流され

                       

                      たらどうしよう。生きて行けない。

                       

                      東北大震災の被災者たちの気持ちが身にしみる!!  

                       

                      なんだかんだで、保険会社と交渉中。

                       

                      被害者が加害者に請求すればいいことと

                       

                      挙句の果ては保険会社がそういった。

                       

                      じゃ、保険会社の存在に意味がないじゃないか。

                       

                      何を考えているのか?

                       

                      「用はない、帰れ」と言って担当者を帰したのです。

                       

                      先行き真っ暗です。  

                       

                      それと気になることを保険会社は言って帰った。

                       

                      「うちに支払う保険金は建物の所有者に請求しますよ」

                       

                       それって建物の所有者も保険に入って、しかも同一の保険会

                       

                      社だったら自分の足を食べるようなものじゃないか?

                       

                      保険会社の保険内部事情はなんか複雑そう!!

                       

                      だから立派なビルの中に居られるんだ

                       

                      俺なんか安い家賃でも苦しんでいるのに!!

                       

                       

                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村 士業ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ

                       


                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>
                      PR
                      リンク


                      私のFacebookページです



                      問い合わせ・申し込みはこちら





                      にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村

                      行政書士 ブログランキングへ


                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM