高齢者がお金を使わずにとっておくのは、実は理由がある。それは子供たちに介護放棄させないための抑止力だ。

0

    JUGEMテーマ:相続

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

       日本の高齢者が

     

     

     

     

     

      お金を

     

     

     

      使わない理由がある。

     

     

     

      高齢者は

     

     

     

     

     

      亡くなる段階で

     

     

     

     

      平均3500万の

     

     

     

     

      お金を残して

     

     

     

     

     

      死んでゆく。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

          このお金を

     

     

     

      誰にあげたいと

     

     

     

     

      思っているのか?

     

     

     

     

      多い答えは、未定。

     

     

     

     

      何故?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      自分の子供には

     

     

     

     

     

       最期まで自分の

     

     

     

     

     

     

       面倒を見て

     

     

     

     

     

     

       欲しいが、

     

     

     

     

     

     

     

      子供たちは

     

     

     

     

     

     

      いつも自分の生活ばかり

     

     

     

     

     

     

      優先して、

     

     

     

     

     

      ろくに、親孝行もしないから、

     

     

     

     

     

     

      介護も

     

     

     

     

     

      きちんとしてくれないかもしれない。

     

     

     

     

     

     

      でも、親が金を持ってて、

     

     

     

     

     

     

      死んだら

     

     

     

     

     

      それが間違いなく

     

     

     

     

     

     

      自分のものになると

     

     

     

     

     

     

      わかれば、

     

     

     

     

     

     

      自分を粗末に

     

     

     

     

     

     

      扱わないだろう。

     

     

     

     

     

     

      ぎりぎりまで、手放さない

     

     

     

     

       3500万は

     

     

     

     

     

     

       子供に介護放棄を

     

     

     

     

     

      させないための

     

     

     

     

     

      抑止力になる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      実際、

     

     

     

     

     

     

      知り合いの母親が

     

     

     

     

     

      80歳で急死。

     

     

     

     

     

      相続時の、

     

     

     

     

      預金通帳が見当たらない。

     

     

     

     

     

      相続人に頼まれて

     

     

     

     

     

      家の中を探したが。

     

     

     

     

      どうしても見当たらない。

     

     

     

     

     

      書き物もない。

     

     

     

     

     

      勿論、遺言書とて論外。

     

     

     

     

     

      屋根裏や布団の下とか

     

     

     

     

     

     

      隠せそうなところは

     

     

     

     

     

     

      片っ端、

     

     

     

     

     

      探したが見当たらない。

     

     

     

     

     

      まるで宝探し。

     

     

     

     

     

     

      亡くなられたときは

     

     

     

     

     

      一人暮らし。

     

     

     

     

     

      子供たちは、

     

     

     

     

     

     

      まさか急死するなんて

     

     

     

     

      信じられない。

     

     

     

     

     

      平素から、

     

     

     

     

      そういう会話もなく、

     

     

     

     

     

     

      銀行の

     

     

     

     

     

     

      ポスター手帳類もない。

     

     

     

     

     

     

      思いあまって、

     

     

     

     

     

     

      近隣の銀行・郵便局・農協に

     

     

     

     

     

      一つ一つ訪ねて行った。

     

     

     

     

     

      ようやく、

     

     

     

     

     

     

      郵便局ともみじ銀行・

     

     

     

     

     

     

      広島信用金庫に

     

     

     

     

     

     

      口座があるのが判明。

     

     

     

     

     

      預金を解約しに行くと

     

     

     

     

     

     

      これが出せないと拒否。

     

     

     

     

     

     

     

      所定の相続財産分割協議書

     

     

     

     

     

      これに、相続人判と

     

     

     

     

     

      印鑑証明書を求められる。

     

     

     

     

     

      面倒臭いが、仕様がない。

     

     

     

     

      近場でなく、都銀であれば、

     

     

     

     

     

      死人に口なしで

     

     

     

     

     

      今思えば、ゾ〜とする。

     

     

     

     

     

     

      何やかやで

     

     

     

     

      合計すると2500万。

     

     

     

     

     

      貧素な生活ぶりだが、

     

     

     

     

     

      まさかの大金。

     

     

     

     

     

     

      箪笥預金でなくて、安堵。

     

     

     

     

     

     

     

      こういうことが起きうる実話!!


    アメリカ社会もトランプ指示か反トランプかで夫婦や親子で喧嘩!!互いがオープンなのはアメリカだから

    0

       

       

       

       

       

       

       

       

          トランプか反トランプか!!

       

       

       

       

       

       

       

       

         

             共和党か民主党か

       

       

       

       

       

       

       

       

         ヒラリーか反ヒラリーか。

       

       

       

       

         アメリカ社会では、

       

        

       

       

         夫婦でも親子でも

       

       

       

       

       

       

       

         自らの主張を言い合い、

       

       

       

       

       

       

       

         喧嘩する。

       

        

       

       

       

       

       

       

         日本ではあまりない。

       

       

       

       

       

       

       

       

         自分が自民党か民進党か

       

       

       

       

       

       

       

         は、家族にも

       

        

       

       

       

         敢えて言うことも少ない。

       

       

       

       

       

       

         ましてや喧嘩することなど

       

       

       

       

       

       

       

         あまり聞かないが、

       

       

       

       

       

         皆さんはどうですか?

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        たまに女性が、旦那を

       

       

       

       

       

       

       

        刃物を

       

       

       

       

       

       

       

       

        もって、追い掛け回す

       

       

       

       

       

       

       

       

        光景は見るが、

       

       

       

       

       

       

       

       

        浮気が原因である。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        自民党か民進党かで

       

       

       

       

       

       

       

       

        刃物を振りかざして

       

       

       

       

       

       

       

       

        太田川の土手筋を

       

       

       

       

       

       

       

        追い駆けているのを

       

       

       

       

       

       

       

       

        見たことが無い。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        身内や他人にも言うことが

       

       

       

       

       

       

       

       

        少ない。

       

        

       

       

       

        やはり国風だろうか?

       

       

       

       

       

       

       

        その人は、今日相続のことで

       

       

       

       

       

       

        事務所に来られた人で、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        アメリカのサンフランシスコから

       

       

       

       

       

       

       

       

        広島に里帰りした人で、

       

       

       

       

       

       

       

       

        日系アメリカ人と言っても    

       

       

       

       

       

       

       

       

        日本で生まれアメリカ人と

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        結婚し、

       

        

       

       

       

       

       

       

        アメリカへ永住権を

       

       

       

       

       

       

       

        取得しただけのこと。

       

       

       

       

       

       

       

        やはりところ変われば

       

       

       

       

       

       

       

       

        品変わるか。

       

       

       

       

        こそこそ言わないことが

       

       

       

        感じがいい。

       

       

       

        政治や宗教では喧嘩するが

       

       

        あとは何にもないという!!

       


      下流老人の悲しい性・・・・・・・

      0
        JUGEMテーマ:

        JUGEMテーマ:病気


         
        下流老人の悲しい性!!

         
          
        流老人と言われる人の

         

         

            意味するものはなにか?

         


          下流老人とは、

         

         
            健康で文化的な最低限度の生活を


            送ることが困難な高齢者である。

         

         

         


           ●3つの「ない

         

            といわれる生活レベル!!

         

         

         

         

         


           (1)収入が著しく少ない

         

         

         


         

            ナショナルミニアム(生活保護基準)という

         

             国民の生活の


             最低ラインを規定する指標であり、

         

             年金などを含めた収入が

         


           このラインと同程度であるというレベル。

         


          
            1人暮らしの場合

         

           可処分所得の中央値244万円の半分、


           122万円未満が貧困状態といえます。

         


             (国民生活基礎調査2013年)


              健康的な食事がとれない、

         

              十分な医療や介護を受けられない、


              洗濯機やエアコンなどの

         

              生活必需品が壊れているなど

         


         
           ◆人間らしい暮らしの水準を下回る

         


           高齢者世帯の相対的貧困率は


            65才以上 22.0%

         

            高齢男性のみ 38.3%


            高齢女性のみ 52.3%

         

            一般世帯よりも高齢者世帯の方が

         

           貧困状態にある人が多い。

         


         「高齢者はみな金持ち」は間違いです。

         

         


         
        (2)十分な貯蓄がない

         

         

         

         

           高齢者2人暮らしの場合

         

             1か月生活費平均27万円。


           65才で年金等収入が

         

             月21万円あっても

         

             月の不足額6万円の取り崩し。

         

         


              年72万で

         

               約5年で360万の貯蓄がなくなる。

         


               1000万円で14年弱となる。

         

         
         
            
        高齢世帯の平均貯蓄は

         

           1268万とあるが、

         


          (「平成25年国民生活基礎調査概況」

         

            厚生労働省)

         


          実際には

         

          「貯蓄なし」の世帯が

         

             16.8%

         

         
          
        4割以上が

         

           貯蓄額500万に満たない。

         

         

         


         
        3)頼れる人間がいない

         

         

           (社会的孤立)

         

         

         

         

            社会的に孤立している「関連性の貧困」


         
            1人暮らしの高齢者数65才以上

         

        S55年 高齢者
        人口割合
        H22年 高齢者 
        人口割合
        男性 19万人 4.3% 139
        万人
        11.1%
        女性 69万人 11.2% 341
        万人
        20.3%

         


         
         
          
        「自己責任」や「自助努力」で

         

            解決できない4つの問題。



         

            親世代

         

               (40代前半 40〜44)や


             子供世代(18才未満)の

         

             共倒れ。

         

         
           
        「世帯主(40〜44才)

         

           1世帯1ヶ月41万円(実支出)

         

            年間 492万円・貯蓄76万円」の


            モデルパターンが崩れている。

         
         
           ◆
        価値観の崩壊。

         


           「高齢者が尊敬されない」

         

           「年寄なんか邪魔だ、お荷物だ」


             としかみられなくなる社会になる。


         
            
        若者世代の消費の低迷。
         

           ぁ少子化を加速。
         
            参考文献引用 下流老人 藤田考典



         


        京都高裁の相続財産訴訟は取り分78,002円から争いの場へ

        0
          JUGEMテーマ:行政書士
          H27/8/28
           
          都高裁の相続財産訴訟は
          取り分78,002円から争いの場へ
           

          婚外子の相続分は2013年民法改正後、
          実子と平等になりました。
          遺留分の計算により、相続財産3億により
          取り分7,500万が争点となっています。
          相続人代表に京都高裁は6,800万円を提示しているが、
          現時点で和解審議中で解決されていない状況です。
           
          この訴訟には多くの問題があります。

          (1)婚外子の相続をどのように取り扱うのか
          いわゆる私生児になる人は多く、シングルマザー問題や
          母子家庭の経済格差ともからんでいる。深刻な問題です。

          (2)相続財産をどのように捉えるか
          死亡前の財産を取り崩している預金を相続財産として加算するのか。

          (3)遺産分割協議という財産分けの場で、誰が主導権を握るか
          遺産分割協議書の財産内容の透明性、公平性が問われる問題です。


          『こういう問題がありました』
          100歳近くの母親が施設で亡くなりました。
          認知症はない状態ですので問題はなかったのですが、
          相続人の子供達が70代です。兄嫁が相続人でないにもかかわらず、
          介護の世話等や財産管理をしている関係で、
          他の相続人は内容がさっぱりわからない状態です。
           
          ある日、税理士が遺産分割協議書を相続人のところに持ってきて
          「実印を押して下さい。」といいました。
          内容に不透明なところがあったので、指摘したら1週間後に
          No2の遺産分割協議書をつくって「これで署名押印して下さい」といいました。
          どこが変わったかとみれば、不動産がかわり、預金が100万円増えてました。
           
          結局100万増やしたから、それでいいですかというわけです。
          バナナのたたき売りじゃあるまいし、
          その財産の分割内容に疑惑をもちました。
          今、弁護士に入ってもらって交渉中です。

          高齢者だとなめた点が説明不足となり、
          書類のさしかえも十分説明されていないこともあだとなりました。

          相続人である高齢者の方が言われていました。
          『今更お金の問題でトラブルをおこす気はなく、
          うまくやってくれればいいという気持ちはあります。
          ただ相続財産の説明をきちんとしてほしいという願いがあるだけです。』



           

          社会の仕組みに完璧さを求めることは

          0
            JUGEMテーマ:行政書士
            H27/7/31
             
            社会の仕組みに完璧さを求めることは

            不可能なのか?
             

            認知症などで判断力が低下した人の財産を
            守るための成年後見制度が2000年に始まる。

            が、後見人がつくと選挙権が失われるという欠点があり、
            その後選挙権を認めるという法改正があった。

             

            又、財産を管理する成年後見人による不正が後を絶たない。

            最高裁によると、被害額は昨年(平成26年)末までの
            4年半で少なくとも196億円に上るという。

            弁護士や司法書士といった専門職の後見人による使い込みも相次ぐ。

            制度の成否は信頼できる後見人をいかに育てるかにかかわっている。
             

            介護保険制度の改正

            .介護保険料の負担の増加、月額5,514円(全国平均)の負担、
              団塊の世代すべてが後期高齢者となる。
              2025年(平成37年)には、保険料は8,165円になる見込み。

             

            .利用者負担について一定額の所得がある利用者は2割に変更。
              8月1日から実施。
            2割負担となるのは、
              合計所得金額が160万円以上、
              年金収入だけの場合は、単身280万円、
              夫婦で346万円以上の人が該当する。

             

            この所得層は高齢者のうち約20%にあたる。

             

            介護サービスを利用しないまま亡くなる人もいるが、
            その人たちも保険料は負担している。

            保険料の値上げだけで、財源を確保するのでなく、
            利用者負担も上げて高齢世帯間での
            公平性を保とうということである。

             

            介護保険法だけでなく、医療など他の分野の
            法律を含めて変わっている。

            2025年を見据え、社会保障の在り方を
            全体的に見直していくという改正である。

             

            大体が、社会の仕組みに完璧さを求めることは、
            未来予測が十分にできないから困難といえる。

            が、不具合は見つかるものである。

            迅速、適切に対処し手直しできるか。

            社会は試されている!!

             


            生活保護の制度は社会を救ってくれるか!!

            0
              H27/06/29
               
              生活保護の制度は社会を救ってくれるか!!
               
              今、フリーターや派遣労働者などの非正規雇用者、企業内の「心の病」、
              自殺者数、多重債務による自己破産件数、
              ドメスティックバイオレンス、離婚と母子家庭等・・・

              すべての指標は98年前後を境にして激増!!
               
              「今は大変だけど自分で選び取った道だもの、がんばっている人はたくさんいる、まだやれる」・・・・
               
              東京都が2005年に発表した「児童虐待白書」では
              虐待を受けた子供たちの家庭状況を見ていくと

              特徴として

               
              ,劼箸蠖堂板蹇31.8%)
              経済的困難(30.8%)
              親族、近隣からの独立(23.6%)
              ど徂愆嵒塹臓20.4%)
              グ藥疲れ(18.0%)


              が上位を占めています。

              上位の理由について、すべての項目で「経済的困難」
              が1位になっているのです。
              子どもを育てる為には、新たな出費を覚悟する必要があります。
              経済的にはより厳しいものになります。

              「彼」が一家を支えながら子育てを担う時、苦しい生活を続けていても
              将来への希望はどこにもみえません。

              一日一日なんとかしのいでいても、暴風雨のなか徐々に水位が満ちて
              堤防までの限界水域を見るような毎日が続きます。

              そしてその限界を越えた時、子ども達への虐待が始まるのです。
               
              『この親の元に生まれてきたあなたが悪いのだよ
              世の中は自己責任なんだ
              仕方がないのだよ』

               

              ボロボロに傷ついて壊れる若者が大量生産されています。
              虐待によって死亡した子供たちを悼んで涙を流したり、
              虐待した親を責めたりすることでは問題は解決しないのです。
              それは何か、貧困です。
               
              三十代を中心に広がる貧困を背景に抱える問題であり、
              しかも問題は重なり合い解決を難しくしています。

              それでは「彼女」は生活保護を利用する事ができるのでしょうか。
              生活保護の運用や慣例を良く知るケースワーカーは、制度上難しいと答えます。
              ニートやワーキングプアである「彼」や「彼女」を救うかどうかは、政府が新たな支出をしていくのか、あるいは自己責任を徹底して自助努力に任せるのかという選択を迫ることになります。
               
              生活保護の現場では
              自ら貧困状態を招いたような人、まだ努力の余地がありそうな人を救うべきかどうかが大きなテーマになります。
               
              生活保護vsワーキングプア!!

              「生活保護は簡単に利用できるものではない」
               
              何故あんなに若いのに生活保護を受けるのか。
               
              「生活保護を利用している」
               
              そのこと自体が引け目となり、外出するのもおっくうになったり、
              転職をするにしても生活保護を受けていることがバレたら
              仕事なんて見つからない、と消極的な活動しかできなくなります。
               
              身寄りのない高齢者や障害者、母子家庭、そしてヤクザ
              自分とは全く異なる世界の人たちが利用する制度となる。
              本当に困っている人は門前払いされる時代となっています。



               

              民法900条4号 違憲であるとの最高裁判断は… ■世の中に通用するか?

              0
                JUGEMテーマ:相続
                 

                H25/9/21   

                民法900条4号違憲であるとの最高裁判断は…

                ■世の中に通用するか?

                 

                 男性が亡くなり、妻との子どもと婚外子がいた場合、民法900条4号は婚外子が相続する遺産を妻との子どもの半分としています。

                 

                 

                 

                 しかし、最高裁はこの規定は憲法13条の「すべて国民は個人として尊重される」と14条の「法の下に平等であって差別されない」 に違反すると判断しました。 結婚や家族についての考え方は変化しています。何より子は親を選べません。最高裁の決定には婚外子本人にはどうしようもない、正すことのできない理由での差別は許されないと書かれています。

                 

                 

                 

                 1898年から続く民法900条4号は多数決で国会において法律となりました。しかし、最高裁は先ごろ結婚していない男女の子(婚外子)の 相続について違憲立法審査の決定を出しました。 婚外子は増えていますが、2011年に生まれた子で見ると、2.2%の少数派です。婚外子というニュアンスに対して、世間の考えは異口同音です。

                 

                 

                 「家」制度は現在では存在しなくなり、相続でも長子相続や家を引き継ぐという慣習はなくなり、民法の基に平等となっています。 ただ、婚外子については、女性の立場である妻という人達からみれば「めかけの子」という概念があり、理解出来ない面もあります。 腹も立つようです。又、結婚しなくても子どもは作れる。よく私生児と言われていました。最近の女性の結婚観をみると「結婚はしたくないが、 自分の子は欲しい」という女性が増えてきつつあります。

                 

                 

                 

                 確かに結婚や家族についての考え方は、時とともに変化しています。子どもの人権を見る限りでは、差別と判断されます。子どもにとっては父親 は父親であり、籍の存在は不必要なものといえます。

                 

                 

                 

                 ただ、婚外子相続「半分」は違憲となり、今後、民法改正及び相続税法改正ということになると、世の中に動揺が広がります。 「遺言書」や「遺産分割協議書」の中にも、婚外子の存在が微妙に影響してくるのです。

                 

                 

                 

                 「母親としての人権」か「子どもとしての人権」かは両者ともに譲れないものがあります。籍を入れている子どもを持つ母親としての 意見は大方が婚外子が自分の子と平等の権利をもつということに反対のようです。今後の世間の理解や協力が必要とされる気がします…

                 

                 

                 

                民法900条(法定相続分)

                 

                四 子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続人は相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は   
                嫡出である子の相続分の2分の1とし、父母の一方のみを同じくする。兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。

                 

                 

                 

                 


                刑法217条(遺棄)の罪を知ってます? ■夫が食事しないのを放置して死んだら逮捕される!!

                0
                  JUGEMテーマ:ビジネス
                   

                  H25/9/3   

                  刑法217条(遺棄)の罪を知ってます?

                   

                  ■夫が食事しないのを放置して死んだら逮捕される!!

                   

                   

                   

                   「遺棄致死罪とは、老年、幼年、身体障がい者又は疾病の為、扶助 を必要とするものを遺棄した者は1年以下の懲役に処する。」(刑法217条)

                   「保護責任者遺棄致死罪とは、老年者、幼年者、身体障がい者又は病者を保護する責任のある者がこれらの者を遺棄し、又はその生存に必要な保護をせず、その者を死亡させたときは3月以上5年以下の懲役に処する。」(刑法218条)  

                   

                   

                   

                   超高齢化社会に突入した現在。今や高齢化・核家族化の真っ只中である。政府の政策により病院では急性期治療やリハビリ治療でも、原則として入院期間の原則として90日を限度とされている

                    その後はどうするか?という問題である。 家族は転院先の確保として医療病院がダメなら老人施設、特養ホームなど介護系の受け入れ先を探していかざるを得ない。

                   

                   

                   

                   これとても需要と供給のバランスがくずれて現在待ち状態と言わざるをえない。 横浜の市長は3年で待機児童ゼロを達成したと言われているが、高齢者の 施設面でも待機高齢者ゼロをお願いしたい。
                  結果、終のすみかを探した挙句、自宅に戻る、畳の上で死ねば本望である というところに行き着く。 高齢者でも健康であれば問題ないが、いずれは死という順番が回って来る。

                   

                   

                   

                    家族にとってみれば介護の世界は苦痛となってくる。本人を中心として周り を巻き込むことになる。
                  食事の問題である。 本人が認知症・自閉症などの病気になり、日々の食事を拒否又は家族にわからないように捨てたら、そしてその挙句の果てに亡くなったらどうなるか… 家族に迷惑をかけたくないという思いはあっても、餓死したらどうにもならない。

                   

                   

                   

                    病院で死亡した場合、診断書は医者が発行するので問題ないが、問題は病院以外のところで死亡した場合である。 葬式にしようとしても火葬の許可が出ない。警察が現場検証をして、 親族から当時の状況を聞き、検死して解剖をする。
                  中に何も食べ物か入ってないとなると誰も食事をさせなかったのか という疑いが生じる。ともなれば何やかやで面倒で大変である。

                   

                   

                   

                    ここでマイドクターを持っておいて死亡診断書を書いてもらえると 、これらの不用の手続きはいらない。 平素から、かかりつけの医者と付き合いをしておかないといけない。 まさかのときの為に、家族が安心するのは坊主の心配よりかかりつけの医者の心配だ。

                   

                   

                   

                    過去「死にゆく妻との旅路」という2011年に映画化された、ガンで余命わずかの妻とともに9ヶ月に渡ってワゴン車で日本各地を放浪 し、結果として妻を死なせたことにより保護責任者遺棄致死罪で逮捕される という問題があった。 終のすみかというところで、多くの問題が発生するのである。

                   

                   

                   

                    今、私はNPO法人「遺品整理を考える会」を設立して、このような、孤独死 ・医療と介護の間にある問題を整理していきたいと思う。

                   

                  詳しくは

                  遺品整理を考える会

                  のウェブサイトをご覧ください。

                   

                   

                   

                  JUGEMテーマ:病気

                  タクシーの運転手の高齢化に要注意 ■あなたはおじいちゃんの運転手に自分の命を託せますか?

                  0
                    H25/8/7                        JUGEMテーマ:行政書士

                     

                    タクシーの運転手の高齢化に要注意

                     

                    ■あなたはおじいちゃんの運転手に自分の命を託せますか?
                     
                     

                     

                    高齢化の波はタクシーの運転手にもあらわれている。

                    10年前には運転手が年を取っているのはさほど気にしないくらい目立たなかった。それが今ではあっちこっちで高齢の運転手がハンドルを握っている姿が見受けられる。

                    「それがなんでいけんのか。時代の波だからしょうがないじゃろ」と言われそう…。

                     

                    しかし、こんな実例を紹介しよう。

                    あるタクシー会社を予約した。来た運転手がいかにもよぼよぼのじいさんっぽい。早めに予約した客のところについたのだろう、車で予約の時間まで待っておればいいのに、着いたらそわそわしてお客のインターホーンを押して「××タクシーですが、着きました」とコール。

                    まだ時間が10分も早い。しかも行ったり来たりしてまだかのように2回も押してくる。年寄りはイラッチが多い。

                    客の方があたふたして家から出てくる。

                    運転手は遅いじゃないかと顔に表情があらわれている。

                    走ったらこれが大のおしゃべり好きで途方もないことをしゃべり、聞く客も迷惑顔。話がはずみ過ぎて所定の到着場所をオーバーし、客に指摘されてあろうことかその場所まで逆走。交通ルールもあったもんじゃない。

                    いい加減にしろこのじじい!

                     

                    もう一人いる。予約客を迎えたが、客は車中でケータイで話し中、電話会社の通話料の話をしていた。

                    終わったとたん運転手が話かけてきた。「ソフトバンクはですね…」と

                    そこで客は切れた。

                    「人の話を聞かずに運転だけしろ、黙って見ていたら遠回りしているじゃないか。あんたは広島のことを知らないのか」

                    「いや広島です。遠回りしてませんよ」ととぼけてくってかかってくる。

                     

                    こちらはルートをきちんと説明して遠回りになっていることを言うと、納得したのか「それは知りませんでした、すみません」と言いながらメーターをおろして、「私のミスですからここでメーターをおろしますからここまでの料金でいいです」

                    金がもったいないから言ったのではないのに自分で切れている。

                    目的地まで行くのに又よくわからないのか、目的地の30メートル手前で止まったのだがもう説明するのも面倒くさいのでそこで降りて歩いた。

                     

                    全く、道路や場所も分からないならタクシーの運転手なんかなるなと言いたい。これまた年が65歳位、年寄りは温和になるというけれど、何故か自分本位で話好きで、けれど肝心の運転は…。

                     

                    道はあまり知らないし、人の会話に首をつっこむし、キレやすい運転手がいる。そのタクシー会社を利用するのはもうやめた。

                    乗るのに命の危険を感じたから、どこでもタクシー会社は高齢化した運転手を採用しているので同じなんだけど、どうしようもない。とりあえずそのタクシー会社はやめた!

                    皆さん、タクシーに乗るときは運転手の年齢に気を付けて。

                    高齢ドライバーの皆が皆運転マナーが悪いとは言わないけど、タクシーはサービス業!運転手や配車の応対ひとつでそのタクシー会社の経営方針や指導内容がわかってくる。

                     

                    あるタクシー会社は配車の応対が悪く、不評で結局倒産した。今譲渡して同じ名前で営業している。

                    けど配車の人間は同じ。新役員も現場が悪いことに気が付かないのだろうか。こりないやつらだ。

                    知った人もあそこのタクシーを使うのはやめたと何人も言っている。

                    一生懸命働いている運転手は配車のクレームに文句を言われながら仕事するなんてかわいそう!

                    高齢者に関する法律も必要だが、厚労省も国交省も、人の生命に関することになる運転手については適性や年齢の上限も規制した方が良いと思いますよ。

                     

                    自動車運転免許証の自主返納も強制ではないけど、車を職業とする人や会社にはチェック体制をしっかりしておかないと、あっちこっちで交通事故が発生し、犠牲者が多発することになりかねないのではないでしょうか。

                     

                    にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                    にほんブログ村 士業ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                    にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ

                     

                    JUGEMテーマ:怒ったこと

                    H25/7/2 遺品整理に群がる中高齢者の思惑

                    0
                      H25/7/2 

                       遺品整理に群がる中高齢者の思惑

                       

                       老人会や個人でセミナーを開いても反応は微妙。
                      個人的には必要とされている仕事であり、業務内容であってもまだまだ60代の現役定年世代にはピンとこない様子。 お迎えがくるなんて自分はまだ考えたことないから・・・。

                       でも数値的に65〜70歳、70〜75歳、75〜80歳と区切りをつけるとそんなに時間の猶予はないことがわかる!!

                       カウントダウンしてみるとなんとなく現実的!!

                       だけど「明日は我が身」なんて分かっているけど、毎日の多忙に追われてイマイチ。 身体のネジが急に止まったりしたらどうしよう。

                       


                       

                       貴方は目の前の時計が急に止まるなんてしょっちゅう経験します? ないでしょう!! でも、ある日ある時突然止まるんですよ!!

                       皆さん 自分が出来ることは自分の手でやっておきましょう。団塊の世代に生まれた我らは、今、元気なうちにやっておかないと社会のゴミにされますよ。今のうちにきれいに後片付けをしておきましょう。 荷物と道具も不要なものはまず第一に処分を!!

                       

                        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村 士業ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ

                       


                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      PR
                      リンク


                      私のFacebookページです



                      問い合わせ・申し込みはこちら





                      にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村

                      行政書士 ブログランキングへ


                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM