高齢男性がかかえる短命リスクはどうやって防げるのか? 低栄養の数値に要注意。

0

    JUGEMテーマ:行政書士

     

     

     

     

     

     

     

      高齢者がかかえる命の短命!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      低栄養指数をチエックしよう。

     

     

     

     

       低栄養とは体格指数が20以下の状態!!

     

     

     

     

      そうなると、要介護リスクが出てくる。

     

     

     

     

      高齢男性の1日の身体活動は

     

     

     

     

      散歩などが大半を占める。

     

     

     

     

      外出しないとエネルギーを消費せず、

     

     

     

      食事量も少なくなる。

     

     

     

     

      誰とも会わない、一人でいるという選択を

     

     

     

      するのは、個人の自由。

     

     

     

      寂しさを抱えた独り暮らしは寿命が短くなる。


    働かざる高齢者は食うべからず!! 70歳雇用の義務化。継続雇用年齢の引き上げの検討。

    0

      JUGEMテーマ:行政書士

       

       

       

       

       

        継続雇用年齢と

       

       

       

       

       

       

        年金支給開始が

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


           ともに、70歳になると、

        

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

          どうなるか?

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        年金支給開始年齢は、

       

       

       

        男性は2025年から、

       

       

       

       

        女性は2030年から

       

       

       

       

        完全に65歳に引き上げられる。

       

       

        今年の4月に

       

       

       

        財務省は、68歳への引き上げを提言している。

       

       

       

        支給開始年齢の引き上げは、高齢就労を促進する。

       

       

       

        高齢者の兵糧攻めである。

       

       

       

       

         老後の年金暮らしを想定していた人は、

       

       

       

         働かざるを得なくなります。

       

       

       

       

        病気などで働けない高齢者は、

       

       

       

        医療費はかさみ、働けずに収入はないうえ、年金まで

       

       

       

        絶たれる。

       

       

       

        今後、高齢者は元気な人と元気でない人とに

       

       

        分断される。

       

       

        社会が、高齢者により、

       

       

       犯罪温床の原因となりかねない。 


      ゴミ屋敷になるのをどうにか防ぎたい!! 高齢の親が同居しており、ごみを集め出した。

      0

        JUGEMテーマ:行政書士

         

         

         

         

         

         

         

         

          

           ゴミ屋敷になっている。

         

         

         

         

         

         

           高齢者の両親。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

           高齢になり、問題行動。

         

         

         

         

         

         

         

           テレビで言われるゴミ屋敷。

         

         

         

         

         

         

           行政が、代執行でごみを排除。

         

         

         

         

         

         

          そんな問題はマスコミの問題と思えば、

         

         

         

         

         

         

          なぜか身近におきるとは思えない。

         

         

         

         

         

         

          高齢の家族がいる。

         

         

         

         

         

         

         

          自分たちも50代。

         

         

         

         

         

         

          いまのうちしか、心配できない。

         

         

         

         

         

         

          認知症でもなると大ごと。

         

         

         

         

         

         

          上手にごみを貯めるのをやめさせるには、

         

         

         

         

         

         

          どうしたらいいのだろう? 


        65歳で始める第2の人生!! 達成感ある生き方を。定年延長で65歳までサラリーマン、その後は・・・・

        0

          JUGEMテーマ:行政書士

           

           

           

           

           

           

           

           

           

               第2の人生!!

           

           

           

           

           

           

           

           

              技能や経験を生かす

           

           

           

           

           

            ボランティア活動が人気。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

              心身ともに若さを維持できる。

           

           

           

           

             見返りを求めない仕事に

           

           

           

           

             達成感がある。

           

           

           

             よく、ハローワーク求人で

           

           

           

             65歳以上の応募がある。

           

           

           

             企業では無理がある。

           

           

           

           

             自分の思いが通らない部分がある。

           

           

           

           

            以前、高齢の人を採用した時、

           

           

           

            トイレ休憩が長いので、

           

           

           

            ・・さん、トイレが長いけど、

           

           

           

           

            大丈夫ですか?と声掛けしたら、

           

           

           

           

            トイレのことまで人に言われたくない。

           

           

           

            と怒って辞めた人がいる。

           

           

           

           

            タバコは吸う。外で吸い、帰ってくるからタバコ臭い。

           

           

           

            それ以来、喫煙者はお断りさせてもらっている。

           

           

           

            第2の人生は。我儘人生か!!

           

           

           

            なら、ボランティア活動のほうがいい。

           

           

           

            気をつけないと、いけないのは人間関係。


          高齢の親の為に介護されているあなた。財産管理等委任契約書を作り。自分の身を守ろう!!

          0

            JUGEMテーマ:行政書士

             

             

             

             

             

             

             

                兄弟の中で。自分の妻だけが、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

                親の面倒を見ている。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

               相続法改正案で

             

             

             

             

             

             

             

                介護等の貢献に報いる

             

             

             

             

             

             

             

                  特別の寄与。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

                意外ともめるのだ。

             

             

             

                兄弟で揉めなくても、配偶者が口を出す。

             

             

             

                身体の弱った親の手続きを代行。

             

             

             

             

                意外と大変なこの手続き。

             

             

             

             

                 そんなときの強い味方。

             

             

             

             

             

             

             

                財産管理等委任契約書!!

             

             

             

                親に判断力があるうちに契約を

             

             

             

                かわすのだ。

             

             

             

             

                 但し、親の理解しやすいように!!


            広島の悪夢!! 土砂災害の警戒区域のすべきこと 線状降水帯の豪雨被害が集中豪雨の原因。」

            0

              JUGEMテーマ:行政書士

               

               

               

               

               

               

                

                2014年の豪雨災害。

               

               

               

               

               

               

                3時間に200ミリを超える豪雨と土砂災害。

               

               

               

               

               

                 このとき、線状降水帯による

               

               

               

               

               

               

                 豪雨被害に見回れている。

               

               

               

               

               

               

                安佐南区の川内・緑井地区の土砂災害である。

               

               

               

               

               

                4年後に、

               

               

               

               

                また広島が広域に豪雨災害の被害に。

               

               

               

               

                線状降水帯によるものといわれる。

               

               

               

               

                過去の反省は生かされていない。

               

               

               

               

                中国山地が、

               

               

               

               

                壁の役割をしていて、

               

               

               

               

                南や西からの風が、

               

               

               

               

                山の斜面にぶつかって

               

               

               

               

               

               

                強い上昇気流が生じる。

               

               

               

               

                山岳地帯は土砂災害も招きやすい。

               

               

               

               

               

               

               

                広島はリスクが高い。

               

               

               

               

                どうすればいいのか。

               

               

               

               

                二度とあってはならないといっても

               

               

               

               

                無理難題!!

               

               

               

               

               

                日頃から、自分の住む地域の特性を知り、

               

               

               

               

               

               

               

               

                天気予報や警報に敏感になるしかない。

               

               

               

               

               

                行政の縦割りも問題。

               

               

               

               

               

               

               

                河川は、国で、支流は県なんて馬鹿な問題がある。

               

               

               

               

               

                災害がない時代はいい。

               

               

               

               

               

               

                いまや、経験したことのない時代。

               

               

               

               

               

               

                災害組織体制も検討すべき。

               

               

               

               

               

               

                東京で飲み会をして、

               

               

               

               

               

                現地が大変な目に遭っていることを、

               

               

               

               

               

               

                しらない大臣のお粗末危機意識。

               

               

               

               

               

               

                命がかかっているのだから、選挙対策ではないだろうに!!


              親殺しのリスク!!核家族・マンション・非婚化が原因。親が死んで幸せになれるか!!

              0

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  親族間の殺人は

                 

                 

                 

                  55.5%!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  子どもが親を殺すケースが増加。

                 

                 

                 

                 

                 

                  感情アンビバレンスという。

                 

                  怒りや不満・憎しみなどを

                 

                  相手にぶつける時。

                 

                  他人と自分の親では。

                 

                  激しさが違うことをいう。

                 

                  親子だからこその

                 

                  ポジテイブな感情ー愛情も

                 

                  ネガテイブな感情ー憎しみも

                 

                  同様に出ていく。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  家族形態が変化している。

                 

                  地域の付き合いもなくなり、

                 

                 

                   頼りになるのは家族だけ。

                 

                  若者の非婚化が進み、

                 

                 

                 

                 

                 

                  また、

                 

                  離婚して実家に戻る女性が増加。

                 

                  介護でも、

                 

                  親子2人だけでは、

                 

                  介護心中を図ることもあり得る。

                 

                  尊属殺人は

                 

                  親殺しとして、重罪だが

                 

                  1995年の刑法改正以来、一般殺人と同様になっている。

                 

                  執行猶予もありうる。

                 

                  子どもが金欲しさに親を殺す場合は、

                 

                  死刑もあり得る!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  注意喚起!!


                高齢者の一人暮らし支援事業!! 高齢者とは年齢65歳以上の人を言うが、今では家族構成が一人暮らしになるようになっている。

                0

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     いま、ひとりで住む

                   

                   

                   

                   


                   

                    人が増えている。

                   

                   

                   

                   

                    先立つ夫や妻をなくし、

                   

                   

                   

                   

                   

                    子供もいなくて、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    一人暮らしをしている。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    下重さんの

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    「極上の孤独」なんて

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    いう本が読まれている。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    それほど、世の中の人は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    自分のこととして、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    受けとめている。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    一人暮らしの高齢者に対して

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    支援をすべく、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    事業を展開している。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    ペンフレンド作戦

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    昔のラブレターを相手に贈る、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   ドキドキした気持ちを!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   便箋用紙2枚を

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    限度として送り、

                   

                   

                   

                   

                   

                    それに返信をつける。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    ただし、商業目的や嫌がらせは

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    お断り。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   恋文でなくてもいいのです。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    俳句や短歌・詩など題は自由。


                  高齢者の生命保険!!本当に必要なのか? 70歳にもなると、今更。生命保険とは無縁ではなくなる。

                  0

                    JUGEMテーマ:生活情報

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      高齢者になると

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      いらん心配をする。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      そう、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      相続と死後の手配。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      相続は金があると、もめる。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       少ない金でも、揉める。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       争族と言われる所以。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       金は残さない方がいい。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      死後の世界と言えど、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      死んだらそれで終わりと

                     

                     

                     

                     

                     

                       言いたいのだが、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      きちんとしてやらないと、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      これはこれで揉める。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      そんなとき、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      生命保険金の存在が出てくる。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      よくみんなは、

                     

                     

                     

                     

                     

                      葬式代ぐらいはあると

                     

                     

                     

                     

                     

                      いいねという。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      つまり、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      100万から300万ぐらい。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      芸能人は、

                     

                     

                     

                     

                     

                      葬式に金を使う人もいる。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      それはそれでいいが、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      凡人はそうはいかない。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      生活設計の一つとして考えよう!!


                    老々介護に、最近では若者介護!!孫が親の老々介護に参加。週2回のおばあちゃん介護を。家族みんなで助け合って介護を?

                    0

                      JUGEMテーマ:介護

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         老々介護に

                       

                       

                       

                       

                        最近では、

                       

                       

                       

                       

                        孫の介護が、

                       

                       

                       

                        加わる。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        聞こえはいいが、

                       

                       

                       

                       

                       

                        世帯主である

                       

                       

                       

                       

                       

                       長男の頼りなさである。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        昔は、子供が、

                       

                       

                       

                       

                       

                        しかも長男が

                       

                       

                       

                       

                       

                        母親の面倒を見ていた。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        長男でなくても、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        わが娘が、母親の面倒を見ていた。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        介護の方法は、各家でまちまち。

                       

                       

                       

                       

                        病院介護・施設介護・自宅介護

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        今、介護保険法の改正により

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        地域包括支援センター

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        と連携している。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        自宅介護が多い。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        終の棲家は自宅で

                       

                       

                       

                       

                       

                        ということなのだろう。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        負担は家族へ。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        だからと言って、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        みんなが介護することは無い。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        訪問介護や

                       

                       

                       

                       

                        訪問リハビリテーション・

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        などがあり、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        

                       

                       

                        介護保険適用者なら

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        週に何回かの

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        デーサービスもある。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        他人の方が、

                       

                       

                       

                       

                       

                        介護は良いこともある。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        身内では、甘えが出てくる。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        認知症の危険も出てくる。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        息子や娘は

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        社会で就労させて、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        自立させないと

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        共倒れになる。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        土方仕事になり、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        それでもいいという。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        女性が、日払いの生活になる。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        夢も将来もあったもんじゃない。


                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>
                      PR
                      リンク


                      私のFacebookページです



                      問い合わせ・申し込みはこちら





                      にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村

                      行政書士 ブログランキングへ


                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM