高齢の親の為に介護されているあなた。財産管理等委任契約書を作り。自分の身を守ろう!!

0

    JUGEMテーマ:行政書士

     

     

     

     

     

     

     

        兄弟の中で。自分の妻だけが、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

        親の面倒を見ている。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

       相続法改正案で

     

     

     

     

     

     

     

        介護等の貢献に報いる

     

     

     

     

     

     

     

          特別の寄与。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

        意外ともめるのだ。

     

     

     

        兄弟で揉めなくても、配偶者が口を出す。

     

     

     

        身体の弱った親の手続きを代行。

     

     

     

     

        意外と大変なこの手続き。

     

     

     

     

         そんなときの強い味方。

     

     

     

     

     

     

     

        財産管理等委任契約書!!

     

     

     

        親に判断力があるうちに契約を

     

     

     

        かわすのだ。

     

     

     

     

         但し、親の理解しやすいように!!


    広島の悪夢!! 土砂災害の警戒区域のすべきこと 線状降水帯の豪雨被害が集中豪雨の原因。」

    0

      JUGEMテーマ:行政書士

       

       

       

       

       

       

        

        2014年の豪雨災害。

       

       

       

       

       

       

        3時間に200ミリを超える豪雨と土砂災害。

       

       

       

       

       

         このとき、線状降水帯による

       

       

       

       

       

       

         豪雨被害に見回れている。

       

       

       

       

       

       

        安佐南区の川内・緑井地区の土砂災害である。

       

       

       

       

       

        4年後に、

       

       

       

       

        また広島が広域に豪雨災害の被害に。

       

       

       

       

        線状降水帯によるものといわれる。

       

       

       

       

        過去の反省は生かされていない。

       

       

       

       

        中国山地が、

       

       

       

       

        壁の役割をしていて、

       

       

       

       

        南や西からの風が、

       

       

       

       

        山の斜面にぶつかって

       

       

       

       

       

       

        強い上昇気流が生じる。

       

       

       

       

        山岳地帯は土砂災害も招きやすい。

       

       

       

       

       

       

       

        広島はリスクが高い。

       

       

       

       

        どうすればいいのか。

       

       

       

       

        二度とあってはならないといっても

       

       

       

       

        無理難題!!

       

       

       

       

       

        日頃から、自分の住む地域の特性を知り、

       

       

       

       

       

       

       

       

        天気予報や警報に敏感になるしかない。

       

       

       

       

       

        行政の縦割りも問題。

       

       

       

       

       

       

       

        河川は、国で、支流は県なんて馬鹿な問題がある。

       

       

       

       

       

        災害がない時代はいい。

       

       

       

       

       

       

        いまや、経験したことのない時代。

       

       

       

       

       

       

        災害組織体制も検討すべき。

       

       

       

       

       

       

        東京で飲み会をして、

       

       

       

       

       

        現地が大変な目に遭っていることを、

       

       

       

       

       

       

        しらない大臣のお粗末危機意識。

       

       

       

       

       

       

        命がかかっているのだから、選挙対策ではないだろうに!!


      親殺しのリスク!!核家族・マンション・非婚化が原因。親が死んで幸せになれるか!!

      0

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          親族間の殺人は

         

         

         

          55.5%!!

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          子どもが親を殺すケースが増加。

         

         

         

         

         

          感情アンビバレンスという。

         

          怒りや不満・憎しみなどを

         

          相手にぶつける時。

         

          他人と自分の親では。

         

          激しさが違うことをいう。

         

          親子だからこその

         

          ポジテイブな感情ー愛情も

         

          ネガテイブな感情ー憎しみも

         

          同様に出ていく。

         

         

         

         

         

         

          家族形態が変化している。

         

          地域の付き合いもなくなり、

         

         

           頼りになるのは家族だけ。

         

          若者の非婚化が進み、

         

         

         

         

         

          また、

         

          離婚して実家に戻る女性が増加。

         

          介護でも、

         

          親子2人だけでは、

         

          介護心中を図ることもあり得る。

         

          尊属殺人は

         

          親殺しとして、重罪だが

         

          1995年の刑法改正以来、一般殺人と同様になっている。

         

          執行猶予もありうる。

         

          子どもが金欲しさに親を殺す場合は、

         

          死刑もあり得る!!

         

         

         

         

         

         

         

         

          注意喚起!!


        高齢者の一人暮らし支援事業!! 高齢者とは年齢65歳以上の人を言うが、今では家族構成が一人暮らしになるようになっている。

        0

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             いま、ひとりで住む

           

           

           

           


           

            人が増えている。

           

           

           

           

            先立つ夫や妻をなくし、

           

           

           

           

           

            子供もいなくて、

           

           

           

           

           

           

            一人暮らしをしている。

           

           

           

           

           

           

            下重さんの

           

           

           

           

           

           

           

            「極上の孤独」なんて

           

           

           

           

           

           

            いう本が読まれている。

           

           

           

           

           

           

           

            それほど、世の中の人は

           

           

           

           

           

           

           

            自分のこととして、

           

           

           

           

           

           

            受けとめている。

           

           

           

           

           

           

            一人暮らしの高齢者に対して

           

           

           

           

           

           

           

            支援をすべく、

           

           

           

           

           

           

            事業を展開している。

           

           

           

           

           

           

           

           

            ペンフレンド作戦

           

           

           

           

           

           

            昔のラブレターを相手に贈る、

           

           

           

           

           

           

           

           ドキドキした気持ちを!!

           

           

           

           

           

           

           便箋用紙2枚を

           

           

           

           

           

           

            限度として送り、

           

           

           

           

           

            それに返信をつける。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            ただし、商業目的や嫌がらせは

           

           

           

           

           

           

            お断り。

           

           

           

           

           

           

           

           恋文でなくてもいいのです。

           

           

           

           

           

           

            俳句や短歌・詩など題は自由。


          高齢者の生命保険!!本当に必要なのか? 70歳にもなると、今更。生命保険とは無縁ではなくなる。

          0

            JUGEMテーマ:生活情報

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              高齢者になると

             

             

             

             

             

             

              いらん心配をする。

             

             

             

             

             

             

              そう、

             

             

             

             

             

             

              相続と死後の手配。

             

             

             

             

             

             

              相続は金があると、もめる。

             

             

             

             

             

             

             

               少ない金でも、揉める。

             

             

             

             

             

             

               争族と言われる所以。

             

             

             

             

             

             

             

               金は残さない方がいい。

             

             

             

             

             

             

             

              死後の世界と言えど、

             

             

             

             

             

             

              死んだらそれで終わりと

             

             

             

             

             

               言いたいのだが、

             

             

             

             

             

             

              きちんとしてやらないと、

             

             

             

             

             

             

              これはこれで揉める。

             

             

             

             

             

             

             

             

              そんなとき、

             

             

             

             

             

             

              生命保険金の存在が出てくる。

             

             

             

             

             

             

              よくみんなは、

             

             

             

             

             

              葬式代ぐらいはあると

             

             

             

             

             

              いいねという。

             

             

             

             

             

             

              つまり、

             

             

             

             

             

             

              100万から300万ぐらい。

             

             

             

             

             

             

              芸能人は、

             

             

             

             

             

              葬式に金を使う人もいる。

             

             

             

             

             

             

             

             

              それはそれでいいが、

             

             

             

             

             

             

             

              凡人はそうはいかない。

             

             

             

             

             

             

             

              生活設計の一つとして考えよう!!


            老々介護に、最近では若者介護!!孫が親の老々介護に参加。週2回のおばあちゃん介護を。家族みんなで助け合って介護を?

            0

              JUGEMテーマ:介護

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                 老々介護に

               

               

               

               

                最近では、

               

               

               

               

                孫の介護が、

               

               

               

                加わる。

               

               

               

               

               

               

                聞こえはいいが、

               

               

               

               

               

                世帯主である

               

               

               

               

               

               長男の頼りなさである。

               

               

               

               

               

               

                昔は、子供が、

               

               

               

               

               

                しかも長男が

               

               

               

               

               

                母親の面倒を見ていた。

               

               

               

               

               

               

                長男でなくても、

               

               

               

               

               

               

                わが娘が、母親の面倒を見ていた。

               

               

               

               

               

               

                介護の方法は、各家でまちまち。

               

               

               

               

                病院介護・施設介護・自宅介護

               

               

               

               

               

               

               

               

                今、介護保険法の改正により

               

               

               

               

               

               

               

               

                地域包括支援センター

               

               

               

               

               

               

                と連携している。

               

               

               

               

               

               

               

               

                自宅介護が多い。

               

               

               

               

               

               

                終の棲家は自宅で

               

               

               

               

               

                ということなのだろう。

               

               

               

               

               

               

                負担は家族へ。

               

               

               

               

               

               

                だからと言って、

               

               

               

               

               

               

               

                みんなが介護することは無い。

               

               

               

               

               

               

                訪問介護や

               

               

               

               

                訪問リハビリテーション・

               

               

               

               

               

               

                などがあり、

               

               

               

               

               

               

                

               

               

                介護保険適用者なら

               

               

               

               

               

               

               

                週に何回かの

               

               

               

               

               

               

                デーサービスもある。

               

               

               

               

               

               

               

                他人の方が、

               

               

               

               

               

                介護は良いこともある。

               

               

               

               

               

               

               

                身内では、甘えが出てくる。

               

               

               

               

               

               

               

               

                認知症の危険も出てくる。

               

               

               

               

               

               

               

                息子や娘は

               

               

               

               

               

               

               

                社会で就労させて、

               

               

               

               

               

               

                自立させないと

               

               

               

               

               

               

               

               

                共倒れになる。

               

               

               

               

               

               

                土方仕事になり、

               

               

               

               

               

               

                それでもいいという。

               

               

               

               

               

               

                女性が、日払いの生活になる。

               

               

               

               

               

               

               

                夢も将来もあったもんじゃない。


              60歳定年による、再雇用。 まだまだ働けるが、健康不安が、年金も生活するので赤字に転落!! 

              0

                JUGEMテーマ:生活情報

                 

                 

                 

                 定年は60歳を

                 

                 

                 

                 

                 基準に定められている。

                 

                 

                 

                 

                 60歳以下の定年は

                 

                 

                 

                 

                  違法とされています。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    今、次の3つが義務化されている。

                 

                 

                 

                   …蠻をなくす

                 

                 

                 

                 

                  ◆。僑戯个泙念き上げる

                 

                 

                 

                 

                   定年後再雇用制度を導入

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  企業にとり

                 

                 

                  人件費負担が少なくできるのが、

                 

                 

                   定年後再雇用制度

                 

                 

                  が、新たな再雇用契約の

                 

                 

                  締結になる為、

                 

                 

                  勤務形態や職務内容

                 

                 

                  に応じて、

                 

                 

                 

                  定年前とは、

                 

                 

                 

                  異なる労働条件となる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 これが、くせもの。

                 

                 

                 

                 

                 

                  心の壁を排除しないと、

                 

                 

                 

                 

                  務まらない。

                 

                 

                 

                  長年の、仕事に

                 

                 

                 

                 

                  スイッチを入れなおすなんて

                 

                 

                 

                 

                  わかってはいても、難しい。

                 

                 

                 

                 

                  今の会社にとどまるより、

                 

                 

                 

                 

                  再出発したほうが

                 

                 

                 

                 

                  いいのではないか。

                 

                 

                 

                  高速道路の分岐点のように

                 

                 

                 

                 

                  一般道にわかれる道を

                 

                 

                 

                 

                 

                  選ぶ方が、自然ではないか?

                 

                 

                 

                 

                 

                  定年まで勤めると、

                 

                 

                 

                 

                 

                  退職金もあり、お金にも

                 

                 

                 

                 

                  余裕が出る。

                 

                 

                 

                  よく、

                 

                 

                 

                 

                  辞めて1年位充電して、

                 

                 

                 

                 

                 

                  旅行や趣味に

                 

                 

                 

                 

                  目を向ける人もいるが

                 

                 

                 

                 

                 

                  あまり、勧められない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  自分の人生哲学でそうしたいと、

                 

                 

                 

                 

                 

                  かたく思っている人は、

                 

                 

                 

                 

                 

                  そうしたらいい。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  ただ。2度目のスタートはない。

                 

                 

                 

                 

                 

                  それまでに、

                 

                 

                 

                 

                 

                  つぶれない事業や店作りを考え、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  資格がいるのなら、

                 

                 

                 

                 

                 

                  頭の柔らかいうちに

                 

                 

                 

                 

                 

                  とおっておいた方がいい。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  いまや、

                 

                 

                 

                 

                 

                  人生50年でなく、80年まで

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  考えておいて、

                 

                 

                 

                 

                  人生設計をしたほうがいい。

                 

                 

                 

                 

                 

                  みんなに、迷惑をかけずにいく。

                 

                 

                 

                 

                  できればその道を行く。


                60以上の再雇用の働き方改革とは? 65歳までの再雇用が81.3%の企業が実施している。年金だけでは生活できない!!

                0

                  JUGEMテーマ:生活情報

                   

                   

                     60歳で定年を

                   

                   

                   

                   

                   迎える人は多い。

                   

                   

                   

                   

                   でも、まだ元気だから

                   

                   

                   

                   

                   

                   働きたい。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    

                     時代の制度は、65歳までの

                   

                   

                   

                   

                    再雇用制度の導入

                   

                   

                   

                   

                    になっている。

                   

                   

                   

                   

                    だから、

                   

                   

                   

                   

                   

                    60歳を過ぎても

                   

                   

                   

                   

                   

                    働いている人は多い。

                   

                   

                   

                   

                   

                    問題は、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    心の壁だ。

                   

                    

                   

                   

                   

                   

                    再雇用とはいえ、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    役席はなし。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    給料は半分、時給制もある話。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    かつての部下のもとで、

                   

                   

                   

                   

                   

                    自分より若い人のもとで

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    働くということが、

                   

                   

                   

                   

                   

                    心のプライドが傷つく。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    60歳以上のシニア世代は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    現役世代から

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    みれば、使いにくい存在なのだ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    現場に降りても時代の流れで、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    スマホやタブレットパソコン

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    などの機器も

                   

                   

                   

                   

                    使いこなせない。

                   

                   

                   

                   

                   

                    会議も資料作成から変わる。

                   

                   

                   

                   

                   

                    現場での専門職と

                   

                   

                   

                   

                   

                    言ってももう無理・・・

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    今から

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    そんなときの為に

                   

                   

                   

                   

                   

                    能力の棚卸しをして、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    自分のキャリアがどこにあるのか?

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    この仕事をして、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    ノウハウの磨きをつけていかないとダメ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    いわゆる自分のキャリア権の問題だ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    私は53歳で現役の職を失い、

                   

                   

                   

                   

                   

                    当時、役職もあり、

                   

                   

                   

                   

                    ナンバー2といわれてた。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    給料も年収は1500万。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    社会保険天引きも

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    所得税や市民税も

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    パート1人雇えるような

                   

                   

                   

                   

                   

                    8万ぐらい引かれ、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    それでも、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    月給100万ぐらいだから

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    手取りで70万あった。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    そんなときの退職。

                   

                   

                   

                   

                   

                    あれから、いろいろあり、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    15年過ぎた。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    当時のモーレツぶりで

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    年金もあり、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    行政書士として自営している。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    多くの人の男性や

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    女性の面接をし、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    される側にはなっていない。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    これからも、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    自分の知的財産をとり崩すのでなく、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    絶えず新しいことを取り入れ、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    時代に

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    変化した自分になりたいと思う。

                   


                  高齢者の税負担は無税で賢く自己防衛をしよう。 65歳になると、年金だけの生活、自己防衛は生活の生きがいの手段!!

                  0

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       高齢者社会と言われている

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                        65歳以上は、収入が亡くなり

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      ボランティア活動をし

                     

                     

                     

                     

                     

                      趣味を生かし、

                     

                     

                     

                     

                      老後の人生を

                     

                     

                     

                     

                     

                      過ごそうと言い、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      世の中は100歳までは

                     

                     

                     

                     

                     

                      生きることを

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      前提に進んでいる。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      大概の人は

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      年金のみの生活者となる。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      国民健康保険・介護保険・

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      所得税・市県民税

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      と納めるものが後を絶たない。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      無税にするとはいえ、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      年金はどうしようもない。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      ただ、幸せなことに

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      日本は

                     

                     

                     

                     

                     

                      申告納税主義国家である。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      つまり、確定申告をして

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      納税をするのだ。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      年齢は関係ない。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      ただ、その年に

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      所得があるかだ。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      年金以外(雑所得以外)

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      給料所得

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      不動産所得

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      事業所得

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      利子・配当所得

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      譲渡所得

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      など主なものがある。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      ここで、対象としている人は

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      わずかな年金が支えの人だ。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      所得から所得控除を差し引いて

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      ゼロまたはマイナスにすることを

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      無税にすると、ここでは言う。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      個人個人により、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      決まるのが所得控除の金額。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      本人と配偶者の控除額、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      生保・社保の控除は

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      大したことは無い。

                     

                      

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      妻だけの二人暮らしなら

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      100万が大方の人。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      これ以上の所得があれば

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      無税にならない。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      65歳以上の高齢者は

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      120万までは

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      公的年金等控除額があるから

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      所得は0。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      例えば180万あると

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      雑所得は60万。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      所得控除100万では0。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                        220万で0。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                        220万以上の人、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                        月18万ぐらいの人である。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       月20万ぐらいある人が

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      良く考えないといけない人。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      つまり無税にする人。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      どうすればいいか?

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      事業を起こし、損益通算を狙う。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      不動産で図らずも、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      投資収入または

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      家賃収入がある人も

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      マイナスにし、損益通算を狙う。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      ここまでで、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      よく考え、また諦めずに

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      所得を減らし、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      控除を増やすことを考え、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      とはいえ、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      実際に減っては駄目で、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      節税をするということ。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      それをすることが大事。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      面倒がらずに自分がやること。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      それが無税になることである。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      そうなれば、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      申告も市役所に行き

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      簡易申告で済む。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      税務署の申告納税義務者

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      でなくなる。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      市県民税も0で

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      介護保険料も少なくて済み

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      国民健康保険料も

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      少なくて済む。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      ぜひ、該当する人は

                     

                     

                     

                     

                        検討してほしい。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      あくまでも、自己責任で。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      自分がわからないのなら、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      税務署か税理士さんに

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      相談した方がいい。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      ただ、費用も要るから。


                    高齢化社会のしわ寄せ!男は狼だと父親に53年間言われ、いまだに結婚していない娘!!

                    0

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                          ある温泉施設で

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        75歳の女性と

                       

                       

                       

                       

                       

                        知り合った。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                          主人は80歳、

                       

                       

                       

                        結婚してはやいもので、

                       

                       

                        50年!!

                       

                       

                        いまさらもなく、

                       

                       

                       

                        たまに、こうして一人泊を

                       

                       

                       

                        するらしい。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        彼女の話によると、

                       

                       

                       

                        今の悩みは。娘のこと。

                       

                       

                       

                        53歳になる娘。

                       

                       

                        いまだに独身。

                       

                       

                       

                        今頃の世の中だから、

                       

                       

                       

                        あり得ること。

                       

                       

                       

                       

                        生涯独身という選択肢も

                       

                       

                        あり得る。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        別に悩みと言えるのか。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        それが、

                       

                       

                       

                        主人は公務員で、今は定年退職。

                       

                       

                       

                        悠々自適の生活。

                       

                       

                       

                        山の上の団地を購入、

                       

                       

                       

                        ローンも払い終わり。

                       

                       

                       

                       

                        心配といえば

                       

                       

                       

                       

                       

                        周辺が、

                       

                       

                       

                       

                        高齢化で住民がいなくなり、

                       

                       

                       

                       

                       

                        空き家状態の

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        家が増えている。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        いまや、

                       

                       

                       

                       

                       

                        土地・建物で500万で

                       

                       

                       

                       

                       

                        売りに出されてるも、

                       

                       

                       

                       

                        誰も買わない。

                       

                       

                       

                       

                        買い物に不便だし、

                       

                       

                       

                       

                        バスもなくなり、

                       

                       

                       

                        いまや、

                       

                       

                       

                       

                        スーパーお届け便が

                       

                       

                       

                       

                       

                        生活用品を

                       

                       

                       

                       

                       

                        届けてくれるだけ。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        その旦那が、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        娘に

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        男は狼だからと

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        いいつずけ、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        そう教育してきた

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        人生。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        ときどき、こういう話を聞く。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        男親が娘可愛さのあまり、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        門限は午後7時。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        厳しい家庭だ。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        それにしても

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        男は狼はないでしょう。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        自分も男だろう。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        それをきくと

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        なんかやるせない気持ちになる。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        53年間も

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        その言葉を真に受けた人生。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        これからは、親の介護!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        まるで、親の奴隷だ。


                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      PR
                      リンク


                      私のFacebookページです



                      問い合わせ・申し込みはこちら





                      にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村

                      行政書士 ブログランキングへ


                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM