介護系の大学・専修学校は入って卒業するまでいくらかかるか? 恐るべき現実!!

0

    JUGEMテーマ:行政書士

     

     

     

     

     

     

      介護系の大学等は

     

     

     

     

     

      500万から800万要る。

     

     

     

     

      4年間とすると、

     

     

     

      下宿代と生活費で

     

      別に600万かかる。

     

     

       合計では

     

         なんと、

     

         1100万〜1400万いるのだ。

     

     

     

     

     

     

      自己資金としては

     

     

      300万あれば、楽。

     

     

     

     

      あと、国民金融公庫で最大

     

      350万、年利1,1%

     

     

     

     

     

     

        奨学金で、

     

     

     

      たいてい、月5万で4年。240万になる。

     

     

     

     

     

     

      どちらにしても、500万はたりない。

     

     

     

     

     

      親は子の時を、想定して貯金しないと、

     

     

     

     

      本人は、自己破産の道にいかないとは、

     

     

     

     

      限らない。


    採用活動の自由化による大学1・2年生のが就職したい企業!! 1位地方公務員・2位アップル・3位国家公務員

    0

      JUGEMテーマ:行政書士

       

       

       

       

       

       

        採用活動の自由化。

       

       

       

       

       

       

       

       

        1・2年生の就職活動の可能性もある。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        学生の本分は何か?

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        勉学が疎かにならないか。

       

       

       

       

       

       

        稲刈りに喩えると、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        昔は、青田刈りといわれ、

       

       

       

       

       

       

       

        世間の批判をあびても、

       

       

       

       

       

       

       

        就職協定がかわされた経緯がある。

       

       

       

       

       

       

       少子化で、人材の確保に企業も青色吐息。

       

       

       

       

       

       

       

       これでは、学生が可哀そう。

       

       

       

       

       

       

        勉学に励み、未来をかたる。

       

       

       

       

       

       

       

        そういう自由な発想をこの時に育成したい。

       

       

       

       

       

       

       

        プロ野球の世界でも、

       

       

       

       

       

       

       

       

        高校出てプロの世界に入る人もいる。

       

       

       

       

       

       

       

        それもいいかも、でも成功する人は

       

       

       

       

       

       

       

       

        一握り!!

       

       

       

       

       

       

       

         東大出て、プロ野球に入り、30歳になったとき、

       

       

       

       

       

       

         ラーメン屋になった。

       

       

       

       

       

       

         それも自分が選ばざるを得なかった人生。

       

       

       

       

       

       

       

        僕らの時代でも、

       

       

       

       

       

       

       

        産学協同といわれていた。

       

       

       

       

       

       

        でも意味が違う。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        学生は学生だ。最近学生の起業家が出ている。

       

       

       

       

       

       

       

        形は変われどもやることは同じ。


      モンスター社員の撃退法!! 非常識な言動をするパート社員に告ぐ。貴方はモンスターだ。

      0

         JUGEMテーマ:労働問題

         

         

         

         

         

         

         

        非常識なモンスター社員が

         

        増えている。

         

         

         

         

         

        会社は労基法を

         

        守らないといけないが、

         

         

         

         

         

        その範囲で、

         

        ルールを

         

        設けることもできます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         一緒に働くには、

         

         

         

         

        共通のルール必要。

         

         

         

         

         

        法令を遵守した対処法。

         

         

         

         

         

         

         

        何の前触れもなく、

         

         

         

         

        突然、退職してしまう

         

         

         

         

         

        パート社員。

         

         

         

         

         

         

         

        電話一本で退職を告げるもの

         

         

         

         

         

         

        退職届を郵送で送りつけるもの

         

         

         

         

         

         

         

        もちろん、

         

         

         

         

         

         

         

        業務の引継ぎも行わず、

         

         

         

         

         

         

        まわりはその対応で、

         

         

         

         

         

         

        てんやわんや。 

         

         

         

         

         

         

         

        防止する方法。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        退職の手続を明確にし、

         

         

         

         

         

         

        退職の際の

         

         

         

         

         

         

        ルールを示す。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        就業規則に

         

         

         

         

         

         

         

        「〇日までに退職届をもって

         

         

         

         

         

         

         

        申し出なければならない」

         

         

         

         

         

         

        旨が記載されていることを

         

         

         

         

         

         

         

        確認し、

         

         

         

         

         

         

        就業規則を遵守するという

         

         

         

         

         

         

         

         

        誓約書を書かせる。

         

         

         

         

         

         

         

        労働者には、認識させる。

         

         

         

         

         

         

         

        業務の引継ぎをせずに、

         

         

         

         

         

         

         

        辞めたものは、何らかの

         

         

         

         

         

         

        ペナルテーを与える。

         

         

         

         

         

         

         

        法的な拘束力はないが、

         

         

         

         

         

         

         

        会社のルールだと認識させる。

         

         

         

         

         

         

         

         

        労働者が辞めることにより、

         

         

         

         

         

         

         

         

        会社に損害を与えた場合は

         

         

         

         

         

         

         

         

        現実に生じた損害については、

         

         

         

         

         

         

         

        使用者が

         

         

         

         

         

         

         

        パート労働者に請求する

         

         

         

         

         

         

        ことは、問題ない。

         

         

         

         

         

         

         

        額を定めずに

         

         

         

         

         

         

        使用者が

         

         

         

         

         

         

         

        損害を受けた場合には、

         

         

         

         

         

         

         

        その損害額に応じて、

         

         

         

         

         

         

         

         

        賠償を請求すると

         

         

         

         

         

         

         

         

        定めることも違法性はない。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        実損、

         

         

         

         

         

         

        代替要員の人件費・

         

         

         

         

         

         

        外注費など請求しよう!!


        ある女性の求職のやり方。掛け持ちを考えてハローワークに頼んでおりながら、1週間も企業に履歴書を送らないやり方はその女性の資質の問題か?

        0

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            ハローワークより

           

           

           

           

           

           

           

            電話あり

           

           

           

           

           

           

            求人募集の申し込みだ。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

              行政書士の資格を取っているが

           

           

           

           

           

           

           

            経理はできないが、

           

           

           

           

           

           

            担当者はそれでもいいですか?

           

           

           

           

           

           

           

           

            ああいいですよ。

           

           

           

           

           

           

            あればこしたことはないですが。

           

           

           

           

           

           

           

            聞けば、近場の35歳の人。

           

           

           

           

           

           

           

            それから1週間。

           

           

           

           

           

           

           

           

            毎日ポストを見て

           

           

           

           

           

           

           

           

            まだこない。

           

           

           

           

           

           

           

           

            きのうハローワークより

           

           

           

           

           

           

           

            電話あり。

           

           

           

           

           

           

           

            Aさんから、

           

           

           

            

             

            お断りの連絡が入り、

           

           

           

           

           

            とハローワークの担当者は、

           

           

           

           

           

           

           

            平身低頭の

           

           

           

           

           

            申し訳なさそうないいかた。

           

           

           

           

           

           

            いいですよ、とはいったが。

           

           

           

           

           

           

            後から考えると

           

           

           

           

           

           

           

           

            その女性の

           

           

           

           

           

           

            誠意のないやり方に憤りを感じる。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            何件も会社をあたり、

           

           

           

           

           

           

            自分にいいところ、

           

           

           

           

           

            条件にあったところを

           

           

           

           

           

           

            探していたのだろう。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            それなら、そうと

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            担当者に嘘を

           

           

           

           

           

            言わなくてもいいのに。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            女性社員に聞けば

           

           

           

           

           

            書類審査で断られ、

           

           

           

           

           

            面接で断られ、

           

           

           

           

           

           

            30社ほど探したという。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            そんな事情だから、

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            そういうことも平気でする。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            お互い様か?

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            小池新党ではないが、

           

           

           

           

           

           

           

            思想・信条の合う人を求むのは、

           

           

           

           

           

           

           

            採用の常識。

           

            

           

           

           

           

           

            誰でもいいと

           

           

           

           

            いうわけにはいかない。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            しかし、

           

           

           

           

           

           

            資質の悪い

           

           

           

           

           

            女性がいるのは情けない、

           

           

           

           

           

           

            そんな人を採用しなくて

           

           

           

           

           

           

            よかったと感謝!!


          会社の経理なんて行かない方がいい!! 就活の人に忠告、商業科の人はその会社の何をするかで判断すること

          0

            JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              就活の人に警告!!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

                中小企業では

             

             

             

               経理の

             

             

               ポジションは

             

             

               いろいろある。

             

             

               経理のみの仕事と言っても

             

             

             

               売掛け担当・買掛担当といい、

             

             

               入社して3年ぐらい

             

             

               その仕事。

             

             

             

             

             

             

             

              仕事の内容はいわないが

             

             

              要はそればかり。

             

             

             

             

             

             

              支店勤務になると

             

             

              支店の出納、出納帳の記載、

             

             

             

             

              などの何でも屋。

             

             

             

             

             

             

             

              これで、3年から7年

             

             

             

             

             

              以上仕事をすると、

             

             

             

             

             

             

              その会社でしか通用しない。

             

             

             

             

             

             

             

             

              再就職で働くとき、

             

             

             

             

             

             

              派遣会社に行き、

             

             

             

             

             

             

             

              3・6か月契約で

             

             

             

             

             

              転々とすると

             

             

             

             

             

             

             

              経理希望の面接には

             

             

             

             

             

             

              経歴の訳の分からない

             

             

             

             

              履歴書の提出になる。

             

             

             

             

             

             

              そこのところを

             

             

             

             

              よく思案してほしい。 


            働き方改革と中小企業の運命!!  中小企業の倒産になりかねないことになる。

            0

              JUGEMテーマ:労働問題

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                 罰則つきの

               

               

               

               

                『残業時間の上限規制』

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                 働き方改革の目玉だ。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                電通の女性社員が

               

               

               

               

               

               

               

               

                 過労自殺したことを

               

               

               

               

               

               

                 きっかけに

               

               

               

               

               

               

                 長時間労働をなくそうと

               

               

               

               

               

               

               

               

                 取り組んでいるが、

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                 中小企業にとって

               

               

               

               

               

                 どう影響するか?

               

               

               

               

               

               

               

                 今深刻な悩みは

               

               

               

               

               

               

               

                 人手不足!!!

               

                 

               

               

               

                 長時間労働も

               

               

               

               

               

               

                 人手不足が要因。

               

                

               

               

               

               

                 ヤマト運輸が典型。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                 どの経営者も

               

                 

               

               

               

                 従業員を倒れるまで

               

               

               

               

               

               

                 働かせたくない。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                中小企業は大企業に

               

               

               

               

               

               

                比べて、

               

               

               

               

               

               

               

                生産性が低い。

               

               

               

               

               

               

               

                生産性が低いということは

               

               

               

               

               

               

               

                収益力が低いということ。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                収益力の低い中小企業が

               

                

               

               

               

               

                長時間労働を

               

               

               

               

               

               

               

               

                解消するために、

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                無理して

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                社員を

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                増やしたら、

               

               

               

               

               

               

               

               

                さらに収益力が下がる。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                悪循環になる!!!

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                働き方改革は

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                労働者のために

               

               

               

               

               

               

               

                行うものが、

               

               

               

               

               

               

               

                肝心の勤め先が

               

               

               

               

               

               

               

               

                傾くということになる。

               

               

               

               

               

               

               

                笑えない話だが

               

               

               

               

               

               

               

                残業代として

               

               

               

               

               

               

               

               

                毎月12〜15万

               

               

               

                稼いでいたのが

               

               

               

               

               

               

               

               

                0になる。

               

               

               

               

               

               

               

                残業代は固定費として、

               

               

               

               

               

               

               

               

                生活費に組み込まれ

               

               

               

               

               

               

               

               

                住宅ローンの返済や

               

                

               

               

               

               

                教育費の一部になっている。

               

                

               

               

               

               

                勿論、夫のこずかいにもなる。 

               

               

               

               

               

               

               

               

                まさにお金のやりとりは

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                夫のペリカン便である。


              就活の応援  就活生にないものがある。それは、気付き 。ちょつとした優しさや思いやり!!

              0

                JUGEMテーマ:ビジネス

                 

                 

                 

                     今、就職戦線は解禁

                 

                 

                  学生は企業訪問で

                 

                 

                  忙しい!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  昨日、家族で

                 

                 

                 

                  リーガロイヤルホテルの

                 

                 

                 

                  33階 

                 

                 

                 

                 

                  リーガトツプで食事をした。

                 

                 

                 

                 

                  改装されてはじめての食事だ。

                 

                 

                 

                 

                  基本的なところは変わってない。

                 

                 

                 

                 

                  机とテーブルがかわり、

                 

                 

                 

                 

                  内装に手を入れているだけ。

                 

                 

                 

                  しいていえば、下の階が

                 

                 

                 

                  おばさんだが、

                 

                 

                 

                  リーガトップは若い子が接客している。

                 

                 

                 

                 

                  空気が違う。

                 

                 

                 

                  改装前も若かったが、

                 

                 

                 

                 

                  気持ちの入れ替えか?

                 

                 

                 

                 

                  その接客の女性に

                 

                 

                 

                  君、歳いくつ?

                 

                 

                 

                  22です。

                 

                 

                 

                  学生です。

                 

                 

                 

                  ある女子大の学生だという。

                 

                 

                 

                 

                  感じがよくて

                 

                 

                 

                 

                  気がよくつく。

                 

                 

                 

                 

                  家族のみんなが

                 

                 

                 

                  いい子だねと褒めてた。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  ホテル業は

                 

                 

                 

                  接客の経験を積むのには

                 

                 

                 

                  いい。

                 

                 

                 

                 

                  ヒロコシのクラブでも

                 

                 

                 

                 

                  学生が

                 

                 

                 

                 

                  ホステスをしており

                 

                 

                 

                 

                  客受けが良かった。

                 

                 

                 

                 

                  いつの時代も

                 

                 

                 

                 

                  そうしてサービス精神を

                 

                 

                 

                 

                  学ぶ。

                 

                 

                 

                 

                  いま、就活で

                 

                 

                 

                  インターンシップを通じて

                 

                 

                 

                  学生と接触してるが、

                 

                 

                 

                  がいして

                 

                 

                 

                 

                  すぐ成果が上がるように考え

                 

                 

                 

                  じぶんのことは

                 

                 

                 

                  あれこれ

                 

                 

                 

                 

                  考えるが、

                 

                 

                 

                  人のことは考えない。

                 

                 

                 

                 

                  いわゆる

                 

                 

                 

                 

                  自己中心の人が

                 

                 

                 

                 

                  増えている。

                 

                 

                 

                 

                  リーガのようなところで、

                 

                 

                 

                 

                  修行をすると

                 

                 

                 

                  いいものになる。


                みえない貧困  なぜみんなは黙っているの?ひとにいってもいいことないから?

                0

                  JUGEMテーマ:生活情報

                   

                   

                   

                     見えない貧困って?

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                      高校生の苦労は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    本当なのか?

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    今日、高校生の

                   

                   

                   

                   

                    今年3月の

                   

                   

                    卒業予定の高校の

                   

                   

                    就職内定率が

                   

                   

                   

                     90、9%

                   

                   

                   

                    とあり、

                   

                   

                   

                    25年ぶりに

                   

                   

                     9割をこした前年より

                   

                   

                   

                   

                   

                    伸びていると

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    記事の記載があった。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    数字の上では

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    高校生って、社会は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    受け入れてくれる。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    テレビの

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    みえない貧困って何なの?

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    大学生より

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    早く社会に出て

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    はたらくことは

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     いいことだ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    へんな大学生より

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    仕事をするという、

                   

                   

                   

                   

                   

                     現実味がある。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    人生とは?悩む大学生・

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     性犯罪で捕まる大学生

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    かれらは

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    人生のコーチャーがいない。

                   


                  就活支援  高校生よ、貴方の夢を叶えよう!! アルバイトをして家計を助けている貴方へ

                  0

                    JUGEMテーマ:ビジネス

                     

                     

                     

                       母子家庭で
                     

                     

                    居酒屋で夜アルバイトをして

                     

                     

                    母親の助けをしている


                     高校生がいる!!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      長女はアルバイトをして

                     

                     


                      家族の為に

                     

                     

                     

                      頑張っている。

                     

                     

                     

                     

                     

                     月のアルバイト代 8万円

                     

                     

                     

                     その中から

                     

                     

                     

                     今後の進学費用に 3万円

                     

                     

                     

                     家計に      5万円

                     

                     

                     

                     捻出している。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                         昼の食事は、70円のパン1個

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     弁当は食材が高くつくのでしない。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     母親は離婚して母子家庭

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      収入は 

                     

                     

                     

                     

                     

                      母子手当やパート代で月20万

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     ばかりで生活。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      それでぎりぎりの生活!!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      

                     親子4人が生きていかなければならない。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     長女の高校生は

                     

                     

                     

                     

                     大学に行きたい!!

                     

                     

                     

                     

                     

                     でも一日でも早く働いて

                     

                     

                     

                     

                     

                     母親を

                     

                     

                     

                     

                     

                     助けたい!!

                     

                     

                     

                     

                     それで、専門の道へ。

                     

                     

                     

                     

                     勿論、授業料が安いのもある。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     彼女は、毎日

                     

                     

                     

                     

                     一生懸命、生活のなかで

                     

                     

                     将来の夢を探そうとしている。

                     

                     

                     


                      ミスタードーナツFC店長死亡、   判決 過労死認め損害賠償命令4600万!!

                    0

                      JUGEMテーマ:労働問題

                       

                       

                        店長の過重な業務が

                       

                         原因の過労死 !!

                       

                       

                       

                       

                         遺族が

                       

                       

                         経営している会社と社長に

                       

                         9500万円支払えと訴訟

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         

                         訴訟の判決文は

                       

                       

                       

                        

                         4600万の支払い命令

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                           事実

                       

                       

                       

                         平成12年5月15日早朝

                       

                       

                         

                          致死性不整脈で死亡

                       

                       

                       

                          男性は死亡前6か月間の

                       

                       

                       

                          時間外労働時間

                       

                       

                       

                          平均月112時間

                       

                       

                       

                          長時間労働の危険性と

                       

                       

                          会社の責任が認められた判決!!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                          会社側は

                       

                       

                       

                       

                          男性は管理監督者であり

                       

                       

                       

                          長時間勤務は

                       

                       

                       

                          自身の判断であり、

                       

                       

                       

                          過重労働を課したわけでないと

                       

                       

                       

                          主張してる。

                       

                       

                           どんなに判決で勝っても、死んだ人間は

                       

                       

                       

                          生き返らない。

                       

                       

                       

                          生命の大事さを大切にしたい。

                       

                       

                          同様の事件が起こるたびに

                       

                       

                       

                          なぜ予防できなかったか?

                       

                       

                       

                          悔やまれる!!

                       

                       

                       

                          他人事でない。

                       

                       

                       

                       それと大事な問題

                       

                       

                       

                          裁判の長さ 死亡してから

                       

                       

                       

                       

                           16年かかっている

                       

                       

                       

                          長時間残業は

                       

                       

                       

                          自身の判断だといわれれば長くなる。

                       

                       

                       

                          認定が難しい。

                       

                       

                       

                          もっと早く判決がほしい。

                       

                       

                       

                          この遺族も頑張った。

                       

                       

                       

                          精神的にも辛かっただろう。

                       

                       

                       

                          速く解決できれば

                       

                       

                       

                          企業も防止するようにするだろう。

                       

                       

                       

                          残業も少なくなる。

                       

                       

                       

                        それと

                       

                       

                       

                          お金を払えるのかという問題

                       

                       

                       

                         労災事故なら、

                       

                       

                         また保険に加入しているのなら

                       

                       

                         大丈夫だろうが。

                       

                       

                         金がないから

                       

                       

                         裁判を長期化する。

                       

                       

                         リスク対策をしてないなら

                       

                       

                         倒産は

                       

                       

                         免れない。


                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      PR
                      リンク


                      私のFacebookページです



                      問い合わせ・申し込みはこちら





                      にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村

                      行政書士 ブログランキングへ


                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM