リビング・ウイル(尊厳死)について   もっと前向きに考えよう尊厳死について!!

0

     

     

       あなたは自分の疾病が

     

       不治であり、かつ死が迫っていたり

     

       生命維持措置なしでは

     

       生存できなくなれば

     

     

     

       どうしますか?

     

     

     

     

     

        現在 11万人をこす人たちが

     

        リビング・ウィルを持ち

     

        生活しています

     

     

     

     

     

         小泉元首相が

     

         座談会で

     

          「 最後をライオンのように 」

     

         と語っています。

     

     

        そのなかから

     

        一文を紹介します。

     

     

     

     

         メスやこの群れを引き連れた

     

         オスのボスライオンも

     

         だんだん年取って老いてくると。

     

         放浪の若いオスとの

     

         闘いに敗れて

     

         群れを

     

         乗っ取られる。

     

         深手を負ったボスは

     

         群れを離れたところで、

     

         死んでいく。

     

         自分で餌を摂れなくなると

     

         自然に死んでいく。

     

         大自然の摂理。

     

     

     

     

         それに比べると

     

     

     

         人間は、自分で食べられなくても

     

          流動食があるし

     

          介護してくれる人もいる。

     

          ・・・・・・・・

     

         と言われています。

     

     

     

     

     

      その時になるまでに

      

     

      どうしたらいいのか・

     

     

      どのような問題があるのか

     

     

     

      今のうちに

     

     

      考えよう!!

     

                 リビング・ウィル会員より提案


    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    PR
    リンク


    私のFacebookページです



    問い合わせ・申し込みはこちら





    にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
    にほんブログ村

    行政書士 ブログランキングへ


    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM