粉飾決算はできるもの。資金繰りで考えさせられる。数字の改ざんは悪なのか!!

0

    JUGEMテーマ:税金と確定申告

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      今、確定申告期間中!!

     

     

     

     

     

     

      この時期に

     

     

     

     

     

     

     

      問われるのは、

     

     

     

     

     

     

     

      自分の会社を

     

     

     

     

     

     

     

     

      未來予測しているかだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

      確定申告をして、

     

     

     

     

     

     

     

     

      提出されるというか、

     

     

     

     

     

     

     

      するのは

     

     

     

     

     

     

     

     

      確定申告書

     

     

     

     

     

     

     

      申告決算書

     

     

     

     

     

     

     

     

      だ。

     

     

     

     

     

     

     

      銀行で言われるのは

     

     

     

     

     

     

     

      この決算書を見せて欲しい。

     

     

     

     

     

     

     

      融資には

     

     

     

     

     

     

      必ず、要求される。

     

     

     

     

     

     

     

      その時、内容が

     

     

     

     

     

     

     

      ちゃんとしてるかだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

      それを予測して、

     

     

     

     

     

     

      申告に臨んで欲しい。

     

     

     

     

     

     

      納税の問題ではない。

     

     

     

     

     

     

      勿論、納税は

     

     

     

     

     

     

       

      大事な国民の義務だが、

     

     

     

     

     

     

      みずからにとり、

     

     

     

     

     

      会社の内容が他人にどう映るかが

     

     

     

     

     

     

      自営業をしている人にとり、

     

     

     

     

     

     

     

      大事なのだ!!


    株式会社は、中小企業にとり、メリットはあるのか。今、会社の9割が中小企業、非公開会社!!

    0

      JUGEMテーマ:ビジネス

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      増資をして

       

       

      債務超過を解消する。

       

       

      今の資本を倍増。

       

       

      資金繰りの為にしたことで、

       

       

       

       

      思わぬ問題。

       

       

       

       

       

       

      授権訴本の問題。

       

       

       

       

       

       

      資本を

       

       

       

       

      定款の記載事項とせず、

       

       

       

       

       

       

      発行可能株式総数を

       

       

       

       

      定款で定め、

       

       

       

       

      その以内なら、

       

       

       

       

       

      取締役会の

       

       

       

       

      決議だけで、株式を発行出来る。

       

       

       

       

       

       

       

       

      よくいう

       

      4倍ルール。

       

       

       

       

       

      会社法37条3項

       

       

       

       

       

       

      つまり、常に発行可能株式総数の

       

       

       

       

      4分の1以上は

       

       

       

      株式を発行しておかねばならない。

       

       

       

       

       

       

      つまり、常に、現在発行している株式の

       

      4倍までに

       

      発行可能株式総数は抑えなくてはならない。

       

       

       

       

       

       

       

      4倍ルールは、公開会社だけのこと。

       

       

       

       

      非公開会社であれば、

       

       

       

       

       

      株主総会の

       

       

       

       

       

       

      特別決議により、

       

       

       

       

       

      株式の発行を判断。

       

       

       

       

       

       

      会社法37条3項但し書き

       

        113条3項但し書き

       

      ・・・・・・

       

      このルールは、

       

       

       

      株式市場の健全な

       

       

       

       

       

       

       

      育成には必要

       

       

      だが、中小企業には

       


      無意味な手続。

       

       

      止めてくれた方がいい。

       

       

       

       

       

      登録免許税も勿体ない。


       

       


      社会保険事務所から、差押予告通知書がきた。2月20日までに書類を持って出頭して下さい。当日に差押金額全額持ってきてください。

      0

        JUGEMテーマ:借金返済

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          社会保険事務所から

         

         

         

          差押予告通知書がきた!!

         

         

         

         

         

         

           2月20日に、

         

         

         

         

           書類を持って、きてください。

         

          

         

         

         

         

            申告書・決算書・

         

         

         

         

            資金繰り表・返済予定表。

         

         

         

         

         

         

          持っていけるわけない。

         

         

         

         

         

         

          今、休業して10年。

         

         

         

         

         

         

          しつこい行政庁。

         

          

         

         

         

         

          おまけに、延滞金がふとい。

         

         

         

         

         

         

          社会保険料とほぼ同額。

         

         

         

         

         

         

          民法の改正で、延滞金も問題が

         

         

         

         

         

         

          提起されていた。

         

         

         

         

         

         

         

         

          この延滞金は、

         

         

         

         

         

          逓減できるのか?

         

         

         

         

         

          政府も自らの延滞金まで知るか!!


        民法改正 詐害行為取消権に関する規定の整備!! 自己破産しかねない旦那の自宅を妻に贈与。

        0

          JUGEMテーマ:借金返済

           

           

           

            詐害行為取消権とは、

           

           

           

           

            債権者が債務者に対して

           

           

           

           

            債権を持っている場合

           

           

           

           

            において、

           

           

           

            

            債務者が

           

           

           

           

           

            債権者を害することを

           

           

           

           

            知ってした行為を

           

            

           

           

           

            債務者が取り消す行為。

           

           

           

           

           

           

           

           

            例でいえば、

           

           

           

           

           

            夫名義の自宅を、

           

           

           

            銀行借り入れを返済。

           

           

           

           

            妻名義に、所有権移転。

           

           

           

           

            夫が連帯保証人。

           

           

           

           

            そのための

           

           

           

           

            返済としての銀行差押、

           

           

           

           

            防止する方法。

           

           

           

           

           

           

            詐害行為取消権について

           

           

            民法は、わずか3条しか定めていない。

           

           

           

           

           

           

           

            改正は、

           

           

             〆廠温坩拏莨淡△陵弖

           

           

            ◆,修旅垰箸諒法

           

           

             その効果

           

           

            ぁ,修隆間の制限

           

           

            に分け、

           

           

           

           

           

            14の規定を整備された。

           

           

           

           

           

           

           

            もっと詳しく読む!!

           


          中小企業再生支援協議会の債務整理にむけての嫌な思い出!! メイン銀行の依頼で債務整理中の企業。

          0

            nJUGEMテーマ:借金返済

             

             

             

             

             

             

              銀行の紹介というか、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              依頼で

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              とある中小企業の

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              経理部長に就任!!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

               中小企業再生支援協議会で

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              経営再建中の会社

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              年商10億・銀行負債額10億円。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              この借り入れを

             

             

             

             

             

              債務整理してゆく。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              支援協議会の

             

             

             

             

             

             

              経営再建計画に

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              決算後

             

             

             

             

             

              毎年5000万支払う。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              勿論、

             

             

             

             

             

             

             

             

              各銀行の債務割合に

             

             

             

             

             

             

             

              応じて支払う。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              そのときの、資金繰りが大変。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              毎月メイン銀行に

             

             

             

             

             

             

              指定の損益試算表を

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              作成し、説明する。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              各銀行にも説明をする。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              何か月かに1度、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              再生協議会に行き、説明。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              商工会議所にある。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              初めての時、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              行ったら

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              ずらーと、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              協議会の人・各銀行の支店長

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              計20名ぐらいが座っている。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              初対面だから、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              どの程度の経理の力があるかを

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              見ている。風あたりが強い。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              2回目に、

             

             

             

             

             

             

              会社の試算表の

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              説明をすると、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              今まで偉そうに言っていた

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              担当者が

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              沈黙しだした。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              喋ると、ぼろが出ると

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              判断したのだろう。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              それから、誰も言わなくなった。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              それが、四面楚歌の状態になり

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              だれも味方がおらず、

             

             

             

             

             

              会社の社長もメイン銀行も、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              煙たがりだした。

             

             

             

             

             

              社長は銀行のイエスマン。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              何なんだ。この空気は・・・

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              結局、2回解任され

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              3回就任した。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              バカみたい。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              現実の問題として

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              手形をきっているから、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              割引や回しの資金繰り。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              銀行の債務だけが負債でない。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              社会保険事務所にも1億の延滞。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              毎月300万は発生するから、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              500万支払わないと

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              追いつかない。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              社員が50名いるから大変。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              それと企業年金に入っているから

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              その遅れの説明。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              頭を下げる事ばかり。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              そんな嫌な思いが

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              思い起こされる。


            倒産寸前の危機回避!! 秘策は一般社団法人に組織変更・消費税のしがらみから回避する作戦だ!!

            0

              JUGEMテーマ:ビジネス

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                 銀行のちょっとした

               

               

               

               

               

                ことで倒産の

               

               

               

               

                憂き目にあう。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                代位弁済という制度を

               

               

                知っていますか?

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                銀行から融資を受けて

               

               

                毎月返済を

               

               

                滞留したら

               

               

               

                県保証協会で銀行の代わりに

               

               

                その債務を

               

               

                肩代わりする制度です。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                なんのことはない。

               

               

                銀行は一円も出していないのです。

               

               

                そりゃー貸しますよね。

               

               

               

               

               

               

                ただ、保証協会つきの

               

               

               

               

                融資に限ります。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                プロパーは

               

               

               

               

                銀行が自らの責任で

               

               

               

               

               

               

                融資するから、

               

               

               

               

                これはできないです。

               

               

               

               

               

               

               

                原則として3か月の延滞。

               

               

                但し、延滞理由を銀行に言い

               

               

                経営改善計画を

               

               

               

               

                きちんと提出したら

               

               

               

               

                助かる。

               

               

               

               

               

                または構造的に

               

               

               

               

               

                返済が無理なら

               

               

               

               

               

               

                1年から2年の

               

               

               

               

                元本返済を

               

               

               

               

               

                猶予してもらう手がある。

               

               

               

               

               

               

               

                よくいうリスケです。

               

               

               

               

                その交渉をきちんとせずに

               

               

                銀行を馬鹿にして

               

               

                いい加減な

               

               

                対応をしていたら、

               

               

                返済の意図なしとして

               

               

               

                支店長決裁で代位弁済される。

               

               

               

               

               

               

               

               

                されたら終わり。

               

               

                支払いの場は

               

               

                県保証協会に行く。

               

               

               

               

               

               

               

               

                いっても、行くこと自体は

               

               

                どおっつてことないけど。

               

               

                問題は県保証協会に

               

               

                代位弁済されたという事実!!

               

               

                このことで、どの金融機関も

               

               

               

                相手にしてくれない。

               

               

               

               

               

               

               

               

                実際、3億の融資肩代わりを

               

               

               

               

               

               

                いまのメイン銀行から

               

               

               

               

               

                他の銀行に申し込んだのが

               

               

               

               

               

               

                これがネックで断られた。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                銀行との円滑な対応を、

               

               

               

               

               

               

                経営者は怠ると

               

               

               

               

               

                こういうことになる。


              中小企業を救済した譲渡契約書 滞納税金に追い駆けられた居酒屋経営の社長、倒産寸前!!!

              0

                JUGEMテーマ:行政書士

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                      真面目な税理士さんの

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  おかげで

                 

                  

                 

                 

                 

                 

                 

                  1000万の赤字決算!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                            銀行からは

                 

                    

                 

                 

                 

                 

                 

                     破綻先として

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     融資ストッツプ。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     資金回収をされる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     金がないのに、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     源泉所得税の延滞

                 

                 

                 

                 

                    

                     消費税の延滞

                 

                 

                 

                 

                 

                     特別徴収住民税の延滞

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     社会保険料の延滞

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     これらの延滞金14.6%

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     それだけでも支払い不能!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     やがて仕入れ資金も

                 

                 

                 

                 

                 

                     支払い不能

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    絶望的な状況!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    そこでアドバイス。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    譲渡契約書を

                 

                 

                 

                 

                 

                    作成し

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   第三者の法人に譲渡。

                 

                 

                 

                 

                 

                   公正日付にする。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  なんのことはない、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  店を身売りするのだ。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  譲渡契約書を

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  税務署にみせる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  あとは分割の交渉。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  支払いを分割にしただけ

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  だけど営業譲渡しているから

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  新規の税等の支払いはない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  特に消費税等の負担が

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  2年間無くなる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  それやこれやで無税でのりきる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  きちんとした

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  譲渡契約書を作成して

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  その店は助かった。 

                 

                 

                  

                 

                 

                 

                 

                 

                   *個別の事案なので

                 

                 

                 

                    真似をしないでください。

                 


                 事業再生を拒むサービサーとは何者?? ■自らの利益のためになんでもするハイエナだ!!

                0
                  JUGEMテーマ:行政書士
                   
                   

                   

                    事業再生を拒む

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   サービサー!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ■自らの利益のために

                   

                   

                   

                   

                   

                  なんでもするハイエナ 

                       

                   

                   

                     

                   

                   

                   

                        

                   

                   私の手がけている業務に

                   

                   

                   

                   

                  事業再生がある。

                   

                   

                   

                   

                  債務超過に陥り銀行返済も

                   

                   

                  ままならぬ。

                   

                   

                   

                  欠損会社を

                   

                  事業再生していくという

                   

                  仕事だ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  バブル期にいくつもの

                   

                   

                  不動産を購入して

                   

                   

                   

                  5億もの有利子負債である

                   

                   

                   

                  銀行借り入れを背負った会社。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  当時は景気も良くて、

                   

                   

                   

                  銀行の方から自社ビルを

                   

                   

                   

                  検討してはどうですかと

                   

                  誘ってくる。

                   

                   

                   

                   

                   

                  そのはてが5億の借金。

                   

                   

                   

                  よく借金は多ければ多いほど

                   

                   

                   

                  銀行がつぶさないから

                   

                  いいのだというけど、

                   

                   

                   

                   

                  5億ぐらい銀行にとっては

                   

                  はした金!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  あれから20年、

                   

                   

                   

                  今までは長期の景気不況に

                   

                   

                   

                  世の中があえいでいる状態。

                   

                   

                   

                  売上も以前より半分で

                   

                   

                   

                  2億円ぐらいになり、

                   

                   

                   

                  業種も教育サービス業

                   

                   

                  であるため、

                   

                   

                   

                  仕入はなくもろ人件費産業。

                   

                   

                   

                  赤字続きの業績低迷が

                   

                   

                   

                  10年前から続いている。

                   

                   

                   

                   

                   そんななかでも、銀行は黙っていない。

                   

                   

                   

                   

                   天気の日には傘を貸すけど

                   

                   

                   

                   

                   

                  雨が降り出したら

                   

                   

                  傘を貸してくれない。

                   

                   

                   

                   

                  身体がびしょぬれになる。

                   

                   

                   

                  返済の為に財務健全化をしろと

                   

                   

                   

                  称して次々と自社物件を

                   

                   

                  売却させる。

                   

                   

                   

                  貸しビル2棟、

                   

                  マンション2室、

                   

                   

                   

                  事業用土地1筆と

                   

                   

                  次々と手放していく。

                   

                   

                   

                   

                   

                  担保物件を売却して

                   

                   

                   

                  結局一億の借金が

                   

                   

                  残ってしまった。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  これからが大変!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   事業再生として、

                   

                   

                   

                   

                  別会社を設立して

                   

                   

                   

                   

                  引越作業をせざるをえない。

                   

                   

                   

                   

                  銀行も担保として

                   

                   

                   

                  売却させるものは

                   

                   

                  なくなったから、

                   

                   

                   

                   

                  あとはサービサーに

                   

                   

                   

                   

                   

                  債権を売却して償却

                   

                   

                  してしまえばよいと判断。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    ここで新手の

                   

                   

                  ハイエナがやってくる。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  数多く居るハイエナのなかから

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  入札で利権を

                   

                   

                  取得したすぐれもの。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  サラ金系だから

                   

                   

                  なかなかくせ者。

                   

                   

                   

                   

                   

                  政府系サービサーのように

                   

                   

                   

                   

                  簡単に和解に応じてくれそうな

                   

                   

                   

                  サービサーではない。

                   

                   

                   

                  銀行としては一円でも高く

                   

                   

                   

                   

                  買い取ってくれれば

                   

                   

                  どこでもいい。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   銀行が借金返済のために

                   

                   

                   

                   

                  応じてくれた

                   

                  本社ビル1億での売却に、

                   

                   

                   

                   

                   

                  サービサーが

                   

                   

                  仮差押えに入った。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  その前に

                   

                   

                   

                  サービサーとの面談のとき、

                   

                   

                   

                   

                   

                  会社の財務内容を説明して

                   

                   

                   

                   

                  到底返済できる額

                   

                   

                   

                  ではないと説明。

                   

                   

                   

                   

                  和解を提案。

                   

                   

                   

                   

                   相手はウン千万で

                   

                   

                  買ったのだから、

                   

                   

                   

                   

                   

                  何百万での和解には

                   

                   

                  応じられない。

                   

                   

                   

                   

                   

                  会社や代表者の

                   

                   

                  自己破産をすすめてくる。

                   

                   

                   

                   

                   

                  裁判手続きに入れば

                   

                   

                   

                   

                  弁護士費用に2,3百万は必要。

                   

                   

                   


                   そんな金はない。

                   

                   

                   

                  代表者個人の自己破産

                   

                   

                  しかないから

                   

                   

                   

                   

                   

                  やりなさいよと

                   

                   

                  言ってくる・・・。

                   

                   

                   

                   


                   そんな腹の探りあい

                   

                   

                  をしていると、

                   

                   

                   

                   

                   

                  ある日突然裁判所から

                   

                   

                   

                   

                   

                  仮差押えの通知書が届いた。

                   

                   

                   

                   

                   

                  一度手放したものを

                   

                   

                   

                   

                  売買無効だから

                   

                   

                  差押えるというのだ

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  買った銀行をまき込んでの

                   

                   

                   

                   

                  分け前ぶんどり合戦に

                   

                   

                  なってきた。

                   

                   

                   

                   

                  仕様がないから訴訟に応じて

                   

                   

                   

                   

                  目下弁護士に一任状態。

                   

                   

                   


                    すでに所有権も移っている

                   

                   

                   

                  物件を差押えるか?

                   

                   

                   

                  節操のないサービサーだ。

                   

                   

                   

                  ちょっとでも分け前があれば

                   

                   

                   

                  おすそ分けしてもらいたい。

                   

                   

                   

                  まだ肉が残っているからと

                   

                   

                   

                   

                  動物の死がいに群がる

                   

                   

                  ハイエナだ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  会社の事業再生に

                   

                   

                   

                  取り組んでいる

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  さなか妨害する

                   

                   

                   

                  面倒くさいやつらだ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    裁判の長期化、

                   

                   

                   

                   

                  読めぬ結末・・・。

                   

                   

                   

                   

                  これが事業の再生に

                   

                   

                   

                   

                  むけての思わぬ試練となる。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   破産という裁判的解決が

                   

                   

                   

                   

                  図れればいいのだが、

                   

                   

                   

                  何十年も地元で商売をしてきただけに

                   

                   

                   

                   

                  破産というレッテルを貼られて

                   

                   

                   

                  顧客を失うことのほうが怖い。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    そんななかでの事業再生。

                   

                   

                   

                  行く手を拒むサービサー、

                   

                   

                   

                  簡単には協力してくれない。

                   

                   

                   

                   

                  むしろハイエナ状態!!

                   

                   

                   

                   

                  ぐちゃぐちゃにされる。

                   

                   

                   

                  解決策は事業再生により

                   

                   

                   

                  別会社での利益を図るしかない。

                   

                   

                   

                   

                   

                    だが、これが

                   

                   

                   

                  今の経済状況では、

                   

                   

                   

                   

                  同業者の参入、少子高齢化・

                   

                   

                   

                  人口減少による客の減少、

                   

                   

                   

                  業界の再編など生き残りをかけた

                   

                   

                   

                  壮絶なバトルが繰り広げられている。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  前門の虎、後門の狼といった

                   

                   

                   

                  危機的状況であるのは間違いない。

                   

                   

                   

                  事業再生は綱渡りである。

                   

                   

                   

                  一つ間違えると地獄(破産)

                   

                   

                   

                   

                  へおちてしまう・・・・・・

                   

                   

                   

                  にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                  にほんブログ村 士業ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                  にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ

                   


                  倒産に至る製造業の悲劇!! 倒産は回避できるが、独断専行の経営者では無理!!!

                  0

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                            倒産に至る

                     

                      製造業の悲劇!! 

                     

                     

                     

                     


                         ■不渡りを出してついに

                     

                     

                     

                     

                        倒産したその原因は

                     

                     

                     

                     

                     


                         あるプラスチック成型の工場が

                     

                     

                        500万の不渡り手形を出して

                     

                     

                     

                       倒産した。

                     


                       不渡りを出すその日

                     

                     

                       社長から私に電話があり、

                     

                     

                      「今日不渡りが出るので、

                     

                     

                       連絡しときます」と。

                     


                       私は飛んで

                     

                     

                       社長の自宅へ向かった。

                     


                      そこには社長はじめ、

                     

                     

                      家族が集まって相談をしていた。

                     


                      夜8時ごろからか、

                     

                     

                      倒産の事実を知った債権者が

                     

                     

                      家に押しかけてきた。

                     

                     

                      さんざん製品の回収や

                     

                     

                      機械の処分など

                     

                     

                      わけのわからない

                     

                     

                      脅しをかけながら

                     

                     

                       帰って行った。

                     

                     

                       子供たちはその様子に

                     

                     

                       恐怖で身体を震わせていた

                     

                     

                     

                       社長はただ平身低頭して、

                     

                     

                       あやまるばかり。

                     

                     

                       それもそうだ何も言えない。

                     


                      なぜこうなったのだろう?

                     


                       景気の良い時は

                     

                     

                       年商10億、従業員数30人、

                     

                     

                       設備投資3億ぐらいかけていた。

                     

                     

                     

                     

                     

                      ある日

                     

                     

                      全自動の成形機を1億で購入して、

                     

                     

                     

                     

                      「24時間全自動で生産できる。

                     

                     

                     

                      人件費の削減になる」

                     

                     

                     

                      と私に向かって、自慢していた。

                     

                     

                     


                      仕事が常時あれば

                     

                     

                     

                      24時間だろうにと

                     

                     

                     

                      思いながら聞いていた。

                     

                     

                     

                      それが過大投資の失敗だった

                     

                     


                      ある有名工場長を引き抜いて

                     

                     

                     

                      会社の工場長に抜擢した。

                     

                     

                     

                      確かに知識も技術もすごい。

                     

                     

                     

                      ただ納期管理意識がデタラメ。

                     

                     

                     

                      有名な会社にいると

                     

                     

                     

                      特権階級的な意識が出てくる。

                     


                      それが会社にとって致命的!!

                     

                     

                       ついに元請会社から

                     

                     

                       プラスチックの成型の型を

                     

                     

                     

                       引き上げられ仕事がなくなった。

                     

                     


                      資金繰りが急速に悪化し、

                     

                     

                     

                     

                      大阪の会社から

                     

                     

                      「ふとんの販売をやらないか」

                     

                     

                      という話が出て、それに乗った。

                     


                      それは、いわば

                     

                     

                       融通手形の一種のようなもので

                     

                     

                       受取手形と支払手形の

                     

                     

                       差額の期日を変えることにより

                     

                     

                      利ザヤを稼ぎ、

                     

                     

                       手形を割り引くことにより、

                     

                     

                       資金にあてるという

                     

                     

                      手品師的な方法であった。

                     

                     

                     

                       通常ならばこんな方法に

                     

                     

                      引っかからない。

                     

                     

                       話にも乗らない。

                     

                     

                     

                       だけど今は一円の金もほしい。

                     

                     

                     

                       けれど世の中そんなに甘くない。

                     

                     

                     

                       受取手形発行の会社が

                     

                     

                       倒産、

                     

                     

                       自社の支払手形の決済や

                     

                     

                     

                       受取手形の買戻しなど、

                     

                     

                       どうにもできなくついに倒産。

                     

                     

                       本業でつぶれたわけではないのに!!

                     

                     
                         製造業という原価管理、

                     

                     

                        品質管理の難しさを

                     

                     

                        いやというほど知った。

                     

                     

                     

                     

                     

                        所詮、人が招いた不幸である。

                     

                     


                        栄光も一瞬にして泥沼。

                     

                     

                        家族はチリヂリバラバラ、

                     

                     

                        社長夫妻は大阪へ蒸発。

                     

                     

                       自宅、工場も競売で売却された。

                     

                     

                     

                       今もあと地を探すが

                     

                     

                       過去の痕跡はなくなっている。

                     

                     

                       さみしいものだ。

                     


                       人がいい社長だけに悔まれる……

                     


                    ときおり、

                     

                     

                       夫妻や家族の子たちの顔が浮かんでくる。



                    行き詰った企業を救える方法 破産は避けたいけどどうしたらいいかわからない!!!

                    0
                      JUGEMテーマ:行政書士
                      ■行き詰まった企業を
                      救える方法!!

                       

                      1.利息さえ払えば

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        「正常債権」であり、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        元金はいつでも

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        棚上げできるということ。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        苦しい中で、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        無理に元金を

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        払わなくていいのです。
                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      2.経営が行き詰まり、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        あるいは資金繰りが行き詰って

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        利息も払えなくなったら、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        入れている担保だけ売って

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        金融機関に支払うということ。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        担保を銀行に渡すのです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        担保さえ渡せば

                       

                       

                       

                       

                       

                        全ての借金は消えます。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        しかし、事業はもちろん

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        続けられます。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        借家に移り、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        今までどおり仕事を

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        続けてよいのです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                        どの企業も無借金になって

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        事業を続けることが

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        できるわけです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        銀行の管理職なら、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        みんなこの事実を知っています。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        ただこれは絶対のタブーで

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        これまで表に出なかった

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        だけのことです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       



                      3.個人保証は、

                       

                       

                       

                       

                       

                        まったくの違法行為だと

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        いうことです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        保証人は呼び出されても

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        「行かない、話さない、払わない」

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        この方法で

                       

                       

                       

                       

                       

                        間違いなく防ぐことができます。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       



                      訴えられたとき

                       

                       

                       

                       

                       


                           裁判所に実行力はない。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                        万一、裁判に訴えられても、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        裁判所ができることは、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        「あなたには1億円の

                       

                       

                       

                       

                       

                        借金があるから払う

                       

                       

                       

                       

                       

                        義務があります」

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        というような

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        判決を下すことだけです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        取立をするわけではないのです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        裁判所は取り立てる

                       

                       

                       

                       

                        ところではなく、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        法律関係を確定する

                       

                       

                       

                       

                       

                        場所なのです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        裁判所は、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        民事(経済事件、金の貸借など)

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        については必ず

                       

                       

                       

                       

                       

                        和解をすすめます。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        なぜかというと、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        日本の裁判官は忙し過ぎて、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        判決文を書く時間がないのです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        判決を書くと、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        高等裁判所に

                       

                       

                       

                       

                       

                        にらまれるのです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        判決というのは

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        白黒をつけるということ。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        負けたほうは、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        ほとんど控訴します。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        裁判官は

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        勝ち負けの判決を

                       

                       

                       

                       

                       

                        下した理由を

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        詳しく書かなくてはいけない。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        判決を出せば、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        高裁ににらまれる

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        というわけです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                        だからほとんど

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        和解をすすめるのです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       



                      保証人になったらどうするか

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                       保証人は

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        「行かない、話さない、払わない」

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        
                        保証人が不動産を売却したから

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        許害行為だということは

                       

                       

                       

                       

                        絶対にない。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       
                        5年で保証債務を切り替える。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        保証人の意思の確認を

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        行うようにと

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        金融庁から、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        各金融機関に通達が出ました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        保証債務の確認がなければ

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        すべて無効です。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      「行かない、話さない、払わない」

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      この3原則を

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      絶対に守ってください。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      威迫行為

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                        「資金業の規制等に関する法律」で

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        威迫するという行為は禁止されている。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        威迫するというのは、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        相手方を圧して

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        不愉快な思いをさせる

                       

                       

                       

                       

                       

                        言動をいいます。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        録音機を前に出し

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       



                       「もう一度、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        今言ったことを言ってくれ。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        金融庁に届け出る。」!!




                       


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                      PR
                      リンク


                      私のFacebookページです



                      問い合わせ・申し込みはこちら





                      にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村

                      行政書士 ブログランキングへ


                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM