試用期間15日目から、態度が豹変するものがいるから、要注意人物。労働基準監督署は甘えさせすぎ。

0

    JUGEMテーマ:労働問題

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    試用期間中は

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     真面目に

     

     

     

     

     

    素直に仕事を

     

     

     

     

     

     

     

    しているが、

     

     

     

     

     

     

    試用期間を超えると、

     

     

     

     

     

     

     

    急に態度が

     

     

     

     

     

     

     

    豹変する。

     

     

     

     

     

     

     

    試用期間を

     

     

     

     

     

     

    超えるとは、

     

     

     

     

     


    会社の就業規則で

     

     

     

     

     

    定めている

     

     

     

     

     

     

    3カ月とか6か月という

     

     

     

     

     

    試用期間でなく

     

     

     

     

     

     

    労働基準法上の

     

     

     

     

     

     

     

    解雇予告が

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    必要な14日。

     

     

     

     

     

     

     

     

    解雇予告手当を

     

     

     

     

     

     


    狙った

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    常習犯。

     

     

     

     

     

     

     

     

    30日間の解雇予告期間を

     

     

     

     

     

     

     

    在職させても、

     

     

     

     

     

     

     

     

    まわりに悪影響。

     

     

     

     

     

     

     

    解雇予告手当を払い

     

     

     

     

     

     

     

    即時解雇。

     

     

     

     

     

     

     

     

    前の会社でもしたよう。

     

     

     

     

     

     

     

    面接時での

     

     

     

     

     

     

     

     

    水際作戦。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    転職回数や

     

     

     

     

     

     

    勤続期間が短いものは

     

     

     

     

     

     

     

    その理由を聞いた方がいい。

     

     

     

     

     

     

     

    困ったものだ!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    試用期間は終わったが、本採用を拒否できるか? 試用期間とは何なのか、よくこの言葉の意味を考える。

    0

      JUGEMテーマ:労働問題

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        試用期間とは、

       

       

       

       

      会社が

       

       

       

       

      本人の適性や

       

       

       

       

      能力等を

       

       

       

       

      見極め、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      正社員にするかどうかを、

       

       

       

       

       

       

      判断する期間。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      試用期間中に

       

       

       

       

       

      正社員として、

       

       

       

       


      ふさわしくないと

       

       

       

       

       

       

      判断したら、

       

       

       

       

       

       

      本採用を拒否できる。

       

       

       

       

       

       

      本採用を拒否できる

       

       

       

       

       

       

      裁量の範囲も

       

       

       

       

       

       

      通常の労働契約の

       

       

       

       

       

       

      解消よりも

       

       

       

       

       

       

      幅広い。

       

       

       

       

       

       

       

      試用期間中であっても、

       

       

       

       

       

      14日を越えて、15日以降

       

       

       

       

       

       

      引き続き、雇用した時は、

       

       

       

       

       

      解雇の際の

       

       

       

       

       

       

      30日前の解雇予告か、

       

       

       

       

       

      解雇予告手当を

       

       

       

       

       

      (30日以上の平均賃金)

       

       

       

       

       

      を払わないといけない。

       

       

       

       

       

       

       

      14日までに判断するのは

       

       

       

       

       

       

      短すぎて、判断できない。

       

       

       

       

       

       

      試用期間中の

       

       

       

       

       

       

      労働者について、

       

       

       

       

       

       

      会社は就業規則に定めた

       

       

       

       

       

       

      3か月なり6か月の

       

       

       

       

       

      試用期間中に

       

       

       

       

       

      判断すればいいとしている。

       

       

       

       

       

       

      が、労働者から見れば、

       

       

       

       

       

       

       

      試用期間が終われば

       

       

       

       

       

      正社員になれると、

       

       

       

       

       

      思っている。

       

       

       

       

       

       

       

       

      思い込んでいるものも、いる。

       

       

       

       

       

       

      お互いの認識の違いは明らか。

       

       

       

       

       

       

      そこで、トラブルになる。

       

       

       

       

       

       

      本採用をしないのなら、

       

       

       

       

       

       

      早く判断した方がいい。

       

       

       

       

       

       

      そして、本採用取消の通知を

       

       

       

       

       

       

       

      本人に出した方がいい。

       

       

       

       

       

       


      雇ってみたら経歴を詐称していた! 誤った内容で判断をし、会社が処分を決める。

      0

        JUGEMテーマ:労働問題

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          経歴を偽り、

         

         

         

         

         

         

         

        入社後に

         

         

         

         

         

         

         

        発覚。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        採用の条件となる

         

         

         

         

         

         

         

        重要な経歴詐称で

         

         

         

         

         

         

        あれば、

         

         

         

         

         

         

         

        解雇しても構わない。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        経歴詐称とは

         

         

         

         

         

         

         

         

         年齢・最終学歴・職歴・

         

         

         

         

         

        犯罪歴・保有資格等・健康告知・・・・・・

         

         

         

         

         

         

        会社にとり、

         

         

         

         

         

         

        何が「採用の条件となる

         

         

         

         

         

         

        重要な経歴詐称に」

         

         

         

         

         

         

        にあたるのかは、判断は異なる。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        解雇する場合でも、

         

         

         

         

         

         

         

        懲戒解雇か普通解雇かは、

         

         

         

         

         

         

         

        会社の判断。

         

         

         

         

         

         

         

         

        経歴詐称は

         

         

         

         

         

         

         

        嘘をついて、

         

         

         

         

         

         

         

         

        入社しているという事実に

         

         

         

         

         

         

        変りはない。

         

         

         

         

         

         

         

        その者を採用していなければ、

         

         

         

         

         

         

         

        他の者を

         

         

         

         

         

         

         

        採用していた。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        人事上、

         

         

         

         

         

        賃金や人員配置に

         

         

         

         

         

         

         

         

        混乱をもたらしたことは、

         

         

         

         

         

         

        解雇事由に該当する。


        パート労働者で、自分の為にも自立して働くためにはどうしたらいいか!! 面接の心構えは?

        0

          JUGEMテーマ:ビジネス

           

           

           

           

           

                  パートの求職

           

           

           

           

           

           

             希望の人は

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             盆も終わり

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             本格的な

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             求職の時期になる。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            ここで、ひとこと。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            今までの経験で

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            過去3年で300人の

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            パート希望者を

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            書類面接を含めた上

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            での経験を

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            したでの注意事項。

           

           

           

           

           

           

           

           

            但し、経理事務募集!!

           

           

           

           

           

           

           

           

            簿記3級以上・

           

           

           

           

           

            経験、学歴不可という

           

           

           

           

           

            条件で

           

           

           

           

           

            ハローワークに求人募集。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            300人の中で

           

           

            

           

           

           

           

           

           

            30%は経理不適正。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            30%は経理をしてみたい

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            というどちらかというと

           

           

           

           

           

           

           

            不適正。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            20%は自分のビジョンはあるが

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            現実の職場では

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            相手が受け付けない。

           

           

           

           

           

           

           

            自己願望が強い。

           

           

           

           

           

           

            10%は職場のアイテム対応できない。

           

           

           

           

           

           

           

            自分で勝手に答えを出す。

           

           

           

           

           

           

           

           

            5%は

           

           

           

           

           

           

            ここまで残ったが

           

           

           

           

           

           

            根気がない人

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            どこへいっても

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            おなじなのに

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            1ヶ月で辞めてしまう。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            3%は

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            相手の職場や・仕事を

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            信じてる素直な人。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            2%は

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

               何も考えない人。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            結局残る人は

           

           

           

           

           

           

           

            性格のいいひと

           

           

           

           

           

           

           

            自分の為になる仕事と思える人

           

           

           

           

           

           

           

           

            自己中でない人

           

           

           

           

           

           

           

           

            自分でものごとを解決する人になる。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            考えれば普通のことだが。

           

           

           

           

           

           


          ハローワーク求人を見て求職しようとされている方へお願い!! 経験者優遇の意味するところは何か

          0

            JUGEMテーマ:行政書士

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

               ハローワークで

             

             

             

              求人を見ている

             

             

             

             

              あなたへ

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              よく経験者優遇とか、

             

             

             

             

              実務経験がないとね

             

             

             

             

              といわれます。

             

             

             

             

              線引きのないグレーゾーン

             

             

             

              ですが、

             

             

             

             

             

              求職しようとするあなたや、

             

             

             

             

             

              求人しようとする経営者の

             

             

             

             

             

              人事担当のかたへ

             

             

             

             

             

              お願いします。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              私は零細企業の経営者です。

             

             

             

             

             

              去年、ハローワーク等で募集し、

             

             

             

             

             

              去年100人、今年の今までに50人、

             

             

             

             

              履歴書面接を含め

             

             

             

              面接をしました。

             

             

             

             

             

              何人か採用したのですが

             

             

             

             

              今の段階で

             

              

             

             

              残ったのは

             

             

             

             

             

              0です。

             

             

             

             

             

             

              脱落したのは

             

             

             

             

             

             

              採用時と採用されてからの

             

             

             

             

             

              おもいとは違う

             

             

             

             

              ということです。

             

             

             

             

             

              どちらにもいえると

             

             

             

             

              反論するけど、

             

             

             

             

             

              短い面接で

             

             

             

             

             

              本人の性格や環境など

             

             

             

             

             

              しることは

             

             

             

             

             

             

              今の面接制度では

             

             

             

             

             

             

              不可能です。

             

             

             

             

             

              かねてから

             

             

             

             

             

             

              インターンシップ制度の

             

             

             

             

             

              中小企業向けの方法や

             

             

             

             

             

             

              短時間労働の試み

             

             

             

             

             

              1日4か5時間労働

             

             

             

             

             

              週3日勤務

             

             

             

             

             

             

              高時給の実施など

             

             

             

             

             

              推進しています。

             

             

             

              ハローワークには

             

             

             

             

             

              朝令暮改的な面もあり

             

             

             

             

             

              ご迷惑をおかけしています。

             

             

             

             

             

             

             

              それでも、条件がおいしいので、

             

             

             

             

             

              50歳以上の高齢のかた

             

             

             

             

              ダブルワークができそうだと

             

             

             

             

             

              掛け持ちをねらってるかた

             

             

             

             

             

             

              がいます。

             

             

             

             

             

             

              もちろんそういうひとにも

             

             

             

             

             

              門戸は開放すべきです。

             

             

             

              ハローワークで

             

             

             

             

             

             

              年齢制限や性別を

             

             

             

             

              禁じているのは

             

             

             

             

              そうだからです。

             

             

             

             

             

             

             

              しかしながら、中小企業は

             

             

             

             

              人事募集コストを

             

             

             

             

              少なくしたいから

             

             

             

             

              電話照会時に

             

             

             

             

             

              欲しい年齢層や

             

             

             

             

              性別・ダブルワーク不可

             

             

             

             

              等を言っています。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              なにか

             

             

             

             

             

              年齢不問などはやめて

             

             

             

             

             

              はっきり明示すべきではと

             

             

             

             

             

              思います。

             

             

             

             

             

              人生の時間の

             

             

             

             

             

              無駄です。

             

             

             

             

             

              実務経験の

             

             

             

             

             

              問題ですが

             

             

             

             

             

             

              同業種・同セクション

             

             

             

             

             

              でないかぎり

             

             

             

             

             

              実務経験ありとは

             

             

             

             

             

              言えないのです。

             

             

             

             

             

             

              中小企業は

             

             

             

             

             

             

              あなたの

             

             

             

             

             

             

             

              過去の職歴など

             

             

             

             

             

             

              どうでもいいのです。

             

             

             

             

             

             

              ただ、相手の企業に

             

             

             

             

             

             

              要求される

             

             

             

             

             

              知識や意欲は

             

             

             

             

             

             

              必要です。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              自分から

             

             

             

             

             

             

              答えを出さないこと

             

             

             

             

             

              後出しじゃんけんは

             

             

             

             

             

              やめること

             

             

             

             

             

              です。

             

             

             

             

              辛抱や我慢が必要!!

             

             

             

             

             

             

              最後はそのひとの

             

             

             

             

             

             

              人柄です。

             

             

             

             

             

             

              実務経験より

             

             

             

             

             

             

             

              勝るものです。 


            主婦ボケ対策ゼミ!!子育てと仕事の両立なんてできるわけない。働き方改革なんてナンセンス!!

            0

              JUGEMテーマ:行政書士

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                 子育てと仕事の

               

               

               

               

               

                 両立はできるのか

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                 昨日の朝

               

               

                 NHKの番組で報道されていた。

               

               

               

                子育てで

               

               

                主婦ボケ。

               

               

               

               

               

               

               

               

                子供を産むことにより

               

               

                社会とはなれ

               

               

                ブランクとなり、

               

               

                その間

               

               

                社会が

               

               

                動くことにより

               

               

               

                職場復帰が困難になる。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                仕事の選択をすれば

               

               

                就労時間により

               

               

                子供を捨てなければならない。

               

               

                私にはそんなことできない。

               

               

               

                 それはそうだ!

               

               

                100人中100人そういう。

               

               

                 何のために苦しい思いをして

               

               

                 子供を産んだのか?

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                 ではこれからの将来

               

               

                 夫の給料だけで

               

               

               

               

               

                 やっていけるはずがない。

               

               

               

               

               

               

                子供の成長につれ

               

               

                ふえる教育費・受験費用・

               

               

               

               

               

               

                仕送り代

               

               

               

               

               

               

                住宅ローンの負担

               

               

               

               

               

               

                考えるだけで

               

               

               

               

               

                頭が痛くなる。

               

               

               

               

               

                だけど、

               

               

               

               

                いまなんとかしないと

               

               

               

               

               

                会社は

               

               

               

               

               

                ブランクを嫌い。

               

               

               

               

               

                50歳になると

               

               

               

               

               

               

                年齢的にも難しいし

               

               

               

               

               

                体力があるか

               

               

               

               

               

               

               

                考えさせられる。

               

               

               

               

               

               

               

                一番の乗り越えなければ

               

               

               

               

               

               

               

               

                ならないのは

               

               

               

               

               

               

               

                 主婦ボケだ。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                家庭と社会の落差は

               

               

               

               

               

               

               

                線路の複線とおなじ

               

               

               

               

               

               

               

                それに

               

               

               

               

                今は学校の行事

               

               

               

               

               

                この役員・懇談会・運動会など

               

               

               

               

               

                子供の数ほど

               

               

               

               

               

                負担が増える

               

               

               

               

               

                そして意外と

               

               

               

               

               

                気をつけないといけないのが

               

               

               

               

               

                子供の病気

               

               

               

               

               

                やケガ

               

               

               

               

               

               

               これが重なると

               

               

               

               

               

               

                会社に迷惑が掛かり

               

               

               

               

               

               

                働く仲間に迷惑が掛かり

               

               

               

               

               

               

                辞めざるをえないか

               

               

               

               

               

               

                やめさせられる。

               

               

               

               

               

               

                やはり両立はムズカかしい。

               

               

               

               

               

                しかも

               

               

               

               

               

               

               

               

                事務職は

               

               

               

               

               

               

                身体の負担も少なく

               

               

               

                人気職種だが

               

               

               

               

               

               

               

                有効求人倍率が

               

               

               

               

               

                飲食店・コンビニ・スーパーなどは

               

               

               

               

               

               

                 2.4倍だが

               

               

               

               

               

               

                事務員は 0.4倍

               

               

               

               

               

               

               

                つまり

               

               

               

               

               

               

               サービス業の会社は

               

               

               

               

               

               

               

                働きたいとおもえば

               

               

               

               

               

                平均 2.4社の募集があるが

               

               

               

               

               

                事務系は0.4社しか

               

               

               

               

               

                ないということ

               

               

               

                しかも

               

               

               

               

                求職者の平均だから

               

               

                40才を越えるとまだ少ない。

               

               

               

               

               

               

                50歳になると

               

               

               

               

                30社にあたって

               

               

               

               

                1社面接があればいい。

               

               

               

               

               

               という現実。

               

               

               

               

               

               

                だから面接時の応対で

               

               

               

               

               

                ブランクの年数は

               

               

               

               

               

                長いほど

               

               

               

               

                致命傷!!

               

               

               

               

               

                しかも

               

               

               

               

               

               

               

                当の本人は

               

               

               

               

               

               

               

                きずいてない

               

               

               

               

               

                甘いのだ。

               

               

               

               

               

                主婦ボケしてるから。


              面接をする経営者のポイント その1  やってはいけないことをあなたは平気でしているのを止めなさい!!

              0

                JUGEMテーマ:労働問題

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    私は従業員数名の

                 

                 

                 

                 

                 

                  経営者です

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  ハローワークに

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 求人募集を頼みました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   その結果、

                 

                 

                 

                 

                  求人の気ずきがありました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  履歴書について

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    ー命燭古い

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     何故かと問うと本人ダンマリ。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     おそらく、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     当時の方が若いから

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     貼ったのだろう!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     モデルの面接

                 

                 

                 

                 

                 

                     ではないのだから、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     今現在のものを写してほしい。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     貼る写真には

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     気を付けてほしい。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                           

                 

                 

                  ◆ヾ禧世鬚けてない。

                 

                 

                  

                 

                 

                 

                 

                 

                    コンタクトを

                 

                 

                 

                 

                 

                    着用している

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    人が多いが、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    するなとはいわないが

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    仕事をしているとき

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    眼鏡をかけて

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    仕事をしている。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   勤務条件に後出しが多い。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    勤務時間・勤務日を

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    勝手に自分で決める。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    給料の額を言ってくる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    離婚して

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    小さい子供がいるから

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    手取りで15万欲しい。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    そんなことは、

                 

                 

                 

                 

                 

                    ハローワークから聞いていない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    初めから募集に出してない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    103万以下考慮

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    とは出しているが?

                 

                  

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    お金が欲しければと

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    派遣登録を勧める。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   主婦ボケがおおい。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    本人がこういう。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    成程と感心!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    ビジネスマナーができていない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    自分のイメージと違うと、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    すぐ辞める。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    面接時に勤めたい

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    というのは嘘?

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    原因は旦那の給料

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    ハングリー精神がない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    だから、

                 

                 

                 

                    もっといいところをさがす。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    本人のスキルアップなんて

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    事業所を騙す嘘!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    そういえば、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    働く理由がかっこいい

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  どちらにしても

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  嘘はいけない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  10人中8人は

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  何らかの嘘をついている。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  人気求人は

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  そんな嘘がつけるところ!!

                    


                calendar
                1234567
                891011121314
                15161718192021
                22232425262728
                2930     
                << April 2018 >>
                PR
                リンク


                私のFacebookページです



                問い合わせ・申し込みはこちら





                にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                にほんブログ村
                にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                にほんブログ村

                行政書士 ブログランキングへ


                selected entries
                categories
                archives
                recent comment
                recommend
                links
                profile
                search this site.
                others
                mobile
                qrcode
                powered
                無料ブログ作成サービス JUGEM