スポンサーサイト

0
    • 2019.09.04 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    世間から見た税理士試験の理論問題の適否? 所得税法で青色申告制度と損益通算!!

    0

      JUGEMテーマ:行政書士

       

       

       

       

       

       

       

       

         平易な問題とは言え、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

         実務ではよく問われる。

       

       

       

         白色申告者が多い。

       

       

       

         何故減らないのか、

       

       

       

       

         商売をしている人に聞いて見た。

       

       

       

       

         束縛が多くて、たいぎーから。

       

       

       

       

        返事に困った。

       

       

       

       

         青色申告についての

       

       

       

       

         記帳義務を説明し特典をいっても反応がない。

       

       

       

       

         だめだこりゃー!!

       

       

       

       

         損益通算の制度を知っているかねといい、

       

       

       

       

         なんだそりゃーといわれ、沈黙。

       

       

       

       

         制度の活用は本人には、猫に小判!!


      税理士試験問題に見る平成30年度税制改正規定がだされたわけ。 時代は特化している! 

      0

        JUGEMテーマ:行政書士

         

         

         

         

         

         

          暑い8月の7・8・9・日

         

         

         

         

         

         

          に行われた

         

         

         

         

         

         


           税理士試験!!

          

         

         

         

         

         

          問題は

         

         

         

          1 『個人以外の者に相続課すこととされている規定

         

         

            の内容を説明しなさい。』

         

         

         

         

         

            人格のない社団等及び持ち分の定めのない法人

         

         

         

         

         

            に対する課税および

         

         

         

         

           受益者等が存在しな信託等の特例がある。

         

         

         

           2 小規模宅地等の特例

         

         

         

         

         

            ‘知禝鐔四兮霖賄の適用要件

         

         

         

         

            貸付事業用宅地等の適用要件

         

         

         

          今、話題になっている問題である。

         

         

         

         

          相続の問題を理解しなくてはならない時代といえる。

         

         


        税理士試験の過酷な現実!! はや8月 暑い夏が始まる自分との闘い・・・

        0

           
          税理士試験の過酷な現実
           

           
          毎年8月に税理士試験が始まる。

           

           

          暑い夏の戦いが始まり、

           


          1年の勉強の成果を試すときである。

           

           

           

           

           



          私も過去、税理士試験が

           

           

           

          恒例行事として自分にとっては

           

           


          当たり前のように

           

           

           

          この試験に挑んだものである。

           

           

           


          私は10年挑戦して、

           

           

           

          部分科目合格して

           

           

           

          ゴール間際1メートルで

           

           


          到達せず

           

           

          倒れたようなものである。

           

           

          今の気持ちはグラウンドの

           

           


          喧騒を聞きながら

           

           

           

           

          1人医務室で治療をしている

           

           


          野球選手のようなものである。

           

           

           

           

           

           

           

           



          税理士試験は

           

           

           

          科目合格が認められ、

           

           

           

          1年1科目でも良いから、

           

           


          5科目とれば合格である

           

           


          各科目に必須条件があり、

           

           

           

           

          簿記論、財務諸表論、

           

           


          法人税法又は所得税法の

           

           

           

          どちらか1科目

           

           

           

          絶対合格の条件である。

           

           

           



          又、受験資格がある。

           

           

           

          大卒以上又は、

           

           


          日商簿記1級合格などの

           

           

           

          学力制限がある。

           

           

           


          又、合格しても

           

           

           

           

          2年という実務経験が

           

           

           

          登録には必要である。

           

           

           


          そして、最大の関門、

           

           

           

           

          登録には費用が発生し、

           

           

           

           

          約30万円かかる。

           

           

           

           

           

           

           

           


          税理士試験に限らず、

           

           

           

           

          司法試験、司法書士試験、

           

           

           

           

          社会保険労務士試験、

           

           

           


          行政書士試験には、

           

           

           

           

          多かれ少なかれ登録時の

           

           

           

           

          この金額の問題がある。

           

           

           



          そして、最大のネックがある。

           

           

           


          合格しても、

           

           

           

           

           

           

           

          お客はいるのかという問題である

           

           

           

           



          そんなことは

           

           

           

           

           

          合格してから後は

           

           

           

           

           

          本人の努力次第でどうにでもなる

           

           

           

           

           


          とあなたは言うかもしれない。

           

           

           

           


          一般的に現在では開業してから

           

           

           

           

           

          3年くらい

           

           

           

           


          たたないと食べていけないと

           

           

           

           

           

          いわれている。

           

           

           


          40歳から一念発起して

           

           

           

           

          受験勉強をして

           

           

           

           

          50歳に合格しても、

           

           

           

           


          登録したら52歳になる。

           

           

           

           

           

          もう人生あとがない。

           

           

           

           


          その時には親の介護や

           

           

           

           

           

          配偶者がいないという

           

           

           

           


          孤独な日々の試練が待ちうけている。

           

           

           



          そんな状況下で、

           

           

           

           

           

          後はバラ色という合格した喜びが

           

           

           

           


          消えうせる現実が待ち構えている。

           

           

           

           


          つまり、合格に

           

           

           

           

           

          時間がかかり過ぎている。

           

           

           

           


          合格したら何でもありではない。

           

           

           

           


          又、あなたの適性もある。

           

           

           

           

           

          それはビジネス社会の中で

           

           

           


          生きていける教養とマナーを

           

           

           

           

           

          身に着けているのか。

           

           

           

           


          勉強ばかりで

           

           

           

           

           

          そんなことは考えたこともないのだろう。

           

           

           

           


          ともかく合格しなければと

           

           

           

           

           

          毎日過酷な勉強の毎日の

           

           

           

           


          繰り返しで生きてきたからである。

           

           

           



          今、こんな合格不適格者が増えている。

           

           

           

           


          中小企業、零細企業の経営者は

           

           

           

           

           

          厳しい社会の中で

           

           

           

           


          生き残りをかけて生きている

           

           

           

           


          そんな中でクライアント指導には

           

           

           

           

           

           

           

           

          まず自らの適性が試されている。

           

           

           

           

           


          つまり、あなたに必要なのは、

           

           

           

           

           

          合格したという事実ではない。

           

           

           

           

           


          合格しなくてもやっている人

           

           

           

           

           

          がいるという事実である

           

           

           


           

          私の知り合いに

           

           

           

           

           

          税理士試験に

           

           

           

           

           

          チャレンジしている人が2人いる。

           

           

           

           

           


          この2人は

           

           

           

           

          30代男性、独身。

           

           

           

           

           

          試験歴3年で合格科目はない。

           

           

           

           


           
          コストとして某通信教育機関に

           

           

           

           

           

          3年で約100万払っている。

           

           

           


          その2人に

           

           

           

           

           

           

          後がないよとアドバイスしている。

           

           

           

           


           
          身近な周囲にいるのだから、

           

           

           

           

           

          こんなバカげた

           

           

           

           


          勉強方法をしている人が

           

           

           

           

           

           

          他にもいると思う。

           

           

           

           

           

           


          メールでしか受付けないけど、

           

           

           

           

           

          まじめに受験について

           

           

           

           


          悩んでいる人は相談を受付けます。

           

           

           

           


           
          過去行政書士講座を

           

           

           

           

           

          年4万位で募集していた時、

           

           

           

           

           


          問合せの電話があり、

           

           

           

           

           

           

          そんな安くて通るわけないと

           

           

           

           

           


          いっていた人がいた。

           

           

           

           


           
          業者か自分を信じない人

           

           

           

           

           

          からだと思えます。
           


           


          税理士試験合格発表・12.16日   合格した方おめでとうございます。!!

          0

            JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

             

             

             

              税理士試験は科目合格制

             

             

             

              毎年1科目合格で挑戦できる

             

                そのことが逆に1科目の

             

                ハードルを高くしている

             

             

             

                5科目合格までの年数を

             

                長期化になり

             

                5科目取得までに

             

                 相当優秀な人で

             

                 2,3年

             

                働きながら1科目受験して

             

                10年以上かかる人もザラ
             

             

                 平均で 8.6年

             

             

             

             

                税理士受験者は減少

             

                  2005年(平成17年)  

             

                   56、314人

             

                  2015年(平成27年)

             

                   38,175人

             

                  10年で3分の1

             

                 減りました。

             

             

             

             

              人口の少子化をうわまわるハイペースです

             

                5科目取得するのに

             

                時間をかけることが

             

                割りに合わないことが

             

                周知されてきています

             

             

             

             

             

                 税理士は斜陽産業

             

             

             

                 それでも貴方は

             

                 税理士を目指しますか

             

             

             

             

                税理士試験は形骸化に

             


                 

                  

                     大学院で科目免除を

             

                     受ける人が増加

             

             

                 200万払って

             

                  大学院のほうが得

             

                  平成6年 16.7%から

             

                  平成26年は37.2%

             

                  ( 科目合格者の割合 )

             

             

             

             

             

                会計事務所の

             

                単純な入力作業は

             

                自動化により

             

               どんどん削減され

             

                仕事もなくなります

             

             

             

             

               そんな傾向で

             

               税理士試験は軽視され、

             

               形骸化されます

             

             

             

                税理士試験の努力が

             

                 きちんと報われる試験で

             

                あってほしいです

              


            夏は試験勉強の試練!!暑さで過酷なスケジュールを乗り越えよう ■4回も不合格となった受験生は勉強の仕方が悪いのか?

            0
              H25/7/16 


                夏は試験勉強の試練!!
              暑さで過酷なスケジュールを乗り越えよう


              ■4回も不合格となった受験生は
              勉強の仕方が悪いのか?  


               最近、身近に4,5回行政書士試験を不合格となった受験生が多いことを耳にする。現に我が行政書士試験講座にも4回不合格となり、今年こそはと勉強している受験生がいる。


               行政書士試験は学歴は不問で、受験のハードルは低い。つい、何回か受験すれば通るような試験に思えてくる。では、何故4,5回も受験しなければならないような受験生がいるのか?  


               それは行政書士試験だけではない。弁護士試験、会計士・税理士試験、社労士・司法書士試験等の国家試験を受験する者に共通して言えるものがある。それは試験に対する相性である。合格してから、独立にいいとか、xxのスペシャリストになれるとかいう甘い文句に誘われても、その試験の取り組み、試験の科目内容や合格してからの方向性が自分にとって合っているものかが最大の決め手になる。試験の道を目的もなく通っていくのは資格マニアの域でしかない。


               試験の難易度はあるにしても、この試験は自分にふさわしいものだという確たる目的・目標を持たなければやっても意味がない。結果も自然と悪い方についてくる。当事務所でも行政書士試験の受講者には、その点を十分に説明しているのだが・・・。また、何故か受験生は働きながら勉強している人が多い。


               勉強時間も絶対的に少なく、十分に確保できない人には馬車馬のごとく勉強せよとはいいにくい。しかし、最低でも300時間は欲しい。1日2時間でも月60時間とすると5か月間は毎日勉強しないといけない。何回も不合格になるのは、合格点が60点とすると58、59点で61点にならないというジレンマを毎回やっていることだ。そこで、61点になる受験の仕方をしなくてはならない。

               それは、


              小さなケアレスミスをしないこと、

              確実に加点すること、

              時間の配分を効率よくすること


              だ。また、実際にリーガルマインドに馴染んでおく必要がある。法律という六法全書を手許において、常に条文を見ながら解いていくというやり方をする。


              答練を数多くし、過去問の傾向を5年分研究する。試験問題に対し、スムーズにペンが進むようにする。後は目の見えない所の本人の努力と気迫しかない!!  今年こそ明るい顔をと祈りながら、日夜ともに励んでいこう!!

               


                にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
              にほんブログ村 士業ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
              にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ

               


              calendar
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              << November 2019 >>
              PR
              リンク


              私のFacebookページです



              問い合わせ・申し込みはこちら





              にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
              にほんブログ村
              にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
              にほんブログ村

              行政書士 ブログランキングへ


              selected entries
              categories
              archives
              recent comment
              recommend
              links
              profile
              search this site.
              others
              mobile
              qrcode
              powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM