リハビリ切りの過酷な仕打ち 広島の医師と理学療法士の冷酷さは許されるか?? 介護難民の元

0

    JUGEMテーマ:行政書士

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      某、救急医療病院での

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      おこった医療の矛盾!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      地域連携とは名ばかりで

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      医療と介護の

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      あいだで・・・・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

         多くの患者が

     

     

     

     

     

     

     

      毎日リハビリをして

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      努力して頑張っているのを、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      冷めた目でリハビリを無視して

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      医は算術とばかりに

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      政府の厚労省の指示だから

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      という理由で

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      リハビリ切りを患者に

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      宣告している。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      医者がいる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      それも病院の理学療法士と

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      結託して、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      病院から患者を排除している

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      とんでもない女性理学療法士。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      半年前から

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      病院のリハビリ病棟の

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      エレヴェーターの前で

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      患者にさよならという言葉を

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      無造作に

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      投げかける女性理学療法士。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      自分の仕事は

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      患者のリハビリだろうが。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      誰から給料を貰ってるのか。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      わからないか?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      患者がくるからだろう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      患者の医療の診料報酬だろう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      とくにここは、救急病院であるから

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      なにも努力しなくても

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      患者は搬送されてくる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      リハビリ切りが

     

     

     

     

     

      悪いとはいってない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      ただ今日までの期間、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      どれだけの患者の時間とお金が

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      かかっていたかを

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      思うと結果にやるせない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      きちんとしたリハビリ計画を

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      立ててやっているわけでなく。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      行き当たりばったりで

     

      

     

     

     

     

     

     

     

     

      リハビリする人も

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      理学療養士も作業療法士も

     

     

     

      たらい回しでやる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      これじゃ治るのも治らない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      それで診察して

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      「状態に進展がないですね」

     

     

     

     

     

     

     

     

      と医者が判断する。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      どこをみているのか。

     

     

     

     

      こんな病院を告発せずして、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      多くの患者の犠牲者が増える。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      急性期が終わると

     

     

     

     

      さっさと転医したほうがいい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

       最終的には

     

     

     

     

     

       病院と

     

     

     

     

     

     

       担当医師(整形医)・

     

     

     

     

     

     

       理学療法士(副主任)を

     

     

     

     

     

     

       告訴することになる。 


    医療現場を訴える!! 60才を越える医師は危険なのか。働いているだけで患者にアドバイスができなくなるのは?

    0

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       「若いお医者さん」と

       

       

       

       

       

       「年配のお医者さん」

       

       

       

       

       

       

        にかかるのと

       

       

       

       

       

       

        どちらが安心か?

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        医療行為に

       

       

       

       

        定年はないからだ!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

           他の仕事なら

       

       

       

       

       

        とっくにリタイア

       

       

       

       

        しているような

       

       

       

       

       

        年齢でも、

       

       

       

       

       

       

        診療や手術をしている医師は

       

       

       

       

       

       

        たくさんいる。

       

       

       

       

       

        けど、本当に大丈夫なのか?

       

       

       

       

       

        不安に思う場合もある。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        タクシードライバーと

       

       

       

       

       

       

        同じこと。

       

       

       

       

       

       

        今高齢化で

       

       

       

       

       

       

       

        70歳ぐらいの人も

       

       

       

       

       

       

        ざらでドライバーを

       

       

       

        している。

       

       

       

       

       

       

       

       

        しかし、運転を見ていると

       

       

       

       

       

       

       

       

        無駄な会話・

       

       

       

       

       

       

       

        信号無視や

       

       

       

       

        黄色で進入・

       

       

       

       

       

       

       

       

        目的地を通り過ぎる場合など

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        高齢ゆえの行動が見られる。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        当の本人は、いつまでも

       

       

       

       

       

       

       

       

        働くことが、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        健康の為と称しているが、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        自分の健康増進のため、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        客を事故の危険に追いやる。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        70才で強制的に

       

       

       

       

       

       

        定年にするなどの

       

       

       

       

       

        就労禁止にする。

       

       

       

       

       

        国土交通省は、

       

       

       

       

        高齢化対策で早急に

       

       

       

       

       

        取り組まねばならない。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        話を元に戻すが

       

       

       

       

       

        医者も人間だから、歳をとる。

       

       

       

       

       

       

        年齢を重ねて、

       

       

       

       

        経験を積む分

       

       

       

       

       

        診断の力が的確になる

       

       

       

       

       

        という利点はある。

       

       

       

       

       

        体力・運動神経・

       

       

       

       

        瞬時の判断力などは

       

       

       

       

       

        年齢と共に低下する。

       

       

       

       

       

        悪い方に

       

       

       

       

        作用することもある。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        ハーバード大の研究では

       

       

       

       

       

       

        40歳にならない若い主治医と

       

       

       

       

        60歳以上の主治医とでは

       

       

       

       

       

        患者を担当すると

       

       

       

       

       

        1か月以内に

       

       

       

       

       

        死亡する危険性の違いが

       

       

       

         でてくるのが高い。

       

       

       

       

       

        というショッキングな

       

       

       

       

       

        指摘がされている。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        たくさんの患者を診ている医者は

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        年齢による違いはみられない。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       単に年齢が上ということでなく

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       医者の経験や診察の内容により

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        違いは変わる。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        概して、

       

       

       

       

       

       

       

       

        個人病院の歳をとった医師

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        あまりはやらない病院

       

       

       

       

       

       

       

       

        医療設備が古いか

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        ない病院は、

       

       

       

       

       

       

       

        避けるべきである。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        過去にも

       

       

       

       

       

        癌を見落として

       

       

       

        風邪だと診察した

       

       

       

       

        個人病院。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        肺炎を見落として

       

       

       

       

        6時間後に死亡させた

       

       

       

       

        某病院の医師。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        薬の投薬を過信して

       

       

       

       

        定期検査を

       

       

       

       

       

        怠った医師。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        数えると枚挙にきりがない。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        すべて、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        広島市内の個人病院であり

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        医師である。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        これらの医師の

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        免許はく奪までしないと

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        犠牲者が医療という名のもとに

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        増えていく。

       

       

       

       

       

        生命の危険があるから

       

       

       

        医師は給料が高いのだ。

       

       

       

       

        苦労して医者になった

       

       

       

        ランニングコストではない。

       

       

       

       

        命の責任手当である。


      医療現場を訴える!その3 患者の自己決定権の侵害や説明義務(インフォームドコンセント)違反

      0

        JUGEMテーマ:病気

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          医療訴訟の

         

         

         

         

         

         

         

         

         促進化の為には、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         医療者側の

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         協力を要請すること!!

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

            平成10年1月1日施行の

         

         

         

         

         

         

          新民事訴訟法がある。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          相手側に、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          手持ちの証拠を

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          強制的に

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          提出させるという、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          文書提出命令の

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          範囲を拡大してる。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          医療者側としては

         

         

         

         

         

         

          訴訟の相手側に

         

         

         

         

         

         

          診療経過や

         

         

         

         

         

         

          検査結果、

         

         

         

         

         

          カルテや

         

         

         

         

         

         

          x線フィルム等の

         

         

         

         

         

         

          証拠資料を

         

         

         

         

         

         

          できるだけ

         

         

         

         

         

          早く提供して

         

         

         

         

         

         

          訴訟の促進に

         

         

         

         

         

          協力すべきである。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          最近は、

         

         

         

         

         

          患者の自己決定権の侵害や

         

         

         

         

         

         

          説明義務

         

         

         

         

         (インフォームドコンセント)違反

         

         

         

         

         

         

          期待権の侵害等を

         

         

         

         

         

         

         

          理由とする訴訟が増え、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          裁判所も

         

         

         

         

         

         

          患者の人格権を

         

         

         

         

         

         

         

          尊重する立場等から、

         

         

         

         

         

         

          これを認めて

         

         

         

         

         

         

           慰謝料を

         

         

         

         

         

         

           認める

         

         

         

         

         

          ケースが増えている。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          患者の病気自体は

         

         

         

         

         

         

          治っても、

         

         

         

         

         

          その治療行為について

         

         

         

         

         

          説明がなかったとか、

         

         

         

         

         

          説明が不十分であったとか、

         

         

         

         

         

          あるいは同意してないのに

         

         

         

         

         

         

          その治療行為を

         

         

         

         

         

         

          されたなどと

         

         

         

         

         

          訴えられるわけです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          医療事故のポイントは

         

         

         

         

         

         

          医療訴訟、

         

         

         

         

         

          なかんずく民事裁判は

         

         

         

         

         

         

          損害賠償請求訴訟です。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

           要するに

         

         

         

         

         

         

           医療事故を

         

         

         

         

         

          

           引き起こした医師や

         

         

         

         

          看護婦等が憎いから

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          懲らしめるために


         

         

         訴えるということです。

         

         

         

         

         

         

         

         

          アメリカではこの傾向が

         

         

         

         

         

          顕著である。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          特に

         

         

         

         

         

          患者との信頼関係を維持・構築して

         

         

         

         

         

         

          行くうえで

         

         

         

         

         

          インフォームドコンセントは

         

         

         

         

         

          重要です。


        医療現場を訴える!! 医療トラブルの防止・支援の為、社団法人設立・6月より業務開始!!

        0

          JUGEMテーマ:病気

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           社団法人医事訴訟センター

           

           

           

          (仮称)設立

           

           

           

           

           

           6月より

           

           

           

           

           

           

            業務開始!!

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            医師の責任に関して

           

           

           

           

            診療過誤及び

           

           

           

           

            医事訴訟について

           

           

           

           

            損害賠償そのものが

           

           

           

           

           

            社会に発生する損害の

           

           

           

           

           

            公平な分担を目的とします。

           

           

           

           

           

            医事訴訟の特殊性から

           

           

           

            

            実体、手続的に

           

           

           

           

           

            どのような関連で

           

           

           

           

           

            行われ、

           

           

           

           

           

            解決が

           

           

           

           

           

            どの方向で

           

           

           

           

           

            図られるべきかについて

           

           

           

           

           

            業務を運営していきます。

           

           

           

           

           

            患者と医師の利益が

           

           

           

           

            対立するため

           

           

           

           

           

            診療ないしその説明を

           

           

           

           

           

            巡って双方の調整が

           

           

           

           

           

            大切となります。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            医事訴訟の特殊性

           

           

           

           

           

            患者は、処置をして

           

           

           

           

            病気を

           

           

           

           

            治してほしいという

           

           

           

           

           

            希望に従い、

           

           

           

           

           

            医師や医療機関との間で

           

           

           

           

           

            治療を行うことを

           

           

           

           

           

            目的とした

           

           

           

           

           

            医療契約を

           

           

           

           

           

            結びます。

           

           

           

           

           

            そして医師は

           

           

           

           

           

            患者の疾患について

           

           

           

           

           

            診療当時の

           

           

           

           

           

            医療が到達している

           

           

           

           

           

            医療水準にしたがい、

           

           

           

           

           

            最善の診断と治療を

           

           

           

           

           

            目指します。

           

           

           

           

           

            しかしながら、

           

           

           

           

           

            診療の過程で

           

           

           

           

            悪い結果が発生することは

           

           

           

           

           

            避けられません。

           

           

           

           

           

            そのようなときに

           

           

           

           

            患者・遺族から

           

           

           

           

            医師や医療機関に対して

           

           

           

           

           

            過失の

           

           

           

           

           

            損害の

           

           

           

           

           

            賠償を求める訴訟を

           

           

           

           

            します。

           

           

           

           

            医療過誤訴訟です。

           

           

           

           

           

            患者の

           

           

           

           

           

            賠償請求を考えたとき

           

           

           

           

           

            患者の利益と

           

           

           

           

           

            医師の利益の

           

           

           

           

           

            調整が

           

           

           

           

           

            求められます。

           

           

           

           

           

           

            事実や知識について

           

           

           

           

           

            優位に立つ

           

           

           

           

           

           

            医療側と

           

           

           

           

           

           

            立証の面で

           

           

           

           

           

           

            弱い立場にある

           

           

           

           

            患者側との間で

           

           

           

           

           

            どのような均衡を図るかです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           社団法人の業務は

           

           

           

           

           

           そのような

           

           

           

           

           

           社会的な時代の要請に

           

           

           

           

           伴い、

           

           

           

           

            またこれらの目的に沿い

           

           

           

           

            運営されます。

           


          医療現場を訴える その1 人違い中絶事件ー同姓同名の患者が医療ミスで出産の女性を中絶!!

          0

            JUGEMテーマ:病気

             

             

             

             

             

             

             

             

              人違い中絶事件!!!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            当時妊娠4か月の主婦。

             

             

             

             

             

             

             

            病院に

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            定期健診に行ったところ

             

             

             

             

             

             

             

             

            同姓同名の女性と

             

             

             

             

             

             

             

             

            間違われて、

             

             

             

             

             

             

             

             

            妊娠中絶手術を

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            されてしまうという

             

             

             

             

             

             

             

             

            事件!!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            自分の姓を

             

             

             

            呼ばれたので

             

             

             

            自分の番が来たと思い

             

             

             

            主婦は

             

             

             

            返事をして

             

             

             

            診察室に入った。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            看護婦は、

             

             

             

            妊娠中絶をする予定の

             

             

             

            女性を呼んだのだが、

             

             

             

            彼女は運悪く

             

             

             

            トイレに行って

             

             

             

            待合室に

             

             

             

            いなかった。

             

             

             

             

             

             

             

             

            そこにいたのは

             

             

             

             

             

             

            同姓の被害にあった主婦だ。

             

             

             

             

             

             

             

             

            診察台に上ると、

             

             

             

             

             

             

             

            看護婦は

             

             

             

             

             

             

             

            姓を確かめただけ。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            診察台の上には、

             

             

             

             

             

             

             

             

            小さな

             

             

             

             

             

             

             

             

            カーテンがかかり

             

             

             

             

             

             

             

             

            患者と医師は診察中。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            顔を合わせない。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            担当の医師は、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            看護婦に

             

             

             

             

             

             

             

             

            言われるまま。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            自分では

             

             

             

             

             

             

             

             

            本人か

             

             

             

             

             

             

             

             

            確認もせず

             

             

             

             

             

             

             

             

            顔も見ず

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            言葉も交わさず

             

             

             

             

             

             

             

             

            機械的に処置をする。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            主婦は、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            途中で

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            おかしいことにきずいて、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            やめてーと叫んだが、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            看護婦に

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            取り押さえられ

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            そのまま

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            中絶手術をされてしまった。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            その後、

             

             

             

             

             

             

            病院は

             

             

             

             

             

             

            主婦に

             

             

             

             

             

             

            流産だったことにしてくれと

             

             

             

             

             

             

            事故を隠そうとした。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            主婦はこれを

             

             

             

             

             

             

            拒否し

             

             

             

             

             

             

            新聞におおきく報道された。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            結局、担当医師は

             

             

             

             

             

             

             

            病院を辞めさせられた。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            もし流産で済ませることに

             

             

             

             

             

             

             

            同意してたら

             

             

             

             

             

             

             

            医師は

             

             

             

             

             

             

             

             

            口頭注意だけで

             

             

             

             

             

             

             

            診察を続けていただろう。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            この事件は

             

             

             

             

             

             

             

            初歩的な

             

             

             

             

             

             

             

            医療以前のミスとして

             

             

             

             

             

             

            多くの医師から批判された。

             

             

             

             

             

             

             

             

            だが、ここには

             

             

             

             

             

             

             

            臨床治療の問題を

             

             

             

             

             

             

            多く含んでいる。

             

             

             

             

             

             

             ^綮佞抜擬圓隆愀犬希薄で

             

             

             

             

              一方通行であること。

             

             

             

             

             

             

            ◆^綮佞楼貎佑隆擬圓

             

             

             

             

              人間として見ずに

             

             

             

             

             

              身体や局部だけを

             

             

             

              見ていること。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             医師が

             

             

             

             

              患者と顔と顔突き合わせて

             

             

             

             

              話す時間が

             

             

             

             

             

              ないこと。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            ぁ^綮佞盍埜酩悗

             

             

             

             

              忙しすぎる。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            ァ〇塞愎猷覆凌濃‖罎

             

             

             

             

             

             

              医師と患者の間に

             

             

             

             

             

              カーテンをおろす

             

             

             

             

             

              不自然なスタイルを

             

             

             

             

             

             

             

              いまだにとっていること。

             

             

             

             

             

             

             

             

              患者は診察台の上で

             

             

             

             

             

             

             

              下半身むきだしのまま

             

             

             

             

             

             

             

              診察を待つという。

             

             

             

             

             

             

             

              牛や馬の病院を連想すると

             

             

             

             

             

             

             

              外国では不評。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              患者の多い大病院では、

             

             

             

             

             

              医師は流れ作業のように

             

             

             

             

             

              患者を処置していく。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              人違いが起こっても

             

             

             

             

             

             

             

              おかしくないという

             

             

             

             

             

             

             

             

              医療体制の問題に

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              行き着く。

             


            介護難民  その2  病院や医師に対して患者の人権宣言が必要!! 権利宣言案のチエックをしよう。

            0

              JUGEMテーマ:介護

               

               

               

               

               すべての人は、

               

               

               

               

               

               

               

                その人格を尊重され、

               

               

               

               

               

               

               

               

               健康に生きる権利を

               

               

               

               

               

               

               

                有している。!!!

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                   健康を回復・

               

               

               

               

               

               

               

                維持または増進するため、

               

               

               

               

               

               

               

                医療従事者の

               

               

               

               

               

               

                助言・協力を得て、

               

               

               

               

               

               

                自らの意思と選択の

               

               

               

               

               

               

                もとに

               

               

               

               

               

               

                最善の医療を

               

               

               

               

               

                受けることは、

               

               

               

               

               

               

                人としての

               

               

               

               

               

               

                基本的権利である。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                しかし、

               

               

               

               

               

               

                医療現場では

               

               

               

               

               

               

               

               しばしば、

               

               

               

               

               

               

               

               患者は、

               

               

               

               

               

               

               

                適切にその内容を

               

               

               

               

               

               

               

                知らされないまま

               

               

               

               

               

               

               

               

                診療や治療を

               

               

               

               

               

               

               

                受けているなど

               

               

               

               

               

               

                医療行為の単なる対象物として

               

               

               

               

               

               

               

                扱われ、

               

               

               

               

                その人間性は十分には

               

               

               

               

               

               

               

                尊重されていない。


              介護難民 その2 医療訴訟は諦めたい、その理由は何故?? 裁判をやっても徒労に終わるのでは!!

              0

                JUGEMテーマ:病気

                 

                 

                  医療訴訟は

                 

                 

                 

                 

                  病院側が結局、

                 

                 

                 

                 

                 

                  勝ってしまう。!!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   口から出まかせの言い訳を

                 

                 

                 

                 

                 

                  裁判所が

                 

                 

                 

                 

                  真に受けてしまうこの現実

                 

                 

                 

                 

                  真実を見極めようという

                 

                 

                 

                 

                  意思も力もない者が、

                 

                 

                 

                 

                  司法権を握る。

                 

                 

                 

                 

                  裁判所は

                 

                 

                 

                 

                  当事者にとって

                 

                 

                 

                 

                  人生を賭けた訴訟を

                 

                 

                 

                 

                  きちんと

                 

                 

                 

                 

                  受けとめなければならない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  法律実務家や医師。

                 

                 

                 

                 

                  こうした職業に

                 

                 

                 

                 

                 

                  つくものは

                 

                 

                 

                 

                  その仕事をとおして、

                 

                 

                 

                 

                 

                  好むと好まざるとに

                 

                 

                 

                 

                 

                  かかわらず、

                 

                 

                 

                 

                 

                  いつでも他人の人生と

                 

                 

                 

                 

                 

                  深いかかわりをもち、

                 

                 

                 

                 

                 

                  他人の人生に

                 

                 

                 

                 

                 

                  大きな、ときには決定的な

                 

                 

                 

                 

                 

                  影響を及ぼしている。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  サラリーマン感覚で仕事を

                 

                 

                 

                 

                 

                  することは

                 

                 

                 

                 

                  許されない。

                 

                 

                 

                 

                  サラリーマンが

                 

                 

                 

                  どうのこうのというわけでない。

                 

                 

                 

                 

                 

                  自分の頭で

                 

                 

                 

                  考え抜かない仕事であり

                 

                 

                 

                 

                  型どうり仕事を

                 

                 

                 

                  処理すれば

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  それでよしとする

                 

                 

                 

                 

                  仕事ぶりであり、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  上の意向や強者の意向に

                 

                 

                 

                 

                 

                  逆らうまいとする

                 

                 

                 

                 

                 

                  仕事である。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  それをサラリーマン

                 

                 

                 

                 

                 

                  感覚の仕事という。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  医療過誤も、

                 

                 

                 

                 

                  医療の荒廃も、

                 

                 

                 

                 

                 

                  シロをクロと言いくるめる

                 

                 

                 

                 

                 

                  おかしな

                 

                 

                 

                 

                 

                  判決も

                 

                 

                 

                 

                  患者や障害者が

                 

                 

                 

                 

                 

                  悲しい毎日を

                 

                 

                 

                 

                 

                  すごさなければ

                 

                 

                 

                 

                 

                  ならないのも、

                 

                 

                 

                 

                  こうした

                 

                 

                 

                 

                  医療に関わる者の人間性と

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  医療現場の人間関係が

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  欠けていることに

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  原因がある。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  患者の権利が

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  医療のすみずみまで

                 

                 

                 

                 

                 

                  定着していくのに

                 

                 

                 

                 

                 

                  長い年月と、多くの人の

                 

                 

                 

                 

                 

                  地道な努力が

                 

                 

                 

                 

                 

                  必要になる!!

                 

                 


                介護難民 その1 リハビリ治療に日数制限!!診療医療改定で患者は大混乱 リハビリ打ち切り!!

                0

                  JUGEMテーマ:介護

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     リハビリテーション医療に

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     日数制限をつける

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                         診療報酬改定で

                   

                   

                   

                   

                    現場も患者も大混乱!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    リハビリ難民になりそう。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                      今日リハビリに

                   

                   

                   

                   

                     行っている病院で

                   

                   

                   

                   

                     医者から、

                   

                   

                   

                   

                     国の改定で

                   

                   

                   

                   

                     あなたは治る見込みがないから

                   

                   

                   

                   

                     リハビリを打ち切ります。

                   

                   

                   

                     今の状態をぼちぼちとか

                   

                   

                   

                     相変わらずとかいってますから、

                   

                   

                   

                     リハビリ治療は効果が

                   

                   

                   

                     明らかでないでないので。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     冗談じゃない!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     効果がないと誰がいった!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     声が聞き取りにくくなったり

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     歩行が困難になり、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     松葉杖をしても

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     ふらつきそうになるのに。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     理学療法士や

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     作業療法士は規定の

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     単位の消化のみで

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     明け暮れ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     治療の先生も

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     日替わりメニュー。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     だれが私自身のことを

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     心配してくれてるのか。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     担当の先生にいたっては、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     もうこなくていいとか、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     卒業しましたと

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     別れ際に

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     そんな仕事柄言うべきでない

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     私に悪態をつき、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     患者のこころを

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     逆なでするような

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     無神経な人間!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     あんたに俺の

                   

                   

                   

                   

                     苦しみなんかわかるか!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     そんな人たちだから

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     どうですか身体の具合は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     と聞かれたら、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     ええーぼちぼちと

                   

                   

                   

                     答えるだけ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     それを変わってないというのは

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     どこ見ていってるのか!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     まったく。頭にくる!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     だから病院としては

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     あなたは

                   

                   

                   

                   

                     どうしたらいい

                   

                   

                   

                     のアドバイスが全くない。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     ただ国の関係でリハビリを

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     打ち切ります。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     だけ

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     しかもいきなりだ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     診察中、金を取ってるだろう、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     ボランティア活動じゃない。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    あの

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     トランプ大統領令だって

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     司法は、国の決定を無効とした。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    いざとなれば

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    国の改定を

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    憲法違反として、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    国と病院と

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    担当医師・理学療法士を

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    提訴する。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    だけど

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    本当生きていても

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    いいことない。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    自殺でもすれば、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    国は反省するだろう。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    でも誰かが反旗を掲げないと

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    何もかも国のせいにし、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    自分たちの

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    職業モラルは無くなる!!


                    ありえない医療ミス。医者の適性の問題!! 医療連携はデタラメ。!!

                  0

                    JUGEMテーマ:生活情報

                     

                     

                       10年前の医療ミス

                     

                     

                     

                        ベールに包まれる。


                     

                     

                      隠された医師の医療ミス!!

                     

                     

                     

                     

                     医療との連携の嘘

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       母が死んだ。

                     

                     

                     

                     

                     

                      とある病院で!!

                     

                     

                     

                     

                     

                      死因は 肺炎!!

                     

                     

                     

                     

                     

                      昨今のように

                     

                     

                     

                     

                      寒い季節だった。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      当時、母は

                     

                     

                      ある老人保健施設

                     

                     

                     

                     

                     

                      入居していた。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      1カ月の定期入院ということで

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      私もその意味がわからずに

                     

                     

                     

                     

                     

                      その施設と提携している

                     

                     

                     

                     

                      ある病院にいかされた。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      今日が1か月の退院日。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      朝、病院に行き、退院準備をした。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      そのとき、母は咳気味で、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      担当医師に面会し、

                     

                     

                     

                     

                     

                      風邪気味であり

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      今日の退院は

                     

                     

                     

                      無理ではないかと

                     

                     

                     

                     

                     

                      申し立てたら、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      医者は大丈夫ですよ。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      今日が予定日なので

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      昼には施設に帰ってもらいますよ。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      と聞く耳を持とうとしなかった。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      夕方病院から電話があり、

                     

                     

                     

                     

                     

                      母が危篤と。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      すぐ駆け付けると、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      あの担当医師が

                     

                     

                     

                     

                     

                      人工呼吸をしていた。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      肺炎を起こしていると、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      コンピューターの画面を指し示した。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      確かに、肺と思られるところが

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      真っ白になっている。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      わずかの人工呼吸をし、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      個室のベットで、

                     

                     

                     

                     

                     

                      なぜそこなのか?

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      なぜ医師ひとりなのか?

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      不審に感じつつも

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      見守っていた。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      30分ぐらいで

                     

                     

                     

                     

                      医者が手を止め

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      ご臨終ですという。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      あまりのあっけなさに呆然とした。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      追い立てられるように

                     

                     

                      病院を

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      後にして、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      母の遺体と共に

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      車に乗り、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      近くの

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      玉泉院に遺体を安置し

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      母と二人きりの通夜をした。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      そのとき、はじめて涙が出た。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      あの医者は許せない!!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      白々しくも

                     

                     

                     

                     

                     

                      病院の玄関で

                     

                     

                     

                      頭を下げる

                     

                     

                     

                     

                     

                      医者と看護師2名の

                     

                     

                     

                     

                     

                      姿が頭から離れない。

                     

                     

                     

                     

                     

                      あれから、10年

                     

                     

                     

                     

                     

                      殺人罪の時効は15年

                     

                     

                     

                     

                     

                      医療ミスとして

                     

                     

                     

                     

                      提訴して

                     

                     

                     

                     

                     

                      誰が・何処にその原因が

                     

                     

                     

                     

                      あるのか突き止めたい

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      一度は思いとどまったが

                     

                     

                     

                     

                     

                         訴えても、母の

                     

                     

                     

                     

                      供養にならないと。しかし、

                     

                     

                      このままでいいのか!!


                    10年後の真実  初めて明かす交通事故の真実・・・・これ、犯罪なの?

                    0

                      JUGEMテーマ:怒ったこと

                       

                       

                       

                        10年前のある日

                       

                        事件は起こりました!!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                            今まで封印してたけど

                       

                       

                       

                         やはり事実はふせたくない。

                       

                       

                       

                         当事者として、遺族として

                       

                       

                         犯人は 、許せない。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        横川駅の派出所の

                       

                       

                       

                        前で

                       

                       

                       

                        交通事故は起こりました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        被害者は私の義父

                       

                       

                       

                       

                       

                        加害者は商工センター方面に

                       

                       

                       

                       

                       

                        向かって帰社しようとした

                       

                       

                       

                       

                       

                        サラリーマン。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        派出所前の

                       

                       

                       

                       

                       

                        横断歩道を

                       

                       

                       

                       

                       

                        自転車で渡ろうとしたところ、

                       

                       

                       

                       

                       

                        白島方面から来た

                       

                       

                       

                       

                        1台の乗用車にはねられ、

                       

                       

                       

                       

                        義父は救急搬送されました。

                       

                       

                       

                       

                        1週間後亡くなりました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        加害者は

                       

                       

                       

                       

                        信号は青だから車で進み、

                       

                       

                       

                       

                       

                        被害者は赤信号を自転車に乗って

                       

                       

                       

                       

                        渡ろうとした。

                       

                       

                       

                       

                        と主張します。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        夕方なのに、 目撃者はいません。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        それから私たちの

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        長い戦いが始まりました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        現場のステ看板設置

                       

                       

                       

                       

                       

                        事件の目撃者を探しました。

                       

                       

                       

                       

                       

                        ビラも撒きました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        事件から半年、目撃情報もなく

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        諦めかけた矢先

                       

                       

                       

                       

                       

                        1本の電話がありました。

                       

                       

                       

                       

                       

                        目撃者からです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        早速、弁護士を同行させ、

                       

                       

                       

                       

                        その人の自宅にお伺いしました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        彼女は

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        女子高校生でした。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        近くの西区民図書館に

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        いった帰りで、

                       

                       

                       

                       

                       

                        JRで帰るため横川駅に

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        向かっていました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        なんと彼女は

                       

                       

                       

                       

                        信号待ちしてた義父の

                       

                       

                       

                       

                        後ろにいました。

                       

                       

                       

                       

                        そして青信号になり、

                       

                       

                       

                       

                        渡ったところを

                       

                       

                       

                       

                        車に轢かれたと言いました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        裁判で逆転勝ちし

                       

                       

                       

                        

                        加害者は有罪になりました。

                       

                       

                       

                       

                       

                        でも義父は帰って来ません。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        交通事故の非情さを

                       

                       

                       

                       

                       

                        知りました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        あの時、目撃者が現れなく

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        私たちも

                       

                       

                       

                       

                       

                        義父の行動を信じて

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        目撃者探しをしなかったら

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        加害者の言うとうり

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        義父は悪者になり

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        死人に口なしで

                       

                       

                       

                        済まされていたのです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        そのとき、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        何事も諦めず

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        訴えることの大事さを

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        知りました。


                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      PR
                      リンク


                      私のFacebookページです



                      問い合わせ・申し込みはこちら





                      にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村

                      行政書士 ブログランキングへ


                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM