がんと仕事の両立は‼! 生きざまから学ぶ点を麻央さんのブログから知る!!

0

    JUGEMテーマ:病気

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

        乳がんでなくなった

     

     

     

     

      小林麻央さん

     

     

     

     

      享年34歳

     

     

     

     

     

      から

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      教えてもらったブログから

     

     

     

     

     

     

      昨年9月4日

     

     

     

     

     

     

      「あのとき、

     

     

     

     

      もうひとつ病院に

     

     

     

     

     

      行けばよかった。

     

     

     

     

     

      あのとき、

     

     

     

     

      信じなければよかった」

     

     

     

     

     

      と

     

     

     

     

     

     

      誤診を示唆していること。

     

     

     

     

     

     

     

     2014年2月に

     

     

     

     

     

     

      人間ドックで

     

     

     

     

     

     

      左乳房の腫瘤が発覚!

     

     

     

     

     

     

      医師に

     

     

     

     

     

     

      授乳中のしこりで

     

     

     

     

     

     

      心配ないといわれ、

     

     

     

     

     

     

      乳がんの診断を受けたのは

     

     

     

     

     

     

      8か月後、

     

     

     

     

     

     

     

     そのときすでに

     

     

     

     

     

     

      脇のリンパ節にも

     

     

     

     

     

     

     

      転移

     

     

     

     

     

     

       がんは亡くなるまでかなり

     

     

     

     

     

     

      元気に暮らすこともできる

     

     

     

     

     

     

     

      が、そのためには、

     

     

     

     

     

     

     

      最初が肝心。

     

     

     

     

     

     

     

      乳がんも

     

     

     

     

     

      見落としの

     

     

     

     

     

      リスクがある。

     

     

     

     

     

     

     

     

      マンモグラフィー検査だけでなく

     

     

     

     

     

      超音波検査をプラスした方がよい

     

     

     

     

     

     

      セカンドオピニオンを

     

     

     

     

     

      求めるのなら

     

     

     

     

     

     

      同じ診療科の

     

     

     

     

     

      別の病院では無意味。

     

     

     

     

     

     

      放射線科を受診すること。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      もう一つの問題。

     

     

     

     

     

     

      介護の問題。

     

     

     

     

     

     

     

     

      一般に健康寿命は

     

     

     

     

     

     

     

      70才で

     

     

     

     

     

     

     

      残り10年は

     

     

     

     

     

     

     

      介護が必要とされる。

     

     

     

     

     

     

     

      亡くなる直前まで

     

     

     

     

     

     

     

      仕事ができるがんなら

     

     

     

     

     

     

     

      介護生活は

     

     

     

     

     

     

     

      ごくわずか。

     

     

     

     

     

     

     

     

     自宅でのみとりができるが、

     

     

     

     

     

      末期がんの治療は

     

     

     

     

     

     

     

      痛みを取り除く

     

     

     

     

     

     

     

      緩和ケアが中心。

     

     

     

     

     

     

     

     

     オピライドや点滴・薬など

     

     

     

     

     

     

     

      在宅や病院とかわらない

     

     

     

     

     

     

     

      ケアが可能。

     

     

     

     

     

     

     

      苦しみながら

     

     

     

     

     

     

     

      最期を

     

     

     

     

     

     

     

      迎えるという

     

     

     

     

     

     

     

      ことはない。

     

     

     

     

     

     

     

      適切な緩和ケアを

     

     

     

     

     

      受けていれば

     

     

     

     

     

     

     

      家族とかけがえのない

     

     

     

     

     

     

      時間を過ごせる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      中川恵一東大医学部

     

     

     

     

      付属病院教授の記事を

     

     

     

     

      もとにまとめています。

     

     

     

     

     

      身近な医師の相談をして下さい。

     

     

     

     

     

      私は数十年前に

     

     

      近所の個人病院の

     

     

     

      風邪という誤診で

     

     

      実はリンパ腫という

     

     

     

      悪性のがんで

     

     

     

      父を亡くしてます。

     

     

     

     そのときの悔しい気持ちを

     

     

     

      その医者をいまだに恨んでいます。

     

     

     

      その時の思いを胸に

     

     

     

      がんとの闘いを

     

     

     

     

     

      終生していきます。

     

     

     

     

     

     


    がんと仕事の両立 その3 どこまで治療するかは本人次第・お金や気持ちの上でいきがいも大事!!

    0

      JUGEMテーマ:病気

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

         仕事の継続を望む

       

       

       

       

       

       

       

       

        8割の人がそう思う!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

         男性は3人に2人

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        女性は2人に1人が

       

       

       

       

       

       

       

       

        がんになる。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        毎年およそ100万人の

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        新規患者のうち

       

       

       

       

       

       

       

       

        大体、30万人は

       

       

       

       

       

       

       

        15才から64才の

       

       

       

       

       

       

       

       

        生産年齢で発症。

       

       

       

       

       

       

       

       

        生産年齢なんて

       

       

       

       

       

       

       

       

        いやな言葉だね!!

       

       

       

       

       

       

       

       

        働き盛りで

       

       

       

       

       

       

       

        8割は

       

       

       

       

       

       

       

        仕事の継続を望む。

       

       

       

       

       

       

       

        目先の治療に金がかかる。

       

       

       

       

       

       

       

       

        生活費もいる。

       

       

       

       

       

       

       

       

        誰だって

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        そう思う!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        そこで悩む。

       

       

       

       

       

       

       

        治療と仕事との両立。

       

       

       

       

       

       

       

        一般に

       

       

       

        早期がんは95%と

       

       

       

       

       

       

       

       

        治ると言われる。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        問題はがんが、

       

       

       

       

       

       

       

       

        進行した場合。

       

       

       

       

       

       

       

        肺がんは

       

       

       

       

        診断時で進行している場合が、

       

       

       

       

       

       

       

       

        7割

       

       

       

       

       

       

       

        がん検診の

       

       

       

        受診率が3割から4割と

       

       

       

       

       

       

        低いこともあり、

       

       

       

       

       

        進行がんで見つかる人が

       

       

       

       

       

       

        少なくない。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

         仕事や生きがいを

       

       

       

       

        優先する生き方を

       

       

       

        選ぶなら、

       

       

       

       

        無理な治療はしない。

       

       

       

       

       

         という選択肢もある。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        無理な治療とは

       

       

       

       

       

       

       

       

       

         身体への負担が重い治療のこと。

       

       

       

       

       

       

       

       

        手術や抗がん剤。

       

       

       

       

       

       

       

       

        治療により得る

       

       

       

       

       

       

       

        メリット・デメリットを

       

       

       

       

       

       

       

       

        比較して

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        仕事や生きがいを

       

       

       

       

       

       

       

        阻害すると

       

       

       

       

       

       

        思うのなら

       

       

       

       

       

       

        無理な治療はしない。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        抗がん剤は、

       

       

       

       

       

       

        船酔いに42度の熱が

       

       

       

       

       

       

       

        一度に

       

       

       

       

       

       

       

       

        来た感じ。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        食べれない

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        眠れないのが

       

       

       

       

       

       

       

       

        苦しい!つらい!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        頬はやせこけ、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        声はかすれ、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        元気な頃とは、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        別人の

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        姿に。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        無理な治療を

       

       

       

       

       

       

       

        避けながら、

       

       

       

       

       

       

       

        最低限

       

       

       

       

       

       

       

       

        痛みを取る

       

       

       

       

       

       

        緩和ケアを

       

       

       

       

       

       

       

        うければ

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        愛川欽也(享年80才)さんの

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        ような

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        最後を迎えられる。・・・合掌。


      がんと仕事の両立!その2 支援制度あっても理解されない・ハードルが高いのをどうするか!!!!

      0

        JUGEMテーマ:病気

         

         

         

         

         

         

         

         

          がんと闘いながら

         

         

         

         

          仕事を続けることは

         

         

         

         

          簡単なコトではない!!

         

         

          

         

         

         

         

         

         

         

           医者にがんだと

         

         

         

         

             告げられただけで

         

         

         

         

         

         

         

         

           働けなくなる人もいる。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         「がん治療と仕事の

         

         

         

         

         

         

         

          両立に

         

         

         

         

         

         

         

          関する調査報告」

         

         

         

         

         

         

         

          によると、

         

         

         

         

         

         

         

         

          14%は

         

         

         

         

         

         

         

         

          罹患時の会社を辞めている。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          治療をしながら

         

         

         

         

         

         

         

         

          仕事を

         

         

         

         

         

         

         

          続けられる人でも、

         

         

         

         

         

         

          がんの告知を

         

         

         

         

         

         

          受けたショックで

         

         

         

         

         

          仕事を辞める

         

         

         

         

         

          決断をしてしまうことが

         

         

         

         

         

         

         

         

          すくなくない。

         

         

         

         

         

         

         

         

          病状によれば

         

         

         

         

         

         

         

         

          体力面から就労が困難

         

         

         

         

         

         

          24.8%

         

         

         

         

         

         

         

          治療・療養に専念する  

         

         

         

          8.8%

         

         

         

         

         

          上司・同僚の理解・協力が少ない 

         

         

         

         

         

          10,9%

         

         

         

         

         

          職場から勧められたため 

         

         

         

          8.8%

         

         

         

         

         

         

         

          という理由がある。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          早期がんは

         

         

         

         

         

          95%治る。

         

         

         

         

         

         

          問題なのは

         

         

         

         

         

         

          進行がんが

         

         

         

         

         

         

          見つかった場合です。

         

         

         

         

         

         

          就業規則で

         

          時短や有休を

         

          活用できるか、

         

         

         

         

         

         

         

         

          中小企業では、

         

         

         

         

         

         

         

         

          上司や社長の無理解で

         

         

         

         

         

          活用できない。

         

         

         

         

          そんな場合でも

         

         

         

         

         

         

         

         相談支援室などに行っても

         

         

         

         

         

         

         

         結果、行き場を失うことが多い。

         

         

         

         

         

         

         

         

         会社を辞めずに

         

         

         

         

         

         

         

          済んだとしても

         

         

         

         

         

         

          不利益を

         

         

         

         

         

          強いられる。

         

         

         

         

         

          働く時間や日数が

         

         

         

         

         

          少なくなるのは

         

         

         

         

         

          やむをえない。

         

         

         

         

         

          フルで

         

         

         

         

         

          働けない人を

         

         

         

         

         

          適切に

         

         

         

         

         

          受け入れる職場は少ない。

         

         

         

         

         

          現実に

         

         

         

         

         

         

          お金がない。

         

         

         

         

         

          貯金は無く

         

         

         

         

         

          医療保険に入っておらず

         

         

         

         

          兄弟もいなく

         

         

         

         

         

          母は高齢。

         

         

         

         

         

          サラ金で借りて

         

         

         

         

          治療費を払うしかない。

         

         

         

         

         

          仕事をしないと

         

         

         

         

         

          治療費は

         

         

         

         

         

          払えない。

         

         

         

         

         

         

          通院で8時に

         

         

         

         

          受付・治療をし、

         

         

         

         

         

         

          11時に会社に滑り込む毎日。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          働かなくていいなんて

         

         

         

         

         

         

         

          言える人は

         

         

         

         

         

         

          この苦しみを

         

         

         

         

         

         

         

          知っているのか?


        がんと仕事の厳しい両立!!  がん患者は30%が依頼退職・4%が解雇に追い込まれる!!!

        0

          JUGEMテーマ:病気

           

           

           

           

           

           

           

             自民党大西議員は

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            自民党厚労部会で

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            「働かなくていい」

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            と言い放った。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

               大西議員は自民党の

           

           

           

           

           

           

            東京都連副会長の

           

           

           

            

            要職にある。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            男性は

           

           

           

           

            3人に2人、

           

           

           

           

           

           

            女性は

           

           

           

           

            2人に1人が、

           

           

           

           

            がんになる時代。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            多くのサラリーマンは

           

           

           

           

            働かないわけには

           

           

           

           

           

            いかない。

           

           

           

           

           

            家族のために

           

           

           

           

           

            働き続けざるを

           

           

           

           

           

           

            えないのだ。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            がん患者は

           

           

           

           

           

            働く場所を

           

           

           

           

           

            選べないのが

           

           

           

           

           

            現実!

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            厚労省研究班の調査では

           

           

           

           

           

            がんになると

           

           

           

           

           

            サラリーマンは

           

           

           

           

            30%が依頼退職し、

           

           

           

           

            4%が解雇されている。

           

           

           

           

           

            自営業者は

           

           

           

           

            13%が

           

           

           

           

           

            廃業に追い込まれている。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            がん患者は毎年100万人が

           

           

           

           

           

            新規発症して、

           

           

           

           

           

            そのうち

           

           

           

           

           

            30万人が働き盛りです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            今までどうりの

           

           

           

           

           

            仕事をしながら

           

           

           

           

           

            治療を続け、病気を克服!

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            そんな思いとは

           

           

           

           

           

           

           

           

            逆!!

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           つらい現実に

           

           

           

           

           悩まされる人がいる。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           がんと診断されたら、

           

           

           

           

           まず、2週間程度の

           

           

           

           

           

           有給休暇申請。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           気持ちを切り替える。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           産業医・社労士・相談支援室・・・

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            ともかく、一人で悩みを

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            抱え込まないこと。

           

           

           

           

           

           

           

           

            孤独は自殺リスクを

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            助長する。

           

           

           

           

           

           

           

           

            自殺を防ぐためにも、

           

           

           

           

           

           

           

            仕事を辞めずに済む

           

           

           

           

           

           

           

            方法を

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            なにか策がないか

           

           

           

            思案する。


          calendar
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          2930     
          << April 2018 >>
          PR
          リンク


          私のFacebookページです



          問い合わせ・申し込みはこちら





          にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
          にほんブログ村

          行政書士 ブログランキングへ


          selected entries
          categories
          archives
          recent comment
          recommend
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM