建設業の内幕 工事の醍醐味が体感できる土木工事業、地面を掘るとなにがあるかわからない!!

0

    JUGEMテーマ:行政書士

     

     

     

     

     

      土木工事は公共工事が

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      多い。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      国や県の3月予算で

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      大体の勝負が決まる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      といっても、

     

     

     

     

     

     

     

     

      元請け会社ならではのこと。

     

     

     

     

     

     

     

     

      どちらにしても

     

     

     

     

     

     

     

      公共工事の有無が

     

     

     

     

     

     

     

      会社の業績を左右する。

     

     

     

     

     

     

     

      それと、

     

     

     

     

     

     

     

      設備の多額な投資額である。

     

     

     

     

     

     

      穴掘り機でも新品は

     

     

     

     

         8000万はする。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      中古でも3,4000万はくだらない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      車両もいる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      工事車両だから

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      値段も馬鹿にならない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      設備投資のかかる

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      業種である。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      道路の区間工事だが、

     

     

     

     

     

     

     

     

      期間工事でもある。

     

     

     

     

     

     

     

     

      その工事期間中

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      道路誘導や通行人の安全の

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      見守り等

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      人件費もかかる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      工事金額も5000万を

     

     

     

     

     

     

     

      超える工事もあるが、

     

     

     

     

     

     

     

     

      工事原価も馬鹿にならない。

     

     

     

     

     

     

     

     

      平均工事利益率が

     

     

     

     

     

     

      5から8%となる。

     

     

     

     

     

     

      減価償却も入れての話。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      岩盤を掘ると、

     

     

     

     

     

     

      なにかかたいものにぶつかる。

     

     

     

     

     

     

      そこで工事は中断。

     

     

     

     

     

     

      なにがでてくるかわからない。

     

     

     

     

     

     

     

      工事の遅れが

     

     

     

     

     

      赤字となる場合もある。

     

     

     

     

     

     

     

      とくに新設工事は要注意!!

     

     

     

     

     

     

     

     

      公共工事とはいえ、

     

     

     

     

     

     

     

      たいへんな仕事。

     


    建設業の経営実態を探る!! 鉄筋工事業の弱点に税務署は目をつける。

    0

      JUGEMテーマ:行政書士

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

         構造物の骨格を作る

       

       

       

       

       

       

         鉄筋工事業

       

       

       

       

       

       

         暑いさなかに

       

       

       

       

       

         職人は

       

       

       

       

       

         鉄筋をかつぎ、運ぶ。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

             そうして、ビルが建設される。

       

       

       

       

       

       

       

         8月の熱さは半端なものでない。

       

       

       

       

       

       

       

         ほとんどの作業は外。

       

       

       

       

       

       

       

         しばれる!!

       

       

       

       

       

         (広島弁で過酷という意味)

       

       

       

       

       

       

       

       

         鉄筋の熱さは、

       

       

       

       

       

       

        とても手で持てる代物ではない。

       

       

       

       

       

       

        軍手でもつ。

       

       

       

       

       

       

       

        そんな鉄筋工事の会社に

       

       

       

       

       

       

       

        税務調査が入る。

       

       

       

       

       

       

       

       

        ポイントは仕掛品の評価。

       

       

       

       

       

       

        つまり、在庫がいくらで、

       

       

       

       

       

       

        仕掛工事で

       

       

       

       

       

       

        いくら計上されているか。

       

       

       

       

       

       

       

       

        鉄筋工事はゼネコンの

       

       

       

       

       

        下で管理されている。

       

       

       

       

       

       

        いわゆるサブコン

       

       

       

       

       

        といわれるもので、

       

       

       

       

       

       

        清水建設・大成建設・

       

       

       

       

       

        竹中工務店など各社に

       

       

       

       

       

       

       

        20社ぐらい下請がいる。

       

       

       

       

        そう多くはない。

       

       

       

       

        協力会と言われる

       

       

       

       

        しろものである。

       

       

       

       

       

       

       

        とはいえ、

       

       

       

       

       

        落札価額は何億になる。

       

       

       

       

       

       

        鉄筋工事だけでこの金額。

       

       

       

       

       

       

        官公庁工事も含めると

       

       

       

       

       

       

        不景気しらずの業界!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        各会社にとり

       

       

        頭が痛いのは

       

       

        鉄筋の一本あたりの単価。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        これが市場経済で変動する。

       

       

       

       

       

       

       

        鉄筋を自社で負担するのか

       

       

       

       

       

       

       

        ゼネコンで負担させるか

       

       

       

       

       

       

       

        により、利益幅がちがう。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        おおきいビルの場合は

       

       

       

       

       

       

        ゼネコンが負担する場合がおおい。

       

       

       

       

       

       

        とはいえ、

       

       

       

       

       

        ちいさいビルの場合もあるので

       

       

       

       

       

       

        どれだけ自社で持っているのかで

       

       

        サブコンのランキングがちがう。

       

       

       

        だから、たいていは、

       

       

       

       

       

       

        自社で郊外に

       

       

       

       

       

       

        鉄筋加工場を持っている。

       

       

       

       

       

       

       

       

        というわけで、鉄筋の評価が

       

       

       

       

       

       

       

         税務調査のポイントになる。

       

       

       

       

       

       

       

        鉄筋工事業は安定した業種といえる。


      建設業の内幕を探る!!  塗装工事業の打ち合わせのミス、鉄塔の色を赤を青に塗り1000万の損失

      0

        JUGEMテーマ:行政書士

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          出張現場という

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         言葉がある。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         広島県以外の

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         他府県の現場

         

         

         

         

         

         

         

         

         のことである。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         仕事がないと

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         採算が合わないような

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          現場でも

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          とらないといけない。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          おいしい現場

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          だけではない。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

           元請けから

         

         

         

         

         

          現場を選んでいると

         

         

         

         

          思われ、

         

         

         

         

          次第に相手にされなくなる。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          赤字工事と見込まれても

         

         

         

         

         

         

          とらないと、

         

         

         

         

         

          おいしい工事の時は

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          回ってこない。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          それが、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          下請け業者の生き抜く道だ。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          ところが、

         

         

         

         

         

          いくらおいしい工事だとしても、

         

         

         

         

         

         

         

          現場の作業ミスは致命傷!!

         

         

         

         

         

         

         

          元請けとの確認を怠ると

         

         

         

         

         

         

         

          大きな赤字工事に転落する。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          塗装工事の場合

         

         

         

         

         

         

         

         

          色を間違えると

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          取り返しがつかない。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          元請け先は情け容赦ない。

         

         

         

         

         

         

         

          自分側のミスがあるとしても

         

         

         

         

         

         

         

          結果オーライだから

         

         

         

         

         

         

          詰め腹を切らされる。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          今回のミスは配色の調合ミス。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          言い訳ができない。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          他府県の現場だから

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          何もかも、二重経費。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          1000万の赤字!!

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          こんだけ赤字になれば

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          普通は倒産する。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          幸い、内部留保があり、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          つぶれずに済んだけど

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          業績回復に3年費した。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          建設業の受注工事はこわい!! 


        建設業の内幕  内装仕上げ業の実態と経営はどうなってるのか!!

        0

          JUGEMテーマ:行政書士

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

                建設業といえば

           

           

           

            関脇級なのが

           

           

           

           

            内装仕上げ工事業

           

           

           

           

            いわゆる

           

           

           

           

            町の何でも屋さん

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            クロス張り替え・

           

           

           

           

           

           ビルのリフォーム業・・・・

           

           

           

           

           

           

           なんでもありだ。

           

           

           

           

           

           

           

            何故か、工事利益率が少ない。

           

           

           

           

           

           

           

            10%から15%ぐらい。

           

           

           

           

           

           

           

            工事の内容からして

           

           

           

           

           

           

           

            緻密なところもあるのに

           

           

           

           

           

           

            誰でも簡単にできるとは

           

           

           

           

           

           

           

            思えない。

           

           

           

           

           

            が、時代の流れからか

           

           

           

           

           

           

           

            ダイキなど業者がこの分野に

           

           

           

           

           

           

            進出している。

           

           

           

           

           

           

           

            誰でも、マイホームで

           

           

           

           

           

           

            できるようになった。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            材料・工具もいろいろあり

           

           

           

           

           

           

           

            たいていのことは

           

           

           

           

           

           

           

            日曜大工でできるようになる。

           

           

           

           

           

           

           

            そりゃーそうだ!!

           

           

           

           

           

           

           

            業者も工事で必要なものを

           

           

           

           

           

           

           

           

            ここに買いに来る。

           

           

           

           

           

           

           

           

            もはや、専門性は崩れていく。

           

           

           

           

           

           

           

           

            どこで生き残っているのか。

           

           

           

           

           

           

           

           

            テナントのリフォーム・

           

           

           

           

           

           

            店舗の新築・改築

           

           

           

           

           

           

           

            などがある。

           

           

           

           

           

           

           

            内装工事の仕事はここで

           

           

           

           

           

           

            生きている!!

           


          建設業の許可申請・決算変更届が厳しくなったわけ!!  建設業は多くのジャンルがあり命を預かる大事な業種。

          0

            JUGEMテーマ:行政書士

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

               建設業の許可や

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              更新の申請は

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              だんだん難しくなる。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              2020年の

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              オリンピックに向けて

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              また、ホテルや

             

             

             

             

             

             

              民泊などの  

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              建設ブームや

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              規制緩和。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              外国人観光客の

             

             

             

             

             

              受け入れ、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              外国人労働者の雇用など

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              建設業に

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              関わる問題の

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              解決すべきことが、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              やまずみ。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

                建設業者の健全な育成

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              は大事なこと。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              30年位、建設業の許認可を

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              申請してきた

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              経験からすると、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              経営者の資質・

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              財務面の安定・

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              設備環境の充実

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              など内外に問われることが多い!!

             

             

             


            calendar
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>
            PR
            リンク


            私のFacebookページです



            問い合わせ・申し込みはこちら





            にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
            にほんブログ村

            行政書士 ブログランキングへ


            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recommend
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM