スポンサーサイト

0
    • 2019.02.22 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    行政書士試験1月31日合格発表!! 合格率15%台 今年はたかかった。

    0

      JUGEMテーマ:行政書士

       

       

       

       

       

       

         行政書士試験

       

       

       

       

       

       

         合格発表!!

       

       

       

       

       

       

        1月31日。

       

       

       

       

        合格率 15%台

       

       

       

       

        合格された方

       

       

       

       

       

       

        おめでとうございます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        合格者は

       

       

       

       

       

       

       

        これからがスタート。

       

        世間の厳しい荒波が

       

        待っている。

       

        合格者が増えたということは

       

        行政書士会からすれば、

       

        増収。

       

       

       

       

       

       

        合格者にとれば

       

        新人のライバルが増えるだけ。

       

       

       

       

       

       

        少子化で、高齢社会で

       

        会社の社長も高齢化。

       

        会社もなくなる。

       

        仕事も無くなる。

       

       

       

       

       

        よく考えて、登録するように。

       

        行政書士会に入るには

       

        約30万いる。費用だ。

       

        なんやかやで、

       

       

        それだけでは済まない。

       

       

       

       

       

        年会費に6万3000円、

       

       

       

        支部に入ると年6000円。

       

       

       

       

       

       

       

        ペイできるか。

       

       

       

       

        自分の経験・キャリアを考えて、

       

       

       

       

        何もない人は

       

        やめた方がいい。

       

       

       

       

       

       

       

        チャレンジ精神の

       

       

       

       

       

        ある人は、勧める。

       

       

       

        無からのスタート。

       

       

       

       

        但し3年分の生活費を

       

       

       

       

        確保するように。


      相談会の役割とは何か? 市民相談会がいろいろなところでブースをしたりして開いているが、祭りの見せ物ではない!!

      0

        JUGEMテーマ:行政書士

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

            市民相談会

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         あちこちで

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         開かれているが、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          市民に開かれた、

         

         

         

         

          相談しやすい、

         

         

         

          人通りの多い

         

         

         

          スーパーや駅前の一角でも

         

         


          出来ないこともないが。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          市に問い合わせたら

         

         

          相談日は

         

         

          当日受付です。と、

         

         

          唖然とした

         

         

         

          殿様商売丸出しだ。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          祭りやイベント

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          じゃーあるまいし。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

           見せ物ではない。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

           予約とはこの日に

         

         

         

         

         

         

           ありますから

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

           来てください。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

           ホテルの予約のように

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

           半年前からというのは

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

           行きすぎだが、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

           1週間前からでも

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

           いいのではないか?

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          しかも、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          相談室はちいさな小部屋。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          警察の取調室みたい。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

           窓に、格子がないからまし。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          最近、相談に

         

         

         

         

         

         

          相続事案が多い。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          そんな相談に、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          こんな部屋でやるのは

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          どうかと思う。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          隣の部屋は、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          職員が立派なテーブルと机で

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          1人1台。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          それこそ、半分にして、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          残りのスペースをひろげて、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          落着いた雰囲気で

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          相談できるのがベスト。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          弁護士・司法書士・

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          行政書士の人を、蔑視した

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          やりかた。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          こんなやりかたをしていると

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          相談事は、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          需要が多くなるにもかかわらず、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          相談会は、閑古鳥。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          市民税という市民の税金を

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          使うのなら、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          もっと考えたらどうですか?

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         本当に役人の頭は固い!!

         

         

         

         

          行政書士会も

         

         

         

         

          チンドン興行は止めてほしい。

         

         

         

         

         

         

          真摯な相談事を

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          誰が来ているのか

         

         

         

         

          わからない所でやるのなら、

         

         

         

         

          相手の気持ちを考えて欲しい。

         

         

         

         

         

          会員の研修ではない!!

         

         

         

         

         

         

         

         


        15歳、行政書士試験に合格!! を目指してチャレンジ。どうしたら、合格できるかを探る!!

        0

          JUGEMテーマ:行政書士

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

               前年の行政書士試験は

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           平成28年11月13日(日)

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           午後1時から午後4時まで

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            受験申込者数 53,456人

           

           

           

           

           

           

           

            受験者数   41,053人

           

           

           

           

           

           

           

               男性  30,232人

           

           

           

           

           

           

               女性  10,821人

           

           

           

           

           

           

           

            合格者数    4,084人

           

           

           

           

           

           

           

               男性   3,172人

           

           

           

           

           

           

           

           

               女性     912人

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            合格率     9.95%

           

           

           

           

           

           

           

               男性  10,49%

           

           

           

           

           

           

           

               女性   8,43%

           

           

           

           

           

           

           

           

            合格者平均得点  196点  

           

           

           

           

           

           

            (前年度 198点)

           

           

           

           

           

           

            試験データーである。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            29年度試験日は

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             平成29年11月 12日(日)

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             午後1時から4時まで 3時間

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            合格発表日 

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            平成30年1月31日 午前9時

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            15歳で合格するには、

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            行政書士試験は

           

           

           

           

           

           

            々埓書士の業務に関し、

           

           

           

           

           

           

             必要な法令等 (46問)

           

           

           

           

           

           

           

             憲法・行政法・

           

           

           

           

           

             民法・商法及び基礎法学の

           

           

           

           

           

           

             4科目。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            行政書士の業務に

           

           

           

           

           

           

             関連する一般知識等 (14問)

           

           

           

           

           

           

           

             政治・経済・社会、

           

           

           

           

           

           

             情報通信・個人情報、

           

           

           

           

           

           

             文章理解の

           

           

           

           

           

           

           

           

             3科目。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             の計60問である。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

              300点のうち

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

              196点取ればいいのだから

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

              65.4%以上あればいい。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

              15才の周囲の環境から行くと、

           

           

           

           

           

             

           

           

           

           

           

              法令は法律があるので困難。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             一般常識 90%

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             法令   60%

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             の配点でいく。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             あとは、知識と

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             数多くの答練で

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             問題に慣れることである。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             15歳といえば

           

           

           

           

           

             中学3年生である。

           

            

           

           

           

           

           

           

           

           

             いまからやれば、できる。

           

           

           

           

           

           

             いまあなたは9歳

           

           

           

           

           

             小学生2年である。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             普通の学校生活をし、

           

           

           

           

           

             宿題もやらねばならない。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             そうでないと、

           

           

           

           

           

           

             担任の先生や友達は

           

           

           

           

           

           

             気は確かかと

           

           

           

           

           

           

           

             思われる。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             見守りは親かコーチだけ。

           

           


          女性行政書士育成塾  要望により対象者を、行政書士になりたい人・行政書士試験を受験する人に拡大!!

          0

            JUGEMテーマ:行政書士

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              女性行政書士育成塾の

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              対象者を

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              行政書士になりたい人

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              行政書士試験を

             

             

             

             

             

             

             

              受験する人・

             

             

                  受験したけど、

             

             

             

             

              合格していない人

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              まで拡大!!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

               行政書士になって

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              どうしたいのか?

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              今、自らの進路を

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              決めようとする

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              岐路に育成塾が

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              エスコートしないと、

             

             

             

             

             

             

             

             

              いけないという

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              意見を尊重して機関で

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              決めました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              この試験は

             

             

             

             

             

             

              社会でサービス業の

             

             

             

             

             

              仕事をしている人、

             

             

             

             

             

             

              現在の仕事に

             

             

             

             

             

              疑問を持っている女性。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              又、仮に中学生で合格しても

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              実戦にむくよう、

             

             

             

             

             

              食べていけるよう

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              指導してゆき、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              将棋の藤井棋士でないが

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              行政書士に若い力と

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              実務能力を植え付けることも

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              育成会の目的である。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              と決定!!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              但し、

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              他の条件は変わらず。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              高卒検定試験の

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              受験指導のノウハウにより

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              中学卒業者も

             

             

             

             

             

             

              行政書士試験に合格し

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              夢と未来をエスコート!!

             

             

            女性行政書士育成塾 お問合せ

            メールフォーム

            必要事項に記入して送信ボタンでお問合せできます。

            記載された電話番号かメールアドレスまで後日ご返答いたします。


            女性行政書士育成塾  実務研修 ガイダンス資料 〃設業の許可等申請業務はこれができれば食べていける!!

            0

              JUGEMテーマ:行政書士

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                   実務研修 

               

               

               

               

               

                 ガイダンス資料

               

               

               

               

               

               

                  〃設業の

               

               

               

               

                   許可申請等業務

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                 現在、建設業を

               

               

               

               

               

                業とする人は

               

               

               

               

                個人であれ、

               

               

               

               

               

                法人であれ

               

               

               

               

                県に届けて

               

               

               

               

               

               

               

                建設業の許可業者

               

               

               

               

               

                であることの

               

               

               

               

               

                証明を、

               

               

               

               

               

                とらなければならない。

               

               

               

               

               

                いわゆる金看板の設置である。

               

                

               

               

               

                建設業者である証である。

               

               

               

               

               

               

                これをとれば、

               

               

               

               

               

                いろいろな面で助かる。

               

               

               

               

               

               

                しかし、すぐ、

               

               

               

               

                ほいというわけにはいかない。

               

               

               

               

               

                いろいろな要件があり、

               

               

               

               

               

               

                書類がいる。

               

               

               

               

               

                とてもじゃないが、

               

               

               

               

               

                提出するのに時間と

               

               

               

               

               

                費用がいる。

               

               

               

               

               

                とれば、

               

               

               

               

               

                今は5年に1回の更新で済む。

               

               

               

               

               

               

               

                これが、紙1枚なら楽だが、

               

               

               

               

               

               

               

                更新申請書と費用がいる。

               

               

               

               

               

               

               

                年に1回の決算が終われば、

               

               

               

               

               

                その決算内容を

               

               

               

               

               

               

                もとに、

               

               

               

               

                決算日より3月以内に

               

               

               

               

               

                決算届けをする。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                それら以外に

               

               

               

               

               

               

               

                経営審査申請を県に

               

               

               

               

               

               

                入札申請を各希望の

               

               

               

               

               

               

                県・市町村へ

               

               

               

               

               

               

                期限までに申請する。

               

               

               

               

               

               

                今は、電子申請になり

               

               

               

               

               

               

                ペーパーと電子の混在で

               

               

               

               

               

               

                訳が分からなくなる。

               

               

               

               

               

               

               

               

                この業務が

               

               

               

               

               

               

               

               

                行政書士の

               

               

               

               

               

               

               

               

                専門の特化した業務である。

               

               

               

               

               

               

                昔はこれだけで、

               

               

               

               

               

                食べている行政書士もおり

               

               

               

               

               

               

                所得も1000万あった。

               

               

               

               

               

               

               

                今は、

               

               

               

               

               

               

                建設業法も改正され、

               

               

               

               

               

               

                建設業自体の業界の変化・

               

               

               

               

               

               

               

                電子申告・

               

               

               

               

               

               

                インターネット接続で

               

               

               

               

               

               

               

                時代についていく

               

               

               

               

               

                者のみ生き残っている。

               

               

               

              女性行政書士育成塾 お問合せ

              メールフォーム

              必要事項に記入して送信ボタンでお問合せできます。

              記載された電話番号かメールアドレスまで後日ご返答いたします。

               


              女性行政書士育成塾 その5 研修・体験コース 10・1同時開講!! 研修施設に民泊気分で2泊3日・体験も実施!!

              0

                JUGEMテーマ:行政書士

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    事務所の近くに

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   宿泊施設があり、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   民泊気分で

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   2泊3日!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  3日間

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  実務と演習・実技研修。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  当日9時集合。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  3日後の18時解散!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    当日12時チエックイン

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    翌々日、昼12時に

                 

                 

                 

                 

                 

                    チエックアウト。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    3日間 研修と体験会実施。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   研修内容は

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   行政書士実務研修講座と

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   実務演習。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  体験会は

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  相談会会場視察。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  々埓書士市民相談会の

                 

                 

                 

                 

                 

                   会場を見学。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  区役所・

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  広島商工会議所にいきます。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  ◆々島陸運局(広島市西区観音)

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  見学現場を見ます。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  その前に1時間

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  近くのマリーナホップ

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  (遊技施設)で

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  食事と水族館見学。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  4時間設定してます

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  帰ってから

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  4時から6時までロールブレイング。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  食事は夕食はこちらで、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  指定の居酒屋で食事。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  料金は研修費の

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  中に入っています。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  朝食と昼食は

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  各自好きなところでの食事です。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  自己負担となり

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  横川の街をブラリングです。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  時間は1時間です。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  研修中の移動手段は、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  提携しています

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   介護タクシーに

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   体験乗車していただきます。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   料金は研修費に含まれています。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  具体的な

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  行動スケジュール表は

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  前もってお渡しします。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  研修コースは

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  通学コース・通信コースの

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  いずれかを選択された方に

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  オプションとしての権利です。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  3日分の研修費用

                 

                 

                 

                   1万5千円・

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  2日間の宿泊費

                 

                 

                 

                 

                    1万

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  合計2万5千円です。

                 

                 

                  (税込み)

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   お申し込みは

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  研修コース希望と

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  事務局までお伝えください。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  委細はホームページか

                 

                 

                 

                 

                 

                  メールで

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  お伝えします。

                 

                 

                 

                女性行政書士育成塾 お問合せ

                メールフォーム

                必要事項に記入して送信ボタンでお問合せできます。

                記載された電話番号かメールアドレスまで後日ご返答いたします。


                女性行政書士育成塾 通学が無理な方の通信コース。広島に来れない人の為に育成塾の添削講座!!

                0

                  JUGEMテーマ:行政書士

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     遠距離で

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    広島にこれない

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    方の為に

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    通信コースを

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    同時開催!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     申込の依頼があり

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    入金された方に

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    通信のガイダンスを送付します。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    基本的には

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    行政書士の実務講座の

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    各資料です。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    内容は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    前回お知らせした各教科です。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    あくまでも、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    自立して開業できるかの

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    育成塾ですので、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    その意思のない方は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    お断りします。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    順次資料を配布して、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    各実務の演習をしていきます。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    月、4教科の配送順です。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    開始月と最終月に

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    ガイダンスを実施します。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    遠距離で

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    他府県の方もいますので、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    郵送にも多少の余裕を

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    持ちます。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    塾生になりましたら、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    爾後、3回の質疑応答を

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    メールでいたします。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    質問内容は、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    行政書士業務の実務

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    についてです。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    法律論は遠慮します。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   申込内容に、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   本人以外の方や男性の方等、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   相違や虚偽が見受けられる場合

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   取り消しさせて頂きます。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   その場合には入金しました塾代は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   返金しません。ご了承ください。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    この塾はあくまで

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    行政書士の自立を

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    目指すための講義です。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    行政書士試験に合格して

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    満3年目までの方の、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    行政書士業務支援講座です。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    他の目的の利用はご遠慮します。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    塾代は通学コースと同一です。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    郵送費込みです。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    有効期限は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    入金後、6か月です。

                   

                   

                   

                   

                   

                   詳細は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   ホームページや

                   

                   

                   

                   

                   

                   ブログ・メールで

                   

                   

                   

                   

                   

                   案内させていただきます。

                   

                   

                   

                  女性行政書士育成塾 お問合せ

                  メールフォーム

                  必要事項に記入して送信ボタンでお問合せできます。

                  記載された電話番号かメールアドレスまで後日ご返答いたします。


                  女性行政書士(資格取得者も含む)育成塾!!  何を教わるかで人生の道しるべがわかる。

                  0

                    JUGEMテーマ:行政書士

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       女性行政書士に

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     必要な実務経験は!!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     1期生募集!!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     試験合格者も参加可能。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       ここでの当塾の条件は

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                        ’齢

                     

                     

                         30歳から45歳までの女性

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      ◆々埓書士試験を合格して

                     

                     

                        満3年以内の者

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       行政書士業務を真摯に

                     

                     

                        取得する意志のある者

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      以上が絶対的条件です。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       実務コース

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       〃設業新規許可・更新申請

                     

                     

                     

                         経営審査申請業務

                     

                     

                     

                     

                     

                         入札申請業務

                     

                     

                     

                     

                         決算変更届業務

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      ◆”俗許可申請業務(警察署)

                     

                     

                     

                     

                         広義の風俗店

                     

                     

                     

                     

                         いわゆるスタンド・飲食店など

                     

                      

                     

                     

                     

                         保健所の届出業務

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       記帳代行業務

                     

                     

                          経理・税法の理解

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      ぁ ̄秦業申請業務(陸運局)

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      ァ_雜郢業申請業務

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                         介護タクシー申請業務含む

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     Α‘睛鴇斂清般

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     А〜蠡涯般

                     

                     

                        成年後見人申請含む

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     ─[ズЭ柔繕般

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      以上が教科になります。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      * 内容が濃いので部分的で

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       要領のみの解説になります。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       ルール

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       受講者は科目の選択はできない。

                     

                     

                     

                       途中離脱は認めない。

                     

                     

                     

                       塾代の中途返金は不可。

                     

                     

                     

                     

                       少数精鋭主義。

                     

                     

                     

                     

                     

                       1人でも開講。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      当塾の内容に

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      同意できない方はお断り。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      塾概要

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      期間月2回、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      3か月。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      1回90分講義と実習。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      開始月  10月 1日より 

                     

                     

                     

                     

                     

                       変更もあります。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      通学コースから開始。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      月謝 月2万円 3か月6万(税抜き)

                     

                     

                     

                     

                     

                      (教材費・テスト代含む)一括払い。         

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      詳しくはホームページとメールで

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      対応します。

                     

                     

                    女性行政書士育成塾 お問合せ

                    メールフォーム

                    必要事項に記入して送信ボタンでお問合せできます。

                    記載された電話番号かメールアドレスまで後日ご返答いたします。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      電話・ファツクスはお断りします。

                     

                     


                    女性行政書士育成塾 その2!! 行き詰まったあなたはどすればいいのか? 大事な時間は過ぎて行く。

                    0

                       

                       

                       

                       

                         行政書士試験に

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         合格しても

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         資格保持者に

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         すぎない。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         

                       

                         ということは、わかった。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         では何のために

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        独学でまたは学校にいき

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        年間10万ぐらいの授業料を

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        投資して

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        1年で合格しても、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        人によると平均3年

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        かかると

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        いわれる。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        下手をすると

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        5年かかり

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        いまだ合格できてない人もいる。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        運よく1年でとった人で

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        主婦の人を知っているが

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        その人は学校の指導の

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        たまものだと思う。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        教材と教え方が

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        いいからだろう。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        つまり、短期間で

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        合格するには

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        独学は無理!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        大学の法学部を

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        出ていないと

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        法律を理解するのは

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        困難だろう。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        主婦で時間がある人でも

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        

                        いきなりは難しい。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        じゃあなぜ通るの。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        それは、学校にいくからだ。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        合格するための

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        授業をする。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        ここで、

                       

                       

                       

                       

                       

                        何をくどくどと

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        いうのかというと、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        この勉強が

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        実務無視の、何もできない

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        行政書士を作る。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        1年の勉強で

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        行政書士の仕事が

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        できるわけがない。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        だから、行政書士となっても、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        3年は冷や飯食いとなる。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        やっていけないのだ。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        5年して

                       

                       

                       

                       

                       

                        廃業届を出す人が多い。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        それか、

                       

                       

                       

                       

                       

                        あちこちと駆けずり回り、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        行政書士会の役員になったり、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        支部のお手伝いを

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        ボランティアでしている。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        空気を読み取ろうという

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        気概は生き残るに値する。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        女性行政書士は

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        国際業務

                       

                       

                       

                       

                       

                        ビザや入管業務などの

                       

                       

                       

                       

                        外国人相手の

                       

                       

                       

                       

                       

                        届け出業務

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        相続業務

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        成年後見人業務

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        運送の道路許可業務

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        記帳代行業務

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        などを手掛けている人がおおい。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        結局、定まったものがなく

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        手当たり次第にやり

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        男性も女性もこれだけでは

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        生活できないから

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        アルバイトをしないと

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        いけなくなる。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        最悪のパターン。


                      女性行政書士育成塾!! 行政書士試験を苦労して取ってみたけど仕事の切り口がわからない試験合格者のかたへ。

                      0

                        JUGEMテーマ:行政書士

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                           やっと試験に合格した喜び

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         しかし、現実はこれから

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         


                         まず、

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         仕事の切り口が

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         わからない。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         実務ができない。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          インターネットがあるから、

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          書式上の

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          ことは解決できる。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          が、それは全国版の話。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          クライアント

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         (関与先・お客様)に

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          たいしての

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          接仕方がわからない。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          しまいには、

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          この人大丈夫?

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          と不信感を

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          持たれる。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                           _燭茲蠡膸なのは、

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          いわゆる納期。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          いつまでにやればいいのか。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          それを逆算できる

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          力を持つこと。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          ◆ゞ盂曚砲弔い

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          行政書士会に入会しないと

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          行政書士とは言えない。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          入会に約30万かかる。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          年会費が年2回納付で6万。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          広島支部入会で年1万円

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          特定行政書士になるため

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          約10万円

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          各部会の参加費・

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          研修会費などに数万円。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          勉強するのに本代がいる。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          本は研修会等で

                         

                         

                         

                         

                         

                          教えてくれる。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                           何よりもまず、自分は

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                           なにができるか?

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                           行政書士といえども

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                           現場で活躍している先生は

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                           なにかしらの

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                           経験と知識がある。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          試験問題の知識とは

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          異質のものである。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          これができるかどうかである。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          どちらにしてもこれらの金額を

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          用意できたとしても、

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          費用対効果は期待できない。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          お客様から

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          お金を貰うということが、

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          どれほど難しいかを

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          身を持って思い知るだろう。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          結局、試験はとったとしても、

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          船は動かない。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          行政書士になれないのだ。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                        女性行政書士育成塾 お問合せ

                        メールフォーム

                        必要事項に記入して送信ボタンでお問合せできます。

                        記載された電話番号かメールアドレスまで後日ご返答いたします。


                        calendar
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << May 2019 >>
                        PR
                        リンク


                        私のFacebookページです



                        問い合わせ・申し込みはこちら





                        にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                        にほんブログ村
                        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                        にほんブログ村

                        行政書士 ブログランキングへ


                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM