自分の財産を遺言で誰かに寄付したいとき、迷惑行為か慈善行為かどちらになる??

0

    JUGEMテーマ:相続

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      遺言で財産を

     

     

     

     

      相続人以外の人に

     

     

     

     

      寄付したいという人は

     

     

     

     

      意外に多い!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      遠い親戚より

     

     

     

     

      近くの他人

     

     

     

     

      という感覚。

     

     

     

     

     

      非課税団体に寄付すれば、

     

     

     

     

      相続税や法人税がかからない。

     

     

     

     

     

     

      日本赤十字社・日本ユニセフ・

     

     

     

     

     

      日本学生支援機構

     

     

     

     

     

      学校法人・社会福祉法人など

     

     

     

      多々ある。

     

     

     

     

     

      自分で寄付先を

     

     

     

     

     

      いろいろ探して、

     

     

     

     

      選んでみるのもいい。

     

     

     

     

     

     

     

      昨日、安倍総理は、

     

     

     

     

      トランプの娘の事業に

     

     

     

     

     

      支援金を出すと言ってるが、

     

     

     

     

     

      そんな余裕はあるのか。

     

     

     

     

     

     

      あるんなら

     

     

     

     

     

     

      消費税増税なんて

     

     

     

     

      止めてしまえ!!

     

     

     

     

     

     

      個人の寄付行為なら

     

     

     

     

     

     

      いいことだが。

     

     

     

     

     

      安倍総理の行為は

     

     

     

     

     

     

     

      税金の無駄。

     

     

     

     

     

     

      寄付行為は、

     

     

     

     

     

      いいことだが。

     

     

     

     

     

      よくおばさんが亡くなり、

     

     

     

     

     

      姪に多額の財産が入る。

     

     

     

     

     

     

      なんてことも、聞く。

     

     

     

     

     

      それはそれで、

     

     

     

     

     

      シンデレラ・ストーリだが、

     

     

     

     

     

      思わぬ財産はその人の

     

     

     

     

     

      人生を狂わす。

     

     

     

     

     

      宝クジの当選と同じ。

     

     

     

     

      働かないで得た収入は

     

     

     

     

      その人の

     

     

     

     

     

      人生を狂わす。

     

     

     

     

     

      幼児教育や子育て

     

     

     

     

     

      などの施設は、

     

     

     

     

      これからの人材を

     

     

     

     

      育成する場

     

     

     

     

     

      必要な寄付行為はほしいと

     

     

     

     

      思う。


    家族信託の検討。遺言状・成年後見制度はまだあなたは手をつけていない。死ぬなんて真剣に考えていない!!

    0

      JUGEMテーマ:相続

       

       

       

       

       

       

        そう誰だって

       

       

       

       

       

       死と向かい合わせに

       

       

       

       

       

        なるなんて、

       

       

       

       

       

       

        考えない。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        ただ、2025年には、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        65歳以上の

       

       

       

       

        約700万人。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        5人に1人が

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        認知症だって怖いなー。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        マスコミや政府は

       

       

       

       

       

       

       

        100歳まで

       

       

       

       

       

        生きようとか

       

       

       

       

       

        高齢者の

       

       

       

       

       

        介護予防教室とか

       

       

       

       

       

       

        言ってる割には、

       

       

       

       

       

        ピンと来ない。

       

       

       

       

       

       

        ましてや、

       

       

       

       

       

       

        遺言書や

       

       

       

       

       

       

       

        エンディングノートを

       

       

       

       

       

       

        書いている人は

       

       

       

       

       

       

        すくない。

       

       

       

       

       

       

       

       

        成年後見人制度が

       

       

       

       

       

       

       

        自分にどう

       

       

       

       

       

       

        関わってくるのか?

       

       

       

       

       

       

        ピンと来ない。

       

       

       

       

       

       

       

        それは、

       

       

       

       

       

       

       

       

        老いや死を

       

       

       

       

       

       

       

        身近に感じてないからだ。

       

       

       

       

       

       

        そんなとき、

       

       

       

       

       

       

        家族信託の方法を

       

       

       

       

       

       

       

        考えてみると良い。

       

       

       

       

       

       

       

         ^筝整奮阿虜盪

       

       

       

       

       

          承継を検討している方。

       

       

       

       

       

       

       

       

          遺産相続が発生した場合、

       

       

       

       

       

       

       

          一番困るのが

       

       

       

       

       

       

       

          資産の凍結!!

       

       

       

       

       

       

       

          特に預金、

       

       

       

       

       

       

       

         銀行は分かった段階で預金凍結。

       

       

       

       

       

       

         又は、家族全員の合意書面。

       

       

       

       

       

       

        ◆ー身や家族の判断力

       

       

       

       

       

       

          低下に備える方。

       

       

       

       

       

       

       

         財産の管理・処分に

       

       

       

       

       

       

         遺族が継続できるように。

       

       

       

       

       

       

       

       

         介護対策

       

       

       

       

       

       

       

         介護に必要な費用を、捻出。

       

       

       

       

       

       

       

       

        ぁ”堝飴困離肇薀屮

       

       

       

       

       

       

       

          になりそうな場合。

       

       

       

       

       

       

       

        ァ\年後見制度では

       

       

       

       

       

       

          不十分な場合。

       

       

       

       

       

        Α‘鷦〜蠡海梁从に

       

       

       

       

       

       

        А〇業承継対策に

       

       

       

       

        ─‥飮些嵶サ’修ある。

       

       

       

       

          信託の機能である。

       

       

       

       

          自分や受託者が多額の負債を

       

       

       

       

       

          負ってしまった場合、

       

       

       

       

       

       

          信託財産は差し押さえできない。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        * 家族信託の手続きと費用

       

       

       

          ばらつきがあり、

       

       

       

          内容で異なりますが

       

       

       

       

          当事務所で

       

       

       

       

          信託財産1億円以下の場合

       

       

       

       

       

            0.5%

       

       

       

       

       

       

          3000万以下で

       

       

       

       

          15万です。

       

       

       

       

       

        但し、交通費・立替費用は別。

       

       

       

       

       

       

       

        手続きは、信託契約を締結。

       

       

       

       

       

       

        財産の移転をします。

       

       

       

       

        詳しくはメールで。


      おひとりさま相続!!子供のあるなしによる財産の行方は何処へ?相続診断士のパートナー事務所より

      0

        JUGEMテーマ:相続

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          長生きすれば

         

         

         

         

          するほど

         

         

         

         

         

          家族がいなくなる。

         

         

         

         

          子供がいない

         

         

         

         

          おひとりさまの場合。

         

         

         

         

          第2順位の親が

         

         

         

         

          亡くなってたら

         

         

         

         

         

          第3順位の

         

         

         

         

          兄弟が相続する。

         

         

         

         

         

          そこまでしたくない

         

         

         

         

          なんて言えないのです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          ただ、遺言書を書けば別です。

         

         

         

         

         

         

         

          兄弟には遺留分がありません。

         

         

         

         

         

         

          遺言書もなく、

         

         

         

         

         

          法定相続人もいない場合は

         

         

         

         

         

          どうなるの?

         

         

         

         

         

         

          財産は、

         

         

         

          すべて国のものになります。

         

         

         

         

         

          特別縁故者からの申立があれば、

         

         

         

         

         

         

          家庭裁判所から

         

         

         

         

          相続財産の全部

         

         

         

         

         

          または一部をもらえます。

         

         

         

         

         

         

         

         

          特別縁故者とは、

         

         

         

         

         

         

         

          )瓦なった人と

         

         

         

         

           生計を同じにしてた人

         

         

         

         

         

         

          ⇔斗楷埜遒謀悗瓩燭發

         

         

         

         

         

         

          その他特別の縁故のあったもの

         

         

         

         

         

          を言います。

         

         

         

         

         

         

         

          例

         

         

         

         

         

          内縁の妻・妻の連れ子・

         

         

         

         

          長男の妻(長男は死亡)・・・・

         

         

         

         

         

          親族でない他人、

         

         

         

         

          老人ホームなどの

         

         

         

         

          法人でもいいのです。

         

         

         

         

         

         

          特別縁故者として

         

         

         

         

         

          いくらもらえるか?

         

         

         

         

         

          裁判所の裁量次第。

         

         

         

         

          手続きに10か月以上かかる。

         

         

         

         

         

          だから、

         

         

         

         

          財産を残したい人がいるとき、

         

         

         

         

          遺言書を作成しておく

         

         

         

         

         

          のがいいのです。


        相続診断士の活動開始!!相続診断個別相談会実施 相続診断協会のパートナー事務所!!

        0

           

           

           

           

           

           相続診断士の

           

           

           

            個別相談会実施!!

           

           

           

           

           

           

            毎週日曜日

           

           

            30分、1時から4時まで

           

           

            無料!!

           

           

            ご希望の方は

           

           

           

            まずはメールか

           

           

           

           

           

            ファクスで

           

           

           

            お申し込みください。

           

           

           

            電話での受付・

           

           

           

            相談はお受けできません。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             相続診断士って、

           

           

           

            しらべてみると

           

           

           

            関東方面を中心に全国展開し、

           

           

           

           

            精力的に活動をしてるようです。

           

           

           

           

            Facebookで知りました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            最近、少子高齢化にともない

           

           

           

           

            高齢者の増加で

           

           

           

            相続問題・空き家対策が

           

           

           

           

           

            叫ばれるようになりました。

           

           

           

           

           

            今に始まったことでは

           

           

           

           

           

            ないですけど。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            仕事上、

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            市民相談員・男女共同参画員

           

           

           

           

           

           

            をしてみて

           

           

           

           

           

           

           

            あらためてこの問題の

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            根深さを感じています。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            相続は、弁護士・税理士・

           

           

           

           

           

            行政書士と

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            互いの職務領域を守り、

           

           

           

           

           

           

            活動しています。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            ただ、利用者からみれば

           

           

           

           

           

           

           

            財産問題であり

           

           

           

           

           

           

           

           

            知識と経験の深さをみられ、

           

           

           

           

           

           

           

            肩書だけでない、

           

           

           

           

           

            利用者の個人的事情を

           

           

           

           

           

            おもんばかり、

           

           

           

           

           

           

           

            解決していかないと、

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            敵やトラブルのもとを

           

           

           

           

           

           

           

            つくります。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            かねてから、

           

           

           

           

           

           

            なにか、利用者にとり、

           

           

           

           

           

            いいプラットフォームはないか

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            詮索していたときの

           

           

           

           

           

           

            出会いです。

           

           

           

           

           

           

            相続診断士のテーマは

           

           

           

           

           

           

            わたしのかねてからの課題

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             ^篁妻割協議書の効果

           

           

           

            ◆^筝世隆柄撚

           

           

           

             遺産執行人の普及

           

           

           

           

            ぁ|影閥νと分割共有の是非

           

           

           

           

           

            ァ”堝飴催亠のスピード化

           

           

           

           

           

           

            Α^鑑証明の必要性と

           

           

              それに代わるものは

           

           

           

           

            А\年後見人の是非

           

           

           

           

           

            ─〜蠡海亡悗錣詼‥権限は

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             などを明らかにしていき

           

           

           

           

           

           

           

           

            よりベストな相続を解決するため

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            事業展開をしていきたいと

           

           

           

           

           

           

           

            願う思いです。


          認知症の怖さ。84歳の女性がなる。 6月には誕生日おめでとうとみんなに言われにこにこしてた女性が9月には状態が一片!!

          0

            JUGEMテーマ:相続

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              認知症については

             

             

              世間ではいろいろ、

             

             

              予防や対応の仕方など

             

             

              認知症対策に

             

             

              取り組んでいる。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              実際に目の前で

             

             

             

              認知症になった女性を

             

             

              目のあたりにすると、

             

             

              あらためて

             

             

              認知症の怖さを思い知った。

             

             

             

              彼女の行動

             

             

              大人しい性格の彼女が

             

             

              暴言・人に突っかかってくる。

             

             

              急に歌を歌い出し、

             

             

              周りの人はビックリ。

             

             

              周りに人がいないと、

             

             

              おいていかれるのだと

             

             

              騒ぎ出す。

             

             

              ここ1・2か月の間に

             

             

              こんな行動が見られ、

             

             

              身体の状態も悪い。

             

             

              皮膚の色が茶色ぽく、

             

             

             

              くすんでいる。

             

             

              老化とは

             

             

              こいいう言うことなのか。

             

             

              わが身にもくるであろう

             

             

              恐ろしさを知った。

             

             

              認知症は突然やってくる。

             

             

              それも、本人はきずかない。

             

             

              周囲の

             

             

              コマーシャルリズムに

             

             

             

              惑わされず、

             

             

              冷静に対応する

             

             

              決断と勇気が必要!!


            家庭菜園として人に貸すのはほどほどに!! 遊休土地を人に貸すと後でトラブルになることが多い。相続診断士のパートナー事務所

            0

              JUGEMテーマ:相続

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                 空き家が増えている!!

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                 少子化・高齢化で

               

               

               

               

                 土地・建物を

               

               

               

               

                 相続しても

               

               

               

                 住まない・住めない

               

               

               

               

                 ケースが増えている。

               

               

               

               

               

                 今、遊んでいる土地を

               

               

               

               

               

               

                他人に貸し、

               

               

               

               

               

                車を置いたり、

               

               

               

               

                家庭菜園として

               

               

               

               

                無償で一時使用させることが

               

               

               

               

               

                増えている。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                以前からあったのだろうが、

               

               

               

               

               

                空き家増加と同じで、

               

               

               

               

               

                今後ますます土地の

               

               

               

               

               

                無償の一時使用も増える。

               

               

               

               

               

               

                これも、貸したことの経緯が

               

               

               

               

               

                わかっていれば

               

               

               

               

               

               

                いいが、亡くなり

               

               

               

               

               

                相続人となると、

               

               

               

               

                トラブルになりかねない。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                善意で了解したことが、

               

               

               

               

               

                 思わね方向へとトラブルになる。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                だから、

               

               

               

               

                慎重に考えないといけない。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                一時利用させている相続人は

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                相続時に、

               

               

               

               

               

                よく調べておいた方がいい。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                承諾書・念書を書いて

               

               

               

               

                おいたらいいのでは。

               

               

               

                で済まない。

               

               

               

               

               

                よく文言を考えた方がいい。

               


              相続財産は法定相続分どおりに分けられない。相続財産の半分は不動産・自社株等換金できないものがある。相続診断士のパートナー事務所です。

              0

                JUGEMテーマ:相続

                 

                 

                 

                 

                  換金できない

                 

                 

                 

                 

                 

                  相続財産

                 

                 

                 

                 

                  その2

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  現在居住していない

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  土地・建物は

                 

                 

                 

                 

                 

                  いずれ、空き家住宅になる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  空き家対策の問題。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  しばらく、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  目鼻がつくまでそのままにしている。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  固定資産税も、

                 

                 

                 

                 

                 

                  たいがい年間、5万ぐらい。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  建物の評価はほとんどなく、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  土地の評価額で算定される。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  何年もたつと、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  修復できないほどの

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  老朽ができ、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  雨漏りなどの破損や

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  損壊などができる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  そうなると、完全に空き家。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  解体に200万〜300万かかる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  その金が出ないのだ。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  防犯・防火上放置は

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  危険この上もない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  かといって、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  売ればいいと言っても、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  今頃は、立地が良くないと、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  業者も買わない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  以前、端切れの土地の

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  売買を頼まれたが、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  隣人さえ買わない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  そういう状態ほど、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  早めの相談が必要。


                なぜ相続は揉めるのか? 相続で揉める4つの原因がある。 相続診断士のパートナー事務所より

                0

                  JUGEMテーマ:相続

                   

                   

                   

                   

                     4つの原因

                   

                   

                   

                   

                     〜蠡該盪困

                   

                   

                   

                   

                      法定相続分通りに

                   

                   

                   

                   

                      分けられない。

                   

                   

                   

                   

                   

                    ◆_汎珍蠡海

                   

                   

                   

                   

                   

                      法定相続のギヤップ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     相続の専門家が

                   

                   

                   

                   

                      近くにいない。

                   

                   

                   

                   

                   

                    ぁ〆困ってない。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    相続財産は

                   

                   

                   

                   

                   

                    法定相続分通りに

                   

                   

                   

                   

                   

                    分けられない。

                   

                   

                   

                   

                    普通

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    相続財産の半分は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    不動産、

                   

                   

                   

                   

                   

                    その他の経営する株式など

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    換金できないものがたくさんある。

                   

                   

                   

                   

                   

                    不動産

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    先祖代々引き継がれた家・土地

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    時代のながれとともに、

                   

                   

                   

                   

                   

                    かわっていくもの。

                   

                   

                   

                   

                   

                    少子化で

                   

                   

                   

                   

                   

                    空き家になる可能性がある。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    だれも引き継がないのだ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    親が死ぬとき、

                   

                   

                   

                   

                   

                    子供は自らの家族がおり、

                   

                   

                   

                   

                   

                    別の土地で生活している。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    例えば、広島で生まれ、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    結婚して東京暮らし。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    主人がサラリーマン。

                   

                   

                   

                   

                    定年過ぎて、

                   

                   

                   

                   

                   

                    今、東京に家を建て、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    子供たちも

                   

                   

                   

                   

                   

                    東京人間になっている。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    そんな生活で、

                   

                   

                   

                   

                   

                    今や今住んでいる

                   

                   

                   

                   

                   

                    ところに骨をうずめる。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    その時親が死んでも、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    いまさら帰れない。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    40年の歳月は重苦しい。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    不動産が居住用でないと、

                   

                   

                   

                   

                   

                    評価減が適用されない。

                   

                   

                   

                   

                   

                    相続税の問題も起こり得る。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    相続財産としての

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    不動産の換金は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    頭が痛い。


                  相続診断士のパートナー事務所とNPO法人遺品整理の会が、相続の普及のためにコラボ!!

                  0

                    JUGEMテーマ:相続

                     

                     

                     

                     

                      相続対策の中で

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      その後の対応を

                     

                     

                     

                     

                     

                      どうするか?

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      相続人は

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      どうしたらベストなのか?

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      争族にならないように

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      どうしたらいいのか?

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      相続診断士は、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      相談者から必要な

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      ヒアリングを行い、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      各業法に抵触しない

                     

                     

                     

                     

                     

                      ように注意しながら、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      現状を把握して、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      問題点を明らかにする。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      何故相続は揉めるのか?

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       〜蠡該盪困

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                        法定相続分どおりに

                     

                     

                     

                     

                        分けられない。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                        相続財産の半分は不動産、

                     

                     

                     

                     

                        自社株など

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                        換価できないものが

                     

                     

                     

                     

                     

                        たくさんある。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                        換価できない財産を

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                        法定相続分どおりに

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                        分けられない。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      ◆_汎珍蠡海繁…蠢蠡海離ャップ

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                         財産を渡す側は、70歳以上

                     

                     

                     

                     

                     

                          家督相続世代

                     

                     

                     

                     

                     

                         財産をもらう側は、60代以下

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                          法定相続世代

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       この世代の

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       ギヤップが争族を引き起こす。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       相続の専門家が近くにいない

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                         節税が得意な税理士・

                     

                     

                     

                     

                     

                         保険外交員・不動産屋は

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                         いるが

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       どうしたら、争族で揉めないかを

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      教えてくれる専門家はいない。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      ぁ〆、こまっていない。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      困っていないから

                     

                     

                     

                     

                      生前に対策を

                     

                     

                     

                     

                     

                      考える気になれない。

                     

                     

                     

                      だからといって、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      何もしないで言い訳がない!!

                     


                    相続診断士の資格を自分で取り、相続回避に備えた方がいい!! 成年後見人・ホームヘルパーなど自分の力で社会貢献を!!

                    0

                      JUGEMテーマ:相続

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         相続診断士の資格を

                       

                       

                       

                        自分が取り、

                       

                       

                       

                        相続の知識を学び

                       

                       

                       

                        争族回避の

                       

                       

                       

                       

                        役に立てるように

                       

                       

                       

                       

                        しよう。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        トラブルになることや、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        専門的なことは

                       

                       

                       

                       

                        相続診断士のパートナー事務所が

                       

                       

                       

                       

                       

                        受け持ちます。

                       

                       

                       

                       

                        相続に関する知識を

                       

                       

                       

                       

                        身に付けませんか?

                       

                       

                       

                       

                       

                        資格取得費用は

                       

                       

                       

                       

                        ㈳相続診断士協会に

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        相続診断士受験費用として

                       

                       

                       

                       

                       

                        37800円

                       

                       

                       

                       

                       

                        必要です。

                       

                       

                       

                       

                       

                        テキストとDVDが送られ、

                       

                       

                       

                       

                       

                        学習して、試験です。

                       

                       

                       

                       

                       

                        合格すれば、

                       

                       

                       

                       

                       

                        相続診断士となります。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        企業でも、

                       

                       

                       

                       

                        社内で相続診断士をとるべく

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        推進しているところもあります。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        私の考えは、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        できるところは

                       

                       

                       

                       

                       

                        自分でやるということです。

                       

                       

                       

                        市役所の市民相談員を

                       

                       

                       

                       

                       

                        してる経験からいうと、

                       

                       

                       

                       

                       

                        そのほとんどが

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        相続・贈与問題であり、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        自分で身に付けておれば、

                       

                       

                       

                       

                       

                        その相談の7割は解決できます。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        民法の相続を学べば、

                       

                       

                       

                       

                       

                        解決の糸口を自分で

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        見つけることができます。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        高齢社会の

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        相続のトラブルに

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        備えるべく資格を

                       

                       

                       

                       

                       

                        とるのもありかな。


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      PR
                      リンク


                      私のFacebookページです



                      問い合わせ・申し込みはこちら





                      にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村

                      行政書士 ブログランキングへ


                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM