スポンサーサイト

0
    • 2019.09.04 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    連帯保証人の俺に、県保証協会から催告書が来た。 今月末までに元本3000万、延滞金900万払え!!

    0

      JUGEMテーマ:行政書士

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        催告書・・・・・・

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        事業で借金。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        銀行で借りていたのが、

       

       

       

       

       

       

       

        破産することになり、

       

       

       

       

       

       

        保証人である代表者の俺に請求!!

       

       

       

       

        破産して15年。今更督促が来るか。

       

       

       

       


         しかもいきなり。

        

       

       

       

       

       

        びっくりした。

       

       

       

       

        今月までに3000万払えるかよー。

       

       

       

       

       

        期限までに払えないときは、

       

       

       

       

       

       

        法的手続をとるとのこと。

       

       

       

       

       

        裁判にする。ということ。

       

       

       

       

       

       

        どうしたらいいのだろう。


      奨学金破産!! 奨学金の返済ができずに、自己破産!! 泣くに泣けない話。博打推進法案より、彼らを救え!!

      0

        JUGEMテーマ:行政書士

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          2人に1人の大学生が

         

         

         

         

         

         

         

          奨学金に頼っている。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          急増している問題。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          奨学金を返済できずに自己破産する。

         

         

          奨学金の債務が

         

          自己破産により、免除。

         

         

          500万で自己破産する人

         

         

          昔は、3000万ぐらいで手を挙げる人はいた。

         

         

          それでも、自己破産せずに返済している人もいる。

         

         

         

          

        大学を出て、就職さえすればとの思いが。

         

         

         

          就職氷河期の試練。

         

         

          フリータ生活では、生活で一杯。

         

         

         

         

          日本学生支援機構から、

         

         

          強制執行の通知が。

         

         

          裁判所に出向き、

         

         

          返済能力がないことを説明、

         

         

          自己破産、破産額は500万。

         

         

          親の不甲斐なさ。

         

         

          自己破産を、自己責任としてとらえ、

         

         

          こうならないように、

         

         

          周囲は、心配し動くべきだ。

         

         

          政府も彼らを救済すべきである。

         


        市営住宅の保証人になった。 それってやめた方がいいよ。今3か月滞納しているらしい。本人どうなるか考えていない!!

        0

          JUGEMテーマ:借金返済

           

           

            

           

           

           

           

           

           

             市営住宅の

           

           

           

           

           

           

           

            家賃滞納は

           

           

           

           

           

           

           

            民間の滞納より

           

           

           

           

           

           

            取り立てが厳しい。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

               市営住宅の家賃が

           

           

           

           

            払えない。

           

           

           

           

           

            急な出費や

           

           

           

           

            予想外の事態になれば

           

           

           

           

           

            払えない状況になる。

           

           

           

           

           

            公営住宅の家賃滞納は

           

           

           

           

            基本的には

           

           

           

            待ってくれない。

           

           

           

           

           

           

           

            すぐ、書面の督促と

           

           

           

           

           

            電話のやりとりがくる。

           

           

           

           

           

           

            場合により、

           

           

           

           

            延滞金が発生する。

           

           

           

           

           

            3か月の滞納で

           

           

           

           

            差し押さえ・強制退去

           

           

           

           

           

            となり、

           

           

           

           

            裁判所に手続きが

           

           

           

           

            移管される。 

           

           

           

           

           

           

           

            保証人も同じ。

           

           

           

           

           

           

            保証人の場合は

           

           

           

           

           

            いくら滞納しているのか、

           

           

           

           

           

           

           

            金額がいくらなのか

           

           

           

           

           

           

            わかりにくい。

           

           

           

           

           

           

           

           

            いきなり、

           

           

           

           

           

           

           

           

            裁判所から支払い命令が

           

           

           

           

           

           

           

            来るときもある。

           

           

           

           

           

            待ったなし。

           

           

           

           

           

            やはり、

           

           

           

           

           

           

           

            保証人にはならない方がいい。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            自己責任でなった以上

           

           

           

           

           

           

           

           

            覚悟がいる。・・・・・

           


          奨学金の返済に青春はない。 苦学して親を頼らず選択したあげく、長い返済20年毎月3万。700万なんて借りなければよかった。

          0

            JUGEMテーマ:借金返済

             

             

             

             

             

               

             

             

              奨学金の返済で

             

             

             

             

             

              苦労している

             

             

             

             

             

              若者が増加!!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

                 親の経済的理由で

             

             

             

             

             

             

              介護の専門学校を

             

             

             

             

             

             

              奨学金700万借りて

             

             

             

             

             

             

              理学療養士をとり

             

             

             

             

             

             

              卒業。

             

             

             

             

             

             

             

             

              それから、長いトンネル。

             

             

             

             

             

             

              病院等転々

             

             

             

             

             

             

              現在、給料手取り15万

             

             

             

             

             

             

             

              家賃1Ⅾkで3.5万。

             

             

             

             

             

             

             

             

              勿論一人暮らし。

             

             

             

             

             

             

              今26才。

             

             

             

             

             

             

             

              ボーナスも少ない。

             

             

             

             

             

              でも転々と離職できない。

             

             

             

             

             

              世の中、高齢者は年金暮らし。

             

             

             

             

             

             

              使わずにそのままというのも3割。

             

             

             

             

             

             

              夫婦で年金暮らし。

             

             

             

             

             

              月25万、

             

             

             

             

             

              生活していくのに十分という。

             

             

             

             

             

             

              そんななかで、何故

             

             

             

             

             

             

             

              こうなったのだろう?

             

             

             

             

             

             

              経済的理由で

             

             

             

             

             

             

              親を頼れない

             

             

             

             

              という理由は

             

             

             

             

              わかるが、

             

             

             

             

              全額を奨学金に頼るのはどうか?

             

             

             

             

             

              同じ若者でも

             

             

             

             

             

             

              まず1年、

             

             

             

             

             

              アルバイトをして

             

             

             

             

              200万位貯めて、

             

             

             

             

             

             

              スタート。

             

             

             

             

              学校いきながら、アルバイト。

             

             

             

             

             

              それでも、

             

             

             

             

             

              300万を借りるしかない。

             

             

             

             

             

             

              5年返済で月6から7万。

             

             

             

             

             

              ぎりぎりの貧乏生活。

             

             

             

             

             

             

              5年我慢するしかない。

             

             

             

             

             

             

             

              ジジババはそんな現実に

             

             

             

             

             

             

              手を差しのべるべき。

             

             

             

             

             

             

             

              自分のことだから

             

             

             

             

             

              という自立できる

             

             

             

             

             

              考えは、今の若者はない。

             

             

             

             

             

              周りが支えないと。


            連帯保証人の悪夢!! サラ金との借金。つい会社で保証人が命取りに。保証人になってはいけない。

            0

              JUGEMテーマ:借金返済

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                連帯保証人に

               

               

               

                 なったがために!!

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                 13年前の連帯保証額で

               

               

               

               

               

                 裁判所より

               

                

               

               

                 給料債権の差し押さえ。

               

               

               

               

               

               

               

                 先日、給料日。

               

               

               

               

               

               

                 4万円を持っていかれた。

               

               

               

               

               

                会社としてはどうしようもない。

               

               

               

               

               

               

               

                放置した当人を

               

               

               

               

               

                責めるわけでは

               

               

               

               

                ないが、

               

               

               

               

               

               

                最後まで、

               

               

               

               

               

                追及の手を緩めなかった

               

               

               

               

               

                サラ金の執拗なやり口。

               

               

               

               

                恐るべし、サラ金。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                弁護士に依頼。

               

               

               

               

               

                もともとの債権者の

               

               

               

               

               

               

                過払い請求

               

               

               

               

               

               

               

                債権取り立ての

               

               

               

               

               

               

                異議申し立てをすることに・・・

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                サラ金だけは、やめた方がいい!!

               


              債権差押命令が裁判所から会社に来た。なんかびっつくり!! 給料の差し押さえ通知書だ。しかも給料額が3年前のもの。恐らく社会保険事務所のデータを閲覧したのだろう。

              0

                JUGEMテーマ:借金返済

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  サラ金が

                 

                 

                 

                 

                  債権の取り立ての為、

                 

                 

                 

                 

                  チョロチョロしている。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  本人の過払いは、

                 

                 

                 

                 10年時効で落ち着いたから、

                 

                 

                 

                 今度は、サラ金の反撃。

                 

                 

                 

                 

                  野球のベイスターズ

                 

                 

                 

                 

                  ではないが、

                 

                 

                 

                 

                 

                  広島に4連勝して、

                 

                 

                 

                 

                 

                  目下、日本シリーズで3連敗。

                 

                 

                 

                 

                 

                  面目なし。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  サラ金も破竹の進撃。

                 

                 

                 

                 

                 

                  それも、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  連帯保証人に

                 

                 

                 

                 

                 

                  ターゲットを絞っている。

                 

                 

                 

                 

                 

                  連帯保証人は

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  まさか、自分のところに

                 

                 

                 

                 

                  こないと思っている。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  職場にこんなのが来たら

                 

                 

                 

                 

                 

                  今までの信用はなくなる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  会社に知られるのだから、

                 

                 

                 

                 

                  本人が借りたのと同じ。

                 

                 

                 

                 

                  下手すると首!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  本人も家族も路頭に迷う。

                 

                 

                 

                 

                 

                  借りた本人が払うもの。

                 

                 

                 

                 

                 

                  でも、おそらく

                 

                 

                 

                 

                 

                  借りた本人は逃げており、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  所在がつかめない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  おそらく

                 

                 

                 

                 

                 

                  10年から15年前のできごと。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  あなたが、

                 

                 

                 

                 

                 

                  サラ金で知り合いの保証人に

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  なったことが、

                 

                 

                 

                 

                  記憶にあるなら、

                 

                 

                 

                 

                 

                  すぐ本人に確認すべき。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  職場にこんなのがきたら、

                 

                 

                 

                 

                 

                  アウト!!

                 

                 

                 

                 

                 

                  個人のサラ金ローンは

                 

                 

                 

                 

                 

                  連帯保証が付かない

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  ものもあるが、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  事業ローンや

                 

                 

                 

                 

                  身内で死んでいる場合の相続人。

                 

                 

                 

                 

                 

                  相続放棄をきちんとしているか、

                 

                 

                 

                 

                 

                  調べた方がいい。

                 

                 

                 

                 

                  相手の動きははやい!!


                恐るべしサラ金!!15年前の貸金をどこでどうやって調べたか。給料債権差し押さえの通知が裁判所から来た。

                0

                  JUGEMテーマ:借金返済

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    なんと、

                   

                   

                   

                   

                    15年前の貸金の

                   

                   

                   

                   

                   

                    取り立てに

                   

                   

                   

                   

                   

                    裁判所から

                   

                   

                   

                   

                    債権差し押え通知書が

                   

                   

                   

                   

                    来た。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    それも知り合いの

                   

                   

                   

                   

                   

                    保証人になった。

                   

                   

                   

                   

                   

                    貸金約200万。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    何度か催促されて

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    15年間に

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    3万払ったのみ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    どこで知ったか

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    働いている職場に

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    給料差し押さえ通知が。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    不細工なことだ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   会社に知られ

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    仕事する気がなくなった。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    恐るべしサラ金。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    許してくれない。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    本人もほおっていたから、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    悪い。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    いま、サラ金が

                   

                   

                   

                   

                   

                    テレビに出ている。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   アイドルが出て、

                   

                   

                   

                   

                   

                    スマホで簡単なんて

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    いっている。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    手を出したらアウト!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    サラ金地獄にはまる。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    総量規制なんか、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    関係ない。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    安倍政権が、

                   

                   

                   

                   

                    景気上昇なんて

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    いうから、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    また株価も上昇するから

                   

                   

                   

                   

                   

                    余計始末が悪い。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    消費欲は、

                   

                   

                   

                   

                    自分自身の欲望からだ。


                  消費者金融にてをつけないように!!今日テレビで、レイク・アコム・デイック・アイフルとかってのサラ金が勢ぞろい。

                  0

                    JUGEMテーマ:借金返済

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                         サラ金を借りてた

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      苦々しい

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      記憶がよみがえる!!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                           当時は28%台

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       15%の上限が

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       グレーゾーンで

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       まかり通る時代。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       最高裁の判例として

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       15%を超える利息は

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       違法金利。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       それで世の中が落ち着いた。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      よころが、昨今

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      銀行カードローンの

                     

                     

                     

                     

                     

                      貸出額の増加。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      サラ金の台頭。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       金利は

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       15%以内だが

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       多重債務に陥る危険がある。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       景気が上向きと言い

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       サラ金から金を借りると

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       ひどい目に遭う。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       サラ金地獄の再来!!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       消費癖の人は

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       それにより

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       離婚の増加・

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       少子化の予備軍を作る。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      政府は延滞金の利率の低利・

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      法定利率が15%といえ、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      法定利息並みに

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      延滞利息をすべき。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       

                      総量規制の実施。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      金融機関の貸し出し規制を

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      すべき。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      アイフル・アコム・レイク・

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      デイック等昔の顔ぶれが、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      テレビに出だした。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      タレントが登場するから、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      罪悪感がない。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      コマーシャル動画の欠点!!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                       本当に気をつけよう!!

                     

                     


                    民法改正案14日可決!! 法定利率の引き下げ・短期消滅時効5年・連帯保証の厳格化・敷金返還の明記

                    0

                      JUGEMテーマ:生活情報

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        民法120年ぶり

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        大改正!!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                           私たちの

                       

                       

                       

                        暮らしが変わる!!

                       

                        

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         法定利率の引き下げ

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                          年5%を年3%に引き下げ

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                          交通事故の損害賠償が増額

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                          自動車保険の保険料が上がる?

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         連帯保証を厳格!!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         第三者が保証人になる場合

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         公証人による

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                          意思確認が必要。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         中小企業の事業融資で

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         親族や知人など第三者

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         のリスクを回避。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         自己破産の防止!!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         敷金返還の明記

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                          退去時のトラブル防止

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                          原状回復費用について

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                          通常の使用の損傷や

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                          経年変化については

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                          借り手に

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                          修繕する必要がないと明記

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        ぁ短期消滅時効は5年

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         飲み代のつけ払いは

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                          時効が1年が5年に

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                         ァ約款に関する

                       

                       

                       

                       

                         ルールが新設

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                          企業は内容確認を!!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                        今後も

                       

                       

                       

                       

                        民法改正の内容に

                       

                       

                       

                       

                       

                        注意を払ってください!!

                       


                      自己破産の実務  貴方はコーチングがあれば自己破産は回避できる!!

                      0

                        JUGEMテーマ:借金返済

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          

                          自己破産は

                         

                         

                         

                         

                           しなくて済む!!

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                             問題点

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                           自己破産回避の上での

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                           問題がある。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                           担保に取られている不動産を

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                           外すこと。

                         

                          

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                           法的には、詐害行為取消権と

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          いい、

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          金融機関は、借入金保全の為

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          名義を変更しようとしても

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          認めない。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          でも、ダメかと思わないでね。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          間際の名義変更がダメでも

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          合理的な理由であればよい。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          例えば婚姻20年の

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          配偶者の贈与は、

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          無税で

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          不動産の名義変更を認めている。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          その不動産の借り入れを

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          他の金融機関で借りて

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                           名義変更する。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                            それでは、

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          結局払うこと?

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          そうです。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          住み家を取られたくないのでしょう?

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          借金を肩代わりしてもらうのです。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          ローンの残高はまだ残っている。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          融資で足りない所は親に頼む。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          500万ぐらいだから、

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          優遇税制もあり

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          親も贈与しやすいはず。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          それで名義変更しても安心。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          保証人の場合も

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          同様。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          もうこれに懲りて

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          連帯保証人になどならないこと。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          近い将来

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          確実に破産するのが

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          目に見える時だ。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          起因するのは、

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          サラ金・クレジットだ。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         およそ10年前に、

                         

                         

                         

                         

                         

                          サラ金は規制されて

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          無くなっているはず?

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          だが、まだ生きている。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          銀行の陰に隠れている。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          年利15%で消費者に

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          カードローンとして

                         

                         

                         

                         

                         

                          名前を変えて、貸している。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          この金利がばかにならない。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          雪だるま式に膨れる。

                         

                         

                         

                         

                          住宅ローンより、

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          教育ローン・遊興目的のローンなど

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          金額が

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                             膨れる危険がある。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          これが自己破産の原因!!

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          住宅ローンもきついが、

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          他の原因のローンもきつい。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          人には、自己破産に

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          なる人とならない人と

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          ある。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          自分が原因と

                         

                         

                         

                          自分が原因でない場合とある。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                          どちらにしても気も付けないと!!


                        calendar
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        << November 2019 >>
                        PR
                        リンク


                        私のFacebookページです



                        問い合わせ・申し込みはこちら





                        にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                        にほんブログ村
                        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                        にほんブログ村

                        行政書士 ブログランキングへ


                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM