7月豪雨のあとかたずけなんてしたくない! 広島の豪雨災害。補助金・義援金などくるが、生活再建が一番!!

0

    JUGEMテーマ:行政書士

     

     

     

     

     

     

      補助金・助成金など

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      行政からの

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      豪雨災害の

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      復興支援の案内。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      中小企業庁からの案内がある。

     

     

     

     

     【 持続化補助金 】なんて、なんなの?

     

     

     

     

     

      被害を受けた小規模事業者が、商工会・商工会議所と

     

     

     

     

      一体で取り組む事業再建!!

     

     

     

     

      平成30年7月豪雨により、影響を受けた小規模事業者。

     

     

     

     

      補助率3分の2

     

     

     

     

      上限額 200万

     

     

     

      対象費目

     

     

     

     

     

      車両購入費

     

     

     

     

      専門家謝金

     

     

     

     

      委託費

     

     

     

     

     

      設備廃棄等費

     

     

     

     

     

      新しい機械を入れて事業を再開、

     

     

     

     

      これまでに逃がした受注を取り戻したい。

     

     

     

     

      ということで、支援。

     

     

     

     

      300万使って200万補助!!

     

     

     

     

      ないよりはあったほうがいいが、

     

     

     

     

      貰えるものかどうかわかったもんじゃない。


    個人所有の裏山のがけが崩れて災害。豪雨災害の原状回復費用・賠償はどうしたらいいか?

    0

      JUGEMテーマ:行政書士

       

       

       

       

       

          豪雨災害で、

       

       

       

          個人所有の裏山が崩れて被災。

       

       

       

       

       

       

       

          がれきの徹去費用。補修費等何かと時間とお金がかかる。

       

       

       

       

       

       

       

       

          この費用をだれが負担するのか?

       

       

       

       

       

       

       

       

          行政は、個人と個人との問題だから、

       

       

       

       

         当事者同しで話し合いをして下さい。

       

       

       

       

         と逃げの一手。

       

       

       

       

       

        裏山なんてほとんど個人所有。

       

       

       

       

       

        宅地造成をしても、所有者は個人。

       

       

       

       

        宅地造成の許可申請は県。

       

       

       

       

       

         県の許可がないと、宅地造成はできない。

       

       

       

       

        そんな状況で、裏山が崩れた場合。

       

       

       

       

         個人の責任と言い切れない。

       

       

       

        今から、はてしない戦いが始まる。

       

       

       

       

       生活再建に一生懸命なのに、これ以上の苦しみは耐えられない。


      災害支援の割り切れなさ!! 被災住宅の住宅ローンの減免手続。半壊の家に住めないのに最大減免500万・債務整理で弁護士に。めんどくさー

      0

        JUGEMテーマ

        行政書士

         

         

         

         

         

         

         

         

            豪雨災害で家が半壊に。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

                 罹災証明はとったが

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

            建ててからまだ10年。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

             フラット35で、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

               3000万も未だ残債は、

         

         

         

         

         

         

         

               2500万。

         

         

         

         

         

         

         

         

          2次災害の危険性もあり、

         

         

         

         

         

         

         

          住むのは嫌だ。

         

         

         

         

         

         

          土地価格も下がり、売るに売れない。

         

         

         

         

         

         

           このまま住宅ローンを払い続けないといけないのか。

         

         

         

         

         

         

         

           被災住宅の住宅ローン減免があると聞き、

         

         

           

         

         

         

           銀行に問い合わせ。

         

         

         

         

         

         

         

         

           債務整理ガイドラインに沿い、

         

         

         

         

         

         

         

         

          減免ができる。

         

         

         

         

         

          ただ、最大500万。

         

         

         

         

          弁護士をとうしての、債務整理。

         

         

         

         

          3000万のローン残高。現預金1200万の場合。

         

         

         

           現預金500万残し700万返済。

         

         

         

           残り2300万減免。

         

         

         

           そんなに金を蓄えている人はわずか。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

            簡易裁判所に、

         

         

         

         

         

         

         

           特定調停申し立て。

         

         

         

         

         

           家の中を洗いざらい。

         

         

         

         

         

         

           債務整理なんて、弁護士をとうしてやるなんて。

         

         

         

         

         

         

           金融機関で審議できないの?

         

         

         

         

         

           自然災害だよ。サラ金で破産ではないのだよ。

         

         

         

         

         

           真面目にやってほしい!!


        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>
        PR
        リンク


        私のFacebookページです



        問い合わせ・申し込みはこちら





        にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
        にほんブログ村
        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
        にほんブログ村

        行政書士 ブログランキングへ


        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM