流川のママの経営指導!!  キャバクラはどうやっていくのか。その裏事情を教える!!

0

    JUGEMテーマ:ビジネス

     

     

     

     

     

     

     

     

           流川・薬研堀界隈の

     

     

     

     

     

       飲食店は、

     

     

     

     

     

       時代の変遷で

     

     

     

     

     

     

     

       移り替わりが激しい。

     

     

     

     

     

     

     

       舟入の川沿いにあった

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

       キャバレー月世界も

     

     

     

     

     

     

     

       今はゴルフ練習場。

     

     

     

     

     

     

     

     

      流川にあった

     

     

     

     

     

     

     

     

      安くて、中年の女性がいる

     

     

     

     

     

     

      ピンクサロン

     

     

     

     

     

     

      一時は

     

     

     

     

     

     

     

     

      たけのこのように

     

     

     

     

     

     

     

     

      あちらこちらに乱立。

     

     

     

     

     

     

     

     

      金がないサラリーマン金太郎

     

     

     

     

     

     

      にとり、

     

     

     

     

     

     

     

      家庭では味わえない

     

     

     

     

     

     

     

     

      ストレス解消の場。

     

     

     

     

     

     

     

     

      今では

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      ほとんどなくなり、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

       性風俗としては

     

     

     

     

     

     

     

     

     

       デリヘルに転換。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

       若い女性の働く場として

     

     

     

     

     

     

     

     

      10年前から、

     

     

     

     

     

     

     

      キャバクラ・

     

     

     

     

     

     

      ガールズバーが擡頭。

     

     

     

     

     

     

     

      クラブの勢力図が

     

     

     

     

     

     

     

     

      塗り替えられている。

     

     

     

     

     

     

     

      人材も

     

     

     

     

     

     

      18歳から25歳までは

     

     

     

     

     

     

     

      異動が激しい。

     

     

     

     

     

     

     

     

      そんななかでも

     

     

     

     

     

     

     

     

      キャバクラの

     

     

     

     

     

     

     

     

      経営は

     

     

     

     

     

     

     

      素人が手を出すには

     

     

     

     

     

     

     

      リスクがある。

     

     

     

     

     

     

     

     

      大阪や福岡で

     

     

     

     

     

     

     

      キャバクラの黒子修行を

     

     

     

     

     

     

      したりして、

     

     

     

     

     

     

     

     

      空気を読むことが必要かも。

     

     

     

     

     

     

     

     

      それか

     

     

     

     

     

     

     

     

      ミニクラブからの

     

     

     

     

     

     

     

      転換。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      どちらにしても、

     

     

     

     

     

     

     

     

      経験か勇気が必要。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      店を出すのに

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      2000万ぐらいいる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      既存店を買い取っても

     

     

     

     

     

     

     

      リフォームに

     

     

     

     

     

     

      1000万はいる。

     

     

     

     

     

     

     

      設備投資が大きい業種。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      同業者・893対策も必要。

     

     

     

     

     

     

     

      一時

     

     

     

     

     

     

      そんな店も出たが、

     

     

     

     

     

     

      5年から3年で消滅している。

     

     

     

     

     

     

     

      ママさんも挑戦してるが、

     

     

     

     

     

     

     

     

     やはりうまくいかないのは

     

     

     

     

     

     

     

     何故なのだろう。・・・

     

      


    民泊は空き家対策の受皿となるか!! 6月9日住宅宿泊事業法(民泊法)が成立、2018年1月施行

    0

      JUGEMテーマ:行政書士

       

       

       

       

       

       

       

       

          住宅に旅行者を

       

       

       

       

        有料で泊める

       

       

       

       

       

        民泊を

       

       

       

       

        解禁!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        但し

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        年間営業日数を

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        上限180日とする

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        のが難点!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        既存のホテル・旅館との

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        規制がある。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        家主に県への

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        届を

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        義務付け。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        誰でも民泊を営めるようにする。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        企業が民泊事業の参入を図る。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        楽天・レオパレス21など

       

       

       

       

       

       

        民泊事業を検討!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        民泊市場は、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        2000億と20年には

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        17年の2・4倍になる。

       

       

       

       

       

       

        今後、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        騒音やごみ処理などの

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        住民の暮らしを守る

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        ルールの整備の規制緩和

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        が必要!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        180日ルールは

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        利益が出るかという

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        問題がある。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        とはいえ、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        民泊の許可申請は、

       

       

       

       

        今やブームとなり

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        許可を取り

       

       

       

       

       

       

       

       

        空き家対策の

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        活成化になればという

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        地域の動きもある。

       

       


      てるみくらぶ破産! 涙の謝罪後山田社長は雲隠れ 被害は最大9万人・100億円

      0

        JUGEMテーマ:ビジネス

         

         

         

         

         

         

         

          格安航空会社

         

         

          てるみくらぶの誤算!!

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          山田千賀子社長

         

         

         

          は66歳。

         

         

         

         

          今どこで何をしているか!

         

         

         

          東京都渋谷区のオフィスビルの

         

         

         

          ガラス扉は

         

         

         

         

          臨時休業

         

         

         

         

          山田社長の所在は

         

         

         

          不明。

         

         

         

         

          自宅マンションは、

         

         

         

         

          逃げるように

         

         

         

         

         

          引っ越し。

         

         

         

         

         

          雲隠れ状態。

         

         

         

         

         

         

         

         

          資金繰りの杜撰な状態

         

         

         

         

          があらためて後悔される。

         

         

         

         

         

          資金繰りは

         

         

         

          確かに

         

         

         

         

          難しい。

         

         

         

         

          そうなる前に歯止めは

         

         

         

          と思うのだが、

         

         

         

         

          ずるずると負債が広がるもの

         

         

         

         

         

          自転車操業は

         

         

         

         

         

          止まらないもの!


        ママの「就職オーデイション」の取り組み  日経記事より12・5

        0

          JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

           

           

           

            「主婦自ら仕事の経験と能力を

           

           

             アピールしてみよう。」

           

           

               

               就業を希望しながら、求職活動をしていない人は

           

           

                 男性112万人に対して

           

           

                  女性は3倍の301万人・・・・・

           

           

                  主婦の掘り起こしは

           

            

                    日本経済の底上げに欠かせない。

           

           

                働きたいが働いていない主婦の7割は・・・・・

           

                

                   [タΥ間が長いことによって

           

                    感じる不安

           

           

                 ◆^藥と両立できるか

           

                

                  人間関係でうまくやれるか

           

           

                 ぁ’齢制限で

           

                     仕事がみつけにくいのでは

           

           

                 ァ仝渋紊里笋衒に適応できるか

           

           

                 Α/靴燭忙纏を覚えられるか

           

           

                 А〕事の際に早退や

           

                     休むことができるか

           

           

                 ─‖領鰐未粘兇犬詆坩

           

           

                  家事と両立できるか

           

           

                  資格や経験がない不安

           

           

                  と、リクルートはいう。

           

           

           

                あなたはどの不安?


          NPO法人設立許可申請に係るトラブルについて

          0
            JUGEMテーマ:行政書士

            NPO法人設立許可申請に係るトラブルについて 
                            上申書を提出!!


            私は行政庁宛てにNPO法人の設立申請を提出し、行政庁は受理しております。
            申請書の記載事項に不備がなく、必要な書類が添付されていること等の法令に定められた申請の形式上の要件に適合している場合として適式な申請をしたことになります。

            行政手続法は「行政庁は、申請をしようとする者又は申請書の求めに応じ、申請書の記載及び添付書類に関する事項その他の申請に必要な情報の提供に努めなければならない」と定めています。
            申請書受付前の事前相談は文字通り市民からの「求めに応じた情報提供」の域にとどまるべきものだと解されます。


            窓口行政では、事前指導に従わない申請書について、その受取・受付を拒むということは、行政手続法にいう「申請人の権利」を手続的に侵す違法措置だといわなくてはならないのです。
            事前情報提供の原則とともに「相手方が行政指導に従わなかったことを理由として不利益な取扱いをしてはならない」こと(32条2項)と申請の取下げや内容変更の指導は市民が従う意思がないときは続けてはならないこと(33条)との類推適用に反すると思われます。
            行政手続法7条によれば、書類不備な申請で手直しがきくものについては、行政庁は必ず「補正を求める」という窓口行政指導をしなくてはならないのです。
            有意味な補正要求をしないで申請拒否したら手続的に違法な処分として争われます。

            かつ、行政庁は許認可の認否を判断するために必要な基準(審査基準)を定めることを要求して判断しなければならないとされています。
            又、申請書の返戻行為ですが、返戻・返送は法的には(篝技愼街坩戮⊃柔舛侶措暗「拒否」処分か実体的「拒否」処分かです。↓の処分は行政庁が自覚的に文書形式を整え、受付拒否としての申請書の返戻が不可です。行政手続法では、申請書の返戻は説明書きをつけてする補正要求としてすべきであり、返戻というより明瞭な補正要求書を送るべきであり、申請の形式的又は内容的な「拒否処分」は、それを明示した通知書によらなければならないとされています。


            申請の内容につきまして申し上げます。

            特定非営利活動促進法は、特定非営利活動を行う団体に法人格を付与すること並びに運営組織及び事業活動が適正であって、公益の増進に資するNPO法人の認定に係る制度を設けること等により、ボランティア活動をはじめとする市民が行う自由な社会貢献活動としての特定非営利活動の健全な発展を促進し、もって公益の増進に寄与することを目的としています。
            従いまして、この法律に基づき、NPO法人を設立するために法律に定められた書類を添付した申請書を行政庁に申請し、後日行政庁より「申請書を返却します」と書かれたメモで返却されました。
            今回の申請書のやりとりに対して、行政手続としての適正な手続をお願いしたいと思います。

            /該瑳蠡海任了愿Δ砲弔まして(補正指導)
            申請書の内容の体裁によりワープロ文字・数の半角・全角の不統一や文字の配列についての指摘は、個人の個性や技能の相違がワープロについてはあり、行政庁と一致することはなかなかありません。
            そうであるならば行政庁で入力の方法などマニュアル化したものを事前に用意してください。
            又、決算内容の数字の不備を指摘することは、事業活動の内容が基準と適合しないということとは別の問題と思います。
            行政庁の担当者が市民に対して上から目線的なものの言い方、言葉は丁寧でも自らの主張を曲げないやり方、歯向かうのなら許可しないぞという姿勢が伺われます。

            ⊃概墜睛討了愿Δ砲弔まして(補正指導)
            当団体の活動について理解に苦しまれているようです。団体の活動の説明の文言の違いについて関係官庁に違法性がないか照合をさせ、事業活動の確認をとらせておいて、その結果報告を当団体より受けながら判断を無視するというやり方はいいかどうか、理解に苦しみます。
            F鹽拏蟯屬僚駑爐里笋蠅箸蠅砲弔まして(補正指導)
            顛末書にありますように、申請書一式のやり直し、役員の承諾書(役員の直筆)の再提出をさせています。
            な峙僂垢詬由を書面にて回答していないことにつきまして(補正指導)
            口答やメモで済ませるというやり方は、行政庁に日参したことに対する仕打ちですか。書面にして指摘してもらえたら改善のしようがあります。


            以上のことを踏まえまして再度審議をお願いいたしたく、又補正理由書を送付していただきたくお願いいたします。

            当文書の到達からご連絡がない場合は行政手続法に基づき、法的措置をとらせていただきます。
            市民として私が活動しております事業活動にご理解いただき、宜しくご協力のほどお願い致します。
            敬具


             

            NPO法人設立の申請

            0
              JUGEMテーマ:行政書士
              H27/09/03

              NPO法人設立の申請

               
               
              NPO法人を設立する為に広島市に申請書類を提出しました。
              窓口は広島市の係ですが、
              NPO法人は増加して担当者のいうことには、申請も多いが、
              認可されても活動が休廃業している法人も多いので、
              本当にやる気があるのかをダメ出しされました。

               
              法人の増減は自然の世の中の流れがあって、自己責任です。
              おたくに懐の中を言われたくない」という思いです。

              NPO法人設立にあたって出した上申書はコチラ。



              (クリックで拡大画像を開きます。)




               

              公的融資・補助金を活用するために

              0
                11/25
                公的融資・補助金を活用するために
                ■コンサル会社のセミナーに参加して私見!!

                このセミナーは確か10年くらい前にも開催された気がする。題目も同じ。
                ただ当時と少し違うのは時代の移り変わりのせいか、内容が違っている部分もある。
                今回は70人出席していたが、前回は50人くらいだった気がする。
                少し増えているのは景気が戻ってきていないせいなのだろうか。


                内容は中小企業新事業活動促進法、いわゆる経営革新と呼ばれるものだ。
                当時私が会計事務所にいたころ、この経営革新をとるために広島県に日参したものだ。
                県から認定がおりてお金が下りるわけではない。

                ただ中小企業にとってみればこの法律に基づいて広島県から認定されれば、いわば優良企業のお墨付きをもらうようなものだ。
                その認定書をもとに金融機関に「お金貸して。これ取ったから」といってお金をせびる子供のようだ。


                当時10社ぐらい申請書を作成して経営革新の設定をもらった。おかげで広島県の担当者と仲良くなったのと、県に対する申請の方法をマスターしたのがメリットだったかな、印象に残ったのはそれくらい。
                時は10数年。経営革新なんて言葉はすっかり忘れていたが、生きていたんだ。
                当時セミナーを受けたあと中小企業の経営者と2人で「ねえ、やろうよ。コンサル料で50万くらいもらえるで」と胸算用をしていたが、結局ものにならず流れた記憶がある。


                今回は経営革新の骨格となる中小企業経営革新支援法と創業+新連携がひっついている。   
                経営革新には事業計画に取り組みしやすい企業となじまない企業がある。   
                簡単に言えば、いらっちの中小企業には向かない。じっくりと自社の事業計画に取り組めるくらいの金と余裕がないといけない。


                経営革新計画承認企業(東京都)の新聞掲載記事を見てびっくりした。
                広島県も10年前に新聞に載せていたが、私の知る限り7,8年前からやめていると思う。
                やはり東京は視野が広い。きちんとやることはやっている。
                だからコンサルタント企業も必要なのだ。


                「できない言い訳はない できる方法を考えよ」
                とはセミナーのメインテーマになっているが、いい言葉だと思う。
                何事もだ。経営だけではないと思う。   

                国民生活金融公庫での創業融資の申し込みは  ■500万決定通知に助かったとあんどの心の中

                0
                  JUGEMテーマ:税金と確定申告
                          
                   
                  H25/10/22

                  国民生活金融公庫での創業融資の申し込みで本当に借りれるのか?

                   

                  ■500万決定通知に助かったとあんどの心の中!!


                   

                   創業融資として起業をすると国民生活金融公庫が資金を支援してくれる。これが簡単なようで意外と要件が厳しい。

                   

                   申込書類を一式もっていくと担当者は社長さんにお聞きしたいので、行政書士さんは待合室で待っていただけませんか。と申し込みの段階でブロック!! 「そりゃあオレが借りるんじゃないから、ごムリごもっとも!!」とはらの中で納得したが、内心いい気持ちはしない。
                  「以前、会計事務所の補助者のときは数字の説明の時は社長の横の同席もOKだったんだけどなあ…税理士と行政書士は信用度が違うんだろう、まあいいか」とブツブツいいながら、面接時間を手持ぶさたで待合室にいた。小一時間くらいたった頃だろうか、社長が来た。
                  「いやあ、厳しいことを言いますね。事業計画のポイントや自己資金の調達など聞いてきました」 やはり社長自らが事業計画を立案していないから計画自体にもろさがあったようだ。案の定、そんなときは10日位して、お断りの文書が紙一枚送られてくる。

                   

                   そっけないものだ。創業融資を受けようとすると、要件をきちんとクリアさせ、計画を経営者自ら策定させないといけないなあ、とおもっていた。

                   

                   今回、ある会社の社長が創業して半年だけど運転資金が足りなく資金繰りが何か月か先にはショートしそうといってきた。

                   

                   実際、試算表や資金繰表、預金の動きなどをチェックしてみると、それはヤバイ!! 決算も近くなって赤字の決算を出してからでは誰も貸してくれない。すぐ書類を整えて申し込みをした。勿論、今回は社長自らが事業計画書を作り、自らの手で書き、提出させた。 試算表はこちらで作成したのだが、内容をチェックして提出して慎重にした。創業費・開発費・開業費など繰延資産に資産計上して、経費にしなかった。など…

                   

                   

                   実際、自己資金も多く、必要な資金は自己資金でまかなえたのだが、運転資金が乏しくなっているので資金繰りは大変だ。申込みをして1週間位で面接があって社長が国民生活金融公庫へと行った。ほどなくして、帰って私に連絡があった。「終わりました。いやあー、いろいろ聞かれました。今後事務所を見にいくといわれました」 それを聞いて、あっ今回は大丈夫だなと思った。だって貸しもしないのに行くやつはいない。(原則としてだが)

                   

                   

                   社長は不安そうだ。 そうこうしていると2、3日して国民生活金融公庫からOKとの連絡が入った。けど、「1000万は無理ですよ、500万で融資OKですから」それから、3日して入金が500万入った。

                   

                   

                   社長が喜んだのなんの、誰もいなかったら飛び上がって喜んだろうに、私のところにお礼の電話がありました。 「いや、社長さんの融資を受けたい。という熱意が通じたのですよ」(そうしろと私が言ったのだけど) 「よかったですね」と私も人ごとながら喜びました。「大事に使って下さい。無駄なものは買わないように」と、まるで親が子供に小遣いをあげる時のようだ。

                   

                   

                   結局創業融資が下りたということは国民生活金融公庫も、人(経営者)を見る目があるんだなあと、変なところで相手に感心しました。そうなるとドラマのようです。銀行にも同様の創業融資制度がありますが、ちょっと、ニュアンス的な違いがみられるのは、私の気のせいなのでしょうか? ともかく、ひさびさに明るい仕事でした。


                   


                   


                  国民生活金融公庫での創業融資の申し込みは  ■500万決定通知に助かったとあんどの心の中

                  0
                    JUGEMテーマ:税金と確定申告
                            
                     
                    H25/10/22

                    国民生活金融公庫での創業融資の申し込みは

                    ■500万決定通知に助かったとあんどの心の中!!

                     

                    創業融資として起業をすると国民生活金融公庫が資金を支援してくれる。これが簡単なようで意外と要件が厳しい。
                     
                    申込書類を一式もっていくと担当者は行政書士ですが社長さんにお聞きしたいので、待合室で待っていただけませんか?と申し込みの段階でブロック!!
                    「そりゃあオレが借りるんじゃないから、ごムリごもっとも!!」とはらの中で納得したが、内心いい気持ちはしない。「以前、会計事務所の補助者のときは数字の説明の時は社長の横の同席もOKだったんだけどなあ…税理士と行政書士は信用度が違うんだろう、まあいいか」とブツブツいいながら、面接時間を手持蓋さで待合室にいた。小一時間たったろう社長が来た。「いやあ、厳しいことを言いますね。事業計画のポイントや自己資金の調達など聞いてきました」
                    やはり社長自らが事業計画を立案していないから計画目印にもろさがあったようだ。案の定、そんなときは10日位して、お断りの文書が紙一枚送られてくる。
                     
                    そっけないものだ。創業融資を受けようとすると、要件をきちんとクリアさせ、計画を経営者自ら策定させないといけないなあ、とおもっていた。
                     
                    今回、ある会社の社長が創業して半年だけど運転資金が足りなく資金繰りが何か月か先にはショートしそうといってきた。
                     
                    実際、試算表や資金繰表、預金の動きなどをチェックしてみると、それはヤバイ!!
                    決算も近くなって赤字の決算を出してからでは私も貸してくれない。すぐ書類を整えて申し込みをした。勿論、今回は社長自らが事業計画書を作り、自らの手で書き、提出させた。
                    試算表はこちらで作成したのだが、内容をチェックして提出してのは慎重にした。創業費・開発費・開業費など繰延資産に資産計上して、経費にしなかった。など…
                    実際、自己資金も多く、必要な資金は自己資金でまかなえたのだが、運転資金が乏しくなっているので資金繰りは大変だ。押し込みをして1週間位で面接が
                    あって社長が国民生活金融公庫へといた。ほどなくして、帰って私に連絡があった。「終わりました。いやあー、いろいろ聞かれました。今後事務所を見にいくといわれました」
                    それを聞いて、あっ今回は大丈夫だなと思った。だって貸しもしないのにいくやつはいない。(原則としてだが)社長は不安そうだ。
                     
                    そうこうしていると2、3回して国民生活金融公庫からOKとの連絡が入った。けど、「1000万は無理ですですよ、500万で融資OKですから」それから、3日して入金が500万入った。
                     
                    社長が喜んだのなんの、誰もいなかったら飛び上がって喜んだろうに、私のところにお礼の電話がありました。
                    「いや、社長さんの融資を受けたい。という熱意が通じたのですよ」(そうしろと私が言ったのだけど)
                    「よかったですね」と私も人ごとながら喜びました。「大事に使って下さい。無駄なものは買わないように」と、まるで親が子供に小遣いをあげる時のようだ。
                     
                    結局創業融資が下りたということは国民生活金融公庫も、人(経営者)を見る目があるんだなあと、変なところで相手に感心しました。そうなるとドラマのようです。銀行にも同様の創業融資制度がありますが、ちょっと、ニュアンス的な違いがみられるのは、私の気のせいなのでしょうか?
                    ともかく、ひさびさに明るい仕事でした。




                     


                     


                    NPO法人のずさんな考え方 ■改正NPO法を踏まえた税務と会計

                    0
                      JUGEMテーマ:行政書士
                       

                      H25/8/23   

                      NPO法人のずさんな考え方

                       

                      ■改正NPO法を踏まえた税務と会計

                       

                       

                       日本公認会計士協会中国会主催 広島県・広島市後援で 8月20日(火)に改正NPO法を踏まえた税務と会計に関する研修会が 広島商工会議所で開催されました。

                       

                       

                       平成24年4月より改正NPO法が施行になり 税制優遇や新しい会計基準の要請など NPO法人を取り巻く環境は大きく変化していると言えます。

                       

                       

                       私も平成20年3月にNPO法人広島シューレを設立しました。 当初は音楽団体として設立されたが、現在は定款変更して高齢者・障害者の就労支援、子育て支援、地域の防犯・交通安全事業など幅広い活動を展開中です。 また、現在平成25年8月にNPO法人遺品整理を考える会を設立したばかりです。

                       

                       

                       平成20年の時はNPO法人もまだ少なく、管轄も広島県であり、申請手続きのために県に5〜6回日参した経過が思い出されます。 官庁手続きのことをお百度参りとよく言われるが、まさにその典型! 一字直してまた来ると今度はこの部分がふさわしくないので直してくださいと。
                        6回目くらいの時にはいい加減にキレて当時の担当者を怒鳴りつけて「いい加減にしろ 何回直せばいいのか。 まとめて指摘しろよ、上司を呼んで来い!」と言いました。 すると急におとなしくなってそれで書類はOKとなった。バカみたい!!

                       

                       

                        官庁というところは形式や書類を重んじるところがあるけど、役人根性という言葉があるくらい内容はメンタルな面が多いのです。

                       

                       

                       なつかしいというか苦いというか、そんな思い出があるNPO法人の設立でした。 だから私みたいに税理士事務所の番頭と言われ30年以上勤めた人間にとってみれば、NPO法人の会計なんて個人商店の単式簿記しかわからない人間のままごととしかうつらないです。
                        ようやく今日改正NPO法となり、その変更も発生主義の切替、複式簿記の採用等の会計原則の変更 これって私が税理士試験を受けたときに(ほぼ30年前)に財務諸表論を一所懸命覚えさせられた会計原則を言っているに過ぎない。 企業会計は管理会計から税効果会計・減耗会計・時価会計など国際基準の波をくぐって現在に至っている。 それから見ればまさに赤ちゃん会計です。
                        それがNPO法人を指導する立場の人も当のNPO法人の責任者も会計のこととなると苦手意識があります。 その一例が助成金申請です。 助成金申請時の申請理由となると、関係者はとうとうとまくし立てるが その後の具体的なビジョンが欠けています。 助成金が交付されたとしてもあとは貰ったらこっちのものという意識が強く、 活動内容の経理処理が付いてこないのです。 従って終了時にあわてて活動終了報告書を作っています。

                       

                       

                        NPO法人には営利企業と違って寄付行為で収支が成り立っているという現状やボランティア活動をしているという現状があります。
                        その為に営利目的であるか非営利目的であるかの区別が重要となり、税務署もこの線引きに目を付けます。 だが、実際には分けることが難しいです。 NPO法人の会計原則の明瞭化に伴う今回の改正は喜ばしいことです。今後NPO法人を運営していくには税務や会計に目を向けることは必要だからです。

                       

                       

                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村 士業ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ

                       


                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      PR
                      リンク


                      私のFacebookページです



                      問い合わせ・申し込みはこちら





                      にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村

                      行政書士 ブログランキングへ


                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM