<< 夏は試験勉強の試練!!暑さで過酷なスケジュールを乗り越えよう ■4回も不合格となった受験生は勉強の仕方が悪いのか? | main | タクシーの運転手の高齢化に要注意 ■あなたはおじいちゃんの運転手に自分の命を託せますか? >>

スポンサーサイト

0
    • 2019.09.04 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    焼肉店XXXの客をバカにした店員の不祥事 ■客をなめてんのか!! 

    0
      H25/7/22                              JUGEMテーマ:行政書士

      焼肉店XXXの客をバカにした店員の不祥事

      ■客をなめてんのか!! 

       

      JUGEMテーマ:怒ったこと

       日曜日、お客さんから相談がありました。その相談内容はというと。

      「7月20日(土) 近くの焼肉店に何人かで、夕方5時過ぎに食べにいきました。その店は歴史も古く何回か行ったことのある店で明朗会計で安心できる店でした。いつものように13番テーブルで食べ放題の焼肉コースを注文し、食べていた私はふと何気なくガラス越しに厨房を見ると、黒いポロシャツを着た一見イケメン風な細身の青年がタバコを吸いながら作業をしている現場を見たのです。一瞬、自分の目を疑いました。店内も夕方で客が5組くらい入ってざわざわしている時間帯です。

       タバコの煙が私の方にまで流れてきます。一瞬、この店は喫煙してもいいのだなと思いました。ん、待てよ?だけど客ではない。厨房のバイト店員がタバコをふかしながら、調理している。

       


       

       こんなことが許されるのか!飲食の世界では、タバコは手に臭いが付くので職人は禁煙しろとまで言われています。私は思わず、店内で「タバコの臭いがくさい」と叫びました。すると店長らしき女の人が近寄ってきて、「どうされましたか?」と言ったので、「厨房でタバコを吸いながら調理をしているが、店ではそういうことを許しているのか?」 「タバコは所定の場所でと言っております。」「じゃあ、調理しながら客が見えるところで喫煙するのは注意しろ!」と。
        店長は当の本人の所へ確認にいったようですが、そのままその報告もなく戻ってこない。たまりかねて、帰るときに店長らしき先程の女の人を呼んで、「確認した?」「はい、注意しました。申し訳ございませんでした。」「客は見ていないようで見ているんだぞ、町内に住んでいるけれど、店でタバコを吸いながら調理していることがうわさになったらどうするんだよ、お宅の社長に言おうか?」というと、ぶすっとした表情となりました。その女性店長は前々から、客のサービスより、バイトと楽しそうにおしゃべりして夢中になる傾向があった人でした。

       


       

       でも今日は何かヘン!!一番にたれを持ってくるはずのバイトの女の子が催促しないともってこない。カルビ二人前と言ったらカルビ一人前を持ってくる。おまけに肉がかたい(かたいのは店のやり方?なので責められない。)食事中ずっと小バエが近くにいる。厨房が不衛生なのでしょう。

       また、衝撃的だったのはおしぼりの交換をしたときに、そのおしぼりに女の人の髪の毛が入っていた。初めは業者のおしぼりでビニール袋に入っていたのだが、交換したときに持ってきたのは、おそらく店で洗ったものだと思う。経費節約でよくある話だけど、髪の毛くらいは注意しないと。客はそれで手を拭いたり、口をぬぐったりするのだから。分かった以上気持ちが悪い。

       客は楽しい憩の一時を店で食事をするためにきているわけであり、しかもお金を払っているんだぞ。あなたはどう思います?

       本当は!!上の幹部の考えが下のバイトにまでしみ渡って、でたらめな接客態度になってくる。調理しながらの喫煙、おしぼりの髪の毛の混入、バイトの注文ミス、責任者を注意する客に対してのはぶてた態度・・・  何人かの真面目な男女のバイトもいたけれど、やさしい接客も一部のバイトの態度によって誤解されることになる。何はともあれ責任者が、平気で喫煙したバイトをかばう態度が客をおろそかに扱う態度として表れているのが情けない。

       楽しい雰囲気の食事もこれらの不祥事で気分が台無しになりました。特に厨房は客からは見えにくいところで盲点です。中で何をしているかわからなくて、店の衛生面も清潔に保たれているか不安です。 さっそく、焼肉店の社長や保健所に対して、事の次第をまとめた通告文を内容証明として出すことになりました。これを許すと客が分からないと思って増長するので訴えたいのですが・・・」と。

       


       

        横川の飲食店は店の衰退が激しく、まじめに一生懸命やっている夫婦のお店が、客の入りが少なく、一年位で閉じてしまうことも二・三店あります。横川に住んでいる人にとってまじめにやっていることが分かるだけに寂しさが心に残ります。そんな店は決まって味がいいのに、何故やめるのか?分かりません。反面、こういった横着な店が何年も存続しているのは何か間違っているのかと思います。潰れないのは、チェーン店ならではの資本力なのでしょうか?でも同じチェーン店でもラーメン店などは努力している店もあるので、一概にそうとは言えないのでしょうに?店長の考え方一つなのでしょうか?

       複数店を経営している本部の人も各店を巡回していろいろチェックすべき反省点です。

       

        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
      にほんブログ村 士業ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.09.04 Wednesday
        • -
        • 10:50
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>
        PR
        リンク


        私のFacebookページです



        問い合わせ・申し込みはこちら





        にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
        にほんブログ村
        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
        にほんブログ村

        行政書士 ブログランキングへ


        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM