<< 介護難民  その2  病院や医師に対して患者の人権宣言が必要!! 権利宣言案のチエックをしよう。 | main | がんと仕事の厳しい両立!!  がん患者は30%が依頼退職・4%が解雇に追い込まれる!!! >>

スポンサーサイト

0
    • 2019.09.04 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    医療現場を訴える その1 人違い中絶事件ー同姓同名の患者が医療ミスで出産の女性を中絶!!

    0

      JUGEMテーマ:病気

       

       

       

       

       

       

       

       

        人違い中絶事件!!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      当時妊娠4か月の主婦。

       

       

       

       

       

       

       

      病院に

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      定期健診に行ったところ

       

       

       

       

       

       

       

       

      同姓同名の女性と

       

       

       

       

       

       

       

       

      間違われて、

       

       

       

       

       

       

       

       

      妊娠中絶手術を

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      されてしまうという

       

       

       

       

       

       

       

       

      事件!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      自分の姓を

       

       

       

      呼ばれたので

       

       

       

      自分の番が来たと思い

       

       

       

      主婦は

       

       

       

      返事をして

       

       

       

      診察室に入った。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      看護婦は、

       

       

       

      妊娠中絶をする予定の

       

       

       

      女性を呼んだのだが、

       

       

       

      彼女は運悪く

       

       

       

      トイレに行って

       

       

       

      待合室に

       

       

       

      いなかった。

       

       

       

       

       

       

       

       

      そこにいたのは

       

       

       

       

       

       

      同姓の被害にあった主婦だ。

       

       

       

       

       

       

       

       

      診察台に上ると、

       

       

       

       

       

       

       

      看護婦は

       

       

       

       

       

       

       

      姓を確かめただけ。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      診察台の上には、

       

       

       

       

       

       

       

       

      小さな

       

       

       

       

       

       

       

       

      カーテンがかかり

       

       

       

       

       

       

       

       

      患者と医師は診察中。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      顔を合わせない。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      担当の医師は、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      看護婦に

       

       

       

       

       

       

       

       

      言われるまま。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      自分では

       

       

       

       

       

       

       

       

      本人か

       

       

       

       

       

       

       

       

      確認もせず

       

       

       

       

       

       

       

       

      顔も見ず

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      言葉も交わさず

       

       

       

       

       

       

       

       

      機械的に処置をする。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      主婦は、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      途中で

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      おかしいことにきずいて、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      やめてーと叫んだが、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      看護婦に

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      取り押さえられ

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      そのまま

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      中絶手術をされてしまった。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      その後、

       

       

       

       

       

       

      病院は

       

       

       

       

       

       

      主婦に

       

       

       

       

       

       

      流産だったことにしてくれと

       

       

       

       

       

       

      事故を隠そうとした。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      主婦はこれを

       

       

       

       

       

       

      拒否し

       

       

       

       

       

       

      新聞におおきく報道された。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      結局、担当医師は

       

       

       

       

       

       

       

      病院を辞めさせられた。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      もし流産で済ませることに

       

       

       

       

       

       

       

      同意してたら

       

       

       

       

       

       

       

      医師は

       

       

       

       

       

       

       

       

      口頭注意だけで

       

       

       

       

       

       

       

      診察を続けていただろう。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      この事件は

       

       

       

       

       

       

       

      初歩的な

       

       

       

       

       

       

       

      医療以前のミスとして

       

       

       

       

       

       

      多くの医師から批判された。

       

       

       

       

       

       

       

       

      だが、ここには

       

       

       

       

       

       

       

      臨床治療の問題を

       

       

       

       

       

       

      多く含んでいる。

       

       

       

       

       

       

       ^綮佞抜擬圓隆愀犬希薄で

       

       

       

       

        一方通行であること。

       

       

       

       

       

       

      ◆^綮佞楼貎佑隆擬圓

       

       

       

       

        人間として見ずに

       

       

       

       

       

        身体や局部だけを

       

       

       

        見ていること。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       医師が

       

       

       

       

        患者と顔と顔突き合わせて

       

       

       

       

        話す時間が

       

       

       

       

       

        ないこと。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ぁ^綮佞盍埜酩悗

       

       

       

       

        忙しすぎる。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ァ〇塞愎猷覆凌濃‖罎

       

       

       

       

       

       

        医師と患者の間に

       

       

       

       

       

        カーテンをおろす

       

       

       

       

       

        不自然なスタイルを

       

       

       

       

       

       

       

        いまだにとっていること。

       

       

       

       

       

       

       

       

        患者は診察台の上で

       

       

       

       

       

       

       

        下半身むきだしのまま

       

       

       

       

       

       

       

        診察を待つという。

       

       

       

       

       

       

       

        牛や馬の病院を連想すると

       

       

       

       

       

       

       

        外国では不評。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        患者の多い大病院では、

       

       

       

       

       

        医師は流れ作業のように

       

       

       

       

       

        患者を処置していく。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        人違いが起こっても

       

       

       

       

       

       

       

        おかしくないという

       

       

       

       

       

       

       

       

        医療体制の問題に

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        行き着く。

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.09.04 Wednesday
        • -
        • 04:51
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        PR
        リンク


        私のFacebookページです



        問い合わせ・申し込みはこちら





        にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
        にほんブログ村
        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
        にほんブログ村

        行政書士 ブログランキングへ


        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM