<< がんと仕事の厳しい両立!!  がん患者は30%が依頼退職・4%が解雇に追い込まれる!!! | main | 医療現場を訴える!その3 患者の自己決定権の侵害や説明義務(インフォームドコンセント)違反 >>

スポンサーサイト

0
    • 2019.09.04 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    医療現場を訴える!! 医療トラブルの防止・支援の為、社団法人設立・6月より業務開始!!

    0

      JUGEMテーマ:病気

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       社団法人医事訴訟センター

       

       

       

      (仮称)設立

       

       

       

       

       

       6月より

       

       

       

       

       

       

        業務開始!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        医師の責任に関して

       

       

       

       

        診療過誤及び

       

       

       

       

        医事訴訟について

       

       

       

       

        損害賠償そのものが

       

       

       

       

       

        社会に発生する損害の

       

       

       

       

       

        公平な分担を目的とします。

       

       

       

       

       

        医事訴訟の特殊性から

       

       

       

        

        実体、手続的に

       

       

       

       

       

        どのような関連で

       

       

       

       

       

        行われ、

       

       

       

       

       

        解決が

       

       

       

       

       

        どの方向で

       

       

       

       

       

        図られるべきかについて

       

       

       

       

       

        業務を運営していきます。

       

       

       

       

       

        患者と医師の利益が

       

       

       

       

        対立するため

       

       

       

       

       

        診療ないしその説明を

       

       

       

       

       

        巡って双方の調整が

       

       

       

       

       

        大切となります。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        医事訴訟の特殊性

       

       

       

       

       

        患者は、処置をして

       

       

       

       

        病気を

       

       

       

       

        治してほしいという

       

       

       

       

       

        希望に従い、

       

       

       

       

       

        医師や医療機関との間で

       

       

       

       

       

        治療を行うことを

       

       

       

       

       

        目的とした

       

       

       

       

       

        医療契約を

       

       

       

       

       

        結びます。

       

       

       

       

       

        そして医師は

       

       

       

       

       

        患者の疾患について

       

       

       

       

       

        診療当時の

       

       

       

       

       

        医療が到達している

       

       

       

       

       

        医療水準にしたがい、

       

       

       

       

       

        最善の診断と治療を

       

       

       

       

       

        目指します。

       

       

       

       

       

        しかしながら、

       

       

       

       

       

        診療の過程で

       

       

       

       

        悪い結果が発生することは

       

       

       

       

       

        避けられません。

       

       

       

       

       

        そのようなときに

       

       

       

       

        患者・遺族から

       

       

       

       

        医師や医療機関に対して

       

       

       

       

       

        過失の

       

       

       

       

       

        損害の

       

       

       

       

       

        賠償を求める訴訟を

       

       

       

       

        します。

       

       

       

       

        医療過誤訴訟です。

       

       

       

       

       

        患者の

       

       

       

       

       

        賠償請求を考えたとき

       

       

       

       

       

        患者の利益と

       

       

       

       

       

        医師の利益の

       

       

       

       

       

        調整が

       

       

       

       

       

        求められます。

       

       

       

       

       

       

        事実や知識について

       

       

       

       

       

        優位に立つ

       

       

       

       

       

       

        医療側と

       

       

       

       

       

       

        立証の面で

       

       

       

       

       

       

        弱い立場にある

       

       

       

       

        患者側との間で

       

       

       

       

       

        どのような均衡を図るかです。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       社団法人の業務は

       

       

       

       

       

       そのような

       

       

       

       

       

       社会的な時代の要請に

       

       

       

       

       伴い、

       

       

       

       

        またこれらの目的に沿い

       

       

       

       

        運営されます。

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.09.04 Wednesday
        • -
        • 04:25
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        PR
        リンク


        私のFacebookページです



        問い合わせ・申し込みはこちら





        にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
        にほんブログ村
        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
        にほんブログ村

        行政書士 ブログランキングへ


        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM