<< 朝の通勤時間帯。西広島バイパスで、追突事故!!おかまを掘られたが、事故内容によれば立派な犯罪だ!! | main | 遅い事故対応!! 警察の現場検証が遅い。何にも進んでいない、弁護士に委任して。着手金10万! >>

スポンサーサイト

0
    • 2018.12.07 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    追突事故!! 事故の真相は何なのか。今から究明される。あり得ない事実!スマホ運転なんかするな。現代の凶器、スマホ。

    0

      JUGEMテーマ:生活情報

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        追突事故!!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      今、事故扱いの為、

       

       

       

       

      これから、現場検証をする。

       

       

       

       

      早くしないと、意味ないよ!

       

       

       

       

       

       

      事故の真相は何か?

       

       

       

       

       

      本人が一番よく知っている。

       

       

       

       

       

       

      それも聞き取りのまずさか。

       

       

       

       

       

      、まだわからない。

       

       

       

       

       


      今では

       

       

       

       

      5日もたち、

       

       

       

       

       

      相手も証拠隠滅したり、

       

       

       

       

       

       

      保険会社の代弁など

       

       

       

       

       

       

      事実が風化される。

       

       

       

       

       

       

       

       

      追突事故の原因は

       

       

       

       

       

       

       〇纏のことを考え、前方不注意。

       

       

       

       

       

       

      ◆〃搬單渡辰鮖藩冀罅

       

       

       

       

       

       

       テレビを見ながら運転。

       

       

       

       

       

      ぁ.好泪枴匱蟇薪勝

       

       

       

       

       

       

       

       

      事故の衝突具合によれば

       

       

       

       

       

       

       

      バイパスでの事故

       

       

       

       


      西広島バイパスは、

       

       

       

       

       

       

       

      朝の8時頃は、渋滞で

       

       

       

       

       

       

      ノロノロ運転。

       

       

       

       

       

       

      そのときの衝突事故で

       

       

       

       

       

       

       

      被害者は2週間の加療。

       

       

       

       

       

       

      かなりのスピード。

       

       

       

       

       

       

      車搭載カメラはつけているが

       

       

       

       

       

       

      当時、作動してなかった。

       

       

       

       

       

       

       

      これも本人の怠慢。

       

       

       

       

       

       

       

      ちゃんとつけろよ。

       

       

       

       

       

       

      意味ないだろう。

       

       

       

       

       

       

       

      事故は起こらないという甘え。

       

       

       

       

       

       

       

      真実はやがてわかるが、

       

       

       

       

       

       

      交通事故も

       

       

       

       

       

       

      日常化。

       

       

       

       

       

       

      むち打ち症の恐さを、

       

       

       

       

       

       

      本人はしらない。

       

       

       

       

       

       

      だからこそ、いい加減にできない。

       

       

       

       

       

       

       

      よく調べて、

       

       

       

       

       

       

      この事故の原因を調査しないと

       

       

       

       

       

       

      何故事故をしたのか、納得できない!!

       

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.12.07 Friday
        • -
        • 05:37
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        2425262728  
        << February 2019 >>
        PR
        リンク


        私のFacebookページです



        問い合わせ・申し込みはこちら





        にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
        にほんブログ村
        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
        にほんブログ村

        行政書士 ブログランキングへ


        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM