粉飾決算はできるもの。資金繰りで考えさせられる。数字の改ざんは悪なのか!!

0

    JUGEMテーマ:税金と確定申告

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

      今、確定申告期間中!!

     

     

     

     

     

     

      この時期に

     

     

     

     

     

     

     

      問われるのは、

     

     

     

     

     

     

     

      自分の会社を

     

     

     

     

     

     

     

     

      未來予測しているかだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

      確定申告をして、

     

     

     

     

     

     

     

     

      提出されるというか、

     

     

     

     

     

     

     

      するのは

     

     

     

     

     

     

     

     

      確定申告書

     

     

     

     

     

     

     

      申告決算書

     

     

     

     

     

     

     

     

      だ。

     

     

     

     

     

     

     

      銀行で言われるのは

     

     

     

     

     

     

     

      この決算書を見せて欲しい。

     

     

     

     

     

     

     

      融資には

     

     

     

     

     

     

      必ず、要求される。

     

     

     

     

     

     

     

      その時、内容が

     

     

     

     

     

     

     

      ちゃんとしてるかだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

      それを予測して、

     

     

     

     

     

     

      申告に臨んで欲しい。

     

     

     

     

     

     

      納税の問題ではない。

     

     

     

     

     

     

      勿論、納税は

     

     

     

     

     

     

       

      大事な国民の義務だが、

     

     

     

     

     

     

      みずからにとり、

     

     

     

     

     

      会社の内容が他人にどう映るかが

     

     

     

     

     

     

      自営業をしている人にとり、

     

     

     

     

     

     

     

      大事なのだ!!


    セクハラで会社の事務員が辞めた。相手は社長。誰もが信じられない。第三者委員会を集めて事情聴取!!

    0

      JUGEMテーマ:ビジネス

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      会社の事務員が

       

       

       

       

       

      セクハラをされたと言い

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      辞めた。

       

       

       

       

       

       

       

      相手の女性は

       

       

       

       

       

       

      50代の女性、

       

       

       

       

       

      いわゆるおばさん。

       

       

       

       

       

       

      みんなが信じていない。

       

       

       

       

       

       

      セクハラをされたおばさんに

       

       

       

       

       

      聞いてみた。

       

       

       

       

       

       

      誰もいないとき、

       

       

       

       

       

       

      肩に手をやられたと

       

       

       

       

       

       

       

      意味不明のセクハラ行為。

       

       

       

       

       

       

       

       

      ボデイタッチがセクハラか。

       

       

       

       

       

       

       

      最近、女性の言葉で

       

       

       

       

       

       

      本人や周囲を

       

       

       

       

       

       

      戸惑わすことがおおい。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      何か言うと、

       

       

       

       

       

       

      それってセクハラですよ。

       

       

       

       

       

       

       

       

      痴漢騒ぎみたいに

       

       

       

       

       

       

      冤罪に人を巻き込む。

       

       

       

       

       

       

       

      たしかに、悪いことだが、

       

       

       

       

       

       

      言葉や行為の

       

       

       

       

       

       

      一挙手一投足があたるのか。

       

       

       

       

       

       

       

      真実は分からないときもある。

       

       

       

       

       

       

       

      どこかの市長のように、

       

       

       

       

       

       

       

      乾杯の返礼は、

       

       

       

       

       

       

       

      酒の場の文化という人もいるが、

       

       

       

       

       

       

       

      文化ではないが、

       

       

       

       

       

       

      いやなら断ればいいのだ。

       

       

       

       

       

       

       

      断れないのなら、

       

       

       

       

       

       

      そういうところに

       

       

       

       

       

       

      行かなければいいのだ。

       

       

       

       

       

       

       

      酒飲みのおじさん

       

       

       

       

       

       

      相手に付き合うことは無い。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      女性専用車両に

       

       

       

       

       

       

       

      おればいいのに、

       

       

       

       

       

       

       

      男女共通車両に行くから、

       

       

       

       

       

       

      痴漢に遭いやすいのだ。

       

       

       

       

       

       

       

      アダムとイブがある以上、

       

       

       

       

       

      セクハラはなくならない!!


      奨学金の罠!! 借りたらだめ。教育支援なんてとんでもない。サラ金地獄現代版。果ては自己破産。

      0

        JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

         

         

         

         

         

         

         

         

         

                 奨学金の罠!!

         

         

         

         

         

         

         

          組織変更で

         

         

         

         

         

         

         

        育英会から

         

         

         

         

         

         

         

        奨学金支援学生機構

         

         

         

         

         

         

        利息はとるし、

         

         

         

         

         

         

        返済期間も15年

         

         

         

         

         

         

        へたすると、

         

         

         

         

         

         

        完済しても、もう

         

         

         

         

         

         

         

        年齢は40歳。

         

         

         

         

         

         

         

         

        結婚も、子育ても無理。

         

         

         

         

         

         

        何の為の人生か。

         

         

         

         

         

         

        奨学金を借りてまで

         

         

         

         

         

         

        何をしたいのか。

         

         

         

         

         

         

        弁護士・税理士・

         

         

         

         

         

        介護士・保育士・・・・

         

         

         

         

         

         

         

         

        教育格差がこうなる。

         

         

         

         

         

         

        無償ならいいが、

         

         

         

         

         

         

        有償は駄目。

         

         

         

         

         

         

         

         

        いつかは返さないとダメ。

         

         

         

         

         

         

         

        だから借りない方がいい。


        高卒認定試験講座!!横川にあるのだ、生徒問合せ。本人高校中退。今アルバイトで家計を応援。

        0

          JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

              高卒認定試験講座

           

           

           

           

           

            概要。

           

           

           

           

           

           

           

          本人問い合わせの

           

           

           

           

           

           

          ないよう。

           

           

           

           

           

           

           ^造ぁー業料。

           

           

           

           

            月12000円。

           

           

           

           

           

           

          ◆―軌譟■坑以。

           

           

           

           

           

           

           横川で近い。

           

           

           

           

           

           

           

          ぁ仝鎚婿愼魁▲泪鵐帖璽泪鷸愼魁

           

           

           

           

           

           

           

           

          保育士になりたい。

           

           

           

           

           

           

          将来資格を取れば

           

           

           

           

           

           

          食べていける。・・・・

           


          民泊申請における民泊営業申請!! 平成30年6月に施行。届け出の行政機関がバラバラ。

          0

            JUGEMテーマ:ビジネス

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            住宅(戸建住宅・共同住宅等)の

             

             

             

             

             

             

            全部・一部を貸して

             

             

             

             

             

             

            宿泊サービスを

             

             

             

             

             

             

             

            提供することを

             

             

             

             

             

             

             

            民泊という。

             

             

             

             

             

             

             

             

            多様化する宿泊ニーズ、

             

             

             

             

             

             

             

            急増する外国人

             

             

             

             

            観光客の宿泊需要。

             

             

             

             

             

             

             

            空き家の有効活用等の

             

             

             

             

             

             

            地域活性化。

             

             

             

             

             

             

            民泊に対する様々なニーズに

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            応え、宿泊者の安全性の確保。

             

             

             

             

             

             

             

             

            近隣住民とのトラブル防止。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            適切な規制の中で

             

             

             

             

             

             

             

             

            民泊を推進することが

             

             

             

             

             

             

            できるように

             

             

             

             

             

             

             

            民泊新法が

             

             

             

             

             

             

            平成30年6月15日に

             

             

             

             

             

             

            施行。

             

             

             

             

             

             

             

             

            概要

             

             

             

             

             ヾ憤彌表蟇超筏可の必要。

             

             

             

             

            ◆々埓機関の営業許可が必要。

             

             

             

             

             行政機関へ届け、登録が必要。 

             

             

             

             

             


            試用期間15日目から、態度が豹変するものがいるから、要注意人物。労働基準監督署は甘えさせすぎ。

            0

              JUGEMテーマ:労働問題

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              試用期間中は

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               真面目に

               

               

               

               

               

              素直に仕事を

               

               

               

               

               

               

               

              しているが、

               

               

               

               

               

               

              試用期間を超えると、

               

               

               

               

               

               

               

              急に態度が

               

               

               

               

               

               

               

              豹変する。

               

               

               

               

               

               

               

              試用期間を

               

               

               

               

               

               

              超えるとは、

               

               

               

               

               


              会社の就業規則で

               

               

               

               

               

              定めている

               

               

               

               

               

               

              3カ月とか6か月という

               

               

               

               

               

              試用期間でなく

               

               

               

               

               

               

              労働基準法上の

               

               

               

               

               

               

               

              解雇予告が

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              必要な14日。

               

               

               

               

               

               

               

               

              解雇予告手当を

               

               

               

               

               

               


              狙った

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              常習犯。

               

               

               

               

               

               

               

               

              30日間の解雇予告期間を

               

               

               

               

               

               

               

              在職させても、

               

               

               

               

               

               

               

               

              まわりに悪影響。

               

               

               

               

               

               

               

              解雇予告手当を払い

               

               

               

               

               

               

               

              即時解雇。

               

               

               

               

               

               

               

               

              前の会社でもしたよう。

               

               

               

               

               

               

               

              面接時での

               

               

               

               

               

               

               

               

              水際作戦。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              転職回数や

               

               

               

               

               

               

              勤続期間が短いものは

               

               

               

               

               

               

               

              その理由を聞いた方がいい。

               

               

               

               

               

               

               

              困ったものだ!!

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              試用期間は終わったが、本採用を拒否できるか? 試用期間とは何なのか、よくこの言葉の意味を考える。

              0

                JUGEMテーマ:労働問題

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  試用期間とは、

                 

                 

                 

                 

                会社が

                 

                 

                 

                 

                本人の適性や

                 

                 

                 

                 

                能力等を

                 

                 

                 

                 

                見極め、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                正社員にするかどうかを、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                判断する期間。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                試用期間中に

                 

                 

                 

                 

                 

                正社員として、

                 

                 

                 

                 


                ふさわしくないと

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                判断したら、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                本採用を拒否できる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                本採用を拒否できる

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                裁量の範囲も

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                通常の労働契約の

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                解消よりも

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                幅広い。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                試用期間中であっても、

                 

                 

                 

                 

                 

                14日を越えて、15日以降

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                引き続き、雇用した時は、

                 

                 

                 

                 

                 

                解雇の際の

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                30日前の解雇予告か、

                 

                 

                 

                 

                 

                解雇予告手当を

                 

                 

                 

                 

                 

                (30日以上の平均賃金)

                 

                 

                 

                 

                 

                を払わないといけない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                14日までに判断するのは

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                短すぎて、判断できない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                試用期間中の

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                労働者について、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                会社は就業規則に定めた

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                3か月なり6か月の

                 

                 

                 

                 

                 

                試用期間中に

                 

                 

                 

                 

                 

                判断すればいいとしている。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                が、労働者から見れば、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                試用期間が終われば

                 

                 

                 

                 

                 

                正社員になれると、

                 

                 

                 

                 

                 

                思っている。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                思い込んでいるものも、いる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                お互いの認識の違いは明らか。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                そこで、トラブルになる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                本採用をしないのなら、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                早く判断した方がいい。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                そして、本採用取消の通知を

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                本人に出した方がいい。

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                雇ってみたら経歴を詐称していた! 誤った内容で判断をし、会社が処分を決める。

                0

                  JUGEMテーマ:労働問題

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    経歴を偽り、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  入社後に

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  発覚。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  採用の条件となる

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  重要な経歴詐称で

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  あれば、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  解雇しても構わない。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  経歴詐称とは

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   年齢・最終学歴・職歴・

                   

                   

                   

                   

                   

                  犯罪歴・保有資格等・健康告知・・・・・・

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  会社にとり、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  何が「採用の条件となる

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  重要な経歴詐称に」

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  にあたるのかは、判断は異なる。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  解雇する場合でも、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  懲戒解雇か普通解雇かは、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  会社の判断。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  経歴詐称は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  嘘をついて、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  入社しているという事実に

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  変りはない。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  その者を採用していなければ、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  他の者を

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  採用していた。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  人事上、

                   

                   

                   

                   

                   

                  賃金や人員配置に

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  混乱をもたらしたことは、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  解雇事由に該当する。


                  懲戒解雇は即時処分される重い処分!! 懲戒解雇は労働者に対して行われる懲戒処分で、不利益は大きい。

                  0

                    JUGEMテーマ:労働問題

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     懲戒解雇は、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    企業秩序の違反者に

                     

                     

                     

                     

                     

                    厳しい処分。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    懲戒解雇の場合に

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    対してとられるのは、

                     

                     

                     

                     

                     

                    制裁罰による

                     

                     

                     


                    即時解雇という方法。

                     

                     

                     

                     

                    退職金は不支給。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    その後の

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    就職活動においても、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    懲戒解雇をされたものは、

                     

                     

                     

                     

                     

                    まず採用しない。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    10人未満の事業所で

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    就業規則がない場合

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    労働条件通知書等に

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    明示するといい。

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    就業規則の

                     

                     

                     

                     

                     

                    制裁の規定。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    懲戒解雇

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    各号の一つに該当する場合は

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    懲戒解雇に処する。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     正当な理由なく無断欠勤した場合。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ◆〃沙事件で有罪の判決を受けたとき。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     重要な経歴を偽り、採用されたとき。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ぁ”務心得に違反した場合で、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      その事案が重大なとき。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ァ)醜圈脅迫その他不法行為をして、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      著しく社員としての

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      対面を汚したとき。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    Α\掬な理由なく、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      しばしば業務上の指示・命令に

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      従わなかったとき。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    А〇篝験莨紊糧鶲禮坩戮

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      会社に対する

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      誹謗中傷等により、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      会社の名誉信用を

                     

                     

                     

                     

                     

                      傷つけ、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      業務に重大な悪影響を

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      及ぼすような行為があったとき。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ─_饉劼龍般馨綵斗廚

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      秘密を外部に

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      漏洩して会社に損害を与え、

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      または業務の正常な運営を

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      阻害したとき。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     その他前各号に準ずる

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      程度の不都合な行為の

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                      あったとき。

                     

                     


                    モンスター社員の撃退法!! 非常識な言動をするパート社員に告ぐ。貴方はモンスターだ。

                    0

                       JUGEMテーマ:労働問題

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      非常識なモンスター社員が

                       

                      増えている。

                       

                       

                       

                       

                       

                      会社は労基法を

                       

                      守らないといけないが、

                       

                       

                       

                       

                       

                      その範囲で、

                       

                      ルールを

                       

                      設けることもできます。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       一緒に働くには、

                       

                       

                       

                       

                      共通のルール必要。

                       

                       

                       

                       

                       

                      法令を遵守した対処法。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      何の前触れもなく、

                       

                       

                       

                       

                      突然、退職してしまう

                       

                       

                       

                       

                       

                      パート社員。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      電話一本で退職を告げるもの

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      退職届を郵送で送りつけるもの

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      もちろん、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      業務の引継ぎも行わず、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      まわりはその対応で、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      てんやわんや。 

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      防止する方法。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      退職の手続を明確にし、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      退職の際の

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ルールを示す。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      就業規則に

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      「〇日までに退職届をもって

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      申し出なければならない」

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      旨が記載されていることを

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      確認し、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      就業規則を遵守するという

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      誓約書を書かせる。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      労働者には、認識させる。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      業務の引継ぎをせずに、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      辞めたものは、何らかの

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ペナルテーを与える。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      法的な拘束力はないが、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      会社のルールだと認識させる。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      労働者が辞めることにより、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      会社に損害を与えた場合は

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      現実に生じた損害については、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      使用者が

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      パート労働者に請求する

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ことは、問題ない。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      額を定めずに

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      使用者が

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      損害を受けた場合には、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      その損害額に応じて、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      賠償を請求すると

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      定めることも違法性はない。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      実損、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      代替要員の人件費・

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      外注費など請求しよう!!


                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      PR
                      リンク


                      私のFacebookページです



                      問い合わせ・申し込みはこちら





                      にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村

                      行政書士 ブログランキングへ


                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM