スポンサーサイト

0
    • 2019.02.22 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


      ありえない医療ミス。医者の適性の問題!! 医療連携はデタラメ。!!

    0

      JUGEMテーマ:生活情報

       

       

         10年前の医療ミス

       

       

       

          ベールに包まれる。


       

       

        隠された医師の医療ミス!!

       

       

       

       

       医療との連携の嘘

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

         母が死んだ。

       

       

       

       

       

        とある病院で!!

       

       

       

       

       

        死因は 肺炎!!

       

       

       

       

       

        昨今のように

       

       

       

       

        寒い季節だった。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        当時、母は

       

       

        ある老人保健施設

       

       

       

       

       

        入居していた。

       

       

       

       

       

       

        1カ月の定期入院ということで

       

       

       

       

       

       

        私もその意味がわからずに

       

       

       

       

       

        その施設と提携している

       

       

       

       

        ある病院にいかされた。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        今日が1か月の退院日。

       

       

       

       

       

       

       

        朝、病院に行き、退院準備をした。

       

       

       

       

       

       

        そのとき、母は咳気味で、

       

       

       

       

       

       

       

        担当医師に面会し、

       

       

       

       

       

        風邪気味であり

       

       

       

       

       

       

        今日の退院は

       

       

       

        無理ではないかと

       

       

       

       

       

        申し立てたら、

       

       

       

       

       

       

        医者は大丈夫ですよ。

       

       

       

       

       

       

        今日が予定日なので

       

       

       

       

       

       

        昼には施設に帰ってもらいますよ。

       

       

       

       

       

       

       

        と聞く耳を持とうとしなかった。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        夕方病院から電話があり、

       

       

       

       

       

        母が危篤と。

       

       

       

       

       

       

       

        すぐ駆け付けると、

       

       

       

       

       

       

        あの担当医師が

       

       

       

       

       

        人工呼吸をしていた。

       

       

       

       

       

       

       

       

        肺炎を起こしていると、

       

       

       

       

       

       

       

        コンピューターの画面を指し示した。

       

       

       

       

       

       

       

        確かに、肺と思られるところが

       

       

       

       

       

       

       

       

        真っ白になっている。

       

       

       

       

       

       

       

       

        わずかの人工呼吸をし、

       

       

       

       

       

       

        個室のベットで、

       

       

       

       

       

        なぜそこなのか?

       

       

       

       

       

       

        なぜ医師ひとりなのか?

       

       

       

       

       

       

        不審に感じつつも

       

       

       

       

       

       

        見守っていた。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        30分ぐらいで

       

       

       

       

        医者が手を止め

       

       

       

       

       

       

       

        ご臨終ですという。

       

       

       

       

       

       

       

        あまりのあっけなさに呆然とした。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        追い立てられるように

       

       

        病院を

       

       

       

       

       

       

       

        後にして、

       

       

       

       

       

       

        母の遺体と共に

       

       

       

       

       

       

        車に乗り、

       

       

       

       

       

       

        近くの

       

       

       

       

       

       

        玉泉院に遺体を安置し

       

       

       

       

       

       

        母と二人きりの通夜をした。

       

       

       

       

       

       

        そのとき、はじめて涙が出た。

       

       

       

       

       

       

       

       

        あの医者は許せない!!

       

       

       

       

       

       

       

        白々しくも

       

       

       

       

       

        病院の玄関で

       

       

       

        頭を下げる

       

       

       

       

       

        医者と看護師2名の

       

       

       

       

       

        姿が頭から離れない。

       

       

       

       

       

        あれから、10年

       

       

       

       

       

        殺人罪の時効は15年

       

       

       

       

       

        医療ミスとして

       

       

       

       

        提訴して

       

       

       

       

       

        誰が・何処にその原因が

       

       

       

       

        あるのか突き止めたい

       

       

       

       

       

       

       

        一度は思いとどまったが

       

       

       

       

       

           訴えても、母の

       

       

       

       

        供養にならないと。しかし、

       

       

        このままでいいのか!!


      トイレケアのための介護環境の確認

      0
        JUGEMテーマ:介護
        〜トイレケアのための介護環境の確認〜
        良い老後を迎えるために



        トイレのケアは介護では大切です。どのくらいの介助が必要かは周囲の環境や
        本人の身体によって変わりますが、オムツでなくトイレが使えれば介護がしやすくなります。
        トイレが使えるかどうか、必要になった時のために確認してみましょう。

        ・起き上がれますか?(大丈夫なら次へ)
        .戰奪匹良は広いか(シングルベッドで幅98cm以上)
        ▲泪奪箸柔らかすぎないか(柔らかすぎるもの、エアマットは×)
        5き上がる動作を練習している(あおむけ→片肘をついて起きる→座れる)
        □ベッドが広ければ起き上がりやすい。適度な固さのマットなら支えになります。
         
        ・立ち上がれますか?(大丈夫なら次へ)
        .戰奪匹蝋發垢ないか、移動用バーを取り付けてあるか
        ⇔ち上がってトイレの動作を練習している(足を引き、十分前屈みになる)
        □ベッドの高さが適度だと立ち上がる動作が楽になります。バーは介助がいる人には(完全に寝たきりでなければ)必要です。
         
        ・ポータブルトイレが使えますか?(大丈夫なら次へ)
        介護用のポータブルトイレか(足が引けるか。高さが適切か。台型は不可)
         
        ・車イスから便座に移れますか?(大丈夫なら次へ)
        車イスは本人の身体にあわせてに調節してあるか
        (レッグレストの長さ、シートの奥行き、肘あての高さ)
        ・トイレが使えますか?
        自分で便座に移れるか(手すりの位置、便座の高さ)

         

        老けないための筋トレをしましょう

        0
          JUGEMテーマ:生活情報
          H27/07/13
          「高齢者新聞ふれあい」より
           
          老けないための筋トレをしましょう
           
          年を重ねて高齢になってくると、年を取るごとに
          寝たきりライン」は着実に近づいてきます。

           
          筋トレは「500円貯金」と一緒。
          日々コツコツと貯金していけばありがたい財産です。
           
          ウォーキングだけではダメ。筋トレとの両方を
          習慣にしていると相乗効果が得られます。

          毎日15分の運動タイムを取りましょう。
          自分のベッドやデスクにいるのは禁止。
          自宅でできるスクワットや筋トレの運動、掃除、洗濯など
          なんでもいいから身体を動かしましょう。

           

          calendar
           123456
          78910111213
          14151617181920
          21222324252627
          28293031   
          << July 2019 >>
          PR
          リンク


          私のFacebookページです



          問い合わせ・申し込みはこちら





          にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
          にほんブログ村

          行政書士 ブログランキングへ


          selected entries
          categories
          archives
          recent comment
          recommend
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM