スポンサーサイト

0
    • 2019.09.04 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    自治体の線引き合併を検討!2040年に自治体の半数が消滅の危機に陥る。東京都政はよく考えて金を使え!!

    0

      JUGEMテーマ:行政書士

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

         2040年には、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        自治体の半数が

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        消滅の危機に陥る。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        人口減少の過疎化は

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        急速に加速する。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        県単位の問題ではない。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        島根と鳥取は1県に。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        広島県は

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        三次・広島・福山の

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        3広域自治体にする。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        人口減少社会では

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        コンパクトシティが欠かせない。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        住民の生活圏と

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        行政の区割りは一致しない。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        現在の自治体は

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        人口が増えるのが

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        当たり前の時代にできたもの。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        自治体同士の広域合併も

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        視野に入れて

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        地方再生を大胆にしないと

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        市町村を残すことではない。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        人口減少社会に

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        対応し得る統治機構としての

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        見直し作業がいる。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        2040年は、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

        歴史としては、もうまじかである。


      警告!不動産をお持ちの方、相続税回避の為愚策を弄するな。銀行・不動産業者の投資話には罠がある!!

      0

        JUGEMテーマ:相続

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

           あなたが頼りと

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          している方は

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          どなたですか?

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          地元の銀行員

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          大手の不動産業者

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          セミナーを

         

         

         

         

          開催している業者

         

         

         

         

         

         

          

         

         

         ・・・コンサルタントの人

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          この方たちは

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          

         

         

          あなたの財産が

         

         

         

         

         

          欲しいのです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          うまく取引が

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          成立したとして

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          10年後には

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          この人たちは

         

         

         

         

         

         

          何処にいますか?

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          おそらく

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          今の席には

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          ほとんどの方が

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          いません。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          異動か転勤か

         

          

         

         

         

         

          退職してます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          相続税というものは

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          その時

         

         

         

         

         

         

          節税になったとしても、

         

         

         

         

         

         

         

         

          大局を見れば

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          損をしていることが多いのです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          ではどうすればいいか?

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          相続財産を減らすのには

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          相続税の対象になる

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          課税相続財産を

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          どうするかです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          まず、

         

         

         

         

         

         

         

          不動産投資の話に

         

         

         

         

         

         

          のってはいけない。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          サブリース契約なんて、

         

         

         

         

         

         

         

          もっての外です。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          長い目で

         

         

         

         

         

         

         

          資産運用を図り、

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          相続税をそのなかで

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          どうとらえるかです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          セミナーに行き

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          その場の雰囲気に

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          洗脳されてはいけない。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          彼らは相続のリーダー

         

         

         

         

         

          として訓練を

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          受けています。

         

         

         

         

         

         

         

         

          家族信託などの銀行系も

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          彼らの知識は

         

         

         

         

         

         

          その殆どの人は

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          経験と実積に

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          もとずいたものではない。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          マニュアルに

         

         

         

         

         

         

         

          書かれているから

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          しゃべれるのである。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          暦年課税も、

         

         

         

         

         

         

          結局相続財産

         

         

         

         

         

         

         

          として把握される

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

          財産の分与の特例にすぎない。

         

         

         

         

          結局、自分の自己責任だ!!

         

         

           


        高齢社会の相続の悩み”   70才を過ぎると、将来に不安がともる!!

        0

          JUGEMテーマ:相続

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            相続税を

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            はらわなくてもいい!!

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             わたしの相続財産だが、

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            人生80年は、

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            あっという間!!

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            人の計算は

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            すぐできるけど

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            自分のことになると

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            なかなかぴんと来ない。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            入院でもすれば、

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            自分の終点を悟るのだが。

           

           

           

           

           

           

           

            なかなか、

           

           

           

           

           

           

           

           

            そうはならないものだ。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            夫婦二人して

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            ためた財産、

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            退職金や住まいの不動産。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            うまく配分ができない。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            人生と同じで

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            うまくいかないものだ。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            よく遺言書を

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            書いたらというが

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            誰でも簡単にできるものでない。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             いま68歳となると

           

           

            

           

           

           

           

             あとわずか!!

           

           

           

           

           

           

           

            

             でもいつおわるのか!!

           

           

           

           

           

           

           

           

           

             誰にもわからない。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            高齢化社会だと

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            いわれて、自分も

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            その分母と分子の数値に

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

            はいっているのだ!!

           

           

           

           


          法定相続情報証明制度が法務局にて開始!! 相続登記が未登記のまま放置され相続人の負担を回避できるか?

          0

            JUGEMテーマ:行政書士

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              相続登記が

             

             

             

             

             

              未了のまま

             

             

             

             

             

             

              放置されている

             

             

             

             

             

             

              実態が現実!!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              そのために

             

             

             

             

             

               所有者不明土地問題

             

             

             

             

             

               空き家問題

             

             

             

             

             

             

              等を引き起こしている。

             

             

             

             

             

             

              地域の防犯・防災

             

             

             

             

             

              新たな施設・道路の建設の障害 

             

             

             

             

             

              になる。

             

             

             

             

             

             

              相続登記が

             

             

             

             

             

             

              不徹底の

             

             

             

             

             

             

              理由は

             

             

             

             

             

             

              現行制度が、

             

             

             

             

             

             

              相続手続で

             

             

             

             

             

             

              膨大な書類と煩雑な手順を要し

             

             

             

             

             

             

              なによりも費用がかかること。

             

             

             

             

             

             

             

              それが

             

             

             

             

             

             

              相続人にとり

             

             

             

             

             

             

              負担になる。

             

             

             

             

             

              という事実!!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              政府は、

             

             

             

             

             

             

              昨年6月 

             

             

             

             

             

              日本再興戦略2016等を

             

             

             

             

             

              閣議決定し、

             

             

             

             

             

             

              相続登記を

             

             

             

             

             

             

             

              促進するため、

             

             

             

             

             

             

              本制度が創設されたのである

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              相続登記の促進のためであり

             

             

             

             

             

             

              相続財産に不動産を

             

             

             

             

             

             

              含まない場合も

             

             

             

             

             

             

              相続全般に利用することも可能。

             

             

             

             

              ちいさな一歩の前進といえる。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              この制度が

             

             

             

             

             

              不動産登記の不便性を

             

             

             

             

             

             

              解決できるわけではない。

             

             

             

             

             

             

             

              が

             

             

             

             

             

             

              相続情報として

             

             

             

             

             

             

              代理人である行政書士等も

             

             

             

             

             

             

              利便性がたかまり、

             

             

             

             

             

             

              申出人は

             

             

             

             

             

              法定相続人または代理人であるが

             

             

             

             

             

             

              登記簿謄本のように

             

             

             

             

             

             

              誰でもというわけにいかない。

             

             

             

             

             

             

              今後の利便性を考慮して

             

             

             

             

             

              ということになる。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

              どちらにしても

             

             

             

             

             

              現在でも

             

             

             

             

             

              相続人の行方不明や

             

             

             

             

             

             

             

             

              遺産分割の紛争

             

             

             

             

             

             

             

              遺言書の履行を

             

             

             

             

             

             

             

              めぐり、何件か抱えている

             

             

             

             

             

             

             

              身にとり、この制度は

             

             

             

             

             

             

             

              一筋の光明ではある。 


            天声神語!!広島で物申す!! おばあちゃん大国になる高齢者の高齢化が進んでいく対策は?

            0

               

               

               

                

               

               

               

               

               

               

                  いまや4人に1人が

               

               

               

               

               

               

               

                高齢者!!

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                 団塊世代が

               

               

               

               

               

                70代に突入!!

               

               

               

               

               

                1947年から

               

               

               

               

                1949年生まれを

               

               

               

               

                団塊世代という。

               

               

               

                65歳以上は

               

               

               

               

               

                26・6%に

               

               

               

               

               

                すでに

               

               

               

               

               

                4人に1人が高齢者。

               

               

               

               

               

                   65歳以上の割合が

               

               

               

               

               

                21%を超えると

               

               

               

               

               

                超高齢化社会!!

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                高齢者の年齢確認を

               

               

               

               

               

                すると

               

               

               

               

               

                高齢者全体の

               

               

               

               

               

               

                3分の1が

               

               

               

               

               

               

                80才以上!!

               

               

               

               

               

                高齢者の高齢化が加速

               

               

               

               

               

                65〜74歳人口は

               

               

               

               

               

                2034年まで減少傾向。

               

               

               

               

               

               

               安倍政権の

               

               

               

               

               

               

                高齢者活用対策は

               

               

               

               

               

               

                むしろ減っていく。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                高齢者の高齢化対策で

               

               

               

               

               

               

                 その主役が

               

               

               

               

               

               

                  女性!!

               

               

               

               

               

               

                 女性全体の人口に

               

               

               

               

               

               

                 占める割合は

               

               

               

               

               

               

                30・1%

               

               

               

               

               

               

                日本人女性の

               

               

               

               

               

               

                3人に1人は高齢者!!

               

               

               

               

               

               

               

                日本が

               

               

               

               

               

               

                おばあちゃん大国

               

               

               

               

                になるといわれる

               

               

               

               

               

                所以である。

               

               

               

               

               

               

               

                1人暮らしをする

               

               

               

               

               

               

                女性高齢者の増加!!

               

               

               

               

               

               

               

                一人暮らしでも

               

               

               

               

               

               

                単独世帯の割合が

               

               

               

               

               

               

               

                65歳以上 男性13・3%

               

                      女性21・1%

               

               

               

               

               

               

                単独世帯の割合が多いのは

               

               

               

               

               

               

                男性 25〜29才

               

                女性 80〜84才

               

               

               

               

               

                である。

               

               

               

               

               

               

               

                女性の場合

               

               

               

               

               

                夫が亡くなり

               

               

               

               

               

                一人暮らしという

               

               

               

               

               

               

                パターンである。

               

               

               

               

               

                 一人暮らしを

               

               

               

               

               

               

                はじめた女性高齢者も

               

               

               

               

               

               

                身体能力の

               

               

               

               

               

               

                衰えとともに、

               

               

               

               

               

               

                ひとりで

               

               

               

               

               

                暮らせなくなる

               

               

               

               

               

                日が

               

               

               

               

               

               

                いつか

               

               

               

               

               

               

                やってくる。

               

               

               

               

               

               

               

                身寄りもなく

               

               

               

               

               

               

                経済的にも

               

               

               

               

               

               

                窮乏して

               

               

               

               

               

               

                一人暮らしを

               

               

               

               

               

               

                続けざるを得ない女性。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                夫の遺族年金で足りる人もいる。

               

               

               

               

               

               

                ただ、

               

               

               

               

               

               

                無年金・低年金者も少なくない。

               

               

               

               

               

               

                厚生年金の場合平均受給額 

               

               

               

               

                 男性16万5000円

               

               

                            

                 女性10万2000円

               

               

               

               

               

               

               

               

               

                貧しいおばあちゃんの

               

               

               

               

               

                激増!!

               

               

               

               

               

               

                という身近な現実がある。

               


              相続財産の分け前!! 誰がリーダーシップをとるのか、それにより配分の是々非々がきまる!!

              0

                JUGEMテーマ:行政書士

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   相続は争続と

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   言われるだけに

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   モメルことが多い!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  一番の原因は

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  現行法律の不備!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  庶民になじみがないから

                 

                 

                 

                 

                  とまどう。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  それでなくても

                 

                 

                 

                 

                 

                  親族の死は、

                 

                 

                 

                 

                  心に

                 

                 

                 

                 

                 

                  受けとめられない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  だからやることは

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   ^筝西の整備を図る。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  ◆^筝声更埒佑遼\化

                 

                 

                 

                 

                 

                    と権限の強化。

                 

                 

                 

                 

                 

                   任意後見人の権限の可視化。

                 

                 

                 

                 

                    役割の強化と迅速化。

                 

                 

                 

                 

                 

                  ぁ_板躡枷十蠅慮限

                 

                 

                 

                 

                 

                    の強化と

                 

                 

                 

                 

                 

                    相続事件の迅速化を図る。

                 

                 

                 

                 

                 

                   法律の公正・公平さ

                 

                 

                 

                 

                    にこだわることにより

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    裁判所では

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                    処理が迅速にできない。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  など問題点はやまずみ

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  成年後見人の選任に

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  裁判所が手間取り、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  相続人との間に

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  確執が残る。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  成年後見人に

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                   誰がやればいいのか。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  相続人代表が

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  適任だとされるが、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  現実、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  利害調整となると

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  大役で大変。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  弁護士がいいと言われるが

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  その適正に

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  疑問が投げかけられる。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  そうすると

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  第三者が、

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  どの程度代理できるか

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  弁護士法の非弁行為にあたるか

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  法律事務と

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  争いのある非弁行為に

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  抵触するかという問題。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  相続関係者は誰を信じ

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                  誰に任せるかは難しい。

                 

                 

                 

                 

                 


                相続財産で取り分よこせ!! 相続で問題になるのは分け前。税金がかかるほどの財産ではないがどうするか?

                0

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                     相続財産の分割で

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    税金を払うほどでないが

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    相続人の間で、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    もめる。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    ことがしばしば!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    

                       母が死んで

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    まさかの

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    遺言状!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    最後は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    福祉施設!!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    最後まで看病したのは

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    長女なのに、

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    財産は

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    わずかの

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    貯金と

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    住まいの不動産。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    郊外だが100坪あまり

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    時価2000万と推定。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    当然、長女の自分が

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    貰えると思ってたが、

                    

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    遺言が出てきて

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    法定相続分通りで分割

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    当然、もめた。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    相続登記も

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                    できない。・・・


                  老いた時あなたならどう生きるか?

                  0

                    高齢者になったあなたならどう過ごす?

                     




                     「人生の『上り』より『下り』のほうがスキルもいる。

                     


                     『下り坂』のノウハウは学校では教えてくれないからだ」

                     

                     



                    高齢者になると、足腰が弱くなったり、
                    すでに生活習慣病にかかり人の助けが

                    要るようになるなど、
                    身体の弱さが出てくる。

                     

                     

                     


                    高齢者向け住宅に移転した時に

                    考えることは、
                    いままで、高い

                    環境の変化があると弱い男性の高齢者が多いという。
                     

                     

                     

                     

                     

                    女性よりも男性の方が適応能力の低い分、

                    男性は自分の弱さを認めることができない弱さがある。

                    だんだん高齢者が増えていくなか、弱者になったあなたなら、
                    素直に周りのお世話を快く受け入れられるだろうか?

                     

                     

                     

                     

                     


                    ある人はナンプレで頭の練習をし、

                    ある人はパートで仕事をし、

                    ある人は絵画教室で絵を描く。
                     

                     

                     

                     

                     


                    正直に生きることが

                    みんなの笑顔を作るコツではないだろうか?
                    また、自分らしい趣味(小さな目標)

                    イキイキと過ごせられるのでは?
                     


                    H25/6/20 相続登記をしていない家に相談人が”争”続!!

                    0
                      JUGEMテーマ:相続
                       
                      H25/6/20 

                       相続登記をしていない家に
                      相談人が"争"続!!

                       

                      ■早めに処理をしないと
                      トラブルになる ケースが増加

                       

                       

                       相談者は、60代の男性です。実家があるのですが、現在、空き家になっている。父は死亡、母は認知症で施設に、子どもは私と妹。 相談は「実家に人が住んでいないことにより、空き家状態で隣近所から苦情が来て、家を調べたら、以前生活していた生活道具がそのまま。管理が大変なので家を取り壊したいが、妹が反対している。妹の子供もわあわあ言っているので、どうしたらいいか」

                       この家は以前、親子みんなが楽しく住んでいた家なのですが、子供たちが結婚して別々に生活。何十年も経つと残されたお父さんは死亡、お母さんは認知症で施設に、家は今には誰も居ない空き家に。  

                       

                       


                       

                       古くなった家の処分を巡って、妹と意見が合わない。しかも家・土地は相続登記されていない。お母さんは施設に居て、法律行為が出来ない状態に。  成年後見人を家庭裁判所に申請。それに妹が反対。
                       結局、話し合いで母親が亡くなるまでそのままにしておこうということに。亡くなった段階で法定相続分通りに財産を処分することに。でも、何年後になるのか!お母さんが亡くならないと話は進まない。成年後見人申請は取り下げ、結局ボヤ騒ぎにしただけ。  

                       

                       


                       

                       「長男よ、しっかりしろ!」と言いたい。争続になっている典型的な例。リーダーシップを取れない長男。財産の分け前を狙っている妹。それに群がる親戚。話がまとまらない!! 母親が遺言を書ける状態でない。認知症という問題があるから無理。 なんやかんやで取りあえず、保留状態です!! 情けない!!

                       こうなる前に早めに相談に来てもらいたかったのに、と一人で悶々としています。

                       

                       

                       

                       

                        にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへにほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村 士業ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ

                       


                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      PR
                      リンク


                      私のFacebookページです



                      問い合わせ・申し込みはこちら





                      にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
                      にほんブログ村
                      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島(市)情報へ
                      にほんブログ村

                      行政書士 ブログランキングへ


                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM